赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月走行結果
早くも一月が終わりました。

ここのところ帰りが遅くて、月末2周はあまりローラー踏めませんでした。

今月の結果はこんな感じ。

名称未設定 1

紫色はローラーです。

合計で689.36km

この距離は彗星号とTCR君の合計です。

流星号は、今月雨と雪で2日休んだので、16日*14km=224km

合計 689.36+224=913.36km

年一万キロ目標で、月割り833kmですから、少し貯金できた感じ。

際立ったロングはありませんが、今年は刻んでいく方針なのでこれでヨシとします。

TCRが体に馴染んできたらすこしづつ距離を延ばすとしましょう。

2月は、スキーと小旅行で週末が半分走れないことがわかってしまっているので、

目標達成は難しいかもしれません。

まああせらず拘りすぎずいきましょう。

スポンサーサイト
彗星号の引き受け先が決まりました
TCR SL2 と運命的に出会ったyutabowですが、

出会いがあれば別れがあります。

数多くの思い出を作ってくれた彗星号。

まだまだ飽きたわけでもなく、充分に距離を食わせてやったわけでもなく、

今でも彗星号の赤いフレームを見ると、これもいいよなぁと思うのですよ。

しかしマンション住まいのyutabow,流星号も含め3台持ちはさすがに苦しい。

気持ちの整理がつかないままに、娘の部屋に居候させていましたが、

そろそろなんとかしろというご命令。

ごめんね。yutabowに甲斐性がないばっかりに。

ショップの店長によれば、中古自転車にも競売市場があって取り次いでくれるとのこと。

まあそれが一番無難ではあるけれど、とりあえず身近なところに声をかけてみたら、

妹のダンナさんが引き取ってくれることになりました。

2月下旬に実家(長野県)に帰省しますので、その時に実家の近くにある妹一家にお届けです。

ほっとしたというか、寂しいというか、複雑な気分です。
PB233.jpg


ショップサイクルクラブ初イベント
今日は、先週の雨で延期されていた、ショップのサイクルクラブの新年走行会でした。

軽く走って、氏神様でお祓いという顔合わせ的イベントだったのですが、本日デビューのyutabowは少々緊張気味。

多摩湖の予定は路面凍結で変更。多摩サイに出たものの、昨日にも増して猛烈な風で河岸走行も中止。

連光寺坂を登って、聖跡記念館へ。

途中の見晴らし台ですが、風の通り道。うーさぶ。早々に退散。
P1293834.jpg

このあと謎の激坂を登った後、氏神様の熊野神社へ。アマチュアとはいえレーサーが先導しているので、走り方も道の選び方(やっぱ好んで上り坂を・・・・)もいつもとは違います。

まあ今日は皆さんお手軽走行だったと思いますが、なんとか遅れずについていけましたヨ。

それにしても今日の風。是政橋では左右に振られて怖かった。

P1293843.jpg
熊野神社。自転車のお祓いもしてもらうのですが、なんか草レース場みたいな異様な雰囲気。

お持ち帰りアイテム。
昆布茶です。お守りはステッカーになっています。
R0010669.jpg
おみくじ引いたなんて何年ぶりだろう。 ちなみに「吉」でした。 結ばずに持ち帰ることにしました。

今年も1年。事故なくサイクリングが楽しめますように。
ステーキ丼と榎本牧場
今日は、スターチャンネルさんのお誘いで、榎本牧場。ソロでいいからそろそろ行こうかと思っておりましたので丁度よかった。さらにおいしいお店にも連れていただき、さらに意外は出会いもありまして、久々の集団走行を楽しみました。スターチャンネルさん、皆さんありがとうございました。

TCR君(仮称)にとっては、しばらくはどこも初ライドですから、少し時間に余裕をもって出発。約束の秋ケ瀬の公園の駐車場に到着。
P1283809.jpg

しばらくすると女性ライダーがいらっしゃいましたので軽く挨拶だけさせていただいたのですが、この方が今日のお仲間のharueさんでした。

待ち合わせ時間が近いか少し過ぎた頃、じっとしてると体が冷えるのですこしあたりを走り回るかと思ったところで、スターチャンネルさん、ひろおじさん。makotoさんご到着。 

ひろおじさんには昨年、パンクの神様に魅入られたシロクマパンライドで大変お世話になりました。 

makotoさんはこの時点で既に90キロ以上走ってきたとのこと。おつかれさまです。まだ始まりですけど。

以上5名列車で最初の目的地文明堂浦和工場へ。お目当てはこれ。
釜出しカステラ。結構人気みたいで行列に並びます。

P1010003.jpg

ハニーとメープル2種類あります。家人が寝ている間に抜け出してきたyutabowとしては貢物を持ち帰らなければなりません。

どっちか一つで良いと思っていましたが、あれれみんな両方買うの?

ここで一つというと格好悪いという旧型日本人的発想でyutabowも両方購入。試食両方ウマかったし。

お買い物を済ませて、yutabow的お目当てのステーキ丼のお店へ。

なかなかの向かい風。しかも格別に冷たい風に難儀しながらも到着
P1283821.jpg

皆さんにはもうおなじみのお店のようですが、私は初めて。 いい雰囲気ですねぇ。
P1283811.jpg


天丼にも相当惹かれたんですが、ここは初志貫徹でステーキ丼を。
P1283817.jpg

ウマかったっす。

あとから入ってきた自転車乗りの方。どこかでお会いしたようなと思っていたら、すんださんでした。
わかるまでしばらくかかりました。すみません。そしてすんださんとご一緒の方がなんと、トップブログ
「日本一遅い男のロードバイク日記」のTOMOOさん。外にはあのばきゅーん号が。

P1283818.jpg
こういう出会いは楽しいです。

ステーキ丼を平らげて。デザートは榎本牧場。
P1283826.jpg

半端無く寒いのでホットココアを発注する正しい方々を横目にチョコチップアイスをチョイス。
P1283822.jpg


おいしかったぁ。 しかし体はしっかり冷えました(笑)
この焚き火がなかったら凍えてますねぇ。
P1283825.jpg

ここでまた、見覚えのある方が。 とすとんさんでした。 うーん。今日は出会いの旅だ。

その後、朝日新聞の記者さんに声をかけられ、走行シーン撮影に協力(?)したりとか、色々面白いライドでしたね。

帰りは強力な追い風。まるでワープ航法のごとくあっという間に秋ケ瀬にリターン。

harueさん、makotoさん、yutabowはここで離脱です。

志木街道の小金井方面、東村山方面分岐で harueさんとお別れ。

makotoさんを自宅近くのあかしあ通りに案内して帰宅。

寒かったけれど、色々あって楽しいライドでした。

皆さんありがとうございました。またよろしくおねがいします。













ジテツウ断念
昨日の様子から、さほど積もらないと思っていましたが、意外にしっかり降ったみたいで、自宅マンションの前の通りはこの有様。
P1010001.jpg

車道まで完全に凍結してしまうのは、ここ数年記憶がありません。自動車でも完全にスタッドレスが必要なレベルです。

しかしこの路面状態でも、自転車に乗る人がいるんですねぇ。

数台目撃しました。驚きです。事故にならないことを祈るのみ。

当然ジテツウは断念。今年2回目のバス通勤でしたが、武蔵野線が止まった影響もあり、国分寺からのバスが長蛇の列。いや大変でした。

それにしても、東京って雪に弱いですねぇ。
そろそろポジションを考え始める
今日は寒かった。

ジテツウ帰り、会社を出るときは完全に雨だったのに、途中でみぞれまじりになり、家につく着くころには完全に雪に。

今日のローラーで、TCR君の走行距離は360キロほどに。ポジションチェンジは500キロ走ったあたりからと思っているけれど。

うーん、やっぱりブラケット微妙に遠いかな。意識してしっかり指をかけるようにしているが、やっぱり一番気持ちい位置に手のひらを置くと、ブラケットの突き出たところにあと一センチくらいのところに親指の付け根がくる。この位置だとブレーキレバーにしっかり指2本かけることができない。トイレじゃないが、正しい位置が「一歩前へ!」というところにある。

ステムは90mm。80mmにすればいいかもしれないけれど、今でもこんな感じ。

R0010667.jpg
あまり長さに余裕がない。

上から見ると
R0010666.jpg

サイコンとしてはおおぶりなGarminEdge500がステムを覆って、コラムキャップに食い込んでいる景色。

これがさらに短くなると、ちょっとカッコ悪くないだろか。

ブラケットとの距離を縮めるなら、サドルをずらすという方法もある。

500キロ走ったら、サドルを1cm前にずらしてみようか。
これならステム交換に比べれば手間もお金もかからないしね。


今日のローラー16キロ。


メンテナンスのち多摩湖
天気予報に比べると若干雨は少ない傾向でしたが、朝は路面が乾く気配がなく、予定通りメンテナンスです。

全てのパーツを磨き倒してワックス掛け。
あとチェーン落ち防止板を外します。

まずは前後車輪を外しますが、やっぱり彗星号のホイール(S-R2)に比べると手持ちで重量の違いがわかります。ハブの回転は後輪はややゴロゴロ感がありますが、前輪は驚くほど滑らかでした。

シュパッと伸びたフロントフォーク。
P1223776.jpg
乗り味は硬くなるんでしょうが、見た目が好きですねぇ。

カーボンですが、やはり彗星号のアルミフォークとは違う弾性があります。

フレームのあちこちを爪ではじくと、彗星号のカンカンした感じではなく、コツコツとした硬質プラスチックのような感触。硬いアルミを相当薄肉に仕上げているんでしょう。

エンド金具も赤です。このあたりの細かいこだわりがうれしい。
P1223775.jpg

alx440SLのスポークは着色なしのステンレスで見た目が地味です。少しでも光るよう、1本1本ゴシゴシと磨いてワックスもかけてやります。
P1223783.jpg

リムの色はアイスグレーですが、磨いてやると結構深い艶が出ました。無着色のシルバーと定価で5000円ほと違うんですよね。結構しっかりした塗装仕上げのようです。
P1223782.jpg

105のスプロケ
P1223777.jpg

彗星号のスプロケは小さい2枚だけ独立であとは固まっていましたが、105スプロケは固まっているのはロー3段のみ。
P1223779.jpg
ギヤの固め方も単にピンで固定しているクロスのものに比べると凝った構造で、まだまだ上はあるとはいえそれなりにコストのかかった構造。

あとはバラバラ。一枚づつ綺麗にしてやります。
P1223780.jpg


はい。これいりませんから取り外します。厚さ分スプロケが移動しますが、ディレイラの調整は不要でした。
P1223781.jpg

車のワックスがけはすっかりやらなくなってしまいましたが、彗星号でも威力を発揮してきた、シュアラスターブラックレーベルワックスと鏡面仕上げクロスの強力コンビ。
P1223788.jpg

この通り。新品フレームでも見違えるようにツヤツヤになりました。
P1223786.jpg


リフレッシュしたTCRでローラーを20キロほど踏んだところで昼飯。

ノルマに少し足りないので食後またローラーに乗ろうとしたら・・・

日が差して道路が乾いてきました。

土曜日からローラー60キロでいいかげん飽きていたので、いつもの多摩湖へ。
P1223796.jpg
重めのギヤでゆっくり一周して帰ってきました。


まだまだわかったようなことを言えるほど走っていませんが、ロードの人馬一体感はいいですね。まだ若干腰に来る感じがありますが、乗り込んで体を慣らそうと思います。

自転車道は結構湿っていて、磨いたばかりのフレームが結構汚れてしまいましたが、やっぱ実走は気持ちいい。

週末の走行
ローラー60キロ、実走26キロ。計86キロ。

みぞれ雨
今日は冷たいみぞれまじりの雨。

自転車乗りにとってはどうにもならない天気。

残念ながら明日も好転の見通しがなく、ショップの走行会は延期になってしまいました。

今日は色々と雑用が多く、メンテナンスに手がまわらなかったのでローラー走行のみ。

昨日仕事が遅くて踏めなかった分も含め41キロほどまわしました。

この季節、心拍センサーをつける瞬間が辛いですねぇ。

なんせ心臓のすぐ近くにつけるものですから、

「くわっ、ちべたっ!」て感じ。

明日は早起きして午前中TCR君にシュアラスターブラックレーベルをかけてやろう。

ショップの店長によると、自転車の塗装は車のものに比べると弱いので質の悪いものや研磨剤等が入っている車用ワックスは使わないほうが良いそうですが、シュアラスターなら大丈夫でしょう。彗星号でも実績あるし。

明日は午後雨は上がっても、路面が乾くまでは望み薄ですね。期待は捨てていませんが。

だとすると、ノルマ的にはローラーであと34キロ踏まんといけません。

たった34キロもローラーだとなかなか大変なんですよね。

冬将軍到来
どんなに寒くても、自転車に乗れば暖まります。先ほどローラー走りが終わり、今窓を開けて扇風機の風を浴びながらブログを書いています。

ここのところ東京は晴れっぱなしで乾燥が問題になっていましたが・・・

無題

なんか小平にしては大変なことになってます。

明日は雪。 流星号ジテツウ危うし!

週末ダブル雨。 ショップの走行会があるんだけど、ダメかな

室内でメンテ三昧になっちゃうかもです。

その先、氷点下4度って、これまたジテツウ辛そう。

冬将軍本気モードです。

今日のローラーは20キロ。




ロードとクロス、フレームを比べてみよう
縁あって、私の傍らにはクロスバイク(EscapeRX3彗星号)とロードバイク(TCR SL2愛称募集中)2台あります。ライダーが同じですからサイズもジャイアントでいうSサイズ(465mm)で同じ。

フレームのジオメトリの違いが気になります。


重ねてみればわかりやすいですが、ハンドルまで外すのは面倒なので、写真で比較してみることにしました。


同じ距離、同じ焦点距離で撮影し、フォトショのレイヤーで重ねてレイヤーの透明度を調整すると、ほらこの通り

P1153771_1.jpg

うーん。ハイテク

まあ厳密なところはご勘弁ください。

リアハブの位置を合わせてあります。

こうやってみると相当違いますね。はやりクロスのフレームは一回り大ぶり。ホイールベースがかなり違います。

フォークもヘッドチューブもクロスの方が長い。よってステム取り付け位置の高さは相当に違っていて、ロードでは一番高い位置にあるにもかかわらず、スペーサー1cmまで下げてあるクロスよりステムが低い位置にあります。

トップチューブとダウンチューブもクロスの方が長いので、ヘッドチューブ位置はクロスの方が遠くなるのですが、ハンドルの構造が大きく違うのでロードの方がハンドルの握り位置はずっと遠くなります。
見やすいようにハンドルの握り位置を星印でプロットしました。この違いは非常に大きいですね。

ロードの場合、ハンドルの握り位置が前輪のハブの真上か少し前に来ます。直進性はいいですが、微速度でバランスをとったり、小回りしたりがやり辛いことが予想できます。

シートチューブの立ち角はほぼ同一ですが、こちらもやはりチューブ1本分タイヤとの距離に違いがあります。ただし、サドルはほぼ重なっており同じ位置にあります。シートポストの違いによるものです。クロスのシートポストはロードに比べ後ろ寄りにサドルを取り付ける構造になっています。つまりシートチューブ角度は同じでもサドルとBBの位置関係はクロスの方が若干寝た角度になることになります。

こうやってみると、カタログのジオメトリから読み取れる以上に違いを感じます。

クロスの方が足を投げ出し気味、ハンドルが近くて高いので上体は起き気味。ホイールベースが長く走行安定性が高い。前輪ハブよりハンドル位置が手前でコラムからの距離が近いので、低速でもバランスがとりやすいと言えるでしょう。まさに乗りやすいジオメトリと言えます。

対するロードはまさにスピードを効率よく出すことに特化した構造でしょうか。長距離はロードといいますが、その狙うところを生かすためにはやはりこのポジションに耐える体作りがある程度は必要なんだろうなと思いました。

昨日仕事が遅くなり走行0だったので、今日はローラー連続1時間。少しがんばりましたヨ。30.5km







無補給走行はイケマセン
昨日56キロ走ったので、週末ノルマ的にはあとちょっとだけで良いのですが、今日はTCRを多摩サイに連れてってやることにしました。

多摩サイもう何回目だろう・・・

それなのに、いまだ右岸とか左岸とか頭にはいってなくてまた道間違えるし。

いわゆる水道橋で右岸に渡るのを忘れ、ダートを避けて走っているうちに何故か狛江駅に。ちょっと外れてしまったらしい。まあいいか。休憩。

P1153748.jpg


駅前にあった乙女像。名前付きの逸話があるのかと思いましたがそうではなく、多摩川を詠んだ万葉の句のイメージで作られたみたいです。
P1153746.jpg


河岸にリカバーして、若干の向かい風の中32~3キロ巡航でいつもの大鳥居へ。ロードでも結構大変だな。エンジンも強化しなきゃ。

P1153751.jpg
いつも思うんだが、あまり人がこないとはいえ、鳥居周辺もう少しいい感じに整備できないんでしょうか。

さて、昼ごはんまでには帰宅するという門限つきなので、帰ろうと思った時に問題発生。


財布忘れた 


TCR用のボトルケージが未調達なので、飲み物もありません。


40キロぐらいまでなら、手ぶらもOKですが、80キロを越えるとなると冬とはいえ水分くらい補給しないとやばそうです。この時点で、既に若干の喉の渇きを覚えていました。


ないものはない。パワーかけたら確実に燃料切れをおこしそうだ。帰りは心拍140程度でエコランでいこう。

と、大鳥居を出発。

寒くても六郷土手のあたりは皆元気。
うまく写りませんでしたが、タコ上げ大会です。手作り凧と懐かしいゲイラカイト系が大量にあがってました。
P1153753.jpg


駅伝です。この寒空に選手は短パン半袖シャツ。走っているときはともかく待っている時は寒いだろうなぁ。
P1153754.jpg

ガス橋を越えたあたりから、渇きが強くなり、空腹感も出てきました。前をいくクロスバイカーの後ろについて時速26キロ程度で粛々と走ります。



水道橋。あと20キロほどです。一休みしてパチリ。しかし相当辛くなってきた。
P1153758.jpg



是政橋!。ここで多摩川は終わり。あと10キロ。変に息があがるし、若干ふらつく感じがあるが、あとは自転車通勤+αの距離。どうやら無事帰れそうだ。
P1153764.jpg

無事帰宅。VAAMウォーターと相方が用意してくれた肉まんで蘇生。


しかし体にはちょっとしたダメージが残ったようで、85キロにしては強い疲労感(慣れないロードのせいもあるかもしれないが)、昼飯がお腹に響いて辛い。軽いハンガーノックですかね。


朝飯は食ったので食べ物はともかく、水分取れないのは堪えました。夏なら倒れてますね。危険です。反省。


相方に話すと、「アホやな。公園いったら水飲み場あるやん。緊急時はトイレの手洗い場の水飲めばええやん。」(妻はこてこて関西人)

あっ! そうか。 

走行距離:84.68 km

TCR 初多摩湖
平日のローラーで、新しい相棒TCR(愛称未決定)にもかなり慣れてきた。

最初の週末。今日は昼間に用事があることもあり、まずはホームである多摩湖へ。

サイクリングロードで感じたこと。風があまり気にならない。

向かい風が大敵であることには変わりないが、ぶわっと風をうけるとドカンとスピードが落ちるクロスに比べると、かなり風を割って進む感じがある。
いたるところにある車止めをそーっと走り抜けるのは神経を遣う。ここは彗星号の方がバランスが取りやすいね。

ところどころ舗装が荒れている多摩湖周辺。路面の凹凸がある程度以上になると衝撃にダイレクト感がある。ただ衝撃が収まるのも速い。確かにこの乗り味、辛口かもしれない。ただ、ある程度以上状態の良い路面だと彗星号以上に快適な乗り味。日本車とドイツ車の乗り味の違いに似てるかな。

車体が軽い。ホイールが軽い。あらゆる局面で感じます。ただ軽いからその分だけ速いかというと世の中そんなに甘くない。彗星号より3キロほど軽い。スポーツ自転車の重量としては相当大きな違いだけれど、エンジン重量もあわせれば4.5%しか違わない。だから彗星号に比べてアベが5キロ違うというようなことはなさそう。

絶対的速さより、軽いって気持ちいい。
ハンドルに手を添えて車体を起こした瞬間から、ペダルの最初の踏み込み。ハンドルを引いた時、ダンシングで車体を振ったときなど、あらゆる挙動が軽く余計なものを動かしている感覚が少ないので一体感がある。気持ちよいのでアドレナリン増加。ロードの速さってむしろこういうところから来る気がする。

なーんて偉そうにいってますが、実際大して速く走れてるわけではないので皆さん多摩湖でお会いしたらいぢめないでくださいね。

実用的な面でも、マンション7階からバイクを降ろすにしても随分楽になりましたヨ。

彗星号では随分撮った、西武ドームバックの記念写真。今回初めてTCRで。

P1143736.jpg
真横から撮ると白黒で地味だけど、少し斜めにすると赤いサシが入っていい感じ。

P1143742.jpg

ハンドルの高さ。サドルに対し彗星号ではスペーサ1cm残してほぼ水平。
TCRでは、最も高い位置で既に前下がり。ブラケット位置も遠くこれがロードのポジションなんですね。

一周目はちょっと腰にきました。でも2周目にはもう慣れましたヨ。

3周する予定でしたが、時間切れで3周目は断念。上の堤防。
昼の12時過ぎなんですけどねぇ。影がこんなに長い。

P1143744.jpg

今日の走行で、平日ローラーあわせて約100キロ。ワイヤーの初期伸びが出ていたのでショップで調整してもらいました。

ロードに転向したことで、店長からショップのクラブ走行会へのお誘いをいただいた。

勿論参加表明。ただ、メンバーには乗鞍入賞レベルの強者がいらっしゃるんだが大丈夫か俺。

今日の走行は56キロ。

明日は、寝坊しなければTCR、多摩サイデビューさせます。

異様に目立つ黄色いウィンドブレーカーを着たへろへろTCRがいたら多分私ですのでお声をおかけください。決して煽らないでくださいね。





チェーンオイルを落とす方法
常にレーパンという正しいサイクリストは除き、しばしばポタリングも楽しむ自転車乗りにとっての悩みはチェーンオイルによる衣服の汚れです。右脚をバンドでしっかりまとめてもちょっと油断すると汚れる、撮影のためにあれこれ自転車を移動するうちに左足側が汚れたりして。しかもチェーンオイルは一度ついてしまうと墨汁の次くらいに落ちにくい。厄介なシロモノです。

衣服についたチェーンオイルを落とすという困難な作業は今まで目の荒いニットについてはKURE556をふきかけて油同士でなじませ吸い取ってまたふきかけてを繰り返して落とすことに成功した例がありますが、これも通常の目の細かい衣類には通用しませんでした。

ところが最近、たまたま有効な洗剤を見つけました。これです。

unnamed.jpg

一昔前の米国系通販番組で派手に宣伝していたシンプルグリーンという洗剤で、確かに濃いめで使うと油汚れには威力を発揮するのでうちでは常備品になっています。こいつを原液で使えばもしかしたら落ちるのではないかと思って試してみました。

使い古しのハブラシをこれにぼちょっとつけて油汚れの部分をシュッシュと擦ってやると、落ちるじゃないですか。
正月ライドで汚してしまったチノパンがすっかり綺麗になりました。

これはいいと、以前汚した別のチノパンを試しましたがこれらはダメでした。やはり汚れは時間がたつと定着してしまうんですね。なるべく早くがポイントです。今まで一旦汚したらもう終わりと思ってきましたので、これでだいぶ気が楽になりました。



写真で見る TCR SL2
TCR SL というロードバイクは、話題になる割には情報が少ないですね。

同じ価格帯にCompositeがあります。まあ普通に考えればこっちを選ぶでしょう。
また超軽量アルミというカテゴリーでは、CAAD10という正解なバイクがあります。

さらにノーマルクランクしか選択できないこと。とどめはジャイアントさんカタログページに「上級ピュアレーサーに!!」などと書いちゃうもんだから自らハードル上げてます。興味はあるが購入に至る方はそう多くないことは予想できます。

しかしながら、上級でもピュアレーサーでもない私はこのバイクを購入しました。理由はまずはパーツ構成が私好みでかつ圧倒的コスパを持つこと。もう一つはいろんな意味で私にとって「ときめく」バイクだからです。

全景。ちょっとブレました。
P1113735.jpg
 
もともと私はTCRのフレームの三角具合が好きです。程よくコンパクトに力強くきゅっと締まった三角。トップチューブもシートステーもまっすぐが好き(あくまでも見た目の話)。SLはノーマルTCRに比べトップチューブがよりストレートに伸びています。そしてフォークもまっすぐが好き。また、細かいところではシートステーの接合部。シートチューブを挟み込むようなTCR系独特の接合部。ひ弱な見た目になりがちなこの部分に力強さを加えています。
フレームの形は私にとってほぼ満点です。

P1113726.jpg

黒字に白抜きという地味なグラフィック。しかし良く見ると裏系のいろいろな場所が赤くなってまして、実は結構凝ってます。細かいパーツが赤になっている所もよろしい。ただ、赤の見せ方が妙に奥ゆかしくて、やっぱり地味ですかね。色に関しては2012年モデルのSL3のような明るい分かりやすいものが好きです。

P1113727.jpg

2012年モデルの完成車からは姿を消してしまった。A-Class alx440SLホイール。構造は至って普通ですが、前後で1500グラム台のホイールがついてくるのは嬉しい限りです。ぱっと見わかりづらいですが、スポークは2.0/1.8のダブルパデットです。これなら当面ホイール交換を考える必要がありません。私が2011年モデルに拘った理由の一つです。

P1113730.jpg

内装ギヤでもダイナモでもありませんが、独特の形状のリヤハブ。どうやらこの膨らみの中にフリーハブが入っているようです。シマノなんかは、カセットをはめる部分に内蔵されているみたいですね。ラチェット音はシマノやRXについているFormulaハブに比べると大きめですが、鳴っていることを認識させられる程度で、カンパ系のようなベル代わりに使える爆音ではありません。ノッチ数が24です。FormulaやDuraを除くシマノは16ですから、ちょっと多めですね。

P1113734.jpg

スペーサーが赤くないのが残念なのですがカーボンなんでしょうか。トップチューブの接合部の滑らかさは驚きです。溶接してあるように見えません。アルミなのにカーボン並みに軽い。アルミなのにカーボンのように美しい接合部。ひねくれ者の私はこういう存在にときめいてしまうのです。

P1113729.jpg

この部分ちょっと凹ませてあります。多分タイヤを外す時にこの凹みがないと難儀するんでしょう。2012年モデルではシートチューブのデザインが変わり、この部分はタイヤを避けるような形になっています。

P1113731.jpg

問題のノーマルクランク ^^)
52/39です。 どうでしょうねぇ。 平地で走る分には特にペダルが重くて困ることはなかったです。

P1113732.jpg

パーツは全て5700系105です。リアディレイラは5700系になってショートケージでもキャパが拡張され、28歯のギヤにも対応できるようです。よってもし峠でフロント39がタマランとなった場合はリアカセットの交換でどうにかなりそうです。
2012年モデルはSRAMになりました。SRAMが悪いとは思いませんし興味もありますがまずはシマノの105を経験したいという想いがありました。

上級ピュアレーサー向きというフレームですが、先週末外を練習走行、またローラーに乗った感じでは、RXと比較して硬いとは思いません。むしろ各部の精度が高いため乗り味が上品な印象さえあります。恐らく良く出来たカーボンはより快適な乗り味を持っているんでしょうね。そういう意味では安心しました。

今日、サイコンセンサーを移設してローラーで平日ノルマ15キロを走りました。楽ですねぇ。同じ感覚で時速5~6キロ早い速度を維持できてしまいます。車体が軽いせいかバランスがシビアで手放しやダンシングはもう少し慣れが必要そうです。

実はこれを検討する時に、お店には2011モデルのCompositeSEもありました。こちらは試乗車だったためさらにお得な値付けがしてあったのですが、私は合理性よりときめきを選択しました。ロングを走るとどうなるかはまだ未知数ですが、今のところコレにして良かったと思っています。



TCR 初ローラーでしたけど
さて今夜はTCRで初ローラーだ。

噂ではロードはクロスより乗りにくいと聞く。

そっと走り始めて・・・・んっ・・・大丈夫だ。乗れるけど、手放しはちょっと怖いか。

フォーク・ホイールの重量がかなり違うので手を離すと前輪の挙動がシビアな印象。

OK.とりあえず乗れる。ので、ちょっとぶんまわしてみると

シュワーーーーーーン

と、驚くほどスムーズ。移動していないので車体重量や空気抵抗は無関係なはずですが、
走行系パーツの精度の違いが素直に出ているようです。

よしいい感じ。今日は20キロまわすかとガーミンを見ると距離がカウントされていない。

あれ 

そうか実走はGPSで距離が出るけど、ローラー走行はスピードセンサーがいるんだった。

スピード&ケイデンスセンサーは彗星号についてます。

仕方なく今日は彗星号でローラー。ふむふむ。RXのワイルドな乗り味も悪くないなどと思いながら20キロちょっと。

ガーミンのスピード&センサーはWiggleでも6千円近くかかるんですよね。どうしたものか。

ボトルケージとか、サドルバッグとかフラッシュライトとか、2台体制でいくかも決めていないので暫く悩むことになりそうです。










TCR SL2 (2011年モデル)
普通ロードは納車まで時間がかかるものですが、店頭在庫品ですから納車も一瞬なわけです。

練習がてら、軽く小金井公園周辺を15キロほど走りました。

最初はやっぱり前傾のきつさに戸惑いました。でもすぐに慣れました。要するにクロスでパワーをかけるときに肘をたたんで前傾するポジションで最も自然に手がかかる位置にブラケットがあるんですね。


ブレーキの位置が全く違うので最初はすぐにブレーキがかけられず焦りました。それも最初の数キロ。

10キロを越えるころには「これだ!、これだ!」とつぶやいている自分がいました。

P1093720.jpg


今回のロード購入は番狂わせでしたが、いい買い物が出来たことは間違いありません。

問題は、バリバリレース仕様のこいつを乗りこなせるかです。でも能力を生かしきれなくてもいいんです。このモデルが本当に好きだったんですよ。

第一印象を一言で言うと 「しゅぱーっ!」と走る感じです。

・クロス歴1年そこそこの俺がこんなもの乗って世間様は許してくれるだろうか
・ノーマルクランクだぞ。大丈夫か俺。
・つか、2台置く場所ないぞ。彗星号どうするんだ?
・つかつか、もし彗星号を手放すことになったら、このブログタイトルどうするんだ。

などと、喜びと同時に複雑な想いが去来しております。

P1093714.jpg


真面目なローディ各位には叱られそうな顛末ですが、何はともあれロード乗りの仲間入りをさせていただくことになりました。

よろしくおねがいします。




今年の目標と新年初多摩湖 3周
今年のサイクリング目標は通勤とあわせて一万キロ。

一万キロというと趣味の自転車乗りとしては比較的多いほうだと思いますが、私の場合は昨年ロングを意識しすぎて冬に入って燃え尽き症候群(?)に陥った反省から、今年は刻んでいこうと考えています。

一万キロを単純に365日で割ると27.3キロになります。

毎日走ります。平日は流星号が14キロ走るのでの夜ポタまたはローラーで27.3-14=13.3、切りのいいところで15キロとします。これならローラーなら30分。実走りでも40分程度ですからそれほど無理なくいけそうです。

週末は流星号が走りませんから27.3を2日分。切りのいいところで60キロとします。

実際には諸々の事情で365日走るなど無理ですからもう少し割り増し走行が必要ですが、この程度ならさほどプレッシャーもなく続けられるのではないかと。
いい日も悪い日もひたすら距離を刻み続けて総走行5700キロに達した流星号を見習ったシコシコ刻み納豆方式です。

ロングを避けるわけではありませんので、皆様よろしければお誘いくださいませ。

さて、今日は週末分の60キロをこなすべく多摩湖に向かいました。用事が済んだのが13時過ぎだったので日が短いこの季節、距離の調整がやりやすい多摩湖に急遽向かうことにしたものです。

P1083694.jpg
2時を過ぎるともう日差しが夕方ですねぇ。

60キロこなすには4周する必要があります。

一周目は、前48後ろ16に縛って、踏み込みに力をこめてむいむいと一周。2周目は一段落として後ろを18とし、ハムストリングを使い踏み込みは封印するイメージで一周。3周目は縛りを外して自動車道を走ってみたのですが、上の堤防の先の舗装ががったがたで、腕がしびれてしまいました。これはだめだ。やっぱり自転車道にしよう。

3周終わったところで4時を過ぎ急激に暗くなってきます。
P1083700.jpg
露出の具合で実際はここまで暗くはないですが、暗い多摩湖周回は怖いという昨年の経験がありますので4周目は断念し、多摩湖自転車道を吉祥寺方面に終点までいって、五日市街道から自宅に戻り65キロほど走りました。これでこの週末のノルマは達成。明日も少し走ろうかな。

P1083701.jpg
人生これ縁なり!?
ショップに預けた流星号(サブナードスポーツ)を取りにいきました。

油切れを起こしたローラーブレーキは、私の乗り方だとオイル注入口からの注入だとしばらくしてまた鳴き出すだろうということで分解してオイルを封入してくれました。前ブレーキも相当に減っているということで交換。

その他ブレーキ、ディレイラの注油、調整などやってくれてなんか見違えるほど調子よくなりました。うーむ、最近メンテサボってたからなぁ。ちと反省です。

お得意様値引きはあるとはいえ手数料を支払ったわけですが一般車も5000キロ程走ったら一度プロの手に委ねてみるもんだと思いましたネ。



で、今回の件で約2ヶ月ぶりにショップを訪れたのですが、私にとって驚きの出会いがありました。

とある製品の2011年モデル。圧倒的なコスパと個人的好みから昨年悩みぬいたあげく諦め、モデルチェンジで猛烈に後悔し縁が無かったのだと自分を慰めていたモデルが店頭にぶらさがっていました。

店長に尋ねると、かくかくしかじかなる事情でたまたま一台だけ在庫があるとのこと。サイズも私にジャストフィット。問い合わせは多いが、今のところ本気で押さえにかかっている人はいないとのこと。



ロード導入のタイミングはまだしばらく先に考えていました。

しかし一度諦めたモデルがたった一台目の前に。さらにマズいことに昨年モデルなのでお値段が手持ちの予算内に収まってしまっています。

これってもしかして縁てやつ

まだ彗星号を乗りつぶしたとはいえないし、飽きたわけでもない。2台保管できるかもわからないし、ブログタイトル的にも問題が

しかしこのチャンス、2度と訪れないかもしれない。流星号がこの縁を引き寄せてくれたのかもしれないし

などと、結構本気で悩んでます・・・・いっちまうかもしれません。

さて・・どうなりますか。
流星号のローラーブレーキ油切れ
流星号こと通勤車・ブリジストンサブナードスポーツのリア、ローラーブレーキが油切れを起こしたらしくちょっと力を入れるだけで簡単に車輪がロック、または盛大に悲鳴を上げるようになりました。オイル注入口から手持ちのシリコンオイルを吹いてみましたが効果なし。どうやら専用オイルでないとだめなようです。

流星号での通勤は往復14キロ程度ですが、最近で休んだ記憶は夏の台風の一日のみ。やる気ある日も無い日も強制的に刻みに刻んでいつの間にかODDは5600キロに達していました。それでもローラーブレーキはそう簡単には油切れを起こさないそうですが、そこはヘタレとはいえ一応自転車乗り。そこいらの買い物自転車に比べればブレーキの負荷は倍くらい違うでしょう。

前ブレーキも磨耗が進んで調整が限界に近いので、この週末にでもショップに持ち込もうかな。
2012年初ローラー
今日は深夜2時半に帰省先から戻り、荷物の片付け最初の買出し等やっている間に暗くなってしまいました。

真冬は午後2時になるとすでに夕方の空気が漂い、16時を過ぎると急激に気温が下がる気がします。

今日はやや冷え込みが強く外気温は2度。外を走る気は起きないので、ローラーの出番です。

P1043690.jpg

負荷装置つきのミノウラ3本ローラー。

初乗りということですこしがんばって30キロ強走りました。

真冬と梅雨時は実走よりローラー走の方が長くなったりします。高価なフィットネスマシンですね。


超私的 旧きを訪ねるサイクリング
今日は帰省の最終日。帰省先の相方の実家は隣町なので、今日は前からいってみたかった私の少年期の思い出スポットめぐりです。よって土地勘のある方以外まったく共感できない内容ですのでご了承くださいませ。

まずは車で比叡山延暦寺。雪もちらついてまさに修行場の風情です。

P1033662.jpg

ここに自転車で来るには心身ともにもう一ステージの精進が必要そうです。今の季節は道路凍結のリスクがあり健脚各位にもお勧めはできません。
#2012/01/04補足:延暦寺に車両で行くには比叡山ハイウェイを通るしかありませんが、比叡山ハイウェイは有料の自動車専用道で、自転車は比叡山ヒルクライムなどのイベントを除き通行不可でした。地元なのに知りませんでした。mOm

私の育ちの地は滋賀県栗東市。競馬のトレーニングセンターがあるおかげで割と全国的に知られている地名です。私がいたころはまだ栗東町でした。栗東市と隣町の守山市、草津市のあたりは全国的にもトップレベルの人口増加率で、少子化どこ吹く風、子供がいっぱいです。これは私が上京してから新設された栗東駅。田んぼしかなかったエリアにドバイのごとく住宅が増殖しています。

P1033670.jpg

私が住んでいたのは栗東市でも隣の草津市に近いエリア。友達とよく遊んだ菌(くさびら)神社。今回名前を初めて知りました。

P1033676.jpg


母校の治田西小学校。増築されていますが校舎も体育館も35年前と変わりありません。

P1033677.jpg

草津駅のまわりはもう自分がどこにいるかわからなくなるほど変わってしまいました。
なじみの商店街。商店街そのものは残っていますが、本屋さん、映画館など思い出の施設はほとんど入れ替わっており、時間の経過を思わせます。

P1033680.jpg

商店街を抜けると、今でも旧街道の雰囲気がなんとなく残っています。ここは旧東海道の草津宿のあったあたりです。

P1033682.jpg

高架からJR草津駅を見下ろしていますが、ここは道路ではなく、かつて天井川で有名だった草津川です。JRも国道一号線も川の下のトンネルをくぐっていました。

P1033684.jpg

今は防災上の理由で別ルートにバイパスされここには水は流れていません。広場として開放されています。

P1033681.jpg

こういう散歩は、徒歩では時間がかかりすぎ、自動車では駐車がおもうようにいきません。自転車のヨイところですね。

走行距離は20キロほどでしたが、懐かしさと無常感を感じた楽しいお散歩でした。

2012年が始まりました
様々な人に、様々な思いを刻んだであろう2011年が終わり、2012年が始まりました。

世界も、日本も、そして私も課題山積ですが、少しでも前進できる一年にしたいものです。

私は相方の実家のある滋賀県で年末年始を過ごすのが定番になっています。
滋賀県は私の田舎でもあります。

帰省に使う車に彗星号を積んで持ち帰ります。荷物もそこそこありますので、普通のセダンに3人乗車でクロスバイクを積もうと思うと両輪とサドル、ペダルまで外す必要があります。クロスのフレームはロードに比べて少し大きいみたいです。

朝方は曇りで残念ながら初日の出は見えず。昼過ぎに晴れたので今年は元日から走り初め。
気温は6度。向かい風が少し顔に痛い感じでした。

P1013557.jpg

琵琶湖にヨシ原、比叡山の山並み。滋賀県の典型的な景色です。

滋賀県の近江盆地は、琵琶湖の周囲に自転車道が整備されており、その周囲も走りやすい道路が多く、自転車乗りには恵まれた環境です。ハードヒルクライマーには少し物足りないかもしれませんが。

琵琶湖大橋。規模は小さいですがヨットハーバーもあります。

P1013573.jpg

ちょっとした菜の花畑もありました。

P1013581.jpg

湖国で育った人間としては、ビワ一は外せません。そろそろ挑戦したいのですが、一日で回ろうとすると良い季節を選びたいところです。普段は東京にいるので、チャンスはGWなのですが、いつ実現するのやら。

何はともあれ、まずは2012年の第一歩。ちょっと琵琶湖を見てくればいいかと思いましたが、帰りに道に迷って40キロ強の走行でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。