赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングシューズ購入
自転車という乗り物は割と偏った筋肉を使うと思われます。

腰をサドルで支えるので、下半身は体重を支えたりバランスを取ったりする必要がありませんし、上半身も下半身の動きに対しカウンター的動きをする必要がない。

そういうこともあって、自転車はコンマ数馬力の出力で時速30キロ以上を出せる高効率な乗り物なわけですが、体力作りを目的とする場合、自転車ばかり乗っているとバランスが悪くなる可能性があります。

実際プロのロードレーサーには、自転車に乗れば超人的なパワーとスタミナを発揮するのに歩くのはからっきし苦手という方もいると聞きます。

最近yutabowは、街歩きに弱くなったと感じていました。新宿など人の多い街に家族と行くと非常に疲労を感じ、ひどい時は気分が悪くなって一人で休むこともあったり。

仮にもサイクリストとして、一般のメタボなおっさんに比べれば体力には自負がありますから、これはきっと普段山ばかり走っているから、人に酔っているんだと思ってきました。

しかし、少し前の香港出張で意外な経験をしたんですね。

2泊3日の出張。当然自転車など持っていけません。ホテルから歩いていける距離にスターアベニューという、高層ビル群が美しい香港島を眺めながら走れる美しい遊歩道があります。

欧米人を中心に、たくさんのランナーがいたので、普段あまりランには興味がなかったyutabowもちょっと走ってみることに。3~4キロくらいかな。ちょっとペース早め、多分心拍は160~170感覚で走りました。大汗かいてスッキリまでは良かったのですが、次の日が大変。下半身全体の猛烈な筋肉痛。自転車なら200キロ走ったってこんなにはならんだろうと思うくらい、歩くのも辛いほどのダメージがありました。

仕事の出張でランニングシューズもなく、膝への衝撃を抑えるため体に力がはいっていたのもありますが、自転車では限られた筋肉しか使っておらず、走る筋肉はむしろ退化している可能性を感じました。

特にyutabowは通勤もほぼ100%自転車ですから、ランはおろか、歩く距離さえ僅かなものです。

街に出かけて人に酔っていたのではなく、単に数時間にわたり歩き続けることに脚が耐えられなくなっているだけではないかと思い始めました。

yutabowが自転車に乗る目的の一つは体力的に不安のない自分になりたいというものです。自転車専用ボディではなく、主に自転車によって鍛えられたボディが欲しいわけです。よってどんなに自転車で速くても、歩いて疲れるではダメなのです。

というわけで、たまたま相方もジョギングを始めたいということで、久々に新宿に出かけてランニングシューズを購入。

FB_IMG_13791705827610241 (1)

元々体育会系ではないyutabowなので、このようなちゃんとした陸上系スポーツシューズを買うのは大人になってから初めてかもしれない。ものすごく軽くて快適ですね。シューズの進化を感じました。

加えて、初めて自分の足を精密に測定してもらいました。なんか3次元スキャナみたいな機械でウィーンと。

右足が左足より5ミリも小さいと初めて知りました。まただん広と思っていた足幅は右が3E,左が2E。

甲の高さは意外に平均よりちょっと下でした。

ランニングシューズは、アッパーはほとんど布一枚の薄さなので多少のサイズ差は気になりませんが、革靴など堅い靴はどうにも合うものが無いと感じてきた理由の一つにこの左右のサイズ差もあったようです。

さて、yutabowのトレーニングにラン追加。とりあえず道具は買いましたが・・・ちゃんと走るかな。:-p

スポンサーサイト
継続は力なり
イチロー選手4000本安打おめでとうございます。

彼は良くも悪しくも変人で、試合に勝っても負けても、調子よくても悪くても、同じ練習、同じ生活を続けてきたそうです。

継続は力なり。40近くであの身のこなしは信じられませんが、彼なら本当に50歳までプレーし続けるかもしれません。

継続は力なり。

中高年が身に着いたyutabowはイチローの快挙を見て改めて身につまされています。

6月は一か月1000キロ近く走り、都民の森に5回通った。もう一頑張りで復調というところで仕事、家庭色々あって、7月はほとんど走らず。

継続を切らしたペナルティは想像以上のものでした。

久々のショップチーム走行会、いつもの都民の森。

前半ケイデンス上げ気味で前に出る。

トップ2名にはついていけない。しかしそれはいつものこと。

心拍の上がりが早い。ちょっとオーバーペースかも。まあいいもう少しこのまま。

上川乗を超えて登りが本格的になってきた。

10%が少し長く続く登り。最近集中練習してきたダンシングを試す。

うん、前よりは良くできる。しかし最後まではきついか。心拍が180を超えた。

しかし後ろから後半に強い2名が追い上げてきていたので最後まで頑張って登りきる。

ふー、少し負荷を下げて回復・・・・・・・

あれ? 回復しない。全身が猛烈な疲労感に包まれた。

後ろの2名が怪訝そうな様子だったので先にいってもらう。

・・・・・・・

信じられないことにこの時点で体力が尽きていました。

ペダルが重い。39/25のギヤはyutabowの脚からすると元々無理があるのは承知で今までは登ってきた。

繰り返し訪れる10%超の登り。ケイデンスは40台まで落ち、時速は一桁。もはや峠初心者のレベル。

久しぶりに完走の不安を感じました。途中で休みたくなった。追い込めていないわけではない。心拍は180あたりを示している。というより簡単に心拍が上がりすぎる。

さらに2人に抜かれ、ぐだぐだな状態で1時間15分でゴール。

なんてことだ。まぐれでも一度一時間を切っていた俺が、相当に暑かったことを差し引いても20%のペースダウン。

2割のペース差なんて、機材で考えるとロードとクロス以上、ギヤ付ママチャリのレベルだ。


継続は力なり。この言葉は逆に言えば中断は無力なり。継続しなければ非力ではなく、無力なんですね。

一時的に調子こいてがんばったところで続けなければ元の木阿弥、努力台無し。

ましてやyutabowは中高年ライダー。向上は牛歩のごとく堕落は崖を転がり落ちるがごとし。

「継続」 なんと厳しい言葉。

乗鞍までにもはや脚力の回復は望めない。せめて体を高負荷に慣らすべく、平日ローラーで連続40分メディオ(心拍165~170)をやっています。

完走はしたいので、プライドは捨ててマイペースで走ろう。

それから、38/25だとやはりキツそうなので、リアはやっぱり28をつけていこう。




惜しかった
最近はストラバをメインに使っているが、カレンダーはガーミンコネクトの方がいいなぁ。

名称未設定 1

それぞれの走行距離が出ないのでもうひとつですね。

ただストラバのセグメント機能は捨てがたいし、かといって両方にアップするのも面倒。


惜しかった。今日会社に出る必要が無ければ、初めて大台に乗せることができたはず。仕事が長引いて帰りが23時。ローラーを踏むこともできず、6月の走行は946kmで打ち止めでした。

まあこれでも、彗星号Jr.だけの実績としては最高記録です。流星号(通勤車)と合計ならこれプラス300キロほどですけどね。

獲得標高もここには載っていませんが、9700mほど。こちらも目標の10キロに届かず。

残念でした。

平日ローラーが少な目でしたね。もう一頑張りといったところです。

風張峠方面(都民の森)に第一週を除き毎週通ったことになります。さすがに少々食傷気味ではあるのですが、斜度がキツすぎず、距離、高度ともスケールで他に比肩するものは少なく練習には最高の峠であり、これからもしばしば向かうことになるでしょう。

7月は週末の回数が少ないので、6月に近い数字を出すのは難しいでしょうが、調子が上がってきたら、最凶激坂風張林道に25Tでもう一度。あと、風張をしのぐスケールの松姫峠にもチャレンジしたいですね。

さて、梅雨明けはいつでしょう。でも明けたら暑いんでしょうね。


ダンシングが少しだけわかったかもしれない
ダンシングに関する与太話。

チャリメディアで一般的な「休むダンシング」という言葉。

腰を上げてダンシングすると休めるらしい。また、シッティングと使う筋肉が違うのでという説明も良く目にする。

yutabowはこのようなダンシング論に以前から懐疑的であり、いつだったかこのブログで勝手な理論をぐだぐだと書いた気がする。

ヒルクライムで使う休むダンシング・・・

「ペダルに体重を預けて踏み込む力を使わずに・・・」などと書いているが、気のせいだと思う。ペダルに体重を預けてそのままじっとしているわけにはいかない。ペダルが下がるのにあわせて必ず脚は伸ばさないとそのまま転倒するし、サドルが腰を支えてくれない分、ペダルをよりしっかりと下死点近くまで踏み込んでやる必要がある。
脚の仕事量は却って増加するように感じる。

実際シッティングでしんどくなって「そうだダンシングで疲労を分散するんだ!」と思ってダンシングしても、4踏み5踏みでより強烈な筋疲労を感じてヘナヘナとサドルにへたり込むという恥ずかしい経験(誰も見てないけど)をしたのが去年の八ヶ岳。

そうはいっても、ダンシングが使えないサイクリストではアイスラッガーが命中しないウルトラセブン(?)のような残念感があると感じるので、主に負荷付き3本ローラーでダンシングの練習を行ってきた。

3本ローラーのダンシングは難しい。ミノウラの説明書には、「ダンシングは保証外」と書いてある。

実走よりバランスがシビアである上に、慣性が0に近いため、トルクを抜くと一気に回転が落ちる。よって左右にはねるような荒っぽいダンシングは出来ず、バランスを保ちながら左右のトルクを切らさないペダリングが必要になる。良い練習になるのではないかと考えた。

最初は一キロ続けるのも辛くてヘナヘナとへたり込んでいたが、最近は2キロ半、BGMにしているWebラジオから流れるSmoothJazzの一曲分程度の時間継続できるようになってきた。

それに加えて、シッティングにおけるペダリングも負荷ローラーを使っていると自然に引き足も使った全周ペダリングを意識するようになる。押すだけのペダリングだとトルク変動からくる回転変動により音がういんういん上下して不愉快だからだ。モーターのようにういーーーーんと綺麗にまわすには引き足もしっかり使う必要がある。

ダンシングで使う筋肉が変わる。この言葉は、シッティングで大腿筋に負荷を集中せず引き足や腰回りを総動員したペダリングができてこそ成立する話ではないかと思う。先週末の山登りでそれを初めて実感した。

風張林道の激坂で回す筋肉が売り切れかけた状態での多摩湖周遊道路。

左右に強く押すペダリングはもはや力が入らず、28Tの恩恵を受けて腰回りで回す意識で登る。

それも月夜見第一駐車場を過ぎて登りももう少しというあたりでしんどくなってきた。

このままうだうだと登り切ろうとも思ったが、最後のひと登りでダンシングを試してみた。

あれ? 踏めるぞ。 ギヤを24Tに上げる。 まだ踏める。 21Tに上げる。

最後のひと登りをスピードを上げて力強く登り切ることができた。

ダンシングで楽になった初めての経験だった。

「回す」ペダリングとダンシングの使い分け。 多少の練習で少しその素地が出来てきたのかもしれないし、そもそもダンシングで休むなどという領域は、yutabowレベルではムチャ錬に近い風張林道ともう一本というレベルで初めて意味を持つものなのかもしれない。

ペダリングは一生のテーマ。   深い。 

急遽八ヶ岳参戦
突然のことではあったが、体を傷めて出場できなくなったクラブチーム仲間の代わりに今週末のツールド八ヶ岳に出場することになった。

一年に一回、泊りがけの大型大会に出たいと思っている。今年はそれが乗鞍だったので八ヶ岳はパスしていたのだが、その乗鞍はまさかの落選であったので、仲間の様子は心配ではあるが、ありがたいことである。

しかしながら、連絡があったのが大会の一週間前。

通常レースに出る場合は、一か月くらい前から準備を始める。徐々に強度を増した練習を行ってコンディションを作り、食事制限を行ってレースに向かってベスト体重に持っていく。

今回はこのような事情であるから、全くレースの準備を行っていない。体重は絶賛増量中であるし、悪いことに直近2回の週末は雨やら爆弾低気圧やらで全く登りの練習ができていない。

これほど準備できていないレースは初めてである。

通常であれば、昨年の記録は更新したいとなるのだが、結構良いコンディションで臨んだ昨年を上回るのは無理だろう。昨年はハーフだったから、単純比較はできないけれど。

ましかし、折角譲っていただいたクラブ仲間のご好意に報いるためにも、絶対完走。タイムにはこだわらず、大いにレースを楽しもうと思う。

しかし距離25km、1300mの登りである。約一時間半~2時間の連続高負荷走行。ナメてかかると完走できない。

今更パワーアップや大きな減量は無理なので、少しでも体を高負荷に慣らしておきたい。

よって今日は割と早く帰宅できたので、高負荷ローラー。

3本ローラーの負荷装置を最高にセットし、インナーの4速あたりでケイデンス60~70.時間がもったいないので少々荒っぽいがいきなり心拍170まで上げてその後170~180を維持して40分。

かなり苦しいけれど何とかなる。本番はこの倍の時間走るのだが、ローラーと違い退屈地獄ではなく、超アドレナリン状態になるはずなので、何とかなるかな。

本番まであと2回、高負荷ローラーをやろう。

天気が良いといいな。今年こそフルコースを走って麦草峠の雪の壁を見たい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。