赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが町にケイロンがやってきた
わが町小平市の多摩六都科学館のプラネタリウムがなんか工事やってるなと思っていたら、
なんとあの五島光学のフラグシップモデル、ケイロンⅡがインストールされたとのこと。

過日はわざわざ世田谷まで見に行ったケイロン。ついにわが町にやってきた。

当然、即刻拝みにいかなければなりません。



P8044262.jpg

御神体に合掌。


ここ多摩六都科学館のドームは世界3位(解説員による)の大きさだそうで、通常2台構成のJVCの4Kプロジェクタは4台。

これ一台一千諭吉ですよ奥さん。


早速、プラネタリウム作品と、プロジェクタ中心の映像作品を連荘で見たわけですが。

まあ、あれですね。天の川を星粒で表現できるという恒星球の能力は、残念ながらそれを見る眼が老化していて分解能ボケボケなので、「ぐぉすごい!」かどうかはよくわかりません。

それより、4Kプロジェクタ4台による半球シームレス映像の浮遊感がすごい。
ドームがまるごと飛び回っているみたい。これにシートのバイブレーションがつけば、
まんまディズニーシーのストームライダーの大スケール版になりそうです。
一般的にはむしろこちらがお勧めかもしれません。


お近くの方ぜひお訪ねください。

スポンサーサイト
よくない
うーん、ここのところ走れてない。

帰りが遅くて平日ローラー踏めない。

朝起きられなくて朝多摩湖にも行ってない。

週末も用事が入ったり早起きできなかったりで、・・・

何かかみ合わなくなってきた。

明日久々に朝多摩湖にいこうか。

また寝坊しそうな気もする。

IMG_0145s.jpg

チューブ交換
TCR SL2デビューから7か月、最近前タイヤの空気の抜けが速い。

8気圧押し込んでも3日で2気圧まで落ちたりする。

だましだまし使っていたが、交換することにした。多分バルブの劣化じゃないかと思うけど。

TCR SL2 に最初からついてきたチューブ。

R0010843.jpg

KENDA製。 調べてみたら、それほどいい加減なものではなさそう。

重量測定。

R0010842.jpg

80グラムですね。

で、今度のチューブ。ちょっとだけ張り込んでパナのR-Air

R0010839.jpg

69グラム。

うーむ、11グラムの超微妙な軽量化。!

後輪は、最初のレースで決選タイヤに履き替えた際に「パン」とやってしまったので、パナの普通のチューブになっている。よって、今回で前後輪共チューブが代替わりしたことになる。

スペアチューブは、エクステンザチューブにしてみた。これは普通に軽量で、R-Airより何故か安いので調子よければずっとこれにしようかな。

R0010844.jpg


R-AirはKendaよりゴムの質がやわらかくて細い。柔軟性ありそう。まあKendaのゴムが劣化しているだけかもしれない。

交換後3本ローラー。

を、走りが滑らか。これが軽量で柔らかいチューブの効果かっ!

て、そんなことはないでしょう。多分気のせいですね。
2週ぶり風張峠ヒルクライム
最初の土日は2日連続ヒルクライムと勢い込んで始まった8月だったが、その後は平日は残業でローラー踏めず。朝多摩湖も早起きできず。さらに先週末は降る降る詐欺気味の天気予報にも翻弄されて走行0と、走らん週が2週続いてしまったので、これではいかんと今日は5時半に出発して都民の森へ。

今日は昼すぎには帰る時間制限で峠を越えていけるところまで行くことにした。

いつもの拝島駅ですが、今日はスッキリ晴れました。ちなみに帰りに寄った時は駅がものすごい人手で驚いたのですが、横田基地で友好祭をやってたみたいです。知ってたら行きたかったかも。

R0010845.jpg

ここで千葉から車に自転車を積んで来た方に空気入れがないかと声をかけられた。

「ありますけど、普通の自転車はダメなんですよ」と言おうと思ったが、彼のMTBスタイルの自転車、米式バルブだった。

初めての米式で少し戸惑ったが、無事お助け完了。お礼にとスポドリを奢ってくれた。ありがたい。

R0010850.jpg

それにしても、眠い。少々無理して起きても、ロードで一時間も走れば目が覚めてもいいものを。村役場を超えても目を閉じたくてしょうがない。完全に体がナマってる。当然攻める気などまったく起きず。

やっぱり日頃から少しでも動かないとダメなんだ。意味があるのか疑問を持っていた平日ローラー。これからは少しでも時間があれば頑張ってつづけるようにしよう。

上川乗から先の斜度が上がってくるあたりでやっと頭が冴えてきたが、まあ今日はLSD風味で良いと思っていたので、時折写真を撮りながら程ほどのペースで登った。あとで調べたら今日のタイムは1時間12分。前半のグダグダと4回ほど撮影のために自転車を降りた割には・・・。全力走とほどほど走の差って意外に少ないのかもしれない。

天気が良いので今日もローディーさんたくさん。チーム走も結構見かけました。

今日はいつものソフトクリームと、

R0010860.jpg

カレーパン。

いつもはスルーしていたが、意外においしかった。

R0010862.jpg

やっぱりここは涼しい。

さて、時間がないので休憩もほどほどに峠へ。さらに200m程登ります。

風張峠はこれといった標識とか碑とかありませんが、一番高いところにこんなのがあるのを今更知りました。

R0010874.jpg

できれば多摩湖まで下りたかったのですが、時計と相談。やっぱり昼過ぎに帰ろうと思うと月夜野第一駐車場が限界でした。

R0010868.jpg

Uターンして、100m登ったあと一気にダウンヒル。いつもの通り、上川乗のあたりからむわっと気温が上がります。

やっぱり今日も下界は猛暑。秋川で遊ぶ子供たち。

R0010875.jpg

ものすごく気持ちよさそう。

今日はさすがに迷いませんでしたよ。12時40分に帰宅。

距離124キロ、累積標高はルートラボで1406m。

yutabowの脚で半日走行だとこのくらいが限界かな。

ナマッた脚に喝を入れることは出来た気がしました。
夏のサイクリングは午前中に山(Part2)
日曜日(5日)は、クラブ壮行会で定番都民の森タイムトライアル。

8月末の乗鞍マウンテンサイクリングの練習ということで、みなさんそれぞれに目標を設定しておられたようですが、yutabowは残念ながらエントリーしていないので、ある意味気楽に参加。総勢10名ほど。

R0010828.jpg

やっぱり脚が重い・・・というか、まだ疲労物質が二日酔いのように残っていて、強い負荷をかけるとその後力が抜ける感じがする。

都民も森コースはアプローチがやや遠いのが珠に傷。計測スタート地点まで30キロほど走らなければなりません。



いつもの檜原村役場前から計測スタート。

集団は大きく2つに分かれた。yutabowは脚の疲労が気になったので無理をせず第2集団でドラフトコバンザメ走法でしばらく走行。

最初のうちは緩い上り坂、平地、下りもあったりしてスピードが出るレイアウト。ハムストリング系の調子が意外に良かったので途中でペースを上げて前へ。

誰かついてくるかと思ったが誰もついてこなかったので、一人旅状態。

しばらくすると、第2集団から若手が一名追い上げてきてずぼっと抜き去られた。

第2集団に再吸収されるかと後ろを気にしながら走り続ける。

距離にして半分を過ぎたことから斜度がきつくなってくる。

大腿筋を使う負荷になってくると・・・・やっぱりきつい。

じわっとくる痛みが強く、がんばりが効かない感じ。ペースが大幅にダウンするが、あまり気にせず淡々を登る。

第一集団もバラけたようで、2人パスして、4番目でゴール。

R0010832.jpg

タイムは1時間4分弱。ちょっとかかったな。

ペースを見るとやはり後半の落ち込みが激しい。前日梅の木2本登った影響もあるだろうが、料金所跡からゴールまでが17分もかかってる。これはとても遅い。

こんなに遅くて全体が一時間少々でおさまるのが逆に不思議な感じだが、前半がオーバーペースなのか、それとも後半の頑張りが足りないのか。斜度10%レベルが出てくる後半の落ち込みをいかに少なくするかが今後の課題。

この日は快晴。日差しが強烈で、標高900メートルを超える都民の森でも日差しの下は暑い。ただ日陰に入れば、風は涼しくさわやか。体感で気温は24度~26度くらいだろうか。

いつものご褒美。レモンアイス。
R001083a.jpg

しばし休憩後下山。最初は時折森から吹く風が冷たく感じるほどだが、標高500を切ったあたりから急激に空気が緩み、むあっと暑くなってくる。武蔵五日市駅まで戻った時にはしっかり猛暑。

今回は頼れる先導がいるので道に迷うこともなく、いつもより一回給水の休憩を余分にとって昼過ぎにはショップへ戻った。



土日の午前中ライド。あわせて距離は約220km。累積標高は2300mほど。yutabowとしては十分。

早起きが少し辛いけれど、夏を乗り切る自信がついてきた2日連続山走行でした。
夏のサイクリングは午前中に山(Part1)
夏が苦手なyutabowが夏のサイクリングを楽しむためにはどうすれば良いか。

実はショップのサイクルクラブ各位はとっくにその答えを見出しています。

要は早起きして山に向かい、昼食時間には帰宅する。

この季節、朝でも結構蒸し暑いですが、健康を蝕むほどの猛暑ではありません。

よって朝のうちに標高の高い山に向かい、下界の気温が上がってくる9時ごろには涼しい標高の地へ退避。

帰りは下界の暑さは少々辛抱。暑さがピークに達する前に帰宅してしまうというわけです。

問題は涼しくなるためには相当に坂を上らなければならないことですが、幸いなことにyutabowは坂修行中の身ですので、まあちょうどいいというわけです。

この週末は2日連続でこのパターンを試しました。

今回は土曜日の「梅の木峠リベンジヒルクライム」

以前クラブ走行会でなめくさった走りで屈辱の足つきを喫し、リベンジを誓った梅の木峠のリベンジです。

梅の木峠リベンジ2回登り

今回はなめくさった走りはしません。真摯な気持ちでじっくりと登ります。コースの前半はほぼ水平か緩い登りを繰り返す高速レイアウト。大腿筋は後半の劇坂に備えて温存し、ハムストリング中心に軽めのギヤでスピードを維持。

つるつる温泉を超えると、斜度が一気に本気モードになります。早く登り切ってしまいたい気持ちを抑え、脚を相談しながら斜度に応じて速度を調節しながらじっくりと登ります。スピードは相当に落ちるが気にしない。

それでもやはりきつい。前回力尽きたポイントが近づいてきた。

大丈夫、前回に比べれば筋力は温存されているし、風張林道での激闘により激坂への免疫が強化されている。

最後の一キロ程は楽になるのだが、その手前の15~16%坂が終わるところで一瞬道が盛り上がるように斜度が上がる。脚が限界に近づいたところで最後にここを「よいしょっと」を乗り越えるのがなかなかきつい。

その激坂区間を無事クリア。その先のユル坂で加速する気が起きないほど息があがってしまったが、もう大丈夫。

リベンジ成った。

R0010816.jpg

標高は630m程度だけど、それでも下界に比べれば涼しい風が気持ちいい。

目黒から来られたというクロスバイクの方としばし歓談し下山。

登る前に水分を調達した酒屋さん前で再度水分チャージ。

R0010815.jpg

さて、よくできました。リベンジ成功したので帰ろうとしたのだが、

いまいち気分がスッキリしない。脚ももうひとつ物足りなさを訴えている。

確かに足つき無しで登れた。しかし今回は前回と違ってコースレイアウトがわかっていたし、足つき無しを優先してペースも抑え、確実に登ったに過ぎない。

これでリベンジできたと言えるのか。

もう一度登ってはどうか。この坂を連続で2度登り切れば納得できるのではないか。

というとんでもない考えが想起した。梅の木を2回!。ありえん。けど・・・・

この時点で午前9時。まずいことに(笑)もう一度登る時間はある。

「本気かyutabow」という思いをひきずったまま降りてきた道を引き返した。

脚の状態は悪くないが、当然一回目の疲労は残っている。同じ登り方では力尽きる可能性があるので、オールシッティングで登った一回目と異なり、最も斜度がきつい区間では練習中のダンシングを使ってみることにした。

これが意外に有効。シッティングより息があがるが、脚への負担は軽減することができる。呼吸・心拍と脚への負担のトレードオフになるが、うまく使えば疲労を分散できる。

最後の劇坂が見えてきた。ここをがんばってオールダンシングで登り切ってみよう。

最後はかなりぐだぐだダンシングになってしまったが、無事クリア。最後のユル坂も一回目よりはペースを上げてゴール。

よし。これで納得。スッキリした。

R0010825.jpg

降りたところのコンビニでご褒美。
R0010826.jpg

右のパンは、「くーるくるはちみつ」とかいう新製品らしく、128円で332kcalという自転車乗りにはありがたいスペックです。

よし帰ろう。

と、このままスムーズに帰宅できれば良かったんですが、ここで久々yutabow方向音痴炸裂。

何が起きたか書こうと思いましたが、これまた長くなるので省略。帰宅途上で、猛暑と自己嫌悪に襲われながら約一時間、距離で20キロほど余分に走ってしまった。

なんだか梅の木2度登りよりこっちの方が疲れた。

往路はスムーズだったんですよ。なんで来た道を戻れないんだyutabow。

トラックログの解析により、間違えたポイントと何故間違えたかは解明されたものの、方向音痴との戦いは今後も続きそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。