赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇風機絶滅の夏
何かと始動が遅く、機を逃し勝ちなyutabow家族。
先週末は新宿の大型家電量販店に今更ながら扇風機を買いに行きました。結果はもう皆さんご想像の通り。メーカー品の扇風機は完全徹底的に絶滅しておりました。

例の超高額な羽のないやつでさえ入荷待ちです。最近はサプライチェーンが発達しすぎて在庫のムダが無い反面、ちょっとした需要の変動に対する余裕がなくなっていますね。
ネットで探しても基本絶滅なんですが、貴重な在庫品にはプレミアついてますよ。市場原理ですねぇ。

我が家には扇風機が2台ありますが、3人家族で既に争奪が起きております。ましてやこれからの季節、ローラー練などやろうもんなら、扇風機ないと死にます。出来れば2台稼動させたいところです。西日本なら少しはマシかと思い、関西の実家に依頼するもこれまた「絶滅」の報告。

現物買いを断念し、大手量販店のネットショップでとにかく納期が早いものを探して予約しました。7月中旬に入荷予定。梅雨明けには手に入りそうです。

それにしても、扇風機を予約買いなんて信じられないです。

エアコンも今更ながら買いました。こちらも大変に賑わっていて、絶滅はないものの、店員さんとお話するのに整理券が発行されている状態でした。第一希望の扇風機をゲットできなかったyutabowは素直に整理券を引く気になれず、まず購入機種を決めてその前に立ち、そこを通過しようとした店員さんを「これ在庫ある?」とインターセプト。さすがに店員さんも指名買いの意思明確な客に整理券を引けとは言いづらかったのか、そのまま購買手続き。工事も4日後に取れました。こちらは珍しく要領の良かったyutabow家族。

いろんな意味で、今年の夏は特別です。


スポンサーサイト
東京周辺自転車散歩
新宿の紀伊国屋書店でふと目に留まったこの本を買ってみました。

RIMG0012.jpg

ハードサイクリストの多いブロガー各位にはやや物足りないと思われる、ポタレベル中心の内容ですが、見所や道路の様子が小奇麗にまとまっており、出不精の私のモチベーションを刺激してくれそうです。



先週末は土曜日実走40キロ、日曜日ローラー40キロ走りました。
6月もあとわずかなので、平日ローラーでもう少し走って、
切りのいい100キロにしたいところ。

今日はやや帰りが遅く、ご近所迷惑も気になるので10キロだけ走りました。

そろそろ梅雨もあけて欲しい。あと何日でしょう。
カセットスプロケット変更
とはいっても、ギヤいじりのレベルです。

彗星号(EscapeRX3)のカセットスプロケットは、シマノのHG40 8s

標準状態の歯数は 11,13,15,18,21,24,28,32 という構成。

この構成、私のような凡庸なサイクリストにとってちょっと問題だと思うのです。

一番オイシイ18の次が15.この3つ飛ばしが辛い。

フロントアウター48、リア18でケイデンス90において時速約31キロになりますが、ここからもう少し平均速度を上げたいとか、気分的にケイデンス90がしんどいとなって15に上げると、いきなりケイデンスが75に落ちてペダルがずしっと重くなる。

ああくそと元に戻す。 なんてことを10回も繰り返すといいかげイヤになると
思うんですけどいかがですかシマノさん。

というわけで、このおいしい領域の歯数差をどうしても2にしたくて、ロード用のHP50スプロケットを購入。双方の固定ピンを外してギヤをばらばらにし、チャンポンスプロケットにしちゃったのが現構成です。

RIMG0008.jpg

上2列が現状の構成ギヤ。トップ側3枚のギヤをHG50に換装し、12,14,16,18,21,24,28,32 という構成。

トップ側が1歯移動しただけですが、18の次が16になった効果は絶大で、上記ストレスもなくなり、当分これでいいかと満足しておりました。

で、今回またいじるのは、3本ローラーでの負荷を少しでも増やしたいと思ったからです。(私のローラーには負荷装置がついていません)

一生使わんと確信していた歯数11のトップギヤを復活。そして前3枚だからさすがにこれはいらんやろという32枚ギヤを押し出して、11,12,14,16,18,21,24,28 とします。全体的にスプロケが一回り小さくなる感じですね。

上の写真の一番下の列が今回復活させる11枚ギヤ。ギヤとしてぎりぎりという感じの構造で、ロックリングも専用のスリムなタイプです。

ちなみに、微妙に気になるのが、HG40とHG50の肉抜き努力の差。

RIMG0009.jpg

右がMTB用のHG40,左がロード用のHG50です。HG40は普及品なりに肉抜きの努力が見えますが、ロード用のHG50はご覧の通り何とも無愛想。軽量化がより厳しいはずのロードコンポなのに何故。ちなみに、双方のギヤはサイズという意味では互換性がありますが、シフト時にチェーンを案内する細かい細工に明らかな違いがあり、体感するかは別にして変速性能に影響があるはずです。そのあたりはリスク承知ということになります。

今回の組み換えは結構スプロケの軽量化になります。なんせこの大迫力の32歯ギヤ

RIMG0011.jpg
これだけで100グラム近くあります。

これが11歯のギヤに置き換わるのですから、重量的にはコンポグレードを2つ上げたくらいの効果があるでしょう。

組み付けました。
RIMG0020.jpg

いい感じです。クロスには見た目丁度いいバランス。ロー28歯というと、MTB用としては最も小さいことになるので、Bテンションはネジ外してもいいくらいの調整になりました。

とりあえず、3本ローラで40キロほど走行。11枚ギヤはいい感じです。
ただ、シフトの調整が完全に決まりません。アップとダウンが両立しない。どうしても「カリカリカリ」が残る段があります。ダウン側は指で加減できるので、アップ側を優先して調整ししばらくこれで様子を見ましょう。



と思っていたら、なんとSRAMに同じ構成のカセットがあることを今更ながら発見。

さすがSRAM、後発だけにユーザ目線です。カセットはシマノと互換性があるはずです。

SRAMの普及品コンポは日本では殆ど流通していませんが、そこは最近のお便利ネット。大した送料もかからず海外購入できそうです。

HG50と2重投資になってしまうので、すぐには飛びつきませんが、シフトの調子によってはポチってしまうかもしれません。



今日は天気がなんとも煮えきらず、実走はしませんでしたが、ローラーで40キロ走行。ローラーとしては最長。

退屈地獄にも最近少し慣れてきました。装備が楽で道路状況に影響されず、イメージする練習が自由にできる(3本だと高負荷はできませんが)ローラーもいいものです。

6月の最後の週末が終わってしまいましたが、あと4日ある平日でもうチビっとだけ、ローラーで走行距離を伸ばそうかな。





久々実走
今日は皆さん、天気予報おお外しの恩恵をうけられたようです。

前日の夜、「また雨か・・・・とうとう6月の彗星号は実走0かぁ・・・・」などとくさって夜更かし。

それでも年のせいか日が登ると目が覚めてしまう昨今でして、ふと外を見ると雨がふらないどころかクリアな朝日がマンションを照らしています。

「えっ、ピカピカじゃん。話が違うぞぉ・・・」と、寝不足の辛さと格闘して6時半前に出発。

雨前提で昼間には予定を入れてしまっているので、家族が起き出す8時過ぎごろには戻らなければなりません。

となると、いつものお手軽プチトレーニングコース、多摩湖です。

小平駅から自伝車道に入って間もなく、あじさいが綺麗に咲いていました。

RIMG0007.jpg

小型カメラや携帯を構える人が多くいました。


八坂駅前。

RIMG0001.jpg

と、ここでちょっと前の、サイクルショップディオスへのDNFを思い出し、確認のためにちょっと寄り道をすることに。




ありました。

RIMG0002.jpg

開店してないと目立たないですねぇ。見逃していたのも無理ないかと思いました。


ここから、北にルートを取れば、すぐにサイクルロードに戻れると思ったんですが、またしても方向音痴yutabow炸裂。サイクルロードも、西武線の線路も完全にロスト。

落ち着くんだ。あの盛り上がった森のようなところが多摩湖に違いない。

ひたすら森に向かって細い路地を上がったり下がったり。途中ちょっと風変わりな神社に一礼。

RIMG0003.jpg

この神社の脇に、プチ激坂がありここを登ると多摩湖の入り口でした。

さてSTART。

ですが、寝不足のせいか、ブランクのせいかやっぱり脚が思うようにまわりません。

まあでも、野鳥の声が響くいい感じのロードをわしわしと登ります。

RIMG0004.jpg

多摩湖自転車道は傾斜もゆるく、ちょっと登ったら下るの繰り返しなので、脚の調子が悪くてもさほど苦しまずに走れる賓客^H^H貧脚に優しいコースですね。

中間地点に達したあたりでようやくエンジンが暖まってきました。下り基調の後半をオラオラと走って一周目終了。

RIMG0005.jpg


ここは何回来ても気持ちいい。

さて、帰宅時間まであまり残りがない。このまま帰ろうとも思ったが、折角の久々の好天なのでえいやっともう一周して帰宅。

今日はパンクしませんでしたよ。^^)

距離は約40キロ。朝ポタとしては丁度良い感じじゃないでしょうか。

体も気分もスッキリしました。やっぱ自転車は外走ってナンボですね。




おサボリのおかげで超回復?
いやー、熊谷でまたアラフォー気温。 暑い。



しかし明日は急降下。今日の最低気温より明日の最高気温の方が涼しい。

これで天気が良ければ絶好のサイクリング日和なんだけど。



さて、6月の走行実績は笑っちゃうほど悲惨な状態で一時はかなり落ち込んだ
けれど、ここのところまあいいかという悟りに達してきた。
これで腐ってたんじゃなんのための趣味かわからない。梅雨が明けたらまた頑張って走るよと。



で、さぞかし脚はナマっただろうと思うのですが、それがそうでもないという新発見。

走らないとはいっても雨でも休まない一日15キロのジテツウがあるので、一応これだけで
300キロちょっと/月は走る。つまり走行0にはなりません。

片道わずか7.5キロの中に私的プチSS区間が3箇所あり、その中で喜平橋からあかしあ通りを北上し警察学校脇を越えてセブンイレブンまでの約1.2キロを時速何キロでどの程度の負荷で走行できるかが一つのバロメータになっています。

ジテツウの相棒流星号は車重16キロ台。フル装備で空気抵抗バリバリのシティサイクル(でもフレームはいっちょまえにアルミ)です。以前はこのマシンでこのSS区間を時速30キロ巡航するのは結構骨だったんですが、最近は普通に時速35キロ巡航が可能。時速30キロであれば息があがらずに走行可能になってきました。

ロングでどうなるかはわかりませんが、瞬発力は衰えるどころか、頑張って走った割りに向上しないと悩んだ4月の分が今になって返ってきたような気がしています。最高時速も背中に通勤バッグをたすき掛けした状態で時速43キロ。もう少しがんばれば、彗星号でとりあえずの目標にしている時速50キロが実現するかも。

もしかして私の筋肉は超スローペースで超回復?。
2週間がんばって一ヶ月休むとかしたほうが、向上したりして。

そこまででなくても、体質にあわせて脚を休ませるというのも重要なのかもしれない。

もう一つ発見したこと。

よく、「らくだのこぶ」とか骨盤を立てると言われるから、腹筋を使ってお腹をへこませるような感覚でポジションを作ってきた。

しかし最近、腹筋に力を入れながらむしろ腹を若干前に突き出したほうがパワーが出しやすいことを発見した。

今度撮影してみようと思うが、感覚的には背骨をサドルから垂直にするのではなく、へそのあたりまでを前傾気味に真っ直ぐ上げる。そしてその上から背中を丸める感じ。このあたりに楽にパワーが出せるスイートスポットがある。

ロングやらないと、短い距離で色々考えるようになる。それもそれで収穫があるのかもしれない。



守り神2世
今日は暑かったですねぇ。

ジテツウ帰りの流星号時速35キロプチ爆走で汗だばだばになってしまいました。

新しい相棒、Garmin Nuvi1360 です。

RIMG0079.jpg

相棒というのは失礼かもしれません。私にとってこれは自宅に帰れることを保証してくれる守り神です。

チャリブロガー各位のホームコースの記事をよく拝見しますが、皆様よくこれだけ複雑なコースが頭に入るものだと感心してしまいます。
あいや、恐らく私が特別に方向オンチなだけで、複雑ではないんでしょうね。なんせこの前は近所のコンビニに行きつけませんでしたから。(悲)

今まで同じGarminのNuvi205に守られてきました。しかし経年劣化か、自転車の振動のせいかわかりませんが、測位精度の低下によりトンチンカンな指示を出すことが多くなりちと困っていました。
なんとかならんかと分解修理しようとしたところ、勢い余ってぶっこわしてしまった(合掌)ので、やむを得ず2世を迎えたというわけです。

同じモデルでも良かったのですが、ディスコンのようで事実上の後継機といわれているこいつです。
画面が大きくなっていますが、その分電池の持ちが悪くなってしまいました。もっと電池が持つモバイル寄りの製品もありますが、いきなり価格が数倍に跳ね上がります。なんせこれ1.5諭吉。サイクルマウント用品を入れても2諭吉しないというもはや選択の余地が無い安さですから。Edge800にも憧れますが、あれだと地図データ代だけで同じくらいかかってしまいますから、お値段的にも守り神です。多少の使いづらさは辛抱です。

基本Nuvi205と同じ機能、使い心地ですが、地味に機能アップしていまして、どうやらGoogleMapで引いたルートをインポートできるようです。Nuvi205はこれが出来ないのがまさに珠に傷だったのですが、これには期待しています。

さて、今週末も雨。こいつが威力を発揮するロングライドはいつになるでしょう。


タイヤローテーションのついでに
彗星号(EscapeRX3)の走行距離は、梅雨に入って急ブレーキがかかってしまっているものの、やっとのことで2000キロを超えました。

前タイヤはまだセンターマークが残っていますが、後タイヤの磨耗が目立ってきたので、ローテーションすることにしました。

で、ローテーションのついでに以前から気になっていた、ホイールの重量を測ってみることにしました。

EscapeRX3のホイールは、最近のGiantのエントリーモデルに採用されているGiantオリジナルのS-R2というものです。R3のデフォであるSpinForceとの違いが気になるところです。

正確を期するために、QRやサイコンマグネットも外します。ただ、リムテープは外すと復旧が困難な構造なのでそのままです。確かWH-R500もリムテープ付きだったはず。

RIMG0064.jpg
おお、こうすると少しだけ上等に見えるような・・・・(気のせい)

では早速図ってみましょう。まずは前輪から。
RIMG0067.jpg

どれどれ・・・
RIMG0068.jpg
を! 悪くないじゃないですか。
確かSpinForceは前輪からして1キロ超えと聞いているので、それに比べれば軽量です。

となると、前後で2キロを切っている可能性が・・・

いそいそと後輪をのっけて・・・
RIMG0072.jpg



このキッチンスケール、1キロまでだっけ?????? 

えーーーーっと、他にスケールは・・・・・・

   無い orz

無理を承知で体重計に乗せてみる。
RIMG0073.jpg
精度200グラムの体重計なので、とりあえず1.2キロは無いみたいだけど。

うーーーーん、折角ここまできたのに、

諦めきれないyutabowがしょぼい理系脳をフル回転してたどり着いた方法がこれ。



RIMG0077.jpg

お分かりでしょうか。安物とはいえ一応スポーツサイクルホィール、全体の重量配分はほぼ均一のはず。
従って片方を支えてやれば、半分の重量がスケールにかかる。少なくとも体重計で測るよりはずっとマシのはず。

で! どれどれ
RIMG0075.jpg

うむ。倍にして1100グラム。

ということは、前後合計重量は

1100+865+1965グラム


ふむ。2.2キロ弱あるといわれるSpinforceに比べると200グラム以上軽量。
WH-R500比でも100グラム程度しか違いません。悪くないです。よくやったGiant!。

慌てて軽量ホイールに走る必要はなさそうです。つかまだたった2000キロしか
走ってないし。^^)


ついでに他も。まずはタイヤとチューブ。
RIMG0069.jpg
エクステンザだとロングライドモデルでもチューブ込みで300切るので、これはやっぱ重いですね。
外周の重量なので150グラムでも相当効きそう。やっぱり次替えるならタイヤですね。

QRとマグネット。
RIMG0071.jpg
こんなものでしょうか。ここを削ってもかなり気分の問題でしょう。

カセットスプロケット
RIMG0070.jpg
私は今のところクロスのスプロケはMTB用で良しと思っているので、仮にこれをアルテ相当のDeoreXTに替えると100グラム程軽くなります。しかし回転中心部なので携帯一台分軽くしても気分の問題かもしれません。

色々測ってみると結構面白いですね。
軽量化にまい進する甲斐性はありませんが、次はタイヤ。方向性は明確になりました。

タイヤローテーション完了。

まだ2000キロ。もうしばらくはつべこべいわず走ってナンボですね。


 
ユニクロ 企業コラボTシャツ
ベテランの方々には、またかって感じなのかもしれませんが、
いまだ一年分のウェアが揃っていないyutabowとしては、とりあえず押さえました。

P6192971.jpg

ユニクロの企業コラボTシャツは数多の種類がありますが、これはちゃんと吸水速乾素材でできていますね。
特売は逃しましたがそれでも2着で3千円。ユニクロさんありがとうです。

実のところ、柄的には、リドレーの黄色がお気に入りなんですが、無関係なブランドロゴシャツは着ないという戒律(?)を守り、とりあえずはGIANTです。

それにしても、種類がありますねぇ。 ざーっと見て、私のハートにピンときたのは以下の2点。

16_0684491.jpg
38_068172.jpg

うーむ、我ながら趣味が・・・・・


悩ましい交差点
サイクリストにとって、東京周辺の道路はまだ走りやすいと言われていますけど、
まだまだニッポンの道路は自転車用には出来ておらず、私のモチベーションを落とす
一因になっています。街走りそのものは嫌いじゃないんですけど。

危険な場所があるのは仕方がないとしても、どこをどう走るべきか正解がないのがストレスたまります。

私は気が弱いのか、ベテランローディーさんの走り方を見ていても怖くて真似できないと思うケースがしばしばあります。駐車違反車を自動車をブロックして追い抜く、バスなどの大型車両を右から追い抜くなど・・・

その中でも街走りで必ず出会ってしまうのが左折専用レーン。
横浜から東京方面のR15に私が出会った中でも最悪のケースがあります。
ここ。横浜が庭のライダー各位にはおなじみの場所じゃないでしょうか。
無題

左下の横浜方面からR15で多摩サイに帰ろうとすると、右方面にみちなり直進しなければなりません。

ちょっと見づらいですが、横浜方面からのレーンは左折レーンが2列あります。路肩を順調に飛ばしてきてこの交差点に特段の意識無く差し掛かると、2列の左折レーンにギョッとすることになります。

しかもこの交差点、横断歩道もなし。左上にエスケープした先にもしばらく横断歩道が無いんです。
私の知る限り、環八と246の交差点に並ぶ最恐交差点です。

道交法では、自転車は常に道路の左端を走らなければなりません。ここから直進するためには、自動車2列分を度胸と技術でかわしてレーンチェンジしなければなりません。信号で停止してしまったら、自動車を圧倒する猛加速で、自動車が左折を始める前に一気に交差点を通過するか、左折してくる車を達人技でかわして直進レーンに移動しなければなりません。

なんてことは無理なので、遵法走行は現実的ではなく、慣れたローディーさんは、やはり直進レーンと左折レーンの境目に陣取るようですが、交差点付近で片側5車線の広大な道路のド真ん中に陣取る感じになりかなり怖い。ソロならともかく、誰かを引いてそこに行く気には今のところなれません。

どこかのサイトに、このようなケースに「正解は無い。あえて正解を出すとすればこのような交差点を避けること」とありました。うーん、避けようにも今のところGoogleMapでもレーン構造までは表示できませんから。

私はこのような場合よほど空いていれば別ですが、原則左にエスケープして横断歩道。この交差点では横断歩道も無いので、陸橋をかついで渡ります。

こういう問題が解決するには、まだ相当時間がかかりそうですね。横浜方面のライダー各位、何か妙案があればアドバイスいただきたく。

スランプ?
最近、サイクリスト的にはちとスランプであります。

何事も気持ちが下がると、何故かタイミングがあわなくなりますよね。


週末出ようと思ったら雨が降ったり、晴れたと思ったら、仕事を持ち帰ってしまったり・・・


今日、少し前に録画したチャレンジホビーを夕食を食べながら見ました。

うーん、番組企画とはいえ、さすがにあれだけ太った人がアンカー乗って
ヒルクライムにチャレンジは考えにくいですね。

しかし登りきってましたね。元気もらいまいした。


このままでは来週の定期健診までに体がなまってしまうので、週末は雨が
降ってもローラー踏まなきゃなと、自己と戦う私に愛する妻がこんな
プレゼント。

RIMG0061.jpg

コストコ土産です・・

わははは。 スーパービーッグ!!

そのままクッションに使えそうなほど巨大なポテチ・・・・

ああ・・・サイクリストとして堕落への甘美な誘い

妻の愛情なのかあてつけなのかわかりませんが、

連日私のデスクサイドで強力なオーラを放ち続けています。


健康診断までは開けたくないのですが・・・

勝率は今のイチローの打率以下。



頑張れ!立ち直るんだポチッ
↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。