赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月走行実績
早いもので、9月ももう終わり。猛暑からいきなり晩秋へワープしたような気候ですね。

さて、9月走行実績。過去3ヶ月は雨だ暑いだと言い訳ばかりで寂しい結果だったので、今月はyutabowにしてはがんばりました。
201109走行実績
※Untitledはジテツウです。


【流星号】
 ジテツウ:317.68km
【彗星号】
 実走  :480.42km
 ローラー:266.82km
【総計】
 1064.92km
【総獲得標高】
 2527m


ジテツウ込みではありますが、初めての1000キロ越えです。
獲得標高も、2キロ越え。 とりあえず自分なりには合格です。

が、月1000キロというのは結構しんどいですねぇ。週末だけで
このくらい走る人もいますからすごいです。

実装が500を切っているのがちと惜しいかな。

最近、何故かロングを狙うモチベーションは下がっています。
その代わり、毎日ペダルを踏みたいという思いが強くなっているので、
ご覧の通り、平日で刻んで1000キロ達成という形です。
ローラーも大活躍。外走れよという声が聞こえそうですが、
ローラーにはローラーの楽しさがあるので、外が晴れていてもその日の
気分でローラーに乗ったりしています。自転車の楽しみは多様です。

さて、明日は雨はなさそうなので、名栗湖に行って見ようかなと思っています。

頑張ろう日本チャリティライド
獲得ポイント:1191ポイント
累積ポイント:5996ポイント



スポンサーサイト
ルートラボの獲得標高の謎
ルートラボをご利用の方は多いと思います。非常に有難いサービスなのですが、計算される獲得標高が時々疑問なのです。

割と平坦なコースの場合が多いのですが、例えばこの前の多摩サイ。

yj.pn/61bKV6 

獲得標高は63mとありますが・・・・

標高グラフを見る限り、標高3mの空港まで行って、標高77mの小平市に帰っています。

この場合、最低でも獲得標高は74mになると思うのですが

CRは比較的フラットとはいえ、何箇所かある土手上と下の移動で2~3メートル
は上り下りがありますし、最後の小金井公園一周は10m程度の標高差がありますから、100mは越えるはずです。

Edge500では300mとかになっていて、これは多分気圧変動の影響を受けたのだろうと
思いますが、とにかく、往復コースを走っている以上、獲得標高が最大標高差を下回ることはないと思うのですが、私は何か勘違いしているのかな。

まあ、あくまでも目安ですので、目くじらたてるつもりはないですが・・

今日の彗星号
ローラー:22.5km 
今日は本当にやる気が出なくて、お休みしようと思ったが、
回し始めると調子があがって一気に20km。自転車って不思議。

Jリーグ観戦
今日は、新聞屋さんにもらったチケットで、Jリーグ観戦です。味の素スタジアム。J2ですけど。
勤務先が府中なので、流星号でスタジアムへ。

味の素スタジアム

FC東京 vs ギラヴァンツ北九州 恥ずかしながら、ギラヴァンツ北九州というチーム名をyutabowは知りませんでした。

J2ということもあり、客の入りはご覧の通りですが、これでも1万人入ったようです。サッカースタジアムはでかい。

試合は、北九州の方が動きは良かった気がしましたが、東京が地力発揮で2対0で勝利。野球とは応援のお作法が異なり少々戸惑いましたが、楽しみました。

今日の彗星号
帰りが遅くなったのでお休み。
今日の流星号の走行で、9月度1000キロいくと思ったが、
あと2キロ足りず。オシイ。
GIANT 2012
通勤流星号、サイクリング彗星号両方に付け替えながらフル稼働のGarminEdge500ですが、こんな色出ました。
09043052.jpg
くわっ、かっこいい上にまさに彗星号にあつらえたような色。今のが壊れたら絶対これにしよう。つかガワだけでも欲しいんですけど。

でタイトルの件ですが、GIANTは既に全ての2012年モデルを発表し、カタログまで出来ています。女性向けの製品の充実がすごいですね。愛称というか名前が多すぎて混乱しそうです。雲上バイク群は、互換性を犠牲にした大型コラムサイズの導入、電動シマノ対応、センサー内蔵など結構大胆なモデルチェンジ。またエントリー製品群も、意表を突いたEscapeRシリーズの逆襲、爆安フルカーボンTCR COMPOSITE 3、DEFY COMPOSITE など、まさに巨人GIANT、容赦ない総攻撃です。

GIANTというメーカーに対する評価はなんか2分される感がありますが、私は素直に大したメーカーだと思っています。欧州メーカーに比べると色気に欠けるグラフィックも、最近はスッキリしていて良いと感じるようになりました。

しかし、しかしですよ、2012年モデルの全体的傾向として、裾野の拡大と頂上の強化が目立つものの、ボリュームゾーンのお買い得度が低下しているのが気になります。

例えばエントリーロードの定番TCR 1.2011年モデルは堅い設計のアルミフレームに、抜かりのないシマノ105パーツで固め、ホイールも信頼性の高いオリジナルで、まさにこれから始めるロードとして気分も中身も隙がないモデルでした。それが2012年になると・・・恐らくはコンポジ3との価格バランスを意識したのでしょう。パーツのグレードを下げて安くしてきました。しかも手をつけたパーツがクランクセットにブレーキ。yutabow的には最も手をつけて欲しくない部分です。クランクセットはパーツ価格で半額相当にダウン。実際乗れば違いは分からないよということかもしれませんが、パーツグレードダウン分安くなってC/Pは変わらず、あいや、105で固まっていない残念感を考慮に入れるとC/Pはやや低下という印象です。

TCR1では物足りない人が狙うのがアラ2レベルのTCRコンポジ2とTCR SL3ですが、TCRコンポジは5000円ダウンで、ホイールがクラス最軽量のAクラスホイールから、ごく普通のGIANTオリジナルホイールへグレードダウン。重量も増加し、この差はとても5000円では埋まりません。明らかにC/P低下です。TCR SLについても、105からAPEXになり軽くなったのにこれまたホイールがコンポジと同じグレードダウン、パーツ軽量化分を殆ど打ち消してしまいました。APEXが悪いとは思いませんが、私としては、間違いのない105パーツにAクラスホイールの方が間違いなく魅力的であり、重量配分的にもホイール側が軽いほうがいいはずです。現行TCR COMPOSITE SE と COMPOSITE の価格と構成を見る限り、パーツをAPEX化すると安上がりになるはずなんです。にもかかわらず、ホイールまでグレードダウンしていますので、TCR SL については相当にお買い得度が下がってしまったと言わざるを得ません。

まあ現行のコンポジSEとTCR SL2のお買い得度が説明不能レベルですので、ジャイアントとしてもやりすぎたという感じだったのかも。

わがEscapeRX3も同様、安くなっていますが、ムフフポイントだったDeoreリアディレイラが2ランク下がってAceraになってしまいました。実用的に問題は少ないんだと思いますが、使用者の私の意見としては、現実的すぎてRXシリーズのとんがった魅力が低下してしまう気がします。RX3に関しては、今年モデルを特売で買うが吉だと思います。

というわけで、GIANT2012年モデルは、私の狙い目のレンジに関してはちょっと残念な内容なのです。

年末にかけての、在庫処分セールに賭けるか、2013年春モデルに期待するか・・

あてもないのに妄想するのは楽しいですね?

昨日と今日の彗星号
昨日=ローラー 25km
今日=夜ポタ 20.3km
流星号とあわせて、月1000キロまであと22キロ。

ひさびさ多摩サイ
昨日ブログを書く時間がありませんでしたので、昨日の話です。

いい季節になってきましたので、3連休は200キロをノルマにしていました。初日は3湖巡りで120キロ走ったので、中日は朝ポタだけやって日中は家庭貢献。で、日曜日は楽して距離稼ごうと・・・・久々の多摩サイです。

素直に多摩サイを河口まで走って帰ってくると80キロちょっとです。中日の朝ポタがあるので、一応これでノルマ達成という計算。

走りなれた多摩サイ・・・・のはずが、なんか草ボーボーなんですけど。草刈り直前ですかね。こんなところあったっけと思うほど狭っ苦しいところもありました。
P9253157.jpg
一方通行状態

ランナーも、普通自転車も多くて、ペースが維持できません。かなり走りづらかったのですが、まあここは多摩サイ。歩行者優先でゆったりと走ります。

ガス橋から。空が印象的でした。
P9253158.jpg

若干の向かい風でした。姿勢を低くしたエアロポジション(とはいっても多分ロードの通常ポジション)でむいむいと走り、大鳥居到着。
P9253165.jpg

この写真は鳥居のあるところから奥の草むらっぽいところです。28Cのクロスだとこの程度の草むらはわしわしと走破できるのがいいですね。多くのESCAPE乗りの皆さんは23Cに履き替えますが、最近太いタイヤもいいもんだと思うことがあります。特にこの週末は台風の影響で悪路が多かったので。
手前にあるのは基準点です。なんかストーンヘンジを思わせる石で囲ってありました。

連休中日に磨いてワックスがけした、yutabow私的萌えパーツ。RXのトップチューブとダウンチューブ。
P9253167.jpg
ムフフフ ※使用者の感想です。

しばらくまったりして、さて帰りますか。

そうそう。帰りに寄るところがありました。二子多摩のGIANTストアです。

とても変なところにあると聞いていました。確かに変なところですね。線路と道路に挟まれたスペースの川に向かってドン突き。見つけるまでちょっと探しました。
P9253177.jpg

自転車屋というよりはショールームですね。スタッフの過半数が女性で、おしゃれ感覚満点。サイクルジャージに身を包んだおっさんは私だけ。

若干の場違いプレッシャーに耐えながら見回します。2012年モデルがかなりの数展示されていました。トライコンを履いたTCR COMPOSITE SE がカッコ良かったかな。もうカタログもありました。

2011年モデルのセールもやってます。2011年モデルのRX3が、2012年モデルより安い価格で売っていました。2011年モデルの方がパーツが良いのでこれはお買い得。

GIANTの2012年モデルは yutabow にとっては、ちょっと微妙な内容です。今がロード購入のタイミングだったら、多分2011年モデルの在庫を探して購入するでしょう。これについてはまたネタにしようかな。

ニューマシンが見られたのは収穫でしたが、やはり人徳が足りないのか、女性スタッフに声をかけられることもなく・・・・まあいいか。
P9253178.jpg

時間に制限があったので、ささっと是政橋に戻り、少し時間が余ったので小金井公園周囲を一周して帰宅。用事を済ませた後、ちと踏み足りないので、20キロローラーまわしました。



そいえば、彗星号のシェイクダウンも多摩サイでした。その時は新幹線の線路のあたりまで行って引き返すだけで足が売り切れて、国分寺崖線を登るのさえ辛い思いをしました。その時に比べれば強くなったかな。

3連休の彗星号
3湖ツアー:121.1km
中日朝ポタ:20.7km
久々多摩サイ:92.0km
もう一踏みローラー:20.5km
合計:254.3km


3湖(津久井湖、相模湖、多摩湖)めぐりと台風の爪あと
津久井湖、相模湖方面に行ったことがなかったので、行ってみました。帰りは大垂水峠を経由して多摩湖に寄って3湖めぐりにしようという算段。

http://yj.pn/GvSTEU

今日は3連休初日で、高速道路も早朝から渋滞だったそうですね。今日私が通ったルートも橋本のあたりまでは順調でしたが、その先は相模湖まで延々と渋滞。横浜から来ている車もありました。高速を使わずに富士五湖方面に向かう車でしょうか。道幅が狭いため、歩道を走るか、ひたすらそろそろとすり抜けをするしかなく、なかなか大変でした。

是政橋も立派になったものです。
P9233086.jpg
今日は、昼過ぎまでこんな空模様で、サイコンの温度計は21度。真夏仕様のサイクルジャージでは少々肌寒かったです。

今日はLSDに徹するというルールで走ります。LSDとかポタとかいいながら、走り出すと血が騒いでついつい頑張りすぎてしまい、帰途バテバテ翌日筋肉痛というパターンが結構多いのですが、それは決して良いことではないという情報もあり、今日は実験的に、目標負荷を心拍140~150程度とし、上限を155.ただしミドルローでも負荷が大きい激坂のみ160まで許容というルールで走り続けました。とはいいながら、尾根幹のあたりでつい本気ロード集団をおっかけて170越えちゃいましたけど。まあすぐに千切られましたので一瞬です。

今日は、私の好きはダム湖三昧のはずだったんですが、至るところで台風15号の傷痕を見せ付けられる結果になりました。それはそれで貴重な経験でしたけど。

城山ダムです。
P9233091.jpg
放水量の多さと水の色にちょっとした恐怖を覚えました。

上流側の津久井湖もこの惨状です。
城山ダム3_1
ダムを詰らせないようにフェンスでガードされていますが、ものすごい量の瓦礫がたまっています。

敢えて記念写真
津久井湖1_1
水が元に戻った時にまた写真を撮りに来るとしましょう。

延々と続く渋滞に耐えながら、相模湖へ移動。

相模湖もまた、こんな状態でした。
相模湖2_1
この水の色では、小船を漕ぎ出す気にもなれないでしょう。観光設備にも被害があったようでした。地元の方が小船で瓦礫の中から何かを回収してまわっていました。

ここがとりあえずの目的地だったので、軽くエネルギーチャージです。
P9233121.jpg
サークルKのカレーパン。悪くなかったです。

さてここから、相模湖駅に寄って20号、八王子を目指します。途中大垂水峠越え。LSDルールに従い、速く登りたいという気持ちを抑え、心拍155を越えないように軽めのギヤでじっくり登ります。

登りっぱなしですが、激坂は無いのでペースを守って走れば景色を楽しむ余裕もあり、気持ち良いですね。都民の森の時に比べるとスケールは小さいですが、爽快なダウンヒルも楽しみました。

高尾山ケーブルカー駅。すごい人出です。
P9233127.jpg

行楽シーズンであることに加え、登山道とリフトが台風による倒木により閉鎖されていたことも一因です。

高尾駅前を通過したところで、もう少しだけ坂を登ってみたくなり、東京霊園方面に向かいました。私の祖父のお墓があるのでついでに手をあわせてこようかなと。

高尾から八王子までは20号が下り坂基調になるため、LSDルール内でも時速35キロ内外で巡航できます。

八王子で、懐かしのラーメン屋でランチ。学生の時に良くいきました。
P9233134.jpg
P9233133.jpg
味噌がどかっと乗ってくるのがミソです。 自分で溶いて食します。うまいです。


実は多摩湖は事前の計画にはなく、出発してからの思いつきでした。ガーミンのコース(簡易ナビ)には八王子から尾根幹方面に下るルールがセットしてあったので、八王子からルートを外れ、勘で走ります。

で、しっかり迷っちゃったわけですが、お陰で立派な橋に出会いました。

多摩川大橋。巨大は赤いアーチと、スポークを思わせるワイヤーが印象的です。
P9233135.jpg


橋を渡って右折。新奥多摩街道を走り続けると、多摩都市モノレールにぶつかります。モノレールの線路の下を北上すれば、多摩湖にいけるわけですが、途中になるフレがあるのでちょっと寄り道。
P9233138.jpg
「ヘルメットとサングラス新調しようかな・・・・・」としばし妄想。



ここから少しばかり北上すれば、走り慣れた多摩湖自転車道なんですが、これまたひどい。
P9233140.jpg
小枝踏みまくり、時々大きな枝が寝ているので油断なりません。

こんな枝も折れて落ちてたり、
P9233141.jpg

こんなんなってたり・・・
P9233142.jpg
これはマジで危険です。

西武線沿線ではこんな大木が根こそぎ。
P9233153.jpg
その他、造園業者による破損樹木修理現場数知れず。やっぱり今回の台風は最強クラスだったんですね。

うーん、多摩湖をホームにしている私としてはちょっと困りました。復旧するまで待つしかないですね。

不思議なことに、多摩湖はいつも通りでした。
P9233149.jpg
雲と日光の角度の具合でちょっといい感じの写真になりました。

強制LSD走行はいい感じです。抑えて走っても100キロ近くなったあたりで筋肉疲労とパワー低下は避けられませんが、帰宅してからの全身の疲労感が殆ど無く、それでいて走行時平均速度は26キロと、渋滞が多かったことを考えると今までよりむしろ速くなりました。今後よりロングライドを目指すにあたっては、このような走り方が必要なのかもしれません。しばらく続けてみようと思います。

それにしても、真夏に比べると楽ですね。今日はちょっと寒いくらいでしたが、摂取した飲料も、食事の時を除けば実質フレームボトル1本のみ。いい季節になりました。







台風
すごい台風でした。

私がここ小平に越してきてから最強だったと思います。今はすっかり空は落ち着き、虫の音が鳴り響いています。これから、東北地方の被害が少ないことを祈ります。

私の記憶している限り、4月以降天候を理由に休むことはなかった彗星号ジテツウも今日はお休み。正解でした。3時ごろに早引きしましたが既に相当な風雨で、ビル風が巻いているところは傘もろとも吹っ飛ばされそうになりました。

明日は台風一過で、澄み切った空が広がるんでしょうか。

早起きできたら、彗星号で朝ポタしようかな。

今日の彗星号
ローラー:21.3km




横浜トライアスロン
昨日ですけど、横浜トライアスロン、見てきました。 相方と一緒ですので自走ではなく電車です。

女子は朝が早すぎるので、見られたのは男子のみです。 それでも、世界トップレベルの走りを目の当たりにすることができて感動しました。

会場に到着した時は、男子のスタートセレモニーが始まっていました。世界選手権にしては人出は少なく、のびのびと観戦できる方だと思いますが、さすがにスタート/ゴール地点にはそう簡単には近づけません。スイムのスタートは見ることができず、スイムコースが見えるところに先回りします。

来ました来ました。
P9192988_1.jpg

スイムに関しては、現地の景色はこんなものです。誰がどのあたりにいるかなど全くわからないので、テレビ中継を見たほうが面白いですね。

というわけで、スイムの一種目が終わったあたりで、その場を離れ、バイクのコースへ先回りします。

メイン会場から少し離れれば、走行コースも人がぎっしりということはなく、ポジション取りに苦労はしませんでした。
しばし待つと、選手接近を知らせるホイッスルが激しく鳴らされ・・・

来たぁ
P9192992.jpg
先頭はロシア軍団。プルカンコフにポリャンスキーです。

続く先頭集団
P9192994.jpg
36番。日本の田山選手もいい位置につけてます。

佐藤選手も力走。
P9193000.jpg
この時点では左足は裸足で踏んじゃってますね。スタート直後ではこのような選手が何人かいました。スタートのポジション争いをやっている間は、シューズを留める余裕がないんでしょう。
それにしても、スゴいハムストリングですねぇ。

赤レンガ倉庫から戻ってくるあたり、下り坂でスピードが出ます。
P9193013.jpg
コォォォォォォ

赤レンガ倉庫付近のコーナー、横浜の景色とロードバイク、絵になります。
P9193033.jpg

カメラを構えるすぐ前をビュンビュン通り過ぎていきます。エアロバーをつけていない選手も多いですね。
P9193004.jpg


途中で、先頭と後続の集団が結合して大集団に。
P9193044.jpg
5キロのコースを8周です。一度日本選手が先頭を引っ張った周回があったんですが、残念ながら撮り逃しました。


バイクが終わったらランです。

P9193048.jpg

この日の最高気温は33.4度。主催者もこれは想定外だったんじゃないでしょうか。
ランが始まることは雲も途切れて日差しが戻り、もう観戦するだけでも辛い状態でしたから、選手はもう全身汗だばだばでそれは辛そうでした。目の前でリタイアした選手もいました。

平野選手です。
P9193055.jpg


後ろについているクロスバイクは最後尾を示しているんですが、この寂しげな雰囲気はなんとかならないんでしょうか。

とにかく暑かった。あまりの暑さに実力を出し切れなかった選手もいたでしょうが、33度超の環境でもあれだけのパフォーマンスを見せる選手の鉄人っぷりに改めて脱帽です。

ゴール周辺は人だかりで近づけないので、ブース回り。  雲上バイクたち。

サーベロS5
P9193073.jpg

BOMAの全身カーボンバイク。いくらになるのか計算する気も起きません
P9193075.jpg

BHのウルトラライト
P9193077.jpg

スペシャの異形バイク。妙に平べったいですね。
P9193078.jpg

何故か日清製粉のワゴンがカップヌードルミニカップを配っていたので食す。外で食うカップヌードルはうまい。
P9193081.jpg

ランチは中華街で、割とお気に入りの中華菜館同發。

久々の横浜を楽しみました。

帰宅してから、録画しておいた中継放送で復習。ランを応援する私たちが一瞬映っていたらしい。

うんうん、バイクの映像、これはローラ-やるときのビデオに使える。編集してDVDにしよう。

今日の彗星号
3本ローラー:35.8キロ 716kcal
トライアスロンに刺激されて、ちょっと頑張りました。

 











マー君
今日は、新聞屋さんにもらった無料チケットで西武ドームに楽天戦です。

試合は午後のデーゲームなので、午前中は津久井湖にでも行こうかと思っていたが、力いっぱい寝坊しまして、んでは西武球場に入る前に多摩湖を2~3周しようかと思いましたが、これも家庭の事情で叶わず、相方を車に乗せてドームに赴くことになりました。

R0010435.jpg

西武ドーム。ドームとはいっても、屋根と観客席の間に隙間がありまして、ここから周囲の緑が見えるのがいい感じではあるのですが、空調は効かないので今日のような日はしっかり暑いです。

まあどこでもそうなんでしょうが、ここは西武ライオンズのホーム。ファンの数も応援も演出もアウェイ感バリバリで、楽天の皆さん肩身狭いです。

今日は相方お気に入りのマー君先発。
R0010433.jpg
コンデジの200mm相当ではこれが限界。

私は野球には疎いので、詳しいことはわかりませんが、打線は明らかに西武の方が強力な印象。今日のマー君、見た目スピードはありましたが、制球が甘かったんでしょうか。結構パカパカ打ち込まれてました。

先述の通り西武ドームは隙間があるので外の様子がわかります。さっきまで日が差していたと思ったら、ゲリラ豪雨。自転車に乗ってこなくて良かった。

試合は最後まで楽天打線に火がつかず、2-4で負け。残念でした。

帰るときには陽が差しているのに横なぐりの雨が降っているという妙な天気。

ただそのお陰で帰りにドームを振り返ると綺麗な虹。
R0010444.jpg
写真には写りませんが、外側にもう一本、2重にかかってましたよ。

今日は結局、ゲリラ雨+風も強くてサイクリングには向かない天気でしたね。

走行0は寂しすぎるので、今日もローラー踏みました。

本日の彗星号
ローラー:24.1km 時間切れ
※30キロ走りたかったのですが、騒音の問題で、夜9時半までと決めているのであります。

朝ポタのちパンク
今日は仕事はお休みをいただいたのですが、昼間は用事が入っていたので、朝飯前の1時間で朝ポタしました。一度朝の吉祥寺の街を走りたいと思っていたので、吉祥寺までの往復、約20キロです。

出発は6時ごろ。いい空です。真ん中に月。
R0010401.jpg

まだこの時刻であれば、井の頭通りの車も少ないです。ブレちゃいましたが、井の頭通り、浄水場脇です。
R0010406.jpg

22分で吉祥寺マルイ前に到着。やっぱり早朝は走りやすいんですね。

吉祥寺の自転車専門店、サイクルワークステーションさん。
R0010408.jpg

通勤のサラリーマンの歩く音のみが響くセンター街を通過して、我らが(?)ヨドバシカメラ
R0010410.jpg

駅前。まだ人通りはそれほど多くありません。
R0010412.jpg

さて、ちょっと吉祥寺駅周辺をぶらついたところで、6時32分。我が家の朝食、7時までに帰宅しなければなりません。小平と吉祥寺は30m程度の標高差があるため、帰りは若干時間がかかるのはわかっているので、そそくさと帰宅の途につきます。

朝からなかなかハードでしたがなんとか7時ジャストに帰宅。頭も体もスッキリしました。



出来れば夕ポタで多摩湖に行きたかったのですが、昼間の入間アウトレット&コストコからの帰宅が予想外に遅くなり、仕方ないので今日もローラー・・・・

ローラー8キロ手前、トップギヤで低ケイデンストルク走をしていたら、重いペダルがじわじわとさらに重さをましてきました。

ん? 負荷装置の不調か? 

と思っていたら、ゴリゴリとまたリム走行のいやな振動が・・・

「えっ? 後輪パンク。 ローラーでパンク? ありえないんだけど」

さささっと、チューブを取り出して膨らませると、「シュー」と音がするほどの大きな穴が・・・

タイヤを入念にチェックするも、犯人は見当たりませんでした。

原因は不明。先週新しく買ったばかりのチューブをいきなり使うのはなんとなくイヤだったので、パッチあてることにします。このチューブ、以前にあてたものを含めパッチ3枚になりました。いくつぐらいまで貼っていいもんなんですかね。

それにしてもパンクが多い。ミシュランのタイヤは走行3000キロを超えたところですが、ルーペで拡大すると、接地面に細かいヒビ割れが入ってきています。劣化が始まっていてパンク耐性が下がっているんじゃないかと勘ぐってしまいます。

ロングライド中のパンクは出来れば避けたいので、もう少し辛抱。再度原因不明のパンクがあれば、タイヤを交換してみようかと思います。

今日の彗星号
ローラー:7.93km(後輪パンクで中断




Y's 新宿
出張で都心に出かけたので、帰りにワイズロード新宿に寄ってきました。

既に2012モデルの一部が展示されていて、在庫セールもやっていますね。

驚いた・・というか完全にチェック漏れだったんですが、2012年モデルのマドン3.1が189000円で売ってます。主要パーツが105であることを考えると、TCRコンポジと同等のコスパですね。重量が表示されていないので、もしかしたらカーボンのくせにとても重いとか。デザインもスマートだし、カセットは28丁の貧脚御用達仕様。

かなり気になります。気にすることしかできませんけど

ただ私の知る限り、変態級の剛脚様各位は、あえてより価格の高い2.5とかのアルミバイクをご購入のようです。カーボンの普及が進むにつれ、「いつかはカーボン」という単純な序列ではなくなってきているんでしょうね。

かくいう私も、TCRコンポジよりSLに惹かれます。惹かれることしかできませんが

今日の彗星号
ローラー 22.0km 
音楽のリズムにあわせて漕ぐと楽しい。ただ、曲のテンポによってはケイデンス110とかになっちゃって死ぬ思いしますけど。
カード情報漏洩
ついに私も巻き込まれました。カード情報漏洩

突然カード会社から電話があり、


カード会社:「○○日に、$$$(女性向けファッション通販サイト)で、○○万円の請求があり、ブロックした。見に覚えがありますか?」

yutabow:「全っっっっっっっったくございませんっ!」

カード会社:「ではこの取引は無効に致します。お客様のカード情報が漏洩したということですから、このカードは既に停止されており、このまま無効と致します」

カード会社では、様々なロジックで利用者の購買傾向をモニターしており、不自然な取引があるとブロックし、自動停止すると聞きます。今回の請求は大金ではありましたが、過去に使ったことの無い金額ではありません。恐らく普段自転車用品などの色気0の買い物しかしないyutabowがいきなり女性向けファッションサイトで大人買いをしたからひっかかったんでしょう。

カードは即刻停止され、番号を変えて再発行されます。それまではカードが使えず、カードのアカウントにもログインできません。

いやー、怖いですね。カード番号は相当な数のサイトに登録していますから、一応まめに請求内容をチェックはしているんですが。

容疑者探しをすると・・・最近登録したのが・・・

大英帝国の海外通販サイト 

うーむ、なんとも言えませんが、今時カード無しで通販というのも現実的じゃないし。

皆さんも気をつけてください。・・と言ってもカード使って通販利用する限り、露骨に怪しいショップを避けるくらいしかやりようは無いんですけどね。

今日の彗星号
ローラー:21.5km たった20キロでもインターバル無しで走りきるのはちと辛い。





夜ポタ
週末のヒルクライムのダメージが意外に残っていないので、夜ポタいってきました。

yutabowの自宅のある位置は、河にせよ山にせよ気持ちよく走れるエリアに到達するまでに最短で10キロ程度は走りづらい旧街道などを走らなければなりません。唯一の救いは6キロ先に多摩湖があることですが。

そのような旧街道も夜9時を過ぎれば車も少なくなり、だいぶ走りやすくなりますね。今日も昼間は暑かったけれど、夜になれば、程よい感じに涼しくなりました。

ジテツウで流星号(シティサイクル)、夜ポタで彗星号(EscapeRX3)に、食事を挟んで乗ることになるんですが、最近は流星号でも2キロ程度であれば時速35キロ巡航が出来るようになりました。

彗星号は流星号に比べ車重で5キロ軽量なので、取り回しや踏み出しの軽さは当然ながら比べ物になりません。

しかしながら、流星号で35キロ巡航できるなら彗星号で40キロはいけるだろうと思うのですがそうはならないんですね。実感としては同じ負荷でせいぜい38キロ程度です。

平地においては速度が増すにつれて空気抵抗が支配的になるからでしょう。

さらに、流星号の方がスピードの持ちが良いような気がするんです。軽量化どこ吹く風の頑丈なアルミリムの慣性とジャイロ効果が大きく、30キロ以上出すと車体がどしっと安定し、スピードも落ちにくい感じがします。彗星号のホイールもスポーツバイクとしては重量級ですが、流星号ほどの安定感はありません。

平地において高速巡航するためには、ある程度リムに重量があったほうが楽という人が多いとショップの店主も言っていました。エアロリムの意義はそのあたりにもあるのかも。

冬になる前に、ホイールを新しくしたいと思っているのですが、どういうものが良いのか楽しく思い悩んでいます。

今日の彗星号
夜ポタ:20.51km

初ヒルクライム、檜原都民の森
今週末は前々から行ってみたかったがちとビビっていた檜原都民の森に行ってきました。

檜原都民の森

東京のヒルクライマーの練習コースですね。私にとっては初めての本格的ヒルクライムです。

ヒルクライムとしては、標高も平均斜度もまあ「普通」レベルですが、美しくとんがった斜度グラフを見ればお分かりの通り、ゴールに向かってひたすら斜度が増していくのがクセものです。最後の3キロが最大斜度になっていまして、ここで脚を残しておかないとひどい目にあう・・・・。と、実感しました。

こういうところに行く時は朝早く出たほうがいいんですが、いつもながらうだうだとして11時頃に出発。

で、数キロほど走ったところで、後輪から「パシューン」という音がして、その後ゴロゴロとリムで走る嫌な感触。

うげ! 

パンクマンyutabow 発現です。まだ脚が目を覚まさないうちから、いきなり出足をくじかれました。

R0010353.jpg
タイヤは完全にペシャンコ。今回は今までと違い瞬殺パンクです。

相当デカイ何か踏んだはずだが、不思議とタイヤは異常なし。

チューブを取り出してみると、うわっ。

R0010354.jpg
バルブの根元がずっぽりと・・・

このチューブは、最初についてきたメーカー不詳のもの。もう1本もバルブの根元に亀裂が入りスローパンクしました。品質があまり高くない上に、パンク修理の練習と本番のやりすぎで劣化していたのでしょう。

パンクマンyutabow。修理はもう手馴れたものです。交換チューブ。これはパナレーサー。しろおじさんが貼ってくれたパッチ付き^^)
R0010356.jpg

うーん、携帯ポンプを400回ほどシュコシュコしても、空気が漏れてしまって感覚的に6気圧は入らない。ポンプのパッキンも交換しなきゃだめかな。下限の4気圧は間違いなくあるのでまあいいかと再出発。

出足が遅れた上にタイムロスしてしまったが、気を取り直してといいたいところだが、16号がこの渋滞。
R0010358.jpg
うーむストレス

五日市街道に入り、拝島を越えたあたりでやっと走りやすく・・・
R0010359_1.jpg

と思ったら突然車が長蛇の列。ん?ショッピングモールもドンキホーテも無いようだがと確認したら、
R0010360.jpg
マクドナルドでした。3人分1000円は強力です。

このあたりから先は、東京とは思えない風光明媚な雰囲気になってくるのですが、なんかいつもの都心方向に比べ、自動車の幅寄せ係数が大きいような気がするのは気のせいかな。行きも帰りも気になりました。

名称未設定_パノラマ1
秋川。左奥はバーベキュー、右は釣りを楽しむ人。

R0010364.jpg
こんな感じの峡谷を渡る橋が何箇所かありました。

そんなこんなで、武蔵五日市駅到着。距離は30キロ弱なんだが、妙に時間がかかった。
R0010366.jpg

駅前だからコンビニくらいあるだろうと思ったが、見渡す限り何も無し。駅にNewDaysはあったので、ここでガリガリ君、ボルビック、サンドイッチを補給。今思うと、この時もう少しガッツリ燃料補給したほうが良かったのかな。

ここからゴールまでは29キロです。檜原市役所前を通過し、左折したあたりから登り始め。前半は登ったり下ったりです。後半に入ったあたりでも登ったり下ったりですが、徐々に登り率、登りの傾斜がきつくなってきます。
全体平均で5%程度ですから、登りは9%程度あり、ここで張り切り過ぎると後が続かない。

私はちと張り切りすぎたようです。できれば足つきなしで登りきりたかったのですが、脚に力が入らなくなってきたので、休憩。

R0010367.jpg
一日数本しかないのに、随分立派なバス停です。

呼吸が収まってきたところで再出発。しかし、程なく現れる料金所跡の前で眼前に現れる景色にに呆然とすることになります。遥か上に続く登りっぱなしのつづら折り。

「あそこまで登るのか。 しかもまだ先が続いている感じだし」

もうここで引き返そうかという意見が頭の中で4割ほどを占めましたが、あいやそれでは絶対後悔するということで、再出発。しかしもはやミドルローで8%を登ろうとすると心拍が180に迫ってしまうので、使いたくなかったインナーギヤの封印を解除、時速10キロ・・・・・8キロ・・・、これじゃジョギングして登るのと同じだが、とにかく前進。

途中、オートバイを停めて休憩中の外国の方が「ガンバッテー」と声をかけてくれた。ありがとぅぅ

到着
R0010370.jpg
なにはともあれ、着いた。よかった。

売店で、お土産を買い、レモン味ソフトクリームを食す。何故かカレーパン(160円)が売っていて、試食レポートしたかったのですが、油っぽいものを食べる気分ではありませんでした。すみません。

とあるローディーさんとお話し。この方のバイクが実にイケてまして、国内のフレームビルダー、アマンダのクロモリフレームに、パーツはSRAMのRIVAL、ホイールはとある店で組んでもらったアルテハブ/カーボンのディープリムチューブラーホイール(6万で買えるそうです)、ギヤがなんとフロントインナー40に、リア23の男前仕様。全身をロゴ入りウェアで決めた彼は、このギヤでシッティングのまま登ってきたそうです。写真を撮らせてもらうのを忘れたのを激しく後悔。

さて、帰りも初本格ダウンヒル。
R0010373.jpg
ダウンヒル中の写真撮影は危険です。もうしません。

うぉぉぉぉぉぉ・・・・

うりゃぁぁぁぁ・・・・

ちょっちょっちょっ、怖っ、怖っ・・・・

何というか、恐怖と快感の狭間を泳ぐ感じ。

私としては耐えられる速度はせいぜい時速55キロ程度、これでも大きめの石や道路の継ぎ目の荒れているところを踏んだら吹っ飛ぶでしょう。

クロスのブレーキは強力なのでブレーキが効かない不安はありませんが、逆にコーナー突っ込みで不用意にブレーキをかけて後輪をロックさせるとこれまた吹っ飛びそうです。

時速70キロで下るという話を聞きますが、バイクの性能が良くてもちと私には無理です。

何箇所かで止まって写真撮影。

こんな滝もあるんです。登りはそれどころじゃなかったけれど。
R0010375.jpg

落ち着いて眺めると、必死こいて登って、バビューンと下ってしまうにはもったいない景色がたくさんあります。
R0010379.jpg
いつか、まったりと登ってみたいです。

登りに比べれば本当にあっという間に五日市市内へ。何かお祭りをやるようで、こんなお飾りがずらっと並んでいました。
R0010395.jpg

さて、自信喪失と達成感が入り混じった複雑な気分で帰宅ですが、

またしても五日市街道ド渋滞・・・
R0010396.jpg

行き以上のひどさで、心ならずも歩道を徐行。帰宅は19時になってしまいました。
このコースは今後も行きたいですが、渋滞がネックだなぁ。

次に行く時は、事前のエネルギーチャージ、ペース配分に気をつけて、なんとか足つき無しを目標。

坂克服への道はまだまだ遠い感じですが、焦らず一歩一歩ですね。

今週末の走行
檜原都民の森
 ・距離:110.9km
 ・獲得標高:1,104m
 ・カロリー:3,009kcal <=本当かなぁ?
多摩湖ポタ
 ・距離:28.29km
ローラー
 ・距離:12.83km
























引き続き夜ポタ
昨日に引き続き夜ポタ。

今日は、目安にしている20キロを実走。小平団地近辺の自宅から、新小金井街道を北上し、志木街道、野火止の交差点の手前まで行って帰ってくれば20キロほどになります。

志木街道は、途中立派な並木道になっているところがあり、そのあたりが街灯がさえぎられて意外に暗いので、ライトはダブル。

R0010344.jpg

両方とも1ワットクラスの高輝度LEDですが、Knogの方はかなり光が薄く広がります。逆にマグライトはスポット系なので、あわせて遠近丁度いい感じ。ただ、夜道を最高時速40キロで走ろうと思うとこれでももうひと息明るさがほしいです。Knog側をジェントスドミネータとかにすれば良い感じでしょうか。

やっぱり実走は楽しいです。信号停止が多いのでローラより時間がかかりますが、感覚的には短く感じます。脚の疲れも少ないですね。信号停止が程よいインターバルになっているんだと思います。

今日の彗星号
夜ポタ: 距離21.18km
    獲得標高71m


久々の夜ポタ
帰宅すると、娘がテニス教室へ行っていて帰ってくるまで夕飯はおあずけと相方が言う。

30分待てば帰ってくるが、自転車で帰ってくるから少し心配だというので、んではパパがお迎えにまいりましょう。と久々の夜ポタに。

テニススクールへの距離は多分2キロも無いですが、終了時間に丁度着くように遠回りして約8キロ。

いい季節になりました。夜風が最高に気持ちよいです。

彗星号の実走は3週間ぶりです。ここのところ負荷装置つきのローラーばっかり踏んでいたので、平地無風の実走はペダルがすごく軽く感じました。

だからといって速くなったかというとそうでもないような。

でも、やっぱり自転車は外走ってナンボですね。当たり前だけど。

ちょっと走り足りないので、食後ローラー。

今日は、ギヤを重くして低ケイデンストルク走を黙々と。

この黙々と頑張れる感じ、ローラもまた楽しと最近思えるようになって来ました。

今日の彗星号
夜ポタ8km
3本ローラー 13.6km
合計:21.6km

8速スプロケット余りました
SRAMカセットデビューで、シマノのチャンポンスプロケットは使命を終えました。

よって、この2つのスプロケットが余りましたので、もしよろしければ差し上げますので
ご連絡ください。

R0010340.jpg

右がEscapeRX附属の HG40 11-13-15-18-21-24-28-32
左が後で購入した、 HG50 12-13-14-15-16-17-19-21

です。どちらもピンを外していますので、全てのギヤがバラバラになります。

傷や少々の磨耗はご容赦を。先着順ということでお願いします。


本日の走行
3本ローラー 21.0km
遠い記憶
しばしば発病するロード欲しい病の発作と戦うyutabowですが。

実は昔、ロードを持っていた時期があったんです。しかもクロモリロード。

20年ちょっと前、まだ社会人新米であったころ、神戸への転勤を命じられた私は、
どういうわけか、自転車専門店でクロモリロードを購入したのです。

もう記憶が断片的なんですが、当時は現在のようにロードバイクの完成車は殆ど
売っていなかったように思います。スポーツ自転車専門店といえば、天井にフレーム
とホィールがぎっしりとぶらさがっていて、そこからあれこれ選んで組み立てる。
今の感覚では贅沢なフレーム買いがディフォルトの時代でした。

今みたいにフレームだパーツだという情報もずっと少ないですから、お店行って店主
に価格を伝えてあとは任せる・・という大らかな感じでしたね。

で、当時はクロモリフレームが主流で、アルミフレームは高級品だったんですよ。
素材の序列はクロモリ>>アルミ>>>>チタンで、カーボンフレームはまだ無かった
ように思います。

「アルミぃ?、確かに軽くて速いけど弱いよ。ボルト締めるにも気を遣うし、
 コケたりしたら曲がるし、金属疲労も早いからお勧めできんね」という時代。

パーツはいっちょまえに105でした。ディレイラー、前後ハブに105の刻印があったの
を覚えています。これも別に105を指定したわけではなく、店主に任せたらたまたま105
でした。当時の105のリアは7速で、デュアルコントロールレバーなんて無かった
時代ですから、ダウンチューブ取り付けのダブルレバーでした。

ブレーキは黙って右リアにされました。「この手の自転車は右がリアなんですよ」という時代。
違和感があって困ったのを覚えています。
ホィールは良く覚えていませんが、当時ですから完組みなどなく、36Hの手組みだったんでしょう。

ペダルはSPDなどまだ無かったので、クリップがつけられる、片面フラットペダルでした。
こいつが、脚を離すたびに下を向いてしまうので難儀したのを覚えています。

フレーム形状は完全なホリゾンタル。ステムもアヘッドなんて無かったはずなのでノーマル
だったでしょう。今見ると実にオシャレなランドナーに見えたかも。

値段は今のクロモリロードを思えばかなり安く、89800円でした。(妙にはっきり覚えている)
完成車ではなくフレーム買いでこの価格ですから、105パーツも昔は安かったんでしょうか。

勢い込んで買ったものの、ご存知の通り神戸は坂の町。坂が多いというよりは、平地がありません。
しかも住んでいたのが、山側の西区でしたから、いわゆる激坂だらけでして、試走時点で
バテてしまいまして、下り坂の先に交差点というところで、雨が降っていてリムブレーキ
が一時的に殆ど効かなくなり、交差点に突っ込みそうになって死ぬ思いをしてから、殆ど
乗らなくなり、先輩に3万程度で売ってしまいました。



こんなスポーツバイクブームが来るとは予想していませんでしたから、今思うとたった3万で
売却なんてもったいないことをしたものです。

あれから20年、あのバイクが今も走っている確率は低いですが、もし走っているなら、
是非見に行きたいですね。

今日の走行
3本ローラー:22.2km

8月の走行実績
今日も、不安定な天気が治まらず走行なし。

天気の隙を突いて走り出すほど、サイクリング愛はないのかなぁ。

8月の走行まとめを忘れていました。 今月から、新兵器Edge500と連携したGarminConnect

名称未設定 1

Untitled はジテツウです。

相変わらず、ジテツウに支えられた自転車生活。週末の天気が不安定で、後半の週末に出かけていないのが響いています。

・流星号(ジテツウ)
 距離:299.95km
 獲得標高:699m

・彗星号実走
 距離:227.12km
 獲得標高:1172m

・彗星号ローラー
 距離:101.71km

・【総計】
 距離:628.78km
 獲得標高:1871m

頑張ろう日本チャリティライド
獲得ポイント: 722ポイント
累積ポイント:4805ポイント
降る降る詐欺?
最近は、土曜日の雨予報が外れることが多い気がしますが、今日もあれほど降る降る言われながら、小平は殆ど降りませんでした。とはいっても時々通り雨的にどばっと降るので、サイクリングはできないといういやらしい天気です。
この風の中お出かけになった方もおられるようです。すごいですね。くれぐれもお気をつけて。

さて、今日は午後から家族が「嵐」のコンサートに出かけたのでゆっくりと彗星号のパーツ交換です。

まずは、ブレーキ。純正のAvidブレーキを外してDeoreと並べてみました。
R0010317.jpg

一見Deoreの方が長く見えますが実際は殆ど変わりません。Avidは薄板感がありますが、Deoreはファットで力強い印象です。軸受けの精度も良く、グレードなりの違いがあるようです。

その分重いだろうなと計量。まずは純正Avid。
R0010319.jpg
片方で100グラムほどですね。

で、Deore
R0010320.jpg

!!!? なんとAvidより計量です。実際持った感じもDeoreは太い割りに軽く感じます。素材が違うんでしょうか。

Vブレーキは単純なので取り付け自体は簡単ですが、調整がちょっと難しい。特にシューの固定は、片方のクリアランスわずか1mmでジャストの位置に固定する必要があります位置決めが難しい上に締める時にシューが動くので、結構格闘しました。

完了。
R0010337.jpg

撮影条件が悪く不鮮明な写真ですが、どうでしょうこのしっくり感。違和感のなさ。やっぱRXにはDeoreでしょう。(使用者個人の感想です)

次はカセット。 シマノチャンポンカセットを取り外した時点で計量。チャンポン化のためピンを外してあるので、そーっと扱わないとすぐに全てのギヤがばらばらになってしまいます。R0010321.jpg
280グラムですね。これでも、純正状態に比べると32丁ギヤがない分100グラム近く軽くなっているはずです。

お次は期待のSRAM
R0010322.jpg

238グラム。

42グラム差です。意味があるかどうかは別にして、パーツグレード的にはこの差は結構大きいんじゃないでしょうか。

素材、歯数、基本形状は変わりませんので、差が出るとすれば肉抜きの差です。
R0010323.jpg

明らかにSRAMの肉抜きの方が一生懸命です。スポーク状の部分とか、外周部とかが細い仕上げですね。今回購入したのは、PG-850ですが、SRAMには同じ仕様で少し安いPG-830というモデルがあり、これはシマノと同じくらいの重量ですから肉抜きも同レベルなんでしょう。このような選択肢を用意しているSRAMは良いなと思います。

早速取り付け。少しドキドキしましたが、ちゃんと互換性あり。きっちりはまりました。私はロックリング外しはこのような一体型を使用しています。モンキーを使うタイプを御使用の方が多いようですが、ロックリングは緩み止めがある関係で、緩めるのに難儀することがあり、こちらのタイプの方が力が入れやすいと思います。
R0010325.jpg

それにしても、ピカピカです。
R0010329.jpg

軽く調整。何故かガイドプーリーとギヤの隙間が小さく、ギヤ鳴りがしたのでほぼ緩め切っていたBテンションボルトを少し締めて調整。
インデックスも軽く上がり側に調整。

部屋でクランク回す限り、いい感じです。不安定になりがちだったシフトダウンがスパスパ決まります。しかもアップとダウンの両立がそれほどシビアではなく、インデックス位置調整はおおらかで済む感じ。まあこれが本来の性能なんでしょうけど、SRAMだから・・・という一抹の不安は解消されました。

まずは安心しました。 欲しい構成、シフト性能向上、そして軽量化。ちょっと奮発して2ヶ月待った甲斐がありそうです。

外を見ると、雨は降っておらず雲は薄い。

おしっ。ちょっとポタって実走テストだ! と準備を整え、エレベータで自転車を下ろして外に出ようとすると

ゲリラ豪雨

えーーーーーー

しょうがない。ブレーキのテストはできないが、今日はローラーに乗ってみよう。

明日も同じような不安定な天候が続くんでしょうかね。2~30キロでいいから外を走りたいんですけど。




やっと届いたカセットスプロケット
昨日は、8月最終日の3本ローラー

負荷装置のメモリを一番軽い設定から一段だけ上げてみたらそれだけで時速30キロ維持は困難。時刻が遅いこともありましたが、10キロ走ったところで終了。はぁはぁ。

今日ののジテツウで負荷の感覚を意識してみましたが、大雑把な感覚で2~3%の登りか6~7mの向かい風見当かな。平地無風相当であれば、一番軽いモードで充分な感じ。一瞬芸のケイデンス150はできなくなっちゃいました。(悲) 限界のケイデンスは負荷変動が大きいので負荷装置がついていると追随できずに前後に脱輪しそうになります。

さて、やっとこさこれが届きました。
R0010305.jpg
SRAMのカセットです。

長かった。

発注したのが6月末。出荷のお知らせが8月23日。2ヶ月かかりました。

今回は、全開のWiggleの時のような入管手数料とか消費税とかの清算は無いらしく、宅配ポストに入っていました。何故だろう。小額だからかな。

発送元の国名を確認すると Antrim と。 

アントリム??

調べてみると、北部アイルランドの一部みたいです。初めて知りました。

開封するとこんな感じ。緩衝材無し内容物暴れ放題。カセットは大丈夫でしょうが、もっと精密なものはそれなりの梱包をするんでしょうか。
R0010307.jpg

やっとご対面。私の望む 11-12-14-16-18-21-24-28 構成の8速カセット。
R0010312.jpg
右がシマノですが、メッキがシマノはいぶし銀風、SRAMはテカテカです。

軽量でならすSRAMらしく、肉抜きの穴もシマノより一回り大きい感じです。
R0010313.jpg
価格は、送料込みで3300円ほどでした。シマノの8速カセットに比べるとやや高いですが、一応軽量バージョンであることを考えれば妥当かなと思います。円高の恩恵もあるでしょう。

さて。シマノのチャンポンカセットより良い結果が得られるでしょうか。

図らずも、ブレーキパーツと共に、彗星号の改造パーツが一度に揃いました。彗星号のパーツ交換は消耗品を除き恐らくこれで最後。虎の子の資金状況がキビシさを増す中、ホイールのアップグレードは中止。限られた資金はロードにまわすことに決めました。

週末の作業が楽しみです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。