赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラヌス初対面
実家の茅野市に帰省中です。

自転車は持ち込めず少々お休み。

お天気がいまいちでどちらにしても走れなかったかもしれません。

というわけで、別件日記です。

実家の近場に妹夫婦が住んでおり、今日は佐久にあるこども未来館に行こうということになりました。

小学生向けの科学体験施設で、自宅付近には、多摩6都科学館という結構立派な施設があります。

それと同じようなもので規模も小さめということでお父さん家庭サービスモードだったんですが、ふとホームページを眺めていると、プラネタリウムの装置にURANUSの文字。

うぉ! 五藤光学のウラヌスやんけ   (実は私は関西人)

というわけでお父さん俄然モチベーションアップ。

私は、マニアとまではいきませんがプラネタリウムフェチです。映し出される星空も勿論美しいのですが、それよりも会場の中央に鎮座する、スクリーンに星の点を打つだけのために作られた精密で複雑な映写装置にシビれるのです。ウラヌスというのは、プラネタリウムのシェアトップメーカーである五藤光学製の中型ドーム向け製品で、私はまだ実物を見たことがありませんでした。

佐久市立こども科学未来館です。
P4302823.jpg
おっぱい型などと言われていますが、パッと見何かの宗教建築のようです。

内部展示はさくさくっと飛ばしまして・・・

ウラヌスご対面
P4302809.jpg
どのような演出につかうのか、惑星投影部に設置されたミラーボールがお茶目。

球体部アップ
P4302813.jpg
中型機なので、大型機であるヘリオスのような迫力はありませんが、いつみてもプラネタリウムの恒星球は美しいです。(管理人個人の感想です^^ )

プログラムは子供向けの平凡なものでしたが、お父さんとしてはウラヌス初対面で満足です。

立科から、白樺湖、メルヘン街道と経由して茅野の実家へ。

相当な峠越えで、これ自転車で超えるのは大変だなぁなどと、ついサイクリスト目線になりながら帰りました。

明日は残念ながら大雨予報。

実家でのんびりしようと思います。
スポンサーサイト
少々お休み(帰省)
明日から、

長野県の実家に里帰りです。

中央高速道の諏訪南インター降りてすぐの場所なので、

ズームラインから鉢巻道路、八ヶ岳、清里方面など、少々アップダウンが
きついですが、いい感じのサイクリングが楽しめる場所ですが・・

我が家の車は普通のセダン。自転車を積むには後席を半分倒さなければ
ならず、荷物が多い帰省では積載許可が下りず、

残念ながらサイクリングもお休みです。

実家に帰ると食べるものもたくさん出てくるので、リバウンド必至。

2日戻ってきますが、GW中に少しまとまった距離を走って膨らんだ
お腹を引き締めなおさなきゃですね。

皆さん、良いGWをお過ごし下さい。




少し早いですが、今月の締め
いいような悪いような、景気の影響を受けまして
今年のGWは全社有給取得で10連休です。

前半帰省しますので、彗星号はお留守番というわけで、
少し早いですが、4月の締めです。

【彗星号】
・熊谷初センチュリーラン          :160キロ
・週末雨残念ローラー            :80キロ
・ローラーおさぼり挽回多摩湖自転車道 :57キロ
・フラペラストライド江ノ島          :126キロ
・SPDデビューラン尾根幹武蔵陵墓地ランド坂:106キロ
・同窓会新宿                 :47キロ
                    合計:576キロ

【流星号】
・通勤:330キロ

総計:906キロ

ローラーが入っていますので、若干ズルではありますが、そういうことは気にしないことにしました。
震災後、サイクリスト各位との出会いがあり、本格的にサイクリングに取り組み始めて初の一ヶ月締めですが、私なりには結構がんばったかなと思います。今後も彗星号で500キロ/月が目安になるでしょう。

ただ、気が早いのかもしれませんが、これだけがんばってもさほど脚が強くなった実感がありません。通勤車の流星号のペダルは重く、階段を登れば息が切れます。
サイクリストの皆さんの驚異的な頑張り(かの有名なブロガーさんは、私の今月分の距離を2日で走破!)を見ていると、これでもダメなのかという焦りを感じます。

私の年代になってしまうと、維持で1000キロ。向上のためにはそれ以上と仰る方がいます。
もしかしてそうかもしれないなとも思います。
「強くなりたい!」という想いは募るけれども、
これ以上走るのか!という想い、
「あいやもっと楽に楽しめよ!」という想いが錯綜。

つくづく俺って自分を楽しませるのが下手だなあと・・・

ところで、・・・

元気を出そう多摩サイ100キロの時に宣言した自己チャリティーライド。
以前ブログに書いたとおり、ちと厳しすぎるレートのためなかなかポイントが上がりませんが、今月末で

1,343ポイント

たまりました。今後もなんとかがんばって、今年中に10,000ポイントを目指したいと思います。

その頃には、少しでも強くなった自分を自覚できるように。

今後も精進です。(だから楽しめって!>自分)





yutabow 失敗 
週末ライダーは平日ネタが無いので今日は超小ネタ。

日曜日、大学の同好会の同窓会でした。

実に25年。4半世紀ぶりに全国に散った仲間が集まってそれはそれは楽しい一時でした。

懇談の席で、これは自転車仲間を増やすチャンスかもしれない。と思った私は、自転車の楽しさを伝えようと少々熱めに語りました。

 江ノ島に行ってきたこと。
 今のところの最長で熊谷、160キロ走ったこと。
 週末百キロ走れば、イヤでもダイエットできること

 誰でも、100キロは走れるっ! 間違いない。
 新宿までの20キロは、「近所だ!」と思えるようになる。

 始める前には信じられなかった自分になれるんだよ。
 

・・・・・・・

微妙な空気が流れた後、同期の一人が言いました。

「俺、興味あったけど、お前の話きいてやる気なくなった」

yutabow:    ガビーン 

うーん、またやってしまったようです。

熱く語りすぎて、近づこうとしてくれた相手に火傷を負わせてしまいました。 

KYオヤジyutabow 失敗です orz

#家族がちっとも乗ってこないのはこのせいか?





SPDデビューラン後編(尾根幹、御陵はどうだった)
SPDデビューラン後編、尾根幹、御陵はどうだったです。

尾根幹は、今回初めてということもあり、とにかく走り抜けることに必死で写真はありません。(すみません)
とても良い練習になることはわかりましたので、今後季節の良いときにゆっくり写真を撮ろうかと思います。今回最もきついなと思ったのが、尾根幹に入るかはわかりませんが、行きと帰りで二度通ることになった、諏訪下橋から多摩東公園までの1.8キロの登りです。ペース配分などまだ考える余裕はありませんが、最後に傾斜がきつくなる部分で時速10キロ走行になってしまいます。ヤビツはこういうのが12キロ続くんですよねぇ。

師匠が折り返し地点にされていた、コンビニです。
P4222717.jpg

ここで小休止して、武蔵野陵墓地に向かいます。
武蔵陵墓地は、大正天皇と昭和天皇の御陵があるところで、2回目の訪問です。前回はウォーキングに凝っていたころで、高尾駅から歩いて行きました。天皇のお墓ということで、ニッポン人にとっては重要な場所のはずですが、意外に知られておらず、恐らく行ったことのある方は少ないのではないかと思います。やんごとなきMaxの場所なので、観光地としての面白みはありませんが、何ともいえない非日常的雰囲気を味わえる、私としては行って損のないお勧めスポットです。

尾根幹エリアから高尾方面に抜けるのは約10キロ。山越えがありますが、尾根幹を元気に走破できる脚があれば楽しく登れると思います。
御陵の付近は並木が非常にきれいに整備されています。陵墓地近くの浅川付近。普通の桜は終了していますが、緋桜が綺麗です。
P4222718.jpg

武蔵陵墓地の入り口にある陵南公園のチューリップが綺麗でした。
彗星号の赤は、フェラーリにも負けないと勝手に自負しておりますが、チューリップのビビッドな赤にはかないません。
P4222721.jpg

陵墓地のエントランスとも言える並木です。凡庸な並木とは雰囲気が違います。
P4222724.jpg


陵墓地入り口です。ここから先は、神聖極まるエリア。飲食禁止です。勿論食堂や売店等一切ありません。

P4222727.jpg


ので、時間的にもお腹が空いたので駐車場でランチです。今回はありがたいことにかみさんがサンドイッチを作ってくれました。
P4222725.jpg

割と広い駐車場がありますが、駐輪場がありません。専任の交番があるのでそこで尋ねたところ、邪魔にならないところに停めて下さいとのことでした。遠慮がちにくくります。
P4222726.jpg

お墓は参道のような砂利道を数百メートルいった奥にあります。参堂は優雅にカーブしていて、入り口からは奥が見えません。
P4222728.jpg
異様なほど整然と並べられ、綺麗に手入れされた並木です。奥に何があるのだろうという想像を掻き立てられる景色です。
新品のクリートが痛みそうだなぁなどと少々気遣いながら、砂利道を進みます。

左側が、昭和天皇、右側が皇太后(皇后様)の陵です。
ボ量

昭和天皇陵です。このようなドーム型をしていることを恥ずかしながら私は前回参るまで知りませんでした。
P4222729.jpg

ところで、これが最近外に持ち出すようになった心拍計です。心拍計といえばポラールと言われますが、これはマルマン製。3千円台で購入できる貧乏人にやさしい製品です。リアルタイム表示と、上限下限アラームだけというシンプル機能ですが、私の使い方ではこれで充分です。
P4222733.jpg
しっかし、参堂を歩き回るだけでこの心拍数。食後とはいえ、ネズミの心臓です。orz

武蔵陵墓地にお越しの場合、天気の良い日の朝方がお勧めです。何ともいえない空気感が味わえます。


昭和天皇に手をあわせた後、また尾根幹方面に戻るのですが、学生時代に過ごした八王子の町に寄ります。
八王子商店街
八王子には、昭和の時代の賑わいを思わせる商店街が残っており、私の好きな街です。とはいえこのご時勢、平地になり自動駐車場になっているところが目立ちました。複雑な気分です。

八王子を離れ、野猿街道を経て尾根幹を横切り、ランド坂を目指します。相棒のガーミンナビが、最近どうもGPSにダメージがあるようで、妙な案内に翻弄されながらもなんとかランド坂へ。

師匠曰く「しょぼいヒルクライム」ですが、初めてのSPDラン、ここまで走ってきた私にとっては最後のこの坂は結構こたえました。クロスのギヤがなかったら、休憩しちゃったかも。
P4222737.jpg

気のせいか、寂しい雰囲気のよみうりランドを見ながら坂を下り、多摩川CRに入り、もうひと頑張りと時速30キロ走行。是政橋に着きましたが・・・・

距離が足りない・・・

ということで、もう少し遡って以前から気になっていたワイズロードとなるしまフレンドに寄ってお帰り。

106キロのライドとなりました。後でルートラボに獲得標高を算出させてみたところ、690メートル。

獲得標高だけはヤビツ並み ^^)

ワイズロードの品揃えには驚きました。こんなお店が近くにあったなんて。

まあ私の場合、近所のショップに顔を出すのも一つの楽しみですので、この手の大規模店に通うことは無いと思いますが、近くにこんな規模の店があるのは心強い気がしました。

空がどんよりしていて、雨が落ちてこないかひやひやしながらのSPDデビューランでしたが、SPDの威力を存分に確認でき充実感がありました。次はロングライドを試したいです。









SPDデビューラン前編(SPDはどうだった?)
こんにちは yutabowです。

変な空模様です。雲は薄くてところどころ空色が透けて見えます。
普通なら雨が降りそうにない空の明るさですが、風が強く時々ゲリラ豪雨のような雨がふきつけます。

サイクリングは到底無理ということで、今日はおとなしく家事です。

昨日のSPDデビューランですが、SPDの話とサイクリングの話を両方含めるとまとまりがつかなくなりそうなので2部に分けます。今日は前編、「SPDはどうだった?」です。

クロスバイクでSPDを検討する場合、普通に考えて選択肢は以下3点だと思います。

①PD-A600:アルテグレード。微妙ながら最軽量。高級感あふれる仕上げ。
②PD-A530:裏面フラットでフラペとしても使えて便利。少し重い。
③PD-A520:シンプルにしてスタンダードな片面。アルテほどではないが軽量で安い。

通勤用は流星号があります。彗星号で街に出るケースは、シューズにそのまま街を歩けるタイプを選択することで解決し、シンプルで安い③にしました。万一フラペが必要になったらその時は付け替えれば良いとしました。

①も魅力的で、他のパーツに比べれば価格差は少ないのですが、これは選ばなくて良かった。初心者のスキーと同じで、私のSPDはデビューラン終了時点で既に傷だらけ。orz
この手のパーツの高級品は、ある程度慣れてから考えたほうが良さそうです。

SPDはバネ強度を調節できますが、ショップの店主が最初ということでゆるゆるに調整してくれています。クリートの固定精度や強度には関係無いので、当面このままで良いと思ってます。

SPDのクリートは小さく、爪が足裏の目の届かないところにあるので、初めての場合勘をつかむのに少々(結構)てこずります。SPD-SLの方がクリートが大型で爪先がつま先に近いところにあるので狙いをつけやすいように見えます。
右脚は程なく慣れましたが、左足がどうもうまくいきません。ここだと思うところではなかなかはまらず、パチンとはまる位置が気持ち内寄りにある気がして、この違和感が解消されてきたのはライド終盤でした。単なる左右の感覚のばらつきかと思いましたが、もしかしてと思ってペダルの位置を測ってみました。

P4232741.jpg

3枚のチェーンリングがある分右ペダルの方がチューブからの距離が大きくなるはずです。実際に測ってみたところ、見た目よりは左右の差は少なく抑えられているものの、5ミリほど右ペダルが左に比べて遠いことがわかりました。
左右対称に足をのばすと、左ペダルは約5ミリ外側を踏むことになります。それが少し内側を踏まないとキャッチしないという感覚になった原因かもしれません。クリートの調整幅はそれほどありませんので、これは慣れてしまえばいいのかなと思っています。

片面SPDペダルの場合、開放状態では自重で裏返ります。店長によると、つま先でくいっとひっくり返してパチンとはめる動作を一気にしかも足元を見ないでできるようになればOKとのころですが、まだちょっと足元みないと心配です。それでも、激坂スタートでもない限りそれほど不安にかられることはなくなりました。

SPDユーザの通過儀礼のように言われる立ちごけは幸いありませんでしたが、ヒヤっとしたことは何回かありました。やっぱり、ちょっとした注意力が失われる瞬間が危険ですね。

ケース1:ガシガシガシと登って息があがった状態でぴゅーっと下る。下った先に信号があって、きゅっと停止。「ふぅぅぅ・・・・・・・・・・・あっ、やべっ、バチン!」油断しました。
ケース2:幹線道路の路肩で左を外して停止しよとしたところ、超低速のためバランスが右に崩れて右にコケそうに。幸い左にバランスを直す。これは結構危ない。このようなケースは両方外したほうが。
ケース3:歩道を徐行中に急に歩行者が現れて急停止。車体は右に倒れ始めて、うぉっとっとっとバチン!。このケースは完全に対応するのは難しいので、徐行中は予め両方外したほうがいいかも。

いずれにしても、信号の多いところでは面倒ではありますね。

SPDの効果ですが、予想以上のものがありました。フラペでもトルクを与える角度を大きくする努力をしていたので、引き足を使える領域はそれほど多くないと思っていましたが違いました。脚力を回転方向に与えることに集中できる。フラペではペダルから足を外さないために使う力と神経が無視できないレベルであったことに気付かされました。引き足については個人差が大きいそうですが、私の場合こんな力がまだあったのかと自分で驚くほどでした。力いっぱいペダルを引き上げてやると、まるで体がおいていかれるかのようにバイクが前に進みます。上り坂ではまるで誰かが後ろから押してくれているようです。パワー3割増しは大袈裟ではなく、信号ダッシュは5割増しの印象があります。

ただし、パワーが増えれば当然消費エネルギーが増えるわけでして心肺に負担がきます。フラペの時は、心肺が限界になる前に筋肉の痛みで踏めなくなっていましたが、引き足を使うと先に心肺が辛くなります。
真にパワフルなサイクリストになるためにはやっぱり修練が必要ということですね。

私の購入したシューズは、どちらかというとタウンユース寄りで歩きやすく見た目も違和感の少ない革の紐靴です。
強く引き足を使うと足裏が靴底から離れ、靴底がたわむのを感じます。私としてはまあいいかと思いましたが、この点にこだわる向きには、きっちり締め付けやすい3本ベルクロや、靴底をカーボンなどで強化したものが良いのかなと思いました。

初めての尾根幹は予想通り私にとっては結構キツいものでした。その先御陵にいく道中でもちょっとした山越えがあり、さらにランド坂に寄って帰ってきたわけですが、フラペだったら多分御陵は断念、良くても御陵まで行って直帰だったと思います。今回は先のコースをめぐって、川崎から多摩川CRを遡るときにまだ時速30キロ巡航する余力が残っていました。しかも、多分ペダリングが強制的にきれいになっているからだろうと思いますが、いつも100キロ走ると多少はある膝周りの痛みや違和感が全く出ませんでした。また、フラペだと元気のいい体育会系高校生のママチャリに張り合われることがあるんですが、SPDを装備すればもはや別次元の乗り物であることを実感できます。乗用車の安全運転程度の加速についていけるので、混んだ道路でも気が楽になりました。

私なりの結論です。

①スポーツ自転車の本来の能力は、ビンディングペダルをもって発揮される。諸々アクセサリーを買う前にまずこれを導入し使うべし。(どの程度使うか不安な向きはA530で良し)
②安全性に対するリスクは忘れてはならない。今後も充分注意すべし。
③ビンディングペダルでパワーアップは間違いなし。ただし、体力を増してくれるものではないので、初級サイクリスト卒業の為には、坂を恐れず修練すべし。

以上でっす。

サイクルの女神: 「ういっす! SPDレポート読んだわよ」

yutabow: 「うわっ、女神さんもう読んだんすか。早いですねぇ。」

サイクルの女神: 「あたりまえよ。私はこれでも女神よ。それにしても長っ!読み辛っ! んでもってすごいこと書いてあるのかと思えばなーんかあたりまえだし、新鮮味ないわねぇ。あんたは自分で盛り上がってるからいいけど、読む人からみればそれほど興味ないかもよ」

yutabow: ドキッ 「相変わらず口が悪くて鋭いですね。実は書いててそう思いました。これ公開しないほうがいいですかね。」

サイクルの女神: 「口が悪いは余計よ!、まあいいんじゃない。ブログだし。サイクリストの皆さんやさしいから応援してくれる人もいるかもしれないわね。まとにかくこれを最後まで読んでくれた人には感謝することね。」

・・・・・・

というわけで、無駄に長い今日のブログをここまでお読みいただいた各位に感謝致します。

明日は、走行編(尾根幹、御陵ってどうだった)です。




SPDデビューはやっぱり坂で
残念ながら、土曜日はどしゃ降りのようです。

日曜日は新宿で大学の同窓会があるので、そこへは彗星号で行くつもりですが、新宿までは約20キロ。サイクリスト曰く「ご近所」の距離ですから全くもってもの足りないわけです。

実は今日たまたま本日会社の休みをとっていました。
SPDを眺めるのにも飽きたので、なんとか走りたくて
用事を調整し今日をデビュー日としました。

折角のSPDデビューランですから、
それにふさわしい舞台を用意しなければなりません。

通常の私の発想ではセンチュリー以上の長距離を目指すところですが、今日はそこまでの時間が取れません。

長さで勝負できないとなると

・・・・・・

やっぱ坂ですか 


坂が嫌いな yutabow としては微妙な心持ちですが、いつまでも坂を恐れていては永遠に初級サイクリスト、
SPDの威力を見せてもらおうじゃないかというわけで・・・・

今日のお題は、

SPDデビュー! kanoka 師匠御用達の尾根幹+昭和の日を控え、昭和天皇陵をお訪ねする旅

です。

関戸橋から師匠のルートを参考に尾根幹を走り、折り返し点から武蔵野陵墓に向かい、再度尾根幹周辺に戻ってランド坂を登り、多摩サイを登って、Ysロードとなるしまフレンドに寄って帰宅。106キロのライドでした。

SPDの感想も書きたいので、ただでさえムダに話の長い私ですから少し長くなりそうです。

で、今日はもう遅くなってしまったので、明日は雨ですから詳細は改めてゆっくりと。

今日のところは オヤスミナサイ  



自転車保険
また、結構揺れました。

今回の地震は余震の数も桁違いですね。私の適当な記憶だと、東京で普通に生活していて有感地震は年に2~3回。となると3月から優に5年分以上は揺れていることになります。

長渕剛が過激な歌詞を発表しましたが、こうも揺れ続けると、私も大いなる大自然に毒づきたくもなります。


無題

ここのところ、大いなる大自然は週末サイクリストにも冷たいようです。

土曜日狙い撃ちです。

日曜日は大学の同窓会があるので遠出はできません。明日、用事で休みをとっていますので、天気が良ければ少々走れるかも。

SPDに慣れるため少しでも走ろうとは思っています。


さて、表題の件ですが、皆さん自転車保険に入られていますでしょうか。

私の場合、今のペースで走り続けると、自動車より距離を走ることになります。

事故により相手に与える損害は自動車に比べればはるかに少ないと思われるものの、事故を起こす確率は、現状の自転車の道路事情からして自動車より高いと思われます。安全意識を高める意味でも、加入すべきかなと考え、現在下調べ中です。

パターンとして、以下のようなものがあるようです。

①現状の自動車保険に自転車用の特約を追加する。
②保険会社が扱う自転車保険に単体で加入する。
③モンベルなどが扱う屋外スポーツ障害保険に加入する。

①が最もシンプルで、交渉代行も安心感がありますが、少々割高です。(4000円くらいから)
③は、保険範囲が広く、補償額に対して割安です。ただ、交渉代行などのサービスレベルが不明。
②は①と③の中間といったところ。

ショップの店長にも相談してみようと思いますが、何かアドバイスあればいただけるとありがたいです。

さて、ここのところ夜に弱くなってしまってこの時間になる眠くて眠くて

おやすみなさい。
SPD考
今回導入したSPDにシューズをくっつけてみたの図。

今のところムフフとお眺め状態です。

P4202715.jpg

「眺めてないで走りなさいっ

などとサイクルの女神さんに叱られそうですが、今週末ちゃんと走りますから。(雨が心配ですけど)

3本ベルクロのタイプの方が、フィット調整、着け外しの簡便さ共に優れているのですが、この靴のデザインはそのまま街を歩ける点が捨てがたく、悩んだ末これにしました。

SPDの実際の固定方式に興味があったんですが、意外に単純で、バネでテンションのかかった爪にクリートをぐりっと押し込むだけですね。シマノらしい堅い設計だと思います。クリートが非常に小さく、点で固定している感じなので、まだはめる時の狙いが一発で決まりません。そういう意味では大型のクリートを使うSLの方がはめこむイメージは分かりやすいような気がします。

P4202713.jpg

キャッチの練習でペダル表面は既にキズだらけです
無理して美しい仕上げのアルテグレードにしなくて良かった。

怖いのは立ちゴケですが、おちついて外すことさえできれば問題ないはず。

ショップ周辺で色々なケースを想定して練習してみましたが、一つ危険だなと思ったケースが緊急停止。

想定外の場所で慌てて後輪をロックさせながら停止するようなケースで、両ペダルをリリースすることは出来そうなんですが、リリースするときにどうしても一瞬シューズがペダルから離れます。サドルに乗っているお尻を浮かせてトップチューブに降りなければなりませんが、そのために再度両ペダルに足を乗せて腰を持ち上げる動作が間に合わず、サドルに腰が乗ったまま車体が倒れてしまいます。完全な立ちゴケではありませんが、大きく左右に倒れこむことになります。(ここで新品のペダルに大きな傷が(泣))
店長は、「慣れれば対応できるヨ」と言ってくれましたが、緊急停止をしない運転が重要かなと思いました。

SPDでペダリングがどうかわるのか、今のところ楽しく妄想するばかり。

早く来い来い晴れの週末[emoji:てるてる坊主]






ロングライドに出かけた後は
日曜日に遠乗りすると、ちと週明けに響きます。

強くなりたい、ダイエットしたいという焦りのような思いはありますが、これから永く走り続けるために、体に爆弾を抱えてしまうことは極力避けたいものです。従って、負荷の高いライドを行なった後は、疲労した筋肉の回復+超回復、筋や関節に生じている違和感が完全に抜けるまで、脚に負荷をかけることは避けています。特にロングライド翌日は通勤もママチャリペースです。

本格的に走り始めて3ヶ月程度なのでそれほどサンプルはないのですが、私の場合、筋肉の痛みや違和感が完全に抜けるのに2日半、土曜日にロングライドすると、火曜日の朝はまだで午後になって、「ヒーロー復活という感じになります。この2日半の回復期間を少しでも短くしたくてプロテインを試験的に導入しました。(BCAAとかのアミノ酸の方が良いという話も聞いています)

この期間中に通勤でちょっと張り切ったりすると回復が遅れ、却って良くない気がするので我慢しています。今週は日曜日走ったので、今日と明日はおとなしくして、水曜日の夜に夜ポタまたはローラーをやろうかと思っています。

回復期間の短縮や、回復期間中に何かできることのアイディアがあればアドバイスいただけるとありがたいです。

・・

4月の彗星号(RX3)の走行距離は、ローラーも入れると現在で420キロほどになっています。このまま週末天気に恵まれれば、500キロを大きく超えそうです。私のレベルとしては結構頑張ったかなと思っています。まあ今がサイクリングのトップシーズン。これから梅雨、その先は猛暑ですから今が一番距離を伸ばせる季節ですね。



フラペで行く江ノ島ラストライド
そもそも私がスポーツバイクを具体的に購入したいと思ったきっかけが、今お世話になっているショップが昨年GWに開催した江ノ島サイクリングでした。彗星号購入の時も「江ノ島に行きたい」というのをニーズの一部として店長に伝えていました。
従って、私にとって江ノ島行きは必ず実現すべきマイルストーンでした。それが今日実現したわけですが、これがフラットペダル卒業ライドになったというのは、色々と縁を感じます。

いつもとは少々違う気持ちで出かけましたが、「むむ?、脚が重い」
土曜日のライドで脚に疲れが残っているのと、前日の寝不足でいつものように脚が回りません。

境川CRには町田から入りますが、そこまでの鎌倉街道の起伏が妙に辛く感じられました。
境川CRも、若干の向かい風。荒川ほどではないですが、やはり単調な景色。少々我慢を強いられる走行でした。

ところで、これは何でしょう?
名称未設定_パノラマ2
向こう岸に巨砲のようなレンズをつけたカメラマンがずらっと並んでいます。何かいいものが通過するみたいです。鉄道の線路にしては幅が狭いです。
ご存知の方がおられましたら教えていただけないでしょうか。

境川CRについては、多くの方が走られており、今更特段ご説明することはないと思います。単調な景色に耐え、終わってしまっている残念な桜の樹を眺めながら走り続けて、藤沢の市街を通り抜け、ついにゴール。
P4172679.jpg

この程度の距離には慣れていたはずですが、今回はちょっとじーんと来ました。 
しばらくその場で海を眺めました。
ビーチのシーズンはまだ先ですが、風が強いこともあり、風モノスポーツ花盛りです。
P4172678.jpg

以前車で来たときは、渋滞で江ノ島に渡る気が起きませんでしたが、自転車なら余裕です。江ノ島へ渡り記念写真を何枚か撮影。
P4172693.jpg

もう一つの目的、「珊瑚礁でカレーを食う」。 このお店が珊瑚礁なんですが
P4172704.jpg
ちと勘違いしていたようです。駐車場には高級車、見た限り全ての客がカップル。大人も若者も、今日を最高の日にしようと着飾っています。そのような空気の中におっさんクロスバイカー単身で乗り込む行為は違法ではないでしょうが、相当なKY行為。気の小さい私は2秒で退散しました。

そういう私の状況を見透かすかのように、珊瑚礁を通過して間もなくセブンイレブン発見。
悲しいほどいつものランチとなりました。
P4172697.jpg
でも、江ノ島の爽やかな風の中でいただくコンビニ弁当もおいしかったですよ。

しかし、寂しいおっさんの敵はまだいました。こいつです。
P4172698.jpg
ヤバいかなと思っていましたが、やられました。ほんの一瞬よそ見をしている隙に私の手の上にある弁当から、チキンカツの最後のひと欠けをシュパッと奪われました。こいつら餌の位置だけでなく、人間の動きまで見てます。恐るべしです。

少しだけとんびに献上してしまいましたが腹は満たされたので、江ノ島駅周辺をポタポタし、お土産を購入して帰途へ。
少し風が強かったけれど、今日の江ノ島ライドは最高に気持ちよいものでした。

帰りにショップに寄って、店長にみやげ話。フラペラストライドを終えたRX3はその場でSPD仕様になりました。
ショップのまわりをぐるぐる回って練習した感じでは、やはりフラペとは全く違う。フラペはペダルから脚を離さずにいかにパワーを伝えるかに腐心しますが、SPDは逆に離れないことを前提に最適なペダリングを行なうので、単に引き足をプラスするということではなく、発想の転換が必要な印象を受けました。見た目もより「らしい」感じになったし、新しいサイクリングが始まる予感。 

楽しみです。











今日は晴れたので多摩湖ライド
サイクルの女神「ちーす

yutabow: 「あ、女神さんじゃないすか。お元気ですか?」

サイクルの女神:「今日はあんたに言いたいことがあってきたのよ。」

yutabow: 「ん? なんすか?」

サイクルの女神:「yutabow あんた最近気がとがめることしなかった?」

yutabow: 「え? あいや特に思いあたりませんけど。」

サイクルの女神:「あんた、金曜日の平日20キロローラーサボったでしょ!!」

yutabow: ギクッ 「あ、いやその・・・・」

サイクルの女神:「サボるだけならまだしも、金曜日ブログねたが無いふりしてその事実を葬り去ろうとしたでしょ!」

yutabow: 「・・・・・・・・

サイクルの女神:「あーあ、お世話になってるサイクリストの皆さんはじめ世間様にあれだけ大見得張っといて、サボったらダンマリこくなんて、サイクリスト以前に男として、いや人間として最低だわ。最低! 最っっっ低!!!」

yutabow: 「女神さん、女神のくせにかなり口悪いっすね。」

サイクルの女神:「そんなことどうでもいいのよ!! あんた今日走りなさい。いい具合に天気予報外れていい天気なんだから。金曜日の分もあわせて倍走るのよ。それだけじゃ許してあげない。あんたの嫌いな登り坂を走りなさい」

yutabow:「えーーーーー、上り坂イヤですよぉ。SPD納期遅れでまだ装備できてないし。」

サイクルの女神:「わけわかんない言い訳してないで走るの。は・し・り・な・さーーーい

とまあ、寒い出だしで申し訳ないですが、おおよそこのような心の葛藤がございまして、あいやすみません。金曜日、最終日になって20キロローラーサボってしまいました。言い訳はともかくとして、今日はたまたま妻も娘も夜までお出かけになり、天気も良くなったので挽回の意味も込めて多摩湖自転車道に行ってきました。

多摩湖自転車道(通称)は、多摩湖の周囲をぐるっと回る自転車道で、自宅から約10キロほど走ったところにあります。一周で約10キロほどで、登りといっても、平地ではないといった程度のレベルですが、平地ばかりでは退屈と思い始めた人には程よい刺激になる周回コースです。さすがに一周では物足りないので2周しました。


自転車道のスタートはもっと手前なんですが、感覚的にはここがスタートです。
P4160011.jpg
ずっと登りっぱなしではなく、ちょっと登っては緩くなり、時々下ったりするので脚を休めながら走ることができますので、私の脚でも平均20キロ以上を維持して走ることができます。ジョガーや散歩している人もいるので安全確認には注意が必要ですが、いい感じで道が左右にうねっているので結構楽しいです。

桜はもう大方終わっていて、たまに一本物でよく咲いている木がある程度です。ただ風が強かったので桜吹雪は楽しめました。
P4160013.jpg


ダム湖というのは自然に出来た湖とは違う独特の雰囲気があるので私は結構好きです。
P4160019.jpg


西武ドームです。節電なのか、それとも単に試合が入っていないだけかもしれませんが、静かで閑散としています。付近の西武園ゆうえんちは営業していました。
P4160016.jpg


2周した時点で、約40キロ。サイクルの女神に課されたノルマを果たしたので帰宅の途につきます。ただ来た道をそのまま帰るのもつまらないので、違う道に入ったところ、激坂発見
P4160023.jpg
実際には激坂を下りたということですが、この写真は下から撮影したもの。ちょっと激っぷりが分かりにくにので傾斜が分かりやすい目安ないかと探したところ、これを見つけました。
P4160024.jpg
定規当てて計ってみたところ、10%ちょっとありそうです。

面白そうなので、下り切ったところで再度登ってみました。ギヤはコンパクトクランク装備のロードのインナーロー(F34/R25)を再現して、F38/R28にセットしてStart
距離はたぶん200メートル程度だと思いますが、時速15キロを維持しようとするとすぐにシッティングでは苦しくなり、ダンシング、登り切ったあたりで心拍が160を超えてしまいました。うーん、ヒルクライム修行は始まったばかりといったところです。

さあ帰ろうということですが、今日はいつもの頼れる相棒、ナビを持ち出していなかったため、あっという間にルートをロスト(爆)

うーん、ここはどこだぁ!!!
P4160025.jpg

謎の川沿いサイクリングロードを通り抜け、太陽の位置だけを頼りに走り続け、東村山駅を発見して通りぬけ、やっとたどり着いた野火止用水。
P4160026.jpg

OK。これで帰れる。その後小金井街道を下ったのでついでに小金井公園に寄ります。
小金井公園の夕焼け。
P4160027.jpg

小金井公園の桜も大方終わっていますが、色んな種類が植えてあるので一部まだ綺麗に咲いているものあります。

このマルチカラー桜は不思議ですねぇ。
P4160030.jpg

「この~樹なんの樹」桜バージョン
P4160032.jpg


最後にショップに立ち寄ってみたら、店長が「あ yutabowさん、今日入ったよ。お急ぎだったら今預けてくれれば明日渡すけど」と言ってくれましたが、明日は江ノ島ライド。慣れないルートのロングになるので、安全をみて明日のライドの後に預けることにしました。

今日もなかなか風が強かった。しかし道に変化があるのと、距離的に脚の売り切れの心配がないので「うらうらうらぁ」という感じ(?)で、今日は強風を楽しみました。

さて、明日の江ノ島フラペラストライド。今日は良い方に転びましたが、意表をついて雨にならないことを祈ります。

いよいよSPDデビュー
ショップから、SPDとシューズが明日入荷するとの連絡。

いよいよ、SPDデビューすることになりました。

明日会社帰りに速攻で引き取りにいこう。

多摩サイ100キロライドの皆さんとの出会いがなかったら、恐らく今年いっぱいはフラペのままだったでしょう。皆さんには本当に刺激を受けてます。

やっと皆さんの仲間入りができますね

さて・・・
無題

こんな具合ですから、今週も土曜日はダメそうですね。

しかし、今週は日曜日に外出許可を取りましたので、
日曜日に希望をつなぎます。

なんだか雨と雨に挟まれていやな感じではありますが、

楽しいSPDデビューになりますように。 [emoji:てるてる坊主]


平日3本ローラー20キロ。4日目クリア 少ーし楽しめるようになってきた
今週末
なんだか今週末も雨予報

Oh my God! (浄土真宗だけど)

頼むから日曜日だけでも・・・

神様お願い!(浄土真宗だけど)

平日3本ローラー、3日目クリア。


SPD 発注します
きょうのローラーで、彗星号の走行距離は1200に

車で言えば、新車点検+オイル交換みたいな感じでしょうか。

ちと強引に、節目っということで、
ブロガー先輩各位&ショップのアドバイスもいただき、2日悩み(短い)

決意しました

SPDと、シューズ発注します。

多分、週末には入荷すると思いますので、今週末の土曜日が、フラペ最後の
ロングライドになりそうです。

とはいえ、資金が降ったり湧いたりするわけではなく、また夏に向けて
またウェア関係の出費がありますので、もう一つの趣味であるカメラのレンズをヤフオクで売却
自転車だけに、自転車操業ですね。
3本ローラー100キロ走破宣言
昨日書きました通り、先週末は週末サイクリストとしては残念な週末でありました。

まあ、毎週走れることを期待するほうが虫が良いのはわかっておりまして、

「また頑張ろう」

と、気持ちを入れ替えたつもりだったんですが、いつものようにブロガーの皆さんの報告を拝見しますと、中部地方遠征爆走ヒルクライム爆飲つき、桜三昧ロングライド、湖めぐり、ヤビツ峠チャレンジなどなど・・・・
皆様素晴らしい成果をあげておられる。

くーーーう、悔しい。
このまま引き下がってたまるかぁ。

などと、相手にされてもいないのにかってに気持ちが盛り上がりまして・・・・・

何かできないかなぁああ     そうだ 
暖かくなってから使っていない3本ローラがある。

宣言します。

今週平日、3本ローラーで100キロ走破します!

一日20キロで5日で100キロです。
「走破」とぶちかました割にはショボイ目標ですが、平日は私も人並みに仕事がありますので時間が取りづらいですし、3本ローラーは実走行より速度あたりの負荷は軽いとはいえ、20キロ走るには30分以上かかります。退屈地獄の3本ローラーで30分は楽じゃないんです。

言い訳以上。

というわけで、ホントに大したことないんですが、これで少しでも自分を納得させたいと思います。

そーか、まあがんばれとおもっていただければ、
Clickお願いしまーす。

疲れ具合は100キロライド並み
今日は絶好のお花見日和でしたね

天気はもう少しスッキリして欲しかった気もしますが、陽気は汗ばむほどでした。

隅田川方面に、桜を見にいってきました。

「隅田川? そんな近所にわざわざ電車に乗っていくわけないぜ!

と、普段なら強がるところですが、今日は家族サービスデー
おとなしく電車で参ります。ので、フォトポタ日記ではありません。

厩橋からです。
P4102630.jpg
隅田川にはプレジャーボート、屋形船、ジェットスキーなどがたくさん出ていました。
乗船料無料で、寄付金を募るチャリティ屋形船が出ていて、乗ってみたかったのですが長蛇の列で断念。


スカイツリー方面に徒歩で向かいます。

P4102638.jpg

観光用の人力車が大量に走っていました。このあたり結構坂があって大変だと思いますが、女性の引き手もいます。外国人向けの英語案内をしている車もありました。大手町にもいますね。東京の観光サービスとして定着した感があります。


ランチはスカイツリー付近のこのお店。

P4102654.jpg

2回目です。雰囲気よし、味よしでランチ800円~1400円。お勧めです。


アサヒビール本社近くのこのお店。有名らしいのですが・・

P4102656.jpg

こんな感じ。甘いさつまいもを練って固めてタイヤキに近い生地に浸して焼いた感じ。素朴な味でけっこうイケます。

P4102657.jpg


計画ではここからシーバスで浜離宮だったんですが、桜のトップシーズン、認識が甘かったです。チケットを買うだけで一時間待ちの大行列で、あえなく断念。浅草寺に寄って帰ることとしました。


それにしても、

スカイツリーの存在感は大きいですね。

浅草寺の門からも感じに見えます。
P4102667.jpg
とにかくどこからでも見える。このあたりの景色が、スカイツリーを軸に再構成されている印象さえあります。

そういえばパリのエッフェル塔もそのあまりの存在感と、どこからでも見えるということで当初は不評だったそうです。
スカイツリーも確かに存在感がありますが、違和感は不思議にないですね。どこか和ろうそくをおもわせるような和テイストなラインが良いのかもしれません。最初のうちは近づけないでしょうが、オープンが楽しみです。


浅草寺もすごい人出です。めまいがします。
P4102669s.jpg


40歳を超えたあたりからでしょうか。急激に人ごみに弱くなった気がします。

今日も・・・

実は帰ってから暗くなるまで少しでも走ろうなどと、
往生際の悪いことを考えていたんですが・・・・

脚はだるい、肩はこる、軽い頭痛はするで、ソファーに倒れこんでしまい、それどころではありませんでした。

サイクリングを始める前に比べれば相当に体力がついているはずですが、人ごみに酔うというのは全然違うところに効いてくるんでしょうね。

疲労度では100キロ超えライド並みでした。しかもロングライドとは違い、イヤな感じの疲労感です。
早速今日届いたプロテインのお世話に


サイクリストとしては不完全燃焼な週末でしたが、まあ仕方なし。


気持ちを切り替えてまた来週末。今度こそ江ノ島へGo!








走れない日は
午後から予報でしたが、朝から霧雨、午後から何故か雨があがって空はどんよりという変な天気でした。

今日は走るのは断念、お世話になっている地元ショップに久々に出かけ、店主とだべってきました。

「震災のこと」

「SPDペダル、シューズのこと」

「ロードバイクのお話あれこれ」


お店は震災特需でおおわらわだそうです。震災当日は夜半過ぎまで納車に追われ、あくる日は開店時に客が並んで待っていて、その日のうちに、在庫していた変速機つき自転車、RX3まで(!?)全て売切れてしまったとか。

RX3まで買占めかっ。

と思ってしまいますが、この季節本来売るべき学生さんに商品がまわらない。スポーツバイクを事前知識なしに購入して事故も発生しているらしいということで・・・

商売的にはウハウハなはずですが、店主は複雑な表情で話されていました。



最近複数のブロガー各位からプレッシャーをいただいているSPDペダルのお話、シマノのサイクルシューズも何種か試す。サイクルシューズには少々驚いた。


軽い!、硬い! 気持ちいい! うわあ、これは回せそうだ。

さすが専用、履くだけでモチベーションUP、ペダル以前にこれだけでも意味があると思いました。

自分の靴サイズもわかりました。

ペダルは片面で良し。シューズが、比較的安くタウンシューズとしても使えそうなデザインのMT22、3本ベルクロで履くのが楽な上に微調整パーフェクトだけど、ちとお値段が厳しいRT52で悩み中。
サイクルシューズは普通の靴と違って歩いて底が減るということはない分永く使えるそうなので、少々奮発してもいいのかも。

いずれにしても、資金調達が必要で即買いというわけにはいかない(泣き)ものの、方向性ははっきりしてきました。

2時間近くうだうだした後帰宅して、彗星号、そして最近メンテをさぼっていた通勤車流星号のメンテナンス。ついでに娘の自転車もお掃除したので結構疲れた。

愛車にワックスかけてますか?

私は、「シュアラスターブラックレーベルスーパーエクスルーシブフォーミュラ」という長い名前のワックスをかけています。車と兼用です。

オートバックスあたりで4000円くらいする高価なワックスですが、季節に一回程度しかワックスがけしない私にとっては、充分に経済的です。

微妙で、気のせいかもしれないんですが、なんともいえない妖艶な艶が出るんです。
私的萌えパーツ、RX3のトップチューブ。

P4092616.jpg

うーん、萌え萌え

持ちも、フッ素系には及びませんが、通常のワックスの中では良い方だと思います。
あと、石油臭さが少ないので室内で作業したりする場合にあまり不快でないのも良し。

もう一台、通勤スペシャルの流星号です。
P4092620.jpg

ブリジストンのサブナードスポーツ。
アルミフレームで外装6段変速。なかなか良く走ります。良く出来た製品だと思います。彗星号購入まではこいつでロングライドも頑張ろうと思っていましたので、カゴを外し、サイドスタンドをアルミ化するなどして軽量化を図り、実測で15キロを切っています。ただ彗星号導入で肩の荷が下りましたので、近々元の状態に戻す予定。

通勤車として地味ながら週75キロを確実に刻む流星号は既に走行3000キロを超えていますので、彗星号も結構がんばって走らないと簡単には追いつかないライバルなのです。

明日はいい日ですが、家族での隅田川お花見ツアーが入ってます。
走れないのは残念ですが、いつもロングライドに理解をしてくれている家族のために、明日はお花見に専念します。












プロテイン
今日は、娘の中学の入学式でした。

世情を反映しているのか、もともとそうなのかはわかりませんが静かで厳かな式でした。
まだまだこれからの生徒たち。この子らが社会に出るころ、望ましい日本社会を作ってやれるかどうか、一丁前に責任を感じたりしました。


学校の敷地内にはなかなか立派な桜道がありまして、まさに満開

つかのまの花見を楽しみました。


どうやら明日は走れなさそう。 なので今日少しでも走ろうかともおもいましたが、やっぱりびゅんびゅんの風。
今週末はメンテナンス中心になりそうです。


さて、本題ですが、いわゆる 「プロテイン」 というやつに手を出してみました。

基本的に、サプリの類を常用するのはあまり好まない性分です。油物大好き、甘いもの結構好きですが、小うるさい妻のおかげで食生活は比較的まともであるため、この手のものは不要と思ってきました。

それに、プロテイン というとやっぱ

DSC_0089.jpg

というイメージが私の場合刷り込まれておりまして、私には無縁であったのですが、サイクル本をいろいろ読むうちに、

・結構サイクリストで利用者が多い
・昔のように我慢して流し込むようなものでは今時ないらしい。
・結構ロングライド頑張っている割に、筋力が増している気がしない(せっかち)
・100キロ以上走ると、回復に2.5日。もう少し回復を早めたい。
・今の食生活はバランスは悪くないと思うが、高タンパクとは言いがたい。だからといって、「走った日は肉たくさん食わせろ」とは言えないし。


という気持ちになりまして、わが人生初プロテインをポチりました。

実に色々ありますが、大手どころはSAVASとDNSのようですね。成分表とにらめっこして、価格当りのたんぱく質含有量が一番多そうなこれに決めました。

img_whey100.jpg

キャッチフレーズがちと引っかかりますが、まいいでしょう。価格はAmazonなどのネット通販が安いですね。店頭で購入しようかとも思いましたが、価格差がかなり大きいため断念しました。

推奨量を毎日摂ると、4000円/月と少々お財布に厳しいのと、私の場合筋肉マンになることが目的ではないので、ロングライドなど、疲労が大きいときにパートタイムで使ってみようかと思っています。

さてどうでしょう・・・・

何か良い効果が得られればレポートします。






今週末は・・・・・・・・・
明日は娘の入学式です。日曜日は、家族でお花見に出かけることになっているので、土曜日がロングライドのチャンスです。

百キロ超えのライドにも慣れてきたし・・・

季節も良くなってきた。


彗星号を購入した時に願った、「江ノ島に行きたい!」をついに実現する時が来た。

江ノ島に自転車で行き、珊瑚礁でカレーを食うのだ。(また食う話)


いつものようにGoogleMapsで、ルート検討。

ふむ・・・・53キロ、 もう少しどこかへ・・

小田原・・、ちょっと遠いかな・・・

ん? ヤビツ峠ってここなんだ。い・け・る・か・な。

いやいやいや、俺にはまだ早い

ちと道が悪そうだが、横浜へまわって多摩サイで帰ってこようか。

ふむ、距離もいい感じ。これでいこう。

といつものように週末を前に盛り上がりましたが、

天気

うーーーん、明日の午後は、土曜日は 

びみょーーー、 ダメかも

日曜日はブロックされているし・・・・

最悪、3本ローラーで退屈地獄ライドだーねー。 orz

天気予報が外れることを祈ります。




被災地復興自己チャリティーライド
恐らくこのブログをみてくださっている方々には既に宣言済みですが、
3月20日に kanoka さんに主催していただいた元気を出そう多摩サイ100キロライドを起点として、
被災地復興自己チャリティライド実践中です。

募金とサイクリストとしてのモチベーションを結びつけ、被災地を応援しながら自分も元気になろうという考えから、走った距離と獲得標高でポイント計算し、それを積算して募金します。

私の設定したルールは以下の通りです。

・走行距離は、キロ当たり1ポイント。
・獲得標高は、キロあたり50ポイント。
・1ポイント1円で、金額換算して募金。


彗星号のポイントに、通勤車である流星号のポイントも加えて先週末時点で
593ポイントになっています。

今の私の走力では50倍の重み付けをしても獲得標高ポイントはあまり期待できず、1万円の募金を実現しようと思うと7~8000キロは走らなければなりません。
復興には時間がかかるので焦る必要はありませんが、長い道のりになりそうです。
ちとレートを厳しくしすぎたかなと思ったこともありますが、家族での募金は別途やっていることもあり、これは私個人の努力目標であることから、厳しめで丁度良し。 このままいきます。

被災地の復興と、私自身の自己実現を目指して、チャリティライドは始まったばかりです。

P1070721.jpg






Escape RX3 ってどんなの?
私の愛車「彗星号」はGIANTのEscapeRX3です。
昨年デビューしたニューモデルで、ショップによると空前の売れ行きだということですが、まだ街中ではそれほど見かけません。意外にネット上の情報も少ないので、私なりにどんな自転車かまとめてみたいと思います。

EscapeR3の後継機という話も聞きますが、私は違うと思っています。
カタログ上の別カテゴリー(Rはlifestyle,RXはSports)になっていますし、特にフレームデザインは全く違うと言っていいほどです。
コンセプトも違っており、R3を置き換えることは無いと思いますし、R3は存続し続けるべきだと思っています。

RXシリーズの特徴はなんといってもエントリーバイクとしては異様なほどのダイナミックなチューブデザインです。写真でもその一端を見て取れますが、実物はまた印象が異なり、初めて見たときは驚きました。
P4042550.jpg
好みが分かれるかもしれませんが、私的にはこのトップチューブのラインに萌え萌えです。極太のヘッドチューブの幅をめいっぱい使い上下で異なる弧を描く変形チューブ、ダウンチューブも極太の変形六角形で双方ともシートチューブに向かって連続的に形を変え、扁平状に絞り込まれています。形状としてはDefyシリーズに似ていますが、より太く、大胆なデザインになっています。エントリーモデルながら、主要な溶接部はきれいに仕上げてあります。フルードフォーミングと言われているフレーム加工にコストがかかっていることが想像できます。
跨ったときの景色も独特です。
P4042547.jpg
トップチューブは普通、「棒」なんですが、このモデルの場合、イメージ的に小型船舶のデッキを思わせる雰囲気があります。この「デッキ」感が、ホワイトモデルが最も美しくて、購入の際は散々悩みました。
P4042553.jpg
ヘッド周りも、素材の質感を生かしたクラシカルなイメージのあるR3とは異なりブラック基調で精悍にまとめられています。ホワイトとブルーでは、グリップとワイヤーが白になり少し上品なイメージになります。ワイヤーは白がいいなと思ってまして、次になにかパーツ買うときにショップに頼んでみようかと思っています。
ヘッド部のセッティングは、58cmあったハンドルを両端2センチカット、ステムはスペーサを1cmのみ残して逆さ付けした状態で今のところ落ち着いています。ロード並みにハンドル落差をつけようと思うと、大きく角度のついたステムを使わなければならず、このあたりクロスのフレームジオメトリの限界ですね。シートが低すぎる(脚が短すぎる)とも言えますが。
P4012545.jpg
シートポストは通常のリジッドタイプ、R3についているサスペンションはありません。アルミのフロントフォークしかり、このモデルのコンセプトは結構辛口です。
駆動系のコンポは、Giantにしては珍しくシマノで固められています。R3ではフロントギヤはSuntour,リヤディレイラはSRAMですが、RX3は、フロントまわりはAlivio,Aceraクラス、リアディレイラはDeoreです。シマノ純正になんとなく憧れる人には受けるでしょう。Trek7.3と構成がほぼ同じであることから、意識したのではないかといううわさもあります。
P4042552.jpg
P4042551.jpg
フロントギヤのギヤガードと、リアのチェーン脱落防止プレートは、見た目重視で外してしまいました。従って、すそ汚れ対策と、走行前のリアディレイラストローク確認は必須です。
リアカセット歯数のディフォルトは 11-13-15-18-21-24-28-32なのですが、私の常用ギヤはF48-R18です。この組合せでケイデンス90の時時速約31キロとなるのですが、そこからシフトアップすると歯数が15となりケイデンスが一気に75に落ちてしまうのがどうにもストレスでした。そこで、ロード用のカセットを購入し、トップ側3段を入れ替えることにより 12-14-16-18-21-24-28-32 にしています。トップ3段を1歯づつシフトした形です。これで違和感はなくなり、当分このままでいいと思える感じになっています。
P4042554.jpg
R3と同じ形状のエルゴノミックグリップですが、殆ど変形しない硬質素材です。これは非常に気にいってまして、フラットな部分に手首を乗せたり、横から掴んだりできるため、今のところブルホーンバーを取り付ける予定はありません。見た目もちょっとエアロっぽくてお気に入り。

ホイールの構成はGiantオリジナルですが、リムがR3のSPINFORCEではなく、最近のGiantの普及モデルで採用されているS-R2というものでフロントはラジアルスポーキングです。前後とも振れ取り&テンション調整を行なっています。Giantの完成ホイールのテンションは強いと言われていますが、確かに特にリアは相当ぱっつんぱっつんに張ってあったため、かなり緩めた状態になっています。
タイヤはミシュラン。R3と同じヴィットリアが調達に難があり一時的にミシュランになっているという噂がありますが真偽不明。設定空気圧がMax6気圧と低めですが、走りは問題なし。ただ、ミシュランのタイヤは自動車用のもそうですが、サイドの張り出しが大きく、このタイヤも28Cながら実測で30ミリ程度あります。よってちとスマートさに欠けるのが残念。磨り減ったら、25Cのリチオンあたりにしようかな。
dghghs7j_46fh9mgkkq_b.jpg


ブレーキは、R3のショートアームではなく、標準サイズのVブレーキ。見た目はともかく、効き目は強力です。
てこの原理によりリムとのクリアランスが非常に少なく、リムに少しでも振れが出ると擦ってしまいます。ショップに持ち込んでもいいですが、個人的興味もあり、振れ取りは自分でやっています。(とても難しくて根気の要る作業です。あまりお勧めはできません。念のため)

dghghs7j_47c4prt2gj_b.jpg

良く話題になるアルミのフォークですが、見た目としてはフレーム同色のレッドで気にいっています。上位機種はカーボンになりますが、今のところ「ああくそ、これカーボンだったらなぁ」などと思ったことはありません。

色々乗り比べた経験はないので相対的な言い方はできませんが、オールアルミですから多分硬いんでしょう。その硬さが車体との一体感と、踏む気にさせる性質を生み出しているような気がします。実際私はライドに出かける直前まであれこれ考えてしまう出不精なところがあるんですが、外に出てステムを掴んで車体を転がしたときに手に伝わってくる振動、サドルに跨って最初にペダルを踏み込んだときのダイレクトな駆動感が、「よし行こう!」という気持ちを一気に盛り上げてくれます。魔力というと大袈裟ですが、そういう性格を持った相棒です。

Giantはこのモデルをフィットネスバイクと呼んでいます。ロングライドで疲労を軽減するというよりも、やる気にさせる、踏む気にさせる、それによる疲労もフィットネスとしてポジティブに捉える、その傾向に結構大胆に振ってあるような気がします。そのためにコストをかけて強靭なフレームを設計し、敢えてフォークをアルミにしてあるのだとすればGIANTなかなかやるなといったところです。R3の方がトータルバランスが良くて、ロングライド向きかもしれません。まあそれでも、私でもこいつで160キロ走りましたので、問題はないでしょう。

R3の位置づけは不変だと思います。RXと比べると地味に見えてしまいますが、普遍的でクラシカルな美しいフレームデザインだと思います。RXのアグレッシブなフレームワークは、都心の街中だとちと暑苦しいですね。
また、フォークがクロモリであることもあり乗りやすく、疲労も少ないんじゃないでしょうか。
そういう意味でR3はこれからも必要なモデルだと思うのですが、R1,R2がカタログ落ちしていることもありちょっと気がかりです。

以上、なんかまた長くなってしまいましたが、こんなところです。
妻に「物欲の権化」と言われている私としては色々考えるところはありますが、まだ走行やっと1000キロを超えたところ。いい季節になってきましたので、今の構成でもうしばらくは走るべしですね。

まずはSPDかな・・・・・・






初センチュリー達成! 
今日のライドの報告をするにあたり、まずは私の膝の具合につき気にかけていただいた「パートのおばさん」、対策のアドバイスをいただいた「kanoka」さんにお礼申し上げます。

結果から申しますと、問題の症状は解決しました。100キロを超えても両足で踏めることがうれしくてつい調子に乗り、初センチュリー達成してしまいました。 今は全身ど倦怠感です。走力がまだまだであることを思い知らされましたが、気分は最高です。

大丈夫そうだ。自転車を続けられる!! 

これが今回の最大の収穫です。ありがとうございました。

=====================

さて、今回のライドのテーマは

「ミニストップ・吹上富士見店に、ソフトクリームを食べに行く」

です。

何を言いたいのか分かり辛いと思いますので解説しますと、
鴻巣市、JR吹上駅の近くに、会社の女子社員(なかなかイケ女子)
が住んでおられまして、今年会社の企画でスキーに行ったときに、
車で彼女をピックアップしました。その時に「このコンビニの
ソフトクリーム美味しいんですよ!」と教えてくれたのです。

・・

これでもまだ分かり辛いと思いますが、「んなもんどこのミニストップ
で食ったって同じだろう!」という正しい話ではなく、彼女が教えて
くれたお店で食べたいのです。もっと掘り下げて説明しますと、
私のような根性無しサイクリストは、

「練習はウソをつかない! ひたすら走るべし!」

ではヤル気が出なくてですね、要はニンジンといいますか、遠くへ
でかける何らかの目的や理由付けがほしいわけです。

Googleマップでルート検討をしていた時にふと上記の話を思い出し、
距離を測ってみたら、「いい感じの距離」だったんですね。
加えて、荒川CRには先週末のライドでこてんぱんにヤラれて
いますので、リベンジの思いもあり、今週はここということに
なりました。

前置きが相当に長くなりました。やっと始まりです。 mOm


自宅から荒川CRに入るためには、新小金井街道、志木街道を経て
20キロほど走る必要があります。例によって走りづらい東京の
街道を走りぬけ、CRの導入路らしきものを見つけて入りました。
P4020088.jpg

「あ!、間違えた」

というのが第一印象でした。河原なのに川が見えない。この写真で見渡せる範囲全てが河原であることに気付くのにしばらくかかりました。なんせ広いところで川幅が2キロ超。今回は荒川のスケールに圧倒されまくりでした。川幅日本一だそうですね。アマゾン川とかに比べればこれでもしょぼいんでしょうが、川といえば多摩川のスケールしかイメージしない私にとってはカルチャーショックでした。

困るのは、あまりの広さゆえ自転車道が途切れたり、見失ったりすると見通しが利かないことです。先輩ローディがいればついていけますが、誰もいなくなるとわけわからず、やむを得ず一般道に下りて走った部分もありました。

今日の荒川CRは 「菜の花デー」 でした。

見事でしたね。 写真をたくさん撮りました。
P4020099.jpg
空が白いのがオシい! コンデジだとRX3のビビッドな赤が出ないなぁ。

あと、荒川CRは、ロード界の青山通りだなと思いましたね。もっとすごい所があるのかもしれませんが、多摩川ではめったに見かけないような高級車がうようよ走ってます。
往路で8人ほどの列車を見つけ、30キロ弱で巡航していたので、丁重に追い抜かせていただきましたが、ピナレロ、リドレー、アンカー、BMC、そして極めつけは列車の先頭を引いていたTIME。
もうじゅるじゅるでございます。
P4020093.jpg

前方のお兄さんは、KUOTAのカーボンです。しばらくペースメーカーになっていただきました。

往路は若干の追い風だったと思われ、常に30km/h以上でクルーズできました。一方復路は斜めからの向かい風になり、脚が疲れていることもあり、23~28程度でした。ひーひー漕いでいる私を、すぱっと抜いていくSpecialized、フレームにS-WORKSの文字。ド派手なデザインのディープリム、どうみても普通じゃなかった。高級車を見たければ週末の荒川CRはいいかもしれません。

モトクロスでしょうか。他にパラグライダー、ヘリのラジコン、セスナ機など、大掛かりな趣味をやっている人が多いですね。
P4020103.jpg

ゴール目前・・・・こんなのありなんですね。ずっと並んでます。相当設置場所に困ったのか。
P4020107.jpg

はい。これがゴールのミニストップ吹上富士見店です。
P4020112.jpg

まずはお食事ということで弁当を買って食します。店内にテーブルがあって便利でしたが、味はやっぱりセブンの方が良いかな。
P4020108.jpg

食事終わったら本日のメイン。ソフトクリームです。セール中だった。
P4020111.jpg
確かに美味しかったです。とんがった甘さがなく、ミルクの味が良く生かされている感じ。じっくりいただきました。

さてここで自分の脚と相談です。右脚は・・・大丈夫そうだ。

折角だから荒川CRの北限、熊谷まで脚を伸ばそうということで、オプションとして熊谷に向かいました。


熊谷駅といえば、昔仕事で通ったことがあり、新幹線で行く駅というイメージでした。

そこに自転車で到達。「Victory!!」は良かったんですが、
行ったら帰らなければなりません。


今回は復路が結構辛かった・・・というかとても長く感じました。


景色が・・・悪くはないんですけど、
P4020121.jpg
行けども行けども行けどもこの景色。変化がなさすぎて根が切れそうになります。

あと今後も課題になりそうなのが、

「コンビニが無い」

延々とのどかな農村風景で、走れど走れどコンビニが見つかりません。

ならばと私の頼れる相棒、Garminナビで最寄コンビニを検索し、川を外れて暫く走り、目的地についてみると、
P4020120.jpg
orz orz orz

一瞬心が折れそうになりましたが、気を取り直してCRに戻りました。

そんな私を救ってくれたのは、こののどかな自動販売機。
P4020122.jpg


突然未舗装路になり、迂回しようとあがいた末こんなところに迷い込んだり。
P4020119.jpg
タイツが菜の花の花粉で黄色くなっちゃいました。

などなど、結構色々ありました。

なんとか志木街道まで戻り、荒川CRとお別れです。
志木の駅周辺にワイズロードがあるのですが、予めGoogleマップで確認しておいたにもかからわらず結局たどり着けず、情けないなぁ。

志木市内に、自転車専用レーンがありました。こういうのはまだまだレアですね。(東八道路にもあるんですが、あれは専用とは言い難し)
P4020126.jpg

自宅の直前でトリップメータを確認すると150キロ。

私的には最高記録ですが・・今日の私は妙に欲張りでして、

「10キロ足りない。ここまでがんばったのに、センチュリー
 手前でフィニッシュか」
「右脚の障害は出ていない。脚力はもう売れ残り特売状態だが、まだ踏める」

というわけで、自宅前を通過し、いつもの通勤コースを走行。
トリップメーターとにらめっこして5キロ進んだところでUターン(セコい)

少々姑息ではありますが、めでたく初センチュリーになりました。

右脚は膝裏の腱にわずかな張りがありますが、以前の状態に比べれば
全然大丈夫。全身疲労感の塊状態ですが、気分は最高です。

右脚の不安が(油断は禁物ですが)解消され、今後もロングライドを
続けられる目処がついたことがなによりもうれしい。

一朝一夕にはいきませんが、走力をつけて、そこそこの本格的走行会に
参加できるようになりたいです。

さて、来週はRXでどこ走ろう♪

走行データ
・総距離:160.23Km
・平均速度:21.7km/H (往路は24Km、復路が向かい風
 であったのに加え、色々あって足を引っ張った)
・最高速度:43Km/H


















サドルのセッティング修正
新年度最初のライドに向け準備中。

右脚膝裏に爆弾を抱えてしまっていますので、kanokaさんの
アドバイスに従い、サドル高さを5mm下げます。
また、サドルが少し前下がりになっていたことに気付いたので、
水平に調整。
5mm程度ではぱっと見高さの変化はわかりませんが、
こんな感じ。

P4012545.jpg

リフレクタとサドルバックできっつきつです。

ハンドル高さとほぼ同じかわずかにハンドルが高いでしょうか。

P4012546.jpg


ロードの場合、目安としてハンドルとの落差は5~6センチ
(私の身長は170cm)と言われていますが、既にステム
は逆さづけ。スペーサは1cmしか余っていないので、
ほとんど段差をつけることができません。まあ
別にロードの真似をする必要はないのかもしれませんが、

どんだけ脚短いねんっ(実は私は関西人)

ということですね。 orz

ああ、ビシッとサドルを上げられる人が羨ましい

・・・・・


まいっかというわけで、明日は荒川リベンジで鴻巣市目標

行ってきます。 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。