赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月も終わります
GWが長かったせいか、5月はあっという間に終わってしまった感じです。

今月締めてみましょう。

流星号
 ・走行距離:265km(通勤)
 ・獲得標高:340m

彗星号
 ・走行距離:世田谷プラネタリウム 45km
       彩湖ライド     129km
       シロクマパン    163km
       ローラー       10km
              合計:347km
 ・獲得標高:約900m

総計
 ・走行距離:  612km
 ・獲得標高:1,240m

雨で走れない週末があったにせよ、やはりGWにサボったのが響きました。
走行会が2回あり、そういう意味では楽しく有意義でしたが、距離的には
ダメダメですね。

ランス師匠のミラクルトレーニングもまだ読みきっていないし、
収穫といえば、パンク修理が上達したくらいでしょうか。


がんばろう日本チャリティライドの獲得ポイントは674ポイント。
累計は 1,952ポイント。

こちらもまた、こんなペースでは今年中に1万ポイント貯まりませんね。

反省

全然関係ないですが、6月から長らく使い続けたメタルADSLをやっと
卒業。フレッツになります。

これを機に??? 気持ちをリセットして、6月は挽回しよう。




スポンサーサイト
パンクの神様最後の刺客
今年初めての猛烈グレード台風2号は、脚が売り切れたのか、東京に接近する前に温帯低気圧にグレードダウンしていますね。

それでも雨は滞りなく降り続いておりまして、今月の走りが足りないyutabowですがどうしようもありませんので、

土曜日はショップに顔を出しました。雨が降ると自転車屋さんも比較的ヒマらしく、2時間近く。
色々有意義な話が聞けました。

今日もますます盛んに降り続いておりますので、先週の反省から、前輪のタイヤメンテナンスをやっていたのですが、ここでまたしても・・・・汗汗。 ご報告致します。

後輪タイヤに異物が埋没し、3パンクを引き起こした事件を機に、でわ前輪もチェックしておこうということであったのですが、

「ん? 前輪やわくね?」

一週間経っていますから、一気圧程度は下がるのはいつものパターンですが、それどころじゃない。メンテされてないオバチャリ程度にはやわらかい感触。

まあとにかく確認であるということで、ささっとチューブを取り出して洗面所でウニウニと。

「じゅるるるるるるる」

思いっきりパンクしとりました。

とりあえず、チューブはパッチを当てて・・・RIMG0054.jpg


さあ犯人探しです

ショップの店長の手つきをまねて、タイヤ表面をルーペも使いながら入念にチェックすると・・・


いましたよ!


恐るべしパンクの神様。

最後の刺客を前輪にもぐりこませていました。


これが、刺客の潜伏していた穴です。RIMG0050.jpg
やはり表面には出ておらず、針でほじくり出す必要がありました。

裏面も、目立ちませんが貫通しています。これがスローパンクを引き起こすのでしょう。
RIMG0052.jpg

今回は現場を押さえたので、証拠写真撮影。刺客の正体はこれです。
RIMG0057.jpg

質感からして、ガラスではなく、石英のような鉱物のようです。

サイズはこんな感じ。
RIMG0060.jpg
後輪の刺客を同様に2ミリ程度です。タイヤ内に潜伏し、チューブを攻撃し続けるためにはこれ以上でもこれ以下でもだめなんでしょう。

多摩サイなどにも未舗装区間がありますが、そのような所を走った後はタイヤを入念にチェックした方が良さそうですね。

長い戦いが終わりました。??

これで、やっと安心して思う存分走れます。

しかし世間は史上2番目に早い梅雨入り

来週は晴れて欲しいです。









台風来ましたね
先週末のセンチュリーライドで、冬用ジャージで茹だってしまったので、諭吉不足の折ではありますが、背に腹は代えられないので夏ウェアをポチりました。

私は日焼けに弱く、昨年のグアム旅行でたまたま日焼け止めが切れたために大焼きしていまい、熱が出て現地で半日フイにした苦い経験があります。

前回のライドでも後半腕をまくって走りましたが、やっぱ日差しが辛かったっす。

夏のタイツは圧倒的にショートが多いですが、皆さん日焼け対策はどうされているんでしょうか。毎回日焼け止めを塗るのも結構面倒だと思うのですが。

とまあ色々悩んだあげく、カッコ良さではいまいちですが、上下ともロングをポチりました。
夏用ロングタイツは少ないですね。パールイズミでも普通のタイプは一種類しかありませんでした。


と思ったら、今週は涼しいですね。ジテ通時間帯は丁度いい感じの風の冷たさです。


週末は
無題

ダメっすね。

しかも、いきなり猛烈グレードの台風がいらっしゃってます。

大人しくしていたほうが良さそうです。

GWのおさぼりが響いて、2週連続100キロ超えを走りましたが、今月は目安の500キロは無理そうです。

梅雨が始まるので、走れるときに走らなきゃですね。

雨が小止みになったら、この前DNFだったディオスにでも行ってみようかな。
定期健康診断
会社の定期健康診断の案内が来ました。

私が自転車を始めた目的はダイエットではありませんが、サイクリングを始めてから、風呂上りの鏡に映る自分の姿はかなり変わりました。

腹回りは間違いなくスリムになり、顔つきも明らかにあご周りがほっそりしました。(これでも前に比べればほっそりしたんです) 脚は大腿筋はかなり太くなっているはずですが、筋肉を巻いていた脂肪が減少し、ふくらはぎはさほど変わらないため、見た目意外にほっそり見えます。

したがって今回の健康診断の結果がどう変わるか興味があります。


去年の結果を引っ張り出して見ました。

身長170.5、 体重70.9 肥満度+10.9 で、メタボ認定こそありませんでしたが、肥満度所見は

太り気味

自宅で測定できる範囲で、現在の体重は約66キロ。腹囲はベルト穴一個分(2.5cm)は小さくなっています。体脂肪率は検診では測定しませんが、19程度から17まで、2%ほど下がっています。

意外にかわらないのが首まわり。私は首が太めでワイシャツの首周りサイズは42なんですが、これは最近むしろ余裕がなくなってきた気がします。サイクリングのポジションを維持するために首後ろの筋肉が太くなっているのかもしれません。顔でかいから重いんです。ロングライドになると今でも首の筋肉痛があります。

今回の目標は、

判定機能名脂質の「要観察」からの脱出。
生活指導欄の「栄養のバランスを考え、食生活に注意してください」からの脱出。

です。

さて、どうなりますか。 

面白い結果が出たらネタにするかもです。










シロクマパンライド(詳細編)
シロクマパンとかいう、サイクリスト御用達のパン屋さんがあるということで、お誘いをいただき、個人的にはSPD導入後初のロングライドになりそうということで、楽しみにしていました。メンバは以下の5名。

 ・ひろおじさん
 ・kanokaさん
 ・Wataさん
 ・とすとんさん
 ・yutabow


佐渡ロングライド210にも出場されたベテランローディ、しろおじさんのお導きということで、少々緊張しながらも待ち合わせ場所の小金井公園へ。自宅からはすぐ近くです。15分ほど前に到着。
P5210037.jpg
おはようございまーす。 キョロキョロ  あれ?  誰もいない。


まいっか。と、朝食のカロリーメイトをかじっていたところに、Wataさん登場。
WataさんのAnchorを試乗させていただいたりしていたところ、見覚えのある方
がこちらにカメラを向けています。kanokaさん登場です。

しろおじさんとの待ち合わせに時間の余裕がないということで、早速出発。
荒川まで約20キロです。
P5210038.jpg

この日は暑かった。サイクリングを始めて初めての夏を迎える私は、諸々の事情で夏用ウェアの調達が遅れ、この日も真冬でも使っていたウェアを着込んでいました。それでも先週の荒川は問題なかったんですが、この日は荒川に向かう午前9時時点で既にサウナスーツの予感。ファスナを開けて極力風を取り入れて走ります。

思ったより順調に荒川の待ち合わせ場所に到着。ほどなくしろおじさん登場。
P5210040.jpg

まだまだお知り合いの少ないyutabow。初顔合わせのサイクリストとのご挨拶にもやっと慣れてきました。

今日はさらにもうひと方、とすとんさんという方ともご一緒できるかもしれないとのこと。

さあ。いつものサイクリングが始まるぞと思ったyutabowに、今日の災難は既に忍び寄っていました。

先行スタートしたしろおじさんについていこうと、我が彗星号をひょいと持ち上げてトンと降ろした瞬間、後輪の手応えがおかしい。

圧が抜けてる。

先週のブログをお読みいただいた方はご存知と思いますが、彗星号は先週も後輪にスローパンクを引き起こし、その後新品のチューブに交換したばかりだったんです。

私は混乱しました。同じ原因のスローパンクが再現することは考えられない。となると、ここまでの20キロ少々の走行でまた新たにパンクしたのか。ありえない話ではないが・・・・。

先行してしまったしろおじさんを呼び戻していただき、とりあえずエアは入るようなので少し様子を見ましょうということで、全員で走り出しました。

が、数分走ったところでやっぱりダメ。

「チューブ替えましょう」 

あれこれ考えていてもしょうがなし。チューブを替えて安心して走れればそれで良いだろうということで、CR脇の草むらでyutabow初めての屋外チューブ交換。ここで、しろおじさんのCO2ボンベ登場。

 バシュッ!  と一発。 これはスゴい。

前のチューブは新品とはいえ、半年前に購入したもの。こんどのやつは、先週のパンクで追加購入した、関西弁でいうところの「さらっピン」です。もうこれで大丈夫。皆さん大変お世話様でしたということで再出発。

私としては初めての屋外修理ということで、皆さんにはご迷惑をかけてしまったが、これもまたブログネタになるなあなどと考えながら、暫く順調に荒川CRを走行。
P5210041.jpg
先頭を引くしろおじさん。ベテランライダーだけあって、すごい脚の筋肉です。

とある橋のたもと、とすとんさんいらっしゃいました。P5210043.jpg

パンク騒ぎでお待たせしてしまったようで、すみませーんとご挨拶。

では行きましょうと、念のため後輪をチェックすると。

 また、抜けてる・・

いったい何が起きているのか。どうやら今日のパンクの神様はどうしても我々と一緒に走りたかったようです。

もう交換チューブはありません。とりあえず、川越に行きましょうということでエアを補填して再出発。

走行自体は順調で、程なく川越到着。
P5210045.jpg

圧はやっぱり下がっています。

ここから先はシロクマパン目指して山方面。しかも今日はセンチュリーレベルのロングライド。私はここで重要な決断をしなければならないと考え始めていました。

記念撮影ですが
P5210046.jpg
心ここにあらずですね。写真が傾いちまってます。

ここから出発という時に、私は皆にここでリタイアしたい旨を伝えました。パンクの原因がわからない以上この先どうなるかわからない。今日は長丁場、これ以上皆さんの足を引っ張るわけにはいかないと。

しかし皆さんは全く気にとめる様子もなく、自転車屋さんを探してチューブを調べましょう。原因がわかれば修理できる。万一行けなくたってそれもサイクリング。来週また行けば良い。

などと、意気消沈する私を励ましてくださいました。いや目頭熱くなりましたよ。

この時点ではまだ不安がありましたが、とりあえず自転車屋さんに行くことにしました。
最寄の自転車屋を探してくれているしろおじさんと、とすとんさん。
P5210048.jpg

幸いすぐ近く、観光客で賑わう倉通りに自転車屋さん発見。スポーツ車の修理は扱っていないお店でしたが、水槽を貸してもらいチューブを検査。確かにピンホール大の穴が開いていました。その前にパンクしたチューブにも同じような穴が。

P5210049.jpg

チューブのパッチをあててくれているしろおじさん。タイヤ裏をチェックしてくれているWataさん。ポンプをスタンバイしてくれているkanokaさん。左がお店のご主人で、「昔はウチもやってたんだけどねぇ~」などと昔話に花を咲かせながら、「それじゃダメだ。タイヤはまず片っポを先にはめる。チューブは出しとかなきゃダメだ。」と、要領の悪いyutabowの作業にダメ出し。すみませーん。

チューブは修理され、リム側もタイヤ裏も慎重にチェック。微妙に何かあったような痕跡を発見しましたが、もう外れているのか、パンクの原因になるようなものは見つかりませんでした。
エア注入。とりあえず大丈夫そうです。お店の主人に礼を言って再出発。

道がいい感じになってきました。
P5210052.jpg

しかし、今日の気温で裏が起毛処理されている冬用ジャージはやっぱり無理が・・・。うーむ、ちと辛くなってきたと思い始めた頃に。シロクマパン到着。
P5210053.jpg
おお、こういう感じのお店だったんだ。

思ったよりもこじんまりとしたお店でしたが、パンはとてもおいしかったです。食事はこの先のうどん屋ということで、お土産分含めて3個購入。水分大量摂取。

タイヤは??? 大丈夫。

あー良かった。もう大丈夫でしょう。パンクの神様も退散したようです。皆さんにお礼を言ってしばしまったりした後少し先にあるうどん屋さんへ。
P5210056.jpg
なんとサイクリスト割引つき。

私が食したのは、冷たい冷汁うどん。P5210061.jpg
コシのある麺といいダシといい、なかなか絶品でした。

ここまでが全体でいう往路です。帰路は榎木牧場に寄ってアイスクリームです。しばし走って到着。
P5210063.jpg

kanokaさんがこのへんでは一番ウマいと評するこだわりアイス。バニラとヨーグルトのコンビ。
P5210065.jpg
うまーい。

ここで、とすとんさんとお別れです。色々とありがとうございましたー。
P5210064.jpg

さて、この先はyutabowもある程度見通しがつきます。荒川を下りる秋が瀬橋まで20キロ。ひろおじさんとはそこでお別れです。色々ありましたけどお疲れ様でしたー。ということで荒川を下り始めました。


がしかし、秋が瀬橋までもう少しかなと思ったあたりで、後ろを走るkanokaさんから、

「yutabowさん!、タイヤつぶれてます」 の声。

うそっ!!! (脱力・・・)

なんとなんと、パンクの神様はまだついてきていたのです。

もう何が起きているのか考える気力もありません。

川越から走ってきた距離に比べれば、残りはもうわずか。パッチがあたっているもう一本のチューブに交換すれば、自宅までは持つだろうとうことで秋が瀬公園でまたしてもパンク修理。

本日3回目の作業ということで、皆手馴れてしまって作業は超スムーズ。yutabowにとってもとってもいい練習になりました。本日の彗星号専属メカニックの面々。
P5210069.jpg
あいやふざけている場合じゃないですね。皆さん本っ当にお世話になりました。感謝致します。

秋が瀬橋で、ひろおじさんとお別れ。

秋が瀬橋を渡り・・・・ kanokaさんWataさんと私がいつも使っている志木街道経由で走ることに。

ということで、「私が先頭?、 やっぱそうですよねぇ」 と走り出しましたが、

街中で人様を引いて走るのって思った以上に難しぃ・・・、kanokaさんWataさん、要領を得なくて申し訳ありませんでした。

小金井街道への分岐でお二方とお別れ。今日は本当にありがとうございました。



脚はまだ余っていましたが、今回は色々と思う所が多く、独りになってからは思索にふけりながらゆったりと走って、ショップに直行です。

店長はいつものごとく忙しそうだったので、状況を伝え、彗星号を預けて帰ろうと思いましたが、

「先に見ちゃいましょうか!」と言ってくれたので、様子を見学しました。

やっぱプロですね。パッチのあたったチューブをさっとチェックした後、
ものすごい手際でタイヤをばらし、裏面ではなく表面をチェックし始めました。1~2分後、

「あった!」の声。

えっ? 見つけたの?

店長がタイヤの表面から何かをえぐり出しました。

老眼なりかけな目では、金属なのか石なのかは判別できませんでしたが、底辺一ミリ、高さ2ミリ弱の三角形の鋭利な物体が、タイヤに縦にはまり込んでいました。通常時は表面にも裏面にも飛び出していないので、見つかりにくいですが、走行時タイヤに加重がかかり変形するたびに少しづつチューブを突き、穴をあけてしまったものと思われます。店長によれば、決して多くはないがありうる事で、調べても見つからないこともあるとのこと。

本日皆を悩ませた張本人。絶好のブログ写真ネタだったんですが、店長がポイッと捨ててしまいました。残念。

今後走ってみないと100%確定ではありませんが、本日起こった現象の状況から推測するに、ほぼ間違いないのではないかと思っています。

とにかく原因とおもわれる何かが見つかったということで、安心しました。

が、これを口実にタイヤ(ホイール?)を・・・・という野望は潰えました。

色々な意味で良い経験をしたセンチュリーライドでした。

今度はぜひ助ける側にまわりたいですね。

あと、夏用ウェアも発注しなきゃ。







シロクマパン、センチュリーライド(暫定版)
シロクマパン(正確にはパン工房しろくま)というサイクリスト御用達のパン屋さんへ行きましょうというお誘いをいただき、妄想を膨らませること数週間、ついに今日それが実現しました。

それだけでも満足であったはずなんですが、今日はそれ以外にもいろんなことがありすぎて、もうお腹いっぱいです。

詳細は改めさせていただきますが、まずは1ライド3パンクというパンク野郎と化し、一時はリタイアを考えた私を励まし、専属メカニックのごとく献身的に助けていただいた以下参加メンバー各位には感謝の言葉もありません。

・ひろおじさん

・kanokaさん

・Wataさん

・とすとんさん

帰宅した今でも、よくぞあんな状態で予定通り走ってこられたものだと感慨にひたっております。

普段はお酒を飲まない私ですが、今日の夕食の金麦はウマかったぁ。

実質的にロングライドを初めてまだ3ヶ月程度のyutabowですが、このご恩は必ず何らかの形でお返ししたいと思います。

さて、3パンクの原因となった「何かが憑いている」後輪タイヤですが、早速ショップに持ち込みました。簡単には解決しないと思いましたが、予想外の展開でした。これも含めて、明日のお楽しみ ^^)

走行距離:163km 

おおよそのルート。ナビを切っている区間もあるので、走行データは不正確です。
シロクマパンセンチュリーライド





ディオスDNF orz
今日は早めに仕事が終わりそうだったので、

先週末の荒サイライドでスターチャンネルさんが教えてくれたサイクルショップディオスに行ってみることにしました。

予めグーグルマップでコースをチェック。

ふむふむ、16号上がって八坂前で左折ね。非常に簡単。方向音痴の俺でもさすがにこれはわかるだろうと出発。

お店があるはずの通りを走りますが、何故かそれらしいお店がみつからない。

2往復してみるもののやっぱりサイクルショップらしきお店は見当たらない。

おっかしいなぁ。

しょうがない。暗くなってきたし、今日はもう帰ろう

と帰途についたつもりが、何故か16号に戻れません。

わけのわからない狭い住宅地に迷い込み、それでも方向だけを頼りに

走り続けると、西武線発見。おお、これで帰れると線路沿いに走っていると、

線路があらぬ方向にエスケープ。

むむ、この方向はおかしい。

と、軌道修正すると、見覚えのあるモスバーガーが。

この時点で、青梅街道を自宅とは逆方向に走っていることに気付きました。

いったい俺はどこを走ってきたんだろう。

もはや頭の中はカオス。ウルトラ方向音痴yutabow炸裂です。

あーあ、これじゃ将来多少なりとも強くなってブルベに挑戦しても、ミスコースどころか、遭難しそうです。

3倍疲れて帰宅。グーグルマップで復習。おかしい。確かにここを通ったはず。

ディオスのHPを再確認すると、

あれ? 第3木曜日お休み

ディオスさーん。トップページとショップ案内ページで書いてあることが違うよー。

というわけで、お休みだったというオチ。

とんだディオスDNFでした。


チェーンオイル導入とチューブ復活
スポーツバイクに乗るようになってから、さすがにCRC556で全部間に合わすなどということはなくなりましたが、若き頃車のエンジンオイルや添加剤を試しまくって散財した反動からか、オイルには割りと無頓着です。

今までチェーンオイルには、だいぶ前から家にあったCRCスーパーチェーンルブを使ってきました。
P5172910_1.jpg
チェーンオイルとしては非常に硬く、持ちが良いのでモーターバイクやママチャリにはいいかもしれんが、走行抵抗低減を極めるべきスポーツバイクにはちょっと向かないかなと思いながらも、もったいないので使い続け、無くなってきたのでショップに尋ねると、思ったとおり「それはあまりお勧めできませんねぇ」とのお答え。「レースに出るロードだったらこれ(なんか聞いたことない銘柄だった)だけど、クロスだったらこれで充分だよ。」ということで、定番のワコーズチェーンルブを購入。CRC556とかに比べると高いですねぇ。

次のライドまでにチェーンメンテしましょう。走りが変わるほどの変化は無いでしょうが、がしゃがしゃした感じのチェーン音が少しはスムーズになってくれるとうれしい。


あと、昨日のスローパンクで、走行2000キロ足らずでゴミ箱行きになってしまったタイヤチューブ。

もったいなかったなぁとなどと考えていたら・・・・

そうだ 自転車のチューブといえば、男の筋トレじゃないか

というよくわからない発想が浮かんだので、とりあえずゴミ箱のチューブを救出。

ネットを軽く流すと、あるある、トレーニングメニューが結構あるじゃないですか。

うん、これは使える。ひょんなことから我が家に筋トレアイテムがやってきました。



一応、チューブトレーニングのポーズを撮影してみましたが・・・

とても世間様に晒せるものではないということで、貼り付けは自粛します。





初めてのパンク
14日のライドの最後、多摩湖に寄りました。

P5142907.jpg
傾き始めたお日様を眺めながら、

「うん、今日も楽しいサイクリングだった さて帰りますか。」

と、ダムを下りようとしたとき、後輪からいやーな衝撃が。

見るとやっぱり後ろタイヤがぺっちゃんこ。

うへぇ ここまできてパンクかよーー


と凹んだ気持ちで、後ろタイヤをチェック。

特に何か刺さったような様子はない。

不思議なことに、大幅に減圧しているが完全にエアは抜けていない。

スローパンク???

試しに、エアを注入してみる。

シュコシュコシュコ・・・以下略

携帯性優先で購入したトピークのポケットロケットマスターブースターはとにかくたーくさん押さなければなりません。28Cで比較的エアボリュームが大きいこともあり、最低限の4Barまで入れるだけでも300回くらい押すでしょうか。

ふぅ。・・・・

すぐにエアが抜ける様子はありません。うーむ。

とりあえず走ってみます。圧が充分でないので、リム打ちを防ぐために速度を抑え、後輪の感触に注意を払いながら走行。

2~3キロもいったところでまた後輪に違和感。自宅まではまだ7~8キロはある。

とりあえず自宅までだましだまし走ろう。

というわけで、300シュコ   300シュコ  

で小平駅前まで来たところで容態が急変。

全くエアが入らなくなってしまいました。

バルブまわりからエアだだ漏れ。バルブの故障かな。

自宅まであと1キロ。 駅前でパンク修理もなんだか気恥ずかしいし、いいや歩いちゃえ。

というわけで、ロングライドの最後はウォーキングになってしまいました。

帰宅後風呂に入って、早速チューブをチェックしたところ、なんとP5142909.jpg

お分かりでしょうか。バルブの根本のところが裂けています。

・・・・・・

思い当たることはあります。このチューブを使ってパンク修理の練習をしました。ポケットロケットブースターはホースがついていないので、ポンピングするとどうしてもバルブを揺すってしまいます。何百回とポンピングするうちに、バルブ根元のゴムが疲労したんだと思います。

この部分はパッチ不能でしょう。もったいないですがこのチューブはもう使えません。

今日のライドでも、ポンプはホースがついてないとってみんな言ってたなぁ。
しかし今買い換えるのも勿体無いし・・・・

物欲男の悩みがまた一つ増えてしまいました。








彩湖にカキ氷を食べに行く(詳細版)
yutabowです。

昨日に引き続き、kenさん主催の荒川、彩湖へいこうライド(詳細版)です。

ましかし、ライドの内容は参加各位が既にすばらしくまとめられております。

ので、今から私ががんばっても先輩ブロガーである皆さんには敵いませんので、極私的にまとめさせていただきます。

この企画を目にしたのはツィッターでした。

 サイコにいきましょう 

西湖ライド 

これまたスーパーハードな企画!。しかもポタだと???

kenさんという方はスーパーブルベストかと思いましたがそいえば漢字が違う。

グーグルマップで確認・・・・・・あれ? 荒川沿い。しかも俺が荒川に入るポイントじゃん。

あーびっくりした。

念のため確認メッセージを入れると、快いお返事が・・

おし参加表明。ただ、彩湖を目指すと荒川に着いた時点で終わりになってしまう。

すると、「葛西臨海公園まで行っちゃえばいいんじゃね?」というアドバイス。

確かにそうだ。集合場所へ行くまでのほうが距離が長くなってしまうが、それもまたヨシ

というわけで、私にとって2回目の集団走行になりました。

4回目ぐらいの都心ぶった切りコース。慣れているはずでしたが、今回は週末の割りに車が多く、またしてもボケ気味のガーミンナビに翻弄されて遠回りしたりして、余裕で到着するはずが、結構ぎりぎりになってしまいました。

葛西臨海公園。
P5142861.jpg

公園地図を見て、待ち合わせ場所に急ぎます。

・・・

結構人いるなぁ。 と見回すと、見覚えのある白いエスケープが 

おお! kanokaさんだ。

どもーーー、こんにちはーーー、よろしくおねがいしまーす。


ん? あれ? やばっ!  「ガッシャーン」 


とまあ、ちょっと舞い上がってしまいまして、
kanokaさん、makoto♪ さん、この企画を主催いただいた初対面のkenさんお三方の前で立ちゴケでご挨拶してしまいました。

kanokaさんがカメラを抜いていなかったのが幸い。あーはずかし。

さらに、憧れのご夫婦ライダー、スターチャンネルさん、今の私にとっては神の所業、600キロブルベに挑戦されるすんださんご到着。豪華なメンバーで出発です。

P5142874.jpg

今日の荒川は、寒すぎず、暑すぎずポカポカ陽気。加えてかなりの追い風。

「俺って速くね?」

などと勘違いしてしまうくらい25~30キロのペースを極楽維持。

いつぞやの向かい風14メートル。巡航速度15キロでもがき、途中リタイアしたポイントをあっという間に通過。

maruRRさん。今回は残念ながら不参加ですが、お見送りのためだけに待っていてくださいました。次はぜひご一緒に。
P5142880.jpg


荒サイライダー御用達のレストランでランチ。
P5142882.jpg


お食事のあとは、ここの名物(?)異様に種類のあるソフトクリーム。私のチョイスはプリン味。
P5142884.jpg
うんめぇーーーー

これ以上ないというくらい気持ちいい陽気が降り注ぎます。

「気持ちいいですねぇーーー」

「お昼寝日和ですよねぇーーー」

「何か眠くなってきた。」

などと、まったりMAX。

一時間近く経ったころ、どなたかは忘れてしまいましたが、「いかんいかん。行きましょう」という正しいサイクリストの掛け声に皆我に帰り、再び走行開始
P5142885.jpg


彩湖到着
P5142891.jpg


湖面には初心者ウィンドサーファーが練習中。公園としては一番いい季節かも。
さらにこの先にあるというかき氷の屋台へ移動。
P5142899.jpg
あったあった!

またしても うんめぇ!

P5142900.jpg


前回の集団走行の時も思いましたが、ソロに比べて本当に短く感じます。
皆さんはここから再び荒川を下りますが、私はここで荒川を下りなければなりません。

そっか。もうお別れなんだ。

P5142904.jpg

皆さんを見送ります。あっという間だったけど、まったりと、本当に楽しい走行でした。


荒川を下りてからは黙々と走ります。一時間ほどで自宅近くまで来ましたが、まだ明るかったのでもちょっと脚にムチ入れてから帰ろうかと思い、多摩湖一周してから帰ることにしました。

P5142906.jpg

見慣れた景色ですが、いつみても多摩湖の取水塔はいい感じです。

GWにあまり走れなかった分、今日はとても充実した気分になれました。


#実はこの直後にパンクに見舞われちゃったんですけど、この話はまた明日。^^)





彩湖にカキ氷を食べに行く(暫定版)
GWにまともに走らなかったせいか、久しぶりのロングライドネタな気がします。

ken_bicycle さんのお導きで、今日は3回目の荒川サイクリングを楽しみました。

チーム走行は2回目。またしても素晴らしい出会いがありました。

イヤほんと、皆様素晴らしい方々でした。

コースの関係上、帰りにご一緒できなかったのですが、荒川の30キロが本当にあっという間に感じました。

プリン味アイスクリームと、かき氷うまかったぁ。

出会いがしら立ちゴケすみません。ご心配おかけしました。

帰りまだ明るかったので、自宅前を通過して多摩湖を一周。

約129キロのライドになりました。(ルートを引くと何故かもっと長い距離になります。もしかしたらサイコンが少しカウントをミスっているかもしれません)

今日は、ゆっくり書く時間がとれないので、明日改めて詳細をアップします。

まずは、今日主催していただいた、ken_bicycle さん。

素晴らしい時間を共有させていただいた、kanokaさん、スターチャンネルご夫妻、すんださん、makoto♪さん、maruRR に御礼申し上げます。

それでは、おやすみなさい。


7週間完璧プログラム!?
長かったGWも終わり、やっとボケた頭が回復しつつある今日このごろですが、

うちの流星号。(ブリジストンサブナードスポーツ)
P4092620.jpg

軽量化のため、カゴを外し、サイドスタンドを鉄からアルミに換装しています。これで約2キロの減量になり、実測で15キロを切ってます。ハンドルもこれでめいっぱい下げてあるんですが、あと10センチ下げられれば結構スタイリッシュだと思うのですが。

彗星号(RX3)のデビューにより、流星号はハードサイクリングの荷が下りましたので、実用性に立ち戻り、カゴとサイドスタンドを元に戻しました。すると

・・・重い・・

こんなに重かったのか。

特に1.4キロのカゴがついたフロントの取り回しが、まるでスーパーからのお買い物の帰りのようです。


2キロは大きい。


となると、10キロ後半の彗星号が、8キロ切りのカーボンロードになったら別世界が

と妄想は膨らみますが、純和風に言って無い袖は振れません。


カーボンロードへの道は遠いけれど、私にはこれがあります。今日届きました。


お持ちの方も多いと思いますが、サイクリストのバイブル。
RIMG0050.jpg


ふふふふ。


完璧です。


7週間で完璧と書いてあります。


7週間後の俺を見てくれ! ヤビツ峠なんぞ30分でポタってやるぜ! 


なわけないですよね。


ちらっとのぞいただけでも、片足60分とか、インターバル75分とか恐ろしいことがかいてあるし。


まずは読み物として楽しみたいと思います。皆さん既にお読みかもしれませんが、

私なりに心に響いたことがあったら、レポートしますね。


ついにケイロン体験
長いゴールデンウィーク。
サイクリストとしては、ここぞとばかりに爆走しなければならんのですが、諸々の事情と生来の怠け癖により・・

ろくに走ってませんっ 

ので、ブログ更新が滞る上にカテゴリが「その他」のネタが増えております。

今回のネタも、恐らく正統派サイクリスト各位は見向きもしない「プラネタリウム」です。

ああこれでまた、グーグルアナリティックスのグラフが右下がりになるなぁなどと心配にもなりますが、純理系人間のyutabowとしては自転車以外にもいろいろ気になるものがありましてですね・・・・

うだうだ言っているとサイクルの女神に突っ込まれるので本題いきます。

帰省先で五藤光学のウラヌスに偶然の出会いを果たして以来、最新機種ケイロンを見たい想いが盛り上がっておりました。国内外で6箇所に導入されているようですが、最も近いところでは世田谷教育センターにあります。小平から行くには実に微妙な場所にあり、電車で行く気にはあまりならないのですが、自転車で行けば約20キロ。もうこれは行くしかありません。
今日は、娘の学校の参観日。午前中で終わるので、13:30の開演に間に合わせるべくうりゃっと出発しました。

プラネタリウムに馴染みの薄い方向け解説
プラネタリウムを製造しているメーカーは何社かありますが、五籐光学はその中で世界シェアトップの最大手です。30m級のドームに対応する大型機から簡易型までスケールにあわせたラインアップを持ちますが、投影できる恒星数は最高級機で2万台でずっと頭打ちでした。理由は単純で、地球上で肉眼で識別可能な恒星の等級はせいぜい6~7等級なので、夜空を再現するのがミッションであるプラネタリウムとしてはそれ以上の性能を持たせることは「無意味」だったからです。
その常識に挑戦したのが、「メガスター」の製作者大平貴之氏です。天の川や星雲が雲ではなく星の集まりであることはご存知と思いますが、個々の星の光はとても識別できるものではないので、メガスター以前のプラネタリウムはそれらを雲状の物体として映写していました。大平氏はこれらを本来の星の集まりとして映写したいという夢に突き進み、ついに自力で150万個の星粒を映し出す「メガスター」を完成させました。当時のメーカー製機材の100倍近い能力を持ち、しかも軽トラで出前できるコンパクトなシステムサイズであったことから、世界的に話題を呼びました。彼の技術は玩具にも導入され、おもちゃのプラネタリウムとしては桁外れな性能を持つHOMESTARをセガトイズから発売させました。私は初期型を所有しています。
私はメガスターを五島プラネタリウムドームの特別企画とお台場の科学未来館で経験していますが、リアリティは別にしてその映像のインパクトは衝撃的なものでした。投影星数に特化したメガスターは万能ではありませんが、プラネタリウム機材の一分野として確固たるポジションを確立し、沈滞していたプラネタリウム人気の復活に寄与しました。大平氏はその後脱サラしてプラネタリウム事業に専念するようになり、メガスターも改良を重ねて最新機種では実に2200万個の投影を可能にしています。
大平氏の活躍に対し、五籐光学をはじめ専門メーカーはしばらく静観しているように見えました。大平氏へのインタビューでも「何故メーカーはメガスターのような製品を作らないのか」という質問が定番になりました。大平氏の挑戦は、歴史ある専門メーカーとしては無意味な遊びに見えたのかもしれません。しかし少なくとも話題性では完全にメガスターにお鉢を奪われ、相手が400万とか500万とかやっている中で自社製品のハイエンドが数万では、内心プライドが大いに傷ついたに違いありません。(yutabowの勝手な推測です)

で、プラネタリウム最大手の五籐光学が、自らの殻を破り、意地とプライドと怨念を込めてリリースした渾身の作品が「ケイロン」なのです。発売時点でメガスターを上回る1000万個の投影星数を持ち、その後も改良を続け今回見た世田谷教育センターの機材では最新の恒星原版により、18等級、1億4千万個というメガスターの最新型をも圧倒する能力をたたき出しています。まさにトップメーカーの面目躍如。

「大平君! 遊びは終わりだ!」

という五藤光学の高笑いが聞こえるようです。

※上記記載内容は、私yutabowの勝手な妄想です。念のため。

というわけで、前説が長くて獲得標高100メートル分は疲れましたが、
とにかくなまった脚に鞭打って走りづらいことこの上ない世田谷の一般道を走り抜けること20キロ、世田谷教育センターに到着。P5052859.jpg
建物はさほど新しくありませんが、プラネタリウム施設は昨年リニューアルされケイロンが導入されてます。

400円で、ケイロンを拝む(?)ことができます。さすが自治体系教育施設、お安いです。
というわけで、ケイロン御対面。
P5052852.jpg
世田谷教育センターは、機材について特段宣伝していないため、ニタニタしながら機材を撮影していたのは私だけでした。もったいない。(と思うのも俺だけか)

ドーム径16メートルの中型ドーム、ケイロンは大型ドーム用機材ではないので、恒星球の大きさはウラヌスと同程度かデザインがシンプルになっている分少し小さく見えます。惑星投射装置も独特のデザインでシンプルにまとまっています。やっぱ見た目の迫力はヘリオスですね。

ご神体、恒星球アップ。
P5052858.jpg
この直径1mに満たない球体の中に、一万点以上の精密なパーツが詰まっています。くーぅ。
恒星原版が大きいのでしょうか。大型の投射レンズが印象的です。

ケイロンは、恒星球とプロジェクターによるハイブリッド専用設計です。世田谷教育センターのプロジェクターは初めて見る形式で、ハイビジョンの倍、4000ラインの解像度を持つビクター製の大型プロジェクタが恒星球を挟んで2台配置されています。特製の広角レンズがついていて180度投影を可能にし、2台あることにより恒星球による影を作らず完全な全天球映像を可能にしています。今回期せずしてこいつの威力を知ることとなりました。
P5052856.jpg

さて、肝心のプログラムですが、恒星球による星空映像はさすがに美しいものの、メガスターを見慣れている私としては特別驚くようなものではありませんでした。ある意味想定内です。1億以上の星が映っていると言っても、500万のメガスターでもとっくに識別限界は超えていますからね。プログラムも、オペレーター(美人!)の説明は悪くはないものの、固定された夜空を淡々と説明するもので、機材フェチとしてはもう少しぐるんぐるん回してくれよなどと、見当違いなフラストレーションを感じてしまいました。

一方意表を突かれたのがプロジェクターのパフォーマンスでした。ハイブリッドという発想自体は最近のプラネタリウムの多くが導入していますが、今まで見た限り、プロジェクターの解像度不足やドームスクリーンへの対応不足など、恒星球の映写クオリティとの落差が大きすぎて興ざめするものが殆どでした。
しかしケイロンハイブリッドのプロジェクターは、4000ラインの高解像度プロジェクタ2台の映像が、違和感無くドーム上で結合されており、完全シームレスな全天球映像を実現しています。スクリーンも優れた特性のものが使われているらしく、黒の締りがすばらしく映像に立体感があります。全体が動く映像だと、座席全体が回転したり移動したりしているような錯覚による浮遊感が楽しめます。さらに驚いたのが星空映像の解像度が今時の古めのプラネタリウムと同等のレベルに達しており、細かいこと言わなければ「恒星球いらないんじゃね?」と思うほどです。昔から、プロジェクタの性能が向上すれば恒星球は不要になるはず。そうすれば、プラネタリウムの表現力は一気に増大する」と思いながら現実をみて失望してきたのですが、今回の映像は、それが実現する時代が来ることを予感させるものでした。音もいい。立体的な音場が浮遊感の演出に貢献しています。結構いいオートプログラムでしたが、まだまだケイロンハイブリッドのポテンシャルを使い切っていない印象があり、「次のプログラムもぜひ見たい」と思わせてくれました。

メガスターに星数で対抗しながらも、その競争がもはや違いを見出せないレベルにあることをしっかり認識した上で、プロジェクター映像と音響の総合力をかつてないレベルに引き上げる。これがケイロンハイブリッドのコンセプトであるとすれば、五藤光学おそるべしというのが正直な感想です。

なかなか満足しました。結構お勧めできると思います。

サイクリングとしては往復45キロ。路肩の無い狭い道路が多く、車のペースにあわせて走る必要があったので、距離の割りに結構いい運動になりました。しかしやっぱりなまってます。GW中に尾根幹でも走って少しでも体をひきしめないといけないですね。


帰ってきました
つかの間でしたが、実家を楽しみました。

ただ天気がどうも不安定で、

一昨日は晴れのち曇りにわか雨。

昨日は猛烈な雨

今日は晴れたと思ったら、濃霧・・と思ったら黄砂なのこれ!!P5022840.jpg
普段なら、山並みと、少し雪の残っている富士見パノラマスキー場がくっきり見えるはずなんですが・・

今日は遠景が全てネズミ色に塗りつぶされていましたね。
東京も似たような状況で、この状態で走るのって、体に悪くないかなぁ。ちょっと気になります。

東京は既に新緑ですが、実家のある茅野周辺は、今が桜の見ごろです。P5022844.jpg
諏訪郡原村にある、深叢寺というお寺です。ソメイヨシノとはまた違うピンク色の花が綺麗です。


今回うれしいことが一件・・・・

父が何を思ったか、古い腕時計いらんかというので、見せてもらうとなんとセイコーの自動巻き。

父が初めてクォーツ時計を買う前に使っていたものらしく、約40年ものです。

私は超理系男のメカ好きですから、当然機械式腕時計にも憧れるわけです。が、ウォッチアゴーゴーなどの雑誌を気分が悪くなるまで見倒したあげく私が下した結論は、

「現在生産されている機械式時計は素晴らしい。しかしクォーツや電波時計が普及している現在、これらは時計というよりは美術工芸品である。俺はあくまでも時計を所有したい。従って、もし機械式時計を所有するとしたら、高級品でなくていいから、それが現役であった時代に生産されたものが欲しい」

ということになっていました。

というわけで今回のオファーは当然、0.5秒で成立です。

ケース、風防とも使い込んだ傷がありますが気にしません。少しネジを巻くと一応動きます。

腕のいい店主のいる時計屋に頼んでオーバーホールしてもらって、父から引き継いでしっかり使うこととします。

さて、問題は。完全オーバーホールは多分2~3万かかります。

夏物サイクルウェアも買わなきゃいけないし。うーん、困った







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。