赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

makoto♪さんと多摩湖
ロードデビューされたmakoto♪さんが多摩湖に来るということで、会いに行きました。FELTのロードには興味があるので、ペダルを交換して試乗させてほしい。という厚かましいお願いを快く受け入れていただき、ツールボトルに15mmレンチを忍ばせて多摩湖へ。

多摩湖到着後数分でmakoto♪さん到着。

yutabow家からはすぐそこですが、makoto♪さんはここまで50キロ超。おつかれさまです。

ごあいさつもそこそこに、ペダルを交換して、交換試乗会です。

makoto♪さんのニューマシン FELT F85
R0011028.jpg

色遣いは彗星号Jr.に似ていますが、印象はかなり違いますね。マットブラックが渋い。丸っこくで太いダウンチューブと、エアロ形状で扁平なフォークが力強い印象です。ホイールのスポーク数が多く、特にリアの32Hは手組ホイールの景色です。普通骨太なフレームにこの手のデザインはマッチしないのですが、スポークがブラックであるせいか、不思議と違和感なく決まってます。

makoto♪さんは脚が長いと思われ、yutabowの昭和サイズの股下では膝が伸びきってめいっぱいでした。orz..

逆にmakoto♪さんはサドル低すぎて力入れにくかったでしょうね。

早速試乗周回スタート。

yutabowの彗星号Jr.は価格重量比では最強クラスのモデル。フレーム、ホイール共エントリモデルとしては軽量なので、FELT F85とは1キロ強の重量差があります。これは車体を持ち上げた時から感じられ、踏み出しや車体を降った時などやはり若干の重量感が感じられます。

ただ、だから走りが重いのかというとそうでもないのが面白いところで、ちょっと横道を外れたプチ劇坂や緩い登りでアウタートップ登りも試してみましたが、重いから登らないという印象はありませんでした。

メーカー自らピュアレーサーと銘打っている彗星号Jr.と比較しても剛性感や精度感は変わりなく、FELTしっかりしてるなと思いました。

重さが有利に働くこともあるようです。走行安定性が良く、ダンシングがやりやすい。ダンシングに苦手意識を持つyutabowがガンガンダンシングしたくなるのには自分でも驚きました。ジオメトリや剛性バランスの違いもあるのかもしれませんが、荒っぽいダンシングでも車体がふらつかない。帰りに同じことをやろうとしてやはり彗星号Jr.は車体のふらつきを抑えるのに気を遣うことを改めて確認しました。多スポークのせいかホイールがしなやかで、多摩湖周回の荒れた舗装の振動もマイルドです。

彗星号Jr.の乾いた乗り味とかかりの良さは、yutabowにとって同クラスでは他に代えがたい魅力です。
しかし、こと多摩湖周回に限って言えば、どちらで行くかと言われたら、細かい上り下りを繰り返す荒れた路面を安心してガンガン踏めるF85を選ぶかもしれません。自転車って本当に奥が深いというか、面白いですね。

yutabow初体験のコンパクトクランクですが、確かに激坂ではぜひほしいキラーアイテムだと思いました。しかし予想通りギヤ比が離れすぎていて、急激にペダルが軽くなりリアの調整が大きくなる。斜度が変化する状況で切り替えながら走るにあたってはむしろ使いこなしが難しい印象を受けました。yutabowとしてはもう少しノーマルで痩せ我慢しようかな。

おつかれっす。
R0011029.jpg

しばし時間を忘れてmakoto♪さんと歓談。

帰らなければならない時刻をすっかり過ぎてしまい、家族からのお怒り電話で慌てて帰ることとなりました。

いやー自転車って本当に面白いですね。

またよろしくおねがいします。
スポンサーサイト
東京駅に行ってきた
一人だったら自転車で見に行くところだけど、今回は家族サービス。

東京駅を見にいきました。

一言で言って、見事です。都心の空中権って高く売れるんだなぁなどと下世話なことを思ったり。

失われていた3階部分が復活しているため高さが増し、以前より格段に圧迫感と風格が増しました。

R0011006.jpg

R0011015.jpg

ど真ん中、東京駅という石碑があるところは何故かクローズ。普段は使わない仕様のようです。天皇家とかの専用出入り口なのかな?

R0011009.jpg

よくテレビで中継されたドームの天井部。デザインといい色といい、なんとも言えない美しさ。

写真ではわかりにくいですが、これだけ手間をかけた渾身の作。ハトに○○○されたのではタマランということでしょうか。目の細かいネットが張ってあります。

ホテルも覗いてきました。基本的に駅舎としての構造を持つ建物。ホテルのエントランスや廊下は駅舎のスペースを取り囲むような複雑な構造になっており、不思議な感じです。どこから入ったら良いのか迷いました。

ホテルラウンジのコーヒー。驚きの1250円。これにサービス料が加算されるんですよ奥さん。

私的には、新宿のパークハイアットホテルの1100円を抜いて新記録です。

R0011016.jpg

2か所ある改札ホール。改札口そのものも小奇麗にリニューアルされ、本当にキレイな空間になりました。日本を代表する駅にふさわしい出来だと思います。

天気が良かったこともあり、ものすごい人出でした。スカイツリーと同様、ここは当面の間観光名所でしょうね。


yutabowが大学で東京に出てきてから20年以上。東京駅はずっとどこかで工事をしていた印象があります。

世紀の大工事が完了しても、八重洲口はまだまだ工事中。

R0011021.jpg

駅を挟んで2本ある高層ビルを人口地盤で結ぶようで、これまた時間がかかりそう。

世界的にも最高レベルのビジネス密度を持つ巨大都市東京の中心機能、東京駅。

ニッポンが元気なくなったと言われ始めて久しいですが、なんだかん言っても世界の経済大国でありつづける誇りと野望がある限り、永遠に夢を追い求め続けるディズニーランドのように、東京駅も永遠に未完成なのかもしれません。


晩秋?の朝多摩湖
この週末は天気最高なのに土曜日会社で終日セミナ。日曜日は終日家族サービス。ついてない。

昼間走れない時は朝多摩湖に限る。ということで、朝多摩湖。

明日日曜日は小平祭り。小平駅前はお祭り仕様に。

IMG_0192.jpg


早朝から蒸し暑かった夏を思うと別世界。冬用ジャージに身を包んでも首筋から冷たい風が染みます。

でもこれからの季節空気は透明感を増し、空の青さは際立ちます。

多摩湖の水面は、ほんの少しでも風があると波打つので、これほど綺麗な映り込みを見たのは多分初めてです。

IMG_0194.jpg

いい雲です。
IMG_0196.jpg

しばし幻想的な景色を楽しんだ後帰宅。
IMG_0197.jpg

さて、これから会社。


軽い負荷でクルクル論
もはや定説になっている、「軽い負荷でクルクル回す」。

しかしyutabowはハイケイデンスが苦手。もっとも効率が良いと感じるケイデンスは80程度であり、90もまわすと余分に脚を回している感覚になる。

40代後半という年齢を言い訳にしたいところだが、同年代でも巡航ケイデンス100前後で、定常的に110で練習をするというレベルの方は珍しくない。

さらに苦手な上に好きじゃない。先日の多摩湖で前を走るローディー氏は多摩湖の登りでインナーギヤを使いまさにクルクル走っていた。yutabowは多摩湖周回は通常52/16~18、筋トレモードの日はアウタートップ(52/12)で周回する。足裏にペダルからの圧力を感じ、それに負けないトルクをかけられるかがyutabowの快感の基準なのであります。

ハイケイデンス定説を割と明確に否定している記事には以下がある。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=18847

yutabowにとっては都合の良い記事だが、こういうものは例外的で、世間様はまずは90.90回さないやつは素人だという勢いである。

ハイケイデンス定説のルーツはほぼ間違いなく、最近残念なニュースが流れてしまったランス先生。
しかしランス先生に限らず、ロードの世界トップ選手は安静時心拍が30台とかいう改造人間級の循環系を持っているので、心肺に負荷がかかるハイケイデンスへの耐性はけた違いでありそのままマネできないというかマネすべきではないのは明らかである。

エンジン出力はトルク*回転数だから同一トルクであれば出力を上げるためには回転数を上げれば良いことは自明。ただし自転車の場合はエンジンが人間だから機械にはない制約があり、トルクに関しては筋疲労、回転数は心肺負荷が制約になる。よってハイケイデンスの上限を高める、つまり脚を高速で回す技術を身につけ心肺を鍛えることは出力アップの一理であることは否定できない。

「軽い負荷でクルクル」の軽い負荷とはyutabowの場合、筋肉の痛みが不快でないレベルに維持できるかほとんど感じないギヤ位置である。この筋肉が痛くならない上限は、楽なレベルでいくら回し続けても向上するとは思えず、やはりある程度の負荷をかけた練習が必要なはず。圧倒的に筋力の足りない我々へたれレーサーは、筋力と筋疲労への耐性を高めることも大切、むしろそっちが先ではないかという気もする。また極端なハイケイデンスは機構的にも技術的にもパワーロスが大きくなる。

トップ選手を目指す若人は、無暗に踏みまくって未完成な体躯を傷めるリスクを避け、トップをめざすにあたって制約となる上限回転数を上げる技術を先に身に着けるべきというのはおそらく正解。
必要にして十分な筋力を身につけ、かつハイケイデンスに耐える心肺能力を持つライダーが、レースに勝つ方法論として軽めのギヤをくるくる回して筋疲労を抑える。これもおそらく正解。

だけど筋力も心肺能力も足りないyutabowレベルの草レーサー、さらにレース志向ではなく走りを楽しむファンライダー各位までひっくるめてみーんなクルクルというのはなーんか違うのではないかと思うのである。

凡庸な結論だが、クルクル論の本来の趣旨は、重いギヤを踏み抜く練習だけではレースには勝てない。比較的軽い負荷で効率よく高回転でペダルをまわす技術とそれに耐える心肺能力の向上も必須ということ。高回転の最低限の目安として90とか100があるのかなと思う。実際にはさらに人それぞれの体質も加わる。要はバランス。

などと偉そうな結論だが、yutabowはさらにバランス以前に絶対練習量が足りないことは重々承知の助。

・・・・

くっ、読み直すといつもながらひどい文章だ。いつものごとく消したくなったが、もう夜も遅いし(?)おいとこう。おやすみなさい。




久々多摩湖とHDR実験
毎日通ったこともある多摩湖。

ここのところすっかりご無沙汰でしたが、久々に行ってきました。

今回は昼過ぎ。

いつもは早朝なので、それに比べると人も自転車も多くて実に走りづらい。

朝多摩湖って、走りやすかったんだと実感。

すっかり日も短くなって、午後3時前にもかかわらず太陽の角度と色は夕方の景色。

写真撮影には非常に厳しい条件です。このような条件で威力を発揮するのが最近流行り(?)のHDR合成。

最近のコンデジにはHDR合成機能を持ったものが増えてきました。iPhoneにもかなり出来の良いHDR撮影機能が内蔵されています。

yutabowにはそんなアタラシイものを次々買う甲斐性はありませんから、ソフトウェアで勝負です。カメラのオートブラケットでEV0,-1,+1の3枚を連続撮影し、HDR合成ソフトでどうなるか実験してみました。

今日の撮影条件は、湖側に傾いた夕日。普通に撮るとこのように、自転車がほぼシルエットになってしまいます。
PA130119.jpg
実際はこれほどシャドウが沈んだ印象はありません。自転車のディテールをもう少し出そうと露出を押したいところですが、空と水面はこれ以上押す気にはなれず両立しません。人間の感覚と写真のギャップが大きくなる、
HDRの威力を試すには絶好の条件です。

プラスマイナス1EVの3枚の写真をHDR合成ソフトを使って作成するとこうなります。
PA130119_20_21_tonemapped 1

影の部分に見事に光がまわり、自転車のディテールがきちんと表現されています。水面と空はもう少し濃くしたいところですが、全体にハイキー気味でありながら、雲のディテールはむしろ細かく描画できています。
ダイナミックレンジが入りきらない撮影条件において、確かにHDRはキラーアプリになると思いました。

ただ、この写真が良いかというと難しいところで、実際これも私なりにあれこれ調整して追い込んではいるのですが、ホワイトバランスの不自然さがどうしても残ります。また、JPGのダイナミックレンジに強引に押し込むせいか、画面全体のイメージがのっぺりとした感じ。空間の空気感も圧縮され、絵画調になります。

今回持ち出したカメラはオリンパスのE-P1。フルサイズには及びませんが、コンデジに比べれば大型のCCDですから記録されているダイナミックレンジが広く、RAWデータを優秀な現像ソフトで処理すればダイナミックレンジをかなりの幅で補正することができます。私はCaptureOneを使っていますが、適正露出の写真にこのソフトで自動補正をかけ、自分なりのバランスに追い込むとこんな感じ。
PA130121.jpg

HDRほど全体に光が回る感じはありませんが、自転車の質感もきっちり描かれ、ホワイトバランスも記憶に近く、空気感も残っています。記憶を辿ろうと思えばこっちが良い写真になります。

今回の条件では、E-P1のRAWをCaptureOneで現像すれば、HDRは不要というのが私の個人的感想です。
ただ手間かかりますね。その点iPhoneのHDRは通常写真とHDR写真を同時記録出来、良い方と使うということが微塵の手間もかけずできる点で非常に優れていますね。

コンデジのCCDは極小でダイナミックレンジが狭くしかもRAWを吐けない機種が殆どです。調整幅が大幅に狭くなりますからHDRが必須かもしれません。次はコンデジで試してみます。

リアリティは別にしてHDRは面白い絵になりますね。別の写真で補正をかけたRAW現像。

PA130125.jpg

HDR合成

PA130125_6_7_tonemapped 1

不自然なほどに均一化された露出と、雲などの協調されたディテール、暖色系に転んだカラーバランスによりやはり絵画調、正解は前者なんですが、HDRはじっと見ていたくなる不思議な面白さがあります。アルバムに貼るなら前者、壁に飾るなら後者でしょうか。

被写体によっては面白い効果が期待できそうです。

今回は写真ブログになってしまいましたが・・・・

自転車はサボったらサボっただけ走力が落ちるという厳しい現実。

重量もベストに比べ2~3キロ増量したyutabowにとって久々の多摩湖はおもいのほかきつく、
2周する予定でしたがしばし夕景を楽しんで1周で帰宅。

PA130128.jpg

明日は、ショップクラブチームと都民の森。

正しいクラブチームのみなさんは竜勢ヒルクライムレースの練習モード、ついていけるだろうか。
ていうか登り切れるか・・・・

完走狙いだな(-_-メ)。








チェーンオイル
出がけにシュッとオイルを吹いて出ることが多いので、ワコーズのチェーンルブは玄関先に置いたままにしていたのですが。

無い・・・・・・

あちこち探したがやっぱり見つからない。

どうやら盗まれたか、掃除のおばちゃんに間違えて捨てられてしまったようです。


仕方がないので、ジテツウ帰りにショップに寄って、ニューオイル購入。PA110112.jpg

ショップおすすめタクリーノ。これは割と最近出たスプレータイプ。

世間の評判もおおむね良いようです。期待しましょう。

ところで、ノズル短いなぁ。
PA110114.jpg
ワコーズの製品は、折り畳み式の細長いノズルがついていて実に使いヨカッタのですが。

と思ったら、
PA110113.jpg

なんだぁ。ついてるじゃん。タクリーノさんわかってるねぇ。

というわけで、早速装着。

   ・
   ・
   ・

PA110115.jpg

くっ、

微妙・・・・(笑)


週末の八ヶ岳
茅野市に実家があるので、時々家族で遊びにいきます。

今回は3連休の中日なのでそれほどでもと思いましたがさにあらず。

猛烈な渋滞に巻き込まれ、ランチするつもりだったリゾナーレを断念し、清里のロックにしたもののここも30人待ち。orz..

待ちましたよ。腹をくくって。

PA070018.jpg

定番はカレーですが、今回はおまけのアップルパイをつけました。

PA070015.jpg

大きさがわかりづらいのでガラケー。

見た目はとてもアップルパイに見えませんが、巨大なココット皿の底にはもう一枚パイ生地が。つまりこれ全体でアップルパイということのようです。細かいことはおいといて、味はウマー。お勧めです。

ロードさん大量に見ました。妙に多いなと思ったら、この日は八ヶ岳グランフォンドやってたんですね。私も参加したかった。まあいいでしょう。車にはしっかり彗星号Jr.を積んで来た。私は明日走る!。

PA070020.jpg

前回来たのははGWでしたが、連日雨にたたられがっかりでした。

翌朝。天気はパーフェクト。10時頃までには戻るようにという女将のご命令なので、いそいそと出発。

南諏訪インタを降りたところから鉢巻道路まで登るズームライン。
PA080073.jpg
どうですかこの眺め。視界が広くて道がまっすぐなので斜度を感じませんが、6~7%の登りが6キロ続き、なかなか堪えます。


登り切りました。ふう。前も思ったけど、連光寺坂を3倍くらいにスケールアップした感じで、本当にいい練習になる坂ですねぇ。地元民が羨ましい。
PA080018.jpg

鉢巻道路を西に向かい、下ったところに農業大学校があります。牧畜中心の設備で景色は牧場。見慣れた景色ですが自転車で来るのは初めて。気分いいです。
PA080020.jpg

再度鉢巻道路まで登り今度は東へ。

もう少し時間があれば清里まで行きたいところですが、時計を見ながら行けるところまで。

PA080052.jpg

高原の冷たい風。鳥の鳴き声。自らが風を切る音と、チェーンとExtenzaRR1Xが奏でる軽快な走行音。

自転車乗りとして至福の時間ですね。

オートバイも多かった。ぶんぶん抜いていく。だけどそんな音をたてて走ったら鳥の歌が聞こえない。
などという私も数年前は、車から必死で走る自転車を見て「どうかしてる」と思っていましたけド。

いたるところにある動物飛び出し注意の看板。
PA080041.jpg

人気ログハウスレストラン、カントリーキッチン。開店前ですけど。
最近は利用することは少なくなりましたが、写真写りがいいのでよく寄ります。
PA080047.jpg

一度自転車で走ってみたかった、谷を超える大陸橋。迫力あります。本格ローディーさんもたくさんみかけました。
PA080058.jpg

少し時間が余ったので、ズームラインをもうひと登りして帰宅。

距離60キロ足らずで累積標高1200。

いやー、ここに住んでたら、自転車乗るしかないでしょう。前回も感じたが、羨ましい。

時間が限られましたが、最高のサイクリングを楽しめました。

今日時点で朝方は指切りグローブでは寒かった。次に来られるのは多分クリスマスシーズンなのでサイクリングは無理かな。

来年は足を伸ばして白樺湖あたりまでいきたい。
再び走り始めました
ご無沙汰です。

9月は、なんか天気が変だったこともありますが、いろいろ考えるところもあって、yutabow恒例お休み月間になりましたが、10月からまたじわじわ走り始めます。

しかしまた今日も怪しい天気なので、一時間強、映画を見ながら心拍を160以内に抑えてLSDペースでローラー一時間強。30キロちょっと。

今週は平日も深夜残業がなかったので、10~20キロ/日ほどローラーに乗ることができ、今日までで94キロほどになりました。

明日、明後日と茅野の実家に帰ります。一日中走るわけにはいかないですが、鉢巻道路を清里方面へ。100キロちょっと走って今週200キロくらいにできたらいいかなと。

いい年ぶっこいてお恥ずかしい限りですが、仕事関連で英語が必要になり、超今更ながら英会話の勉強を始めました。私の英会話能力は10年以上前に記録したTOEIC690点がピーク。今は相当劣化しているので、2か月間の集中練習で実際になんとか仕事が可能なレベルと言われる700点台後半まで一気にリカバーを目指します。

自転車に割く時間が制限される一因なのですが、yutabow人生、何度英語にチャレンジして中途半端で終わってきたことか。アラ5を目の前にして、これが最後のチャレンジ。今回失敗したらもう諦める覚悟です。



玄関先においていたワコーズのチェーンルブがどうも盗まれたらしい。掃除のおばさんに間違えて捨てられた可能性もある。この週末に買いにいかないと。ショップおすすめのタクリーノにしようかな。ワコーズとあまり値段も変わらないし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。