赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンシング考 1/2(長文ご容赦)
yutabowはダンシングが苦手である。

割に合わないのだ。アフターバーナーのようなもので、一瞬のパワーを取り出せる気がするが、エネルギーは3倍消耗する。よって、スタートダッシュでは時々やるが激坂でキツくなってからはその後ますます辛くなるので使えない。

よってyutabowは風張も八ヶ岳も和田も、そして先日足をついてしまった梅の木もシッティングオンリーである。正確に言うと全く使わないわけではないが用途が違う。斜度が緩くなったところで、足を延ばし、体をほぐすためにやる程度である。

今のところyutabowにとって「休むダンシング」は謎の技術なのだ。さらにパワーを出すという意味でも疑問を感じる技術である。

練習で克服すれば良い話であればわざわざ長文注意のブログを起こす必要はない。

実は理系人間のyutabowにとって、ダンシングは理論的裏付けに疑問があり、どうして良いかわからない部分があり、どうにも真剣に取り組む気になれないのだ。

コンタドールでなくてもプロアマ問わず、レーサーでダンシングを全く使わない人は皆無である。従ってこれが有効で必要であることは客観的にみて間違いない。しかしその理論は、雑誌やWebに書いてあるほど単純でないように思える。実はネコが空中でどうやって体をひねるかとか、卵を回すとなぜ立つかというお題並に難しい話ではないかと思えるのだ。

ママチャリにおけるダンシングの意義は比較的簡単である。ママチャリのポジションは走るためではなく楽に座るためのものであり、ペダリング効率とは無縁である。よってママチャリのダンシングはペダリングのための最適位置への腰のポジションチェンジである。

コンダドールの華麗なダンシングを見ていて気付いた。別にコンタドールでなくてもツールドフランス級の選手は大柄な選手が多く脚が実に長い。(yutabow比) ダンシング時には股間がサドルより優に20センチは上がっている。
また通常のペダリングを見てもサドルが高いにもかかわらずペダル下死点での膝にはかなり余裕がある。

つまり、膝裏が痛くならない程度に膝をぎりぎりまで伸ばしてもなお低いサドルに悩むyutabowとはポジションの条件が根本的に異なり、通常のサドル位置は相当にイージーでコンフォートな位置にある。よってダンシングで膝を伸ばすと腰の位置は大きく上に移動し、パワー優先のポジションチェンジを行なっていることになる。ように見えるのである。つまりコンタドールのダンシングはポジションチェンジなのである。

何が言いたいかというと、多くの雑誌やWebの記事で前提のように語られている、「ダンシングは体重を利用して力を出す」という理論は嘘だと思うのである。嘘というと言いすぎかもしれない。ペダルに体重をかけるからその分パワーが出るだろうというような単純な話ではないはずだということだ。

自転車の推進力を生むのは風の影響は排除したとすれば、ライダーの筋力と重力が全てである。
ダンシングが体重を利用してパワーを出すという話は確かに片側のペダルを踏み下ろしている瞬間には成立している。ただし当然ながら体重に仕事をさせるとライダーの重心位置は下がるからその分を持ち上げなければならない。よって次の一踏みの準備のため、本来ペダルに伝えたいパワーがライダーの体を持ち上げるために使われてしまう。実際にはライダーはペダルに体重を乗せると同時に脚を伸ばして踏み込みと体の持ち上げを同時に行なっている。

などと長々書くまでも無く、ペダルを駆動するのもライダー自身を上下させるのも脚の筋力と考えれば座ってようが踊ってようが車輪に伝わるパワーは同じであるのは自明である。

多摩湖でのアウタートップ練で実際に簡単な実験もしてみた。一番負荷のかかる上り坂でシッティングでぐいぐいと登る。私の脚では時速30キロの維持はできず、いささかスピードダウンして登りきる。
次にダンシングで登る。踏み込みの瞬間に感じる足裏の圧力は遥かに高い。強いトルク変動でタイヤがぎゅんぎゅんと路面を蹴る音が聞こえる。躍動的である。すごく力が出ている気がする。

が、坂を越える時のスピードは変わらない。むしろ途中で息があがってしまってスピードが落ちることすらある。
一度ダンシングで一周してみようと思ったが、とてもスタミナが持たず、早々にやめてしまった。

つまり、

 ・コンタドールの真似をしても無駄である。彼らの体格はダンシングを明確なポジションチェンジに利用できるが、通常のサドル位置がいっぱいいっぱいであるyutabowにおいてはポジションチェンジにならない。
 ・体重をめいっぱいペダルにかけるダンシングは少なくとも今のyutabowの技術では実践的にも意味がない。


疲れたので・・・続く







スポンサーサイト
プロテイン
TCR君はロードにふさわしいパフォーマンスを見せてくれているが、肝心のエンジンがちっとも改良されないので、また買いました。2回目です。

R0010672.jpg

あいかわらず「理想の筋肉のために」というキャッチがひっかかるが、品質などとのバランスを考えるとこれが一番安そうなので・・・

ちょっと頑張って走ると筋肉痛というか張りが3日くらい引かないので、少しでも回復を早める効果があればと思いまして。

昨日はローラー休み。

今日は結構良く脚がまわったので、時間切れまでローラー22キロ。
・ケイデンス100で5キロ。
・少しギヤ重くして75~6で5キロ。
・90に上げて5キロ。
・○○が痺れてきたのでアウタートップでダンシング1キロ
・少し休んで120で1キロダッシュしようとしたら
 途中でまたふくらはぎが攣りかけて中止
・軽いギヤで90で流して終了
うーむ。ピュアレーサーへの道は遠い。(つかその気はないけど)
秋の小金井公園
すっかり日が短くなりました。日没時刻はもうすぐ最も早くなり日の入りは4時半。

ちょっとそこいらを走ろうかなどとうだうだしているとすぐに夕方になってしまいます。

今日はあれこれ用事を済ますともう夕日モード。小金井公園へお散歩サイクリングです。

PB233310.jpg

今日はほぼ快晴でしたが、真冬の空気ではなく、やや霞がかっていて、気温の割には暖かく感じられました。

小金井公園は何かイベントをやっていたらしく賑やかでした。
PB233248.jpg

今年は中途半端に暖かい日が続いたせいか、葉っぱがくたびれてしまって、紅葉は全般的に外れ年ですね。数少ないきれいな紅葉を探して紅葉写真。昔は秋になるとこういう写真を一生懸命撮ってました。
PB233296.jpg


公園内の舗装路は結構な人出で走り辛いので、落葉や芝生をわしわしと踏んでお散歩。いつもながら、こういう時は、28Cタイヤが心強いです。
PB233265.jpg

しばし休憩。しかしどんどん暗くなるのであまり長居はできません。
PB233289.jpg

帰り道プチ爆走。前回も感じましたが、ニュータイヤのコンチネンタルグランプリ4シーズンは高速向きなんでしょうか。35キロを越えたところから走り味が急に滑らかになります。ココから上が本領という感じ。脚があれば快適な高速ツーリングが楽しめそうですが、残念ながら今の私のパワーではこのタイヤの実力を発揮させられる時間はウルトラマンといい勝負です。




ニュータイヤデビューと志村けんの木
昨日も今日も暖かいですね。

昨日交換したニュータイヤ、コンチネンタルグランプリ4シーズンのデビューランとして、前から気になっていた、私の少年時代のヒーロー、志村けんの木を見にいってきました。

私は関西出身ですが、八時ダヨ全員集合、ドリフターズ、キャンディーズの全盛期。その頃の関西の小学生にとって、東村山は東京で最も有名な地名でした。「多摩湖、狭山ってどんな所やねん」と想像を膨らませながら、一丁目音頭を叫んでおりました。

当時東村山駅前には、志村けんの銅像があるという都市伝説がありましたが、志村けんの木だったんですね。

西武線の駅ですから、萩山駅のあたりから、線路を目安に適当に走ります。
R0010490.jpg

いつもながら走りづらい西東京の道。
R0010491.jpg
こうなるともう、歩道を徐行するしかありません。ここは府中街道ですが、決して道幅が不足しているわけではありません。警視庁さんはやくブルーレーン引いてください!!

ペースは全く上がりませんが、近場ですので程なく憧れの? 東村山駅前到着。

志村けんの木です。

R0010499.jpg

相当年数経っていますからね。立派な大木です。
しむらけんの木

もう少し時間があれば、多摩湖に寄って帰るところですが、既にかなり日が傾いていたので東村山の目抜き通りを通って、帰宅の途につきました。

ほうれん草畑に住宅地。これも西東京的景色です。
R0010507.jpg

自宅近く。新小金井街道の交差点ですが、5時前でもうこの暗さ。日が短いです。
R0010510.jpg

おっと肝心なタイヤレビューを忘れていました。

不思議な感じです。タイヤが細く、空気圧が4割増しになったことを感じさせません。
硬いといえば硬いですが、タイヤがハネません。ヒタヒタと路面を掴む感じがあり、不思議なグリップ感があります。踏み出しが特に軽くなったとは思いませんが、中速からの伸びが違います。これも脚が感じるのではなく、サイコンを見て「あれっ」という感じ。時速40キロ程度まで踏み込んでも接地感に変化がなくリニアにスピードが乗る感じです。硬いはずなのに、乗り心地は良いです。良いというのは振動が少ないということではなく、うまく言えないのですが、振動の伝え方がジェントルなんです。走行音も静かです。タイヤ自体の共振が抑えられている感じ。高価なタイヤなので当然かもしれませんが、間違いなく走り味は上質です。まだ実力を把握仕切れていない感じです。もう少しスピードが乗る条件で走ればもっと色々ありそうです。ローラではどんな感じかな。







自動車からローディーを見ると・・
今日は、故あって入間のアウトレットとイオンモールでのお買い物随行。

自転車日和だったかな。大量のローディーを見ました。

自動車目線で見ると、やはりスポーツとしての自転車の課題が見えてきます。

新青梅街道の路肩を走る列車は、最大級に自転車に理解のあるはずの私から
みてもかなり危なっかしい。長年車道を実効占有してきたドライバーから
してみれば目障りな存在になるのも仕方ありません。このエリアは、自転車
が安全に走行できる路肩を持つ道路が少ないです。

最近警視庁が急な動きを見せていますが、何十年も状況を放置したツケは重く、
解決への道のりは遠いです。一時的に車道上での事故は増えるでしょうが、
方針をぶらさず、根気良く進めてほしいものです。

昼食はコストコのピザ。1ピース250円というのでいくらなんでも足りんだろう
と重い2ピース注文したらこれが驚きのボリュームで、割と大食いの私でももう
当分チーズは見たくない状態。相方と娘は1ピースさえ食べきれずお持ち帰り。
ドリンクも70円でお代わりし放題。プチアメリカン体験です。
このピザ、ホールで1200円。45センチのLLサイズ。味も良いのでお勧めです。

お買い物から帰ったら少し走ろうかと思いましたが、5時を過ぎたらもう真っ暗。
日が短くなりました。冬のプチ走りは朝型にしないとダメかな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。