赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁あってカーボンディープ
yutabowがお世話になっているショップクラブチームメンバさんには、MTBも含めて何台ものバイクを使い分けている方や、各社のフラッグシップモデルをお持ちの方が普通におられます。

そのような方々と比べると、yutabowはサイクリングにかけられる資金面の余裕はないのですが、縁には恵まれている気がしています。

そもそも彗星号Jr.との出会いも偶然であり、この出会いがなければyutabowは今もクロスバイカーであったかもしれませんし、このジャイアントの超軽量アルミピュアレーサーというカテゴリーはモデルチェンジを重ねていますが、yutabowは今でも初号機である2011年モデルが一番好きです。これは本当に良縁であったと思っています。

00000094_l.jpg

約一年前から、アルミのチューブラーホイールを使用しています。NOVATEC LASSER

ダウンロード

既に製造は終了し、そろそろ流通在庫も底をついていると思いますが、ハブの性能、見た目、乗り味、重量どれをとってもおそらくこれを超える性能価格比を持つ製品はもう出ないだろうと思われ、履きつぶす覚悟で使っています。これもいいモノに出会った。

イマドキはチューブラーと言えばカーボンホイールですが、yutabowにとっては高嶺の花、分不相応なモノとしてあと数年は縁が無い。もしかしたら一生使えないかもと思っていました。

ところが、ショップのお花見会で先輩ローディーがEASTONの中古カーボンディープを手放すとのお話。

中古といっても、最近買ったばかりじゃなかったっけ? という代物。

希望価格を聞くと、中古とはいえ安くはない。しかし気になって仕方がなかったyutabowは帰宅してから頭が痛くなるほど調べ倒した。

ご存知の通り、ホイール含め自転車パーツはアベノミクスとやらで各社大幅値上げ。
円高傾向もあり、海外通販も依然ほどの優位性はない。昨年までと比べると、高級ホイールの購入のハードルはずっと高くなってしまっている。

どんなに調べても、今これを入手しない理由が見つからなかった。このチャンスを逃したら、少なくともEASTONのカーボンディープホイールなどいつ買えるのか見当もつかない。

とはいえ資金が・・・と悩んでいたら、なんと勤務先で臨時ボーナス支給決定。

これを縁と言わずして・・・・というわけで、いってしまいました。

どーん。

IMG_0304.jpg

なんと3本あります。EC90SLの前後+EC90AEROのリア。リアホイールをコース状況で使い分けられるというyutabowにとっては贅沢極まりないセットです。

迫力あります。「この身の程しらずめ!!」と睨まれている気さえします。

すぐには使えません。まずはカーボンホイール用のブレーキシューを買わなくちゃ。

これを履いてしまうともはや言い訳不可能。約半年のブランクで脚がナマっているので、デビューは以前の走力に戻ってからですね。

さて、乗鞍までに間に合うか。

スポンサーサイト
サドル更新
彗星号Jr.ことGIANT TCR SL2 (2011) には、GIANT製のGIANT PERFORMANCE LITEというサドルがついてきます。
フィジークのサドルに形が良く似たこのサドルを特段の不満もなく使ってきましたが、彗星号Jr.もデビューから2年が経ちましたので、そろそろサドルを替えてみるもの良いかなと思い始めました。

IMG_0421.jpg

しかしサドルというものは、お尻との相性が全てと言っても良いにもかかわらず、各社製品を試乗できるお店もなく、仮にあってもそこまで出かけるのは面倒なので、まあ見た目優先で無難なデザインのものにしておけば良いかな。フレームとのコーディネートを考えると、白赤か黒赤が良いなと。

しかし世のサドルのデザインは意外に保守的でして、赤を取り入れた製品が意外に少ない。仮にあってもフルカーボンモデルで値段があわなかったりで様子見していたところ、びびびときた製品が。

これです。

aspide_racing_open_red.jpg

最近モデルチェンジしたサンマルコの ASPIDE RACING 。

彗星号Jr.のフレームデザインにマッチした赤サシ入りの黒。しかも赤のサシが大胆な非対称デザイン。こういうのがほしかった。

というわけで、半ば衝動的にポチりました。

同じデザインでレールが金属のものとカーボンのものがあり、40グラムほどの重量差があるのですが価格差も7000円あるので金属レールバージョン。それでも相当軽いです。

届きました。

IMG_0426.jpg

よしよしいい感じ。

早速体重測定の儀式。

GIANT謹製サドル。

IMG_0424h.jpg

軽いわけないとは思っていましたが、見た目以上に重いですね。

では、アスピデさん。

IMG_0425h.jpg

おお!。公称が177グラムですから、イタリアものにしてはサバ読み少な目で良いですね。

思った以上に差がありました。重量は半分。これで重心が下がってかつ軽量化し、走りが劇的に変わる・・とは思えませんが、気分はいいです。

さくさくっと取り付けて

IMG_0429.jpg

見た目はばっちり。イメージ通りです。

さてあとは乗り味ですが、試しにちょっと跨ってみましたが・・・・

やっぱり硬いっすね。(汗)

実際クッションの厚さは半分くらいになっていますから。
これだけの軽量化ですから当然。

明日シェイクダウン。さてこの硬さに耐えられるか。 ・・つづく(笑)


ガラスの表面を踏むような感触(GOKISOホイール)
乗鞍の練習走で、GOKISOホイールを履く幸運に恵まれた。

初めて触ったGOKISOハブ。確かに滑らか。今までいくつかハブに触ってきたが、リアハブで軸を回してみて全くゴロゴロ感を感じないのは初めて。もっともDuraハブは触ったことないけれど。

展示してあるホイールは確かにいつまでも回ってる。

試乗車が用意されていたが、ホイールだけ替えてみたかった。申し出てみたら快諾。ささっと交換してくれた。

だけど・・・これカーボンリム。ブレーキダメじゃんと思って聞いてみたら、

「ああ、効き味がちょっと変わりますけど心配ありません。ガンガンかけてください」とのこと。

本当? まあ大丈夫というから行ってみよう。

練習用に走れる約2キロの登り。GOKISOホイールで走ってみた。

ホイールの重さは確かに軽くない。Zippホイールを持った時の紙で出来ているような感覚はGOKISOホイールにはなかった。

走ってみると、んんんん? 違うか。確かに違う気がする。

軽い・・という感触はない。実際5cmのディープということもあり、yutabowのノバテックLASSERより重い。

横剛性がものすごく高そう。ノバテックLASSERは柔らかめの感触のホイールで全体がわずかにしなって優しい乗り味を出している気がするが、これは横方向に一切撓まない。上り坂なのでわずかに体を左右にゆすってペダルをまわすので、トルクを伝える方向がペダルの接線方向からずれやすくなるのだけど、左右方向のずれ、縦方向のズレに対して、硬い壁に面するような剛性感があり、かつその表面がガラスのように滑らかであらゆる方向の力を前に進む力に変換する感覚。

この前へ前へという感覚が気持よくてつい踏んでしまう。2キロの登りは間違いなく速かった。ただこのペースが20キロ持つかどうかはわからない。

さて下り。

92ノッチというフリーハブの音を聞いてみたかったが、フリーハブは非常に静か。ハーフウェットの路面の走行音にかき消されてほとんど聞こえなかった。

下りの転がりは・・・これは間違いなくいいです。ディープリムも効いていると思うけれど、前をいく人がどんどん近づいてくる。ただカーボンリムとアルミ用シューの相性がやっぱり悪くて、ブレーキングでド派手に鳴くので怖くて早め早めのブレーキングになってしまったけど、攻めれば相当スピードが出そう。

硬くて滑らか。ガラスの表面を踏むような独特の感覚。

欲しくなった。絶対買えないけれど。

価格を聞くと30万。極めて高価だが、ハブだけで22万という価格を考えると、カーボンディープホイールセットとしてはむしろ安価。リムは多分中国製でスポークも割と普通のものを使ってある印象だった。

山の神森本さんが使っているけれど、yutabowの知る限り、海外の選手がこれを自腹でレースに使ったとかいう話は聞かないので、既存のハイエンドホイールを置き換えるものではないのだろう。

問題は価格帯からすれば(超)重量級とも言える重さ。その代わり回転軸としての性能は図抜けている。
ただ、700mmのホイールの中心軸の摺動抵抗がどこまで走りに関係するか。

素人感覚ではあるけれど、GOKISOの優れた点は、宙に浮かせたホイールがいつまでも回り続けるということではなく、負荷をかけて走行した時に様々な方向からかかる力のベクトルを回転方向にロスなく変換する能力。振動などの影響を受けにくい剛性と振動吸収性能のバランスにあるようが気がした。

キワものかな・・・という勘ぐりもあったが、実際乗ってみてこういう性能の出し方もあるのかと自分なりに感じられたのはいい経験だった。


シーラントの威力
オリンピック決定おめでとうございます。

正直なところ、yutabowは東京でのオリンピックには消極的でした。チケット確保は至難だろうし、期間中はなにかと不便な思いをしそうだし、前回の親分がどうも・・・。いやあの方はそれまでの知事に比べればいろいろいいこともしたと思いますけどね。ちょっと行き過ぎた感が。

しかし、2回めのチャレンジ。親分も変わり、一回目の失敗を受けて真摯さが見えるようになりました。相手を研究し、今までにないスタッフとアプローチで頑張る姿を見てちょっと感覚が変わりました。私の見方を変えてくれた関係者の努力に敬意を表し、オリンピックそのものというより彼らの目標達成を願い、応援していました。だから、決まった瞬間は手を上げてバンザイというよりはホッと力が抜けて、「良かった。努力が報われたね」という感じでした。

先は長いですね。7年ありますから。良いほうか悪いほうか、日本は今とは違っているでしょう。問題は多いけれど、今の日本にオリンピックという刺激的な目標が出来たことは良いことではないかと思います。

話変わって、このタイヤ
1276782_514467475301112_2133208294_o.jpg
どうやらパンクしていたようです。

ようです。という言い方になってしまうのは、yutabowが全く気づいていないからです。

乗鞍のレースが終わり、クラブチームでCP1まで下山して休憩中に言われました。

「yutabowさんパンクしてましたよね。ペース落ちたのそのせいですか?」

えっ、パンク?? 知らない知らない。 途中で一度ペースを落としたのはちょっときつい坂で長くダンシングしすぎて心拍が180を超えてしまったため、少しセーブしたためでした。

yutabowのチューブラータイヤにはシーラントが入っています。私のすぐ後ろを走っていた仲間によると、穴が開いたタイヤからシーラントが噴水のように吹き出し、周囲の選手が驚いて離れたそうです。噴水は5~6回転で治まったそうです。

yutabow全く気づいていませんでした。走行感に違和感はなかったし、下山前にバイクをチェックしましたが、タイヤの圧は触ってわかるほど下がっていませんでしたし、パンクしていたら、吹き出したシーラントがフレームに付着していたはずです。しかしよく考えて見れば濡れた路面を走ったので水性のシーラントはおそらく洗い流されてしまったのだと思います。

まさに縁の下の力持ち。シーラントはしっかりとyutabowをリタイヤの危機から救ってくれていました。

こういう経験をすると、シーラント無しのチューブラーで走るのが不安になりますね。

よく調べると、このような穴が3箇所もあいています。全てが貫通しているとは限りませんが、シーラントが密かに仕事をしていたのかもしれません。おかげ様でチューブラータイヤ交換の練習が全くできません。^^)

チューブラーの乗り味が好きなので、今後も路上走行はチューブラーでいこうと思っています。シーラントを入れると走りが重くなるという方もおられますが、yutabowはそんな繊細な感性は持ち合わせていませんので、これからも欠かせないアイテムになりそうです。

へたれギヤ装着
乗鞍に向けてへたれギヤを装着。46ティアグラの12-28です。

DSC_0029.jpg

ティアグラグレードは、ロー側のギヤにスパイダーアームが使われていないため、少々重いのが難点。
しかしティアグラでなければならない理由がある。
このカセット、一般クライマーにとって実に都合が良い構成なのです。

12-13-14-15-17-19-21-23-25-28

彗星号Jrのデフォカセットが105の12-25

12-13-14-15-16-17-19-21-23-25

16を抜いて28を付けた形。17から上が12-25と同じで保険に28が付く。
登りで17未満はまず使いませんから、12-25カセットと同じ使い方をして、激坂でつらくなったら28があるという安心感が得られるわけです。

これが105以上のグレードになると、ロー28のカセットは何故か11始まりしかなくしかも

11-12-13-14-15-17-19-21-24-28

という構成。16抜きはいいですが、11をつけてしまったため、ロー側がワイドレシオになってしまっています。特に24-28の4丁飛ばしはいかがなものか。

SRAMでも探してみましたが、SRAMにはトップ12始まりはあるものの

12-13-14-15-16-17-19-22-25-28

とトップ側重視で19から上で3丁飛びになる残念な構成。

つまり今のところこの素晴らしい構成のカセットはティアグラでしか手に入らないのです。

今回導入したカセットと、105の11-28カセットを見比べてみます。
DSC_0026w.jpg
写真が悪くてちょっとわかりづらいですが、右が105.

105の方が頂上が11で少し小さく、トップ側の刻みが細かくロー側で急に広がる富士山型。一方ティアグラはロー側までフラットに広がる榛名山型です。ロー側に手厚い構成です。

デフォギヤの105 12-25と比べてみると
DSC_0027w.jpg
これまた少々見づらいですが、105のローから25-23-21-19-17までが同じですから、ふもとは同じスロープを描いていて、16がある分トップ側がわずかに細身な印象です。

この46ティアグラの12-28ギヤは一般ローディー向けワイドギヤの一つの結論のようが気がします。なぜ他のラインにも用意しないのか。シマノさんもわかってないわけはないので、105とはいえレースパーツ。そんなへたれ向けカセットなんて作ってあげないよーん。という矜持(?)があるのかもしれません。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。