赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星号 BBオーバーホール
通勤者である流星号(ブリジストンサブナードスポーツ)のクランクまわりから、回すたびにカコンカコンという軽い衝撃と音がするようになった。

すぐにわかるようなBBのガタつきはなかったが、BBまわりとしか考えられなかったので、ショップに預け、BBのオーバーホール(分解、ベアリング交換、グリスアップ)をしてもらった。

yutabowは、元来メカ好きな理系人間なので、自転車の整備にも興味はある。しかし自転車の整備にはあれこれと専用工具が必要で、時間も余裕が無いので極日常的なメンテ以外はショップに任せることにしている。

まして流星号は、ロードバイクに比べて3倍整備に手間のかかる一般車。

店長に丸投げさせていただいた。

症状は完璧に解消した。やはりベアリングまわりが微妙に摩耗か欠けていたんだろう。

流星号を修理でショップに預けたのはこれで3回目か・・・、毎回思うのだが、自転車の調子が良くなる。多分ついでにあちこち調整してくれるんだろう。走りが軽い。ホイールを一ランクいいのに交換した程度かそれ以上の違いがある。流星号が快適に走り続けている理由の一つだと思う。

少しでもサイクリングに興味があれば(本来はそうでなくても)、自転車は信頼できるメーカーのものを、メンテが信頼できるお店から買うべきなんだろうなと思う。
スポンサーサイト
久々固定ローラー
今年に入って初めて固定ローラーをまわした。

R0011192.jpg

ちょっと記録しておこう。

負荷付きの3本が、慣性皆無。力を抜くと即停止という感じなのでなおさら感じるが、大型フライホイールの慣性感は気持ちいい。回転を与えるのにぐっと力を込め、一定速度に達するとふっと力が抜ける感じ、また時速30キロを超えると急激に抵抗が増す感じが実走に近い。

時速20キロ程度であれば、慣性がある分、3本より楽な感じがある。時速30キロになるとかなり抵抗が増し、今のyutabowの脚では長時間維持はできない。40キロともなると相当がんばらなければならない。

最初の5キロはアップ。時速20キロから入って徐々にスピードを上げる。

ギヤはフロントアウター、リア19でほぼ固定。これでケイデンス90で時速32キロほどになる。

5キロになったところでケイデンス90まで上げて1.5キロ。時速31~32キロだから約3分ということになる。

ローラーの3分は長い。1分程度で心拍は180に達する。2分過ぎで息が苦しくなってくる。なんとかペースを落とさずに1.5キロまわし切る。

時速20キロに落として1キロ、3分間レスト。心拍は150を切るくらいまで落ちたところで次のセット。

これを3セット。2セット目が一番苦しかった。3セット目は体が慣れたのか、少し楽だった気がする。

最後1キロだけケイデンス90でまわして、1.5キロレスト。

シルベストサイクルというお店のスタッフさんがパワータップで実測した結果によると、このローラーは時速30キロで340Wらしい。時速38キロで500W。

ツールドフランス級の選手は500Wで一時間以上走り続けるらしい。

せめて、3分だけでも500W出せればいいんだけど、今のところはせいぜい1分かな。

こんどやってみよう。



恒例ショップ行事。自転車安全祈願
20日は、yutabowがお世話になっている地元の自転車ショップが運営しているサイクリングクラブの新年恒例行事、新年壮行会&安全祈願でした。

走行会というよりは儀式的色が濃いイベントですので、走行はほんのあいさつ程度に多摩サイを90分程度走行。

R0011185.jpg

計画では多摩湖を周回するはずだったんですが、昨年に引き続き今年も多摩湖周回路は凍結。今年も多摩川走行になりました。

だいたい40キロくらい走ったところで、氏神様の熊野神社で御祈祷です。

いつもながら、レース会場のような景色。
R0011190.jpg

おみくじも引きます。yutabowは小吉。
R0011191.jpg

ここのおみくじはしっかり凶もありまして、約一名引き当ててました。

おまもりのシールももらって、自転車もお祓いしてもらいます。

さて、これでまた一年、安全にサイクリングを楽しめますように。

江の島、横浜ツアーライド
江の島は距離的にもいい感じなのですが、行った道を戻る過程がyutabowとしては退屈な感があり、横浜に行って多摩サイから戻ってくれば楽しそうと前から思っていました。

ただ、江の島から横浜へ向かうルートがどれがいいのか判断がつかず今に至っていたのですが、何度かお世話になっているスターチャンネルさんのブログにまさに私の求めるルートが紹介されていたため、では行ってみようということになりました。スタさんありがとうございます。

今回のルートはこんな感じ。

江の島、横浜ツアー

Garmin Edge500のコース機能にルートをロードして出発。
是政橋から鎌倉街道に入るまではいくらなんでも間違えないだろつと、コースをOFFのまま走行したら、しっかりミスコース、いつもながら気落ちします。

15分ほどタイムロスしたが、気を取り直し、町田から境川を下ります。

P1190454.jpg

んが! まだところどころこんな状態です。
P1190455.jpg

右岸が氷が多いです。左岸は殆どなかったようなので、今走るなら左岸でしょう。

氷道の徐行と弱い向かい風で思うようにペースがあがりませんでしたが、何はともあれ到着。
P1190458.jpg

結構人いますね。いい感じの風が吹いていたので、ヨットも大量に出ていました。
予定より1時間近く押していたのでいそいそと記念写真を撮って・・・
P1190470.jpg

私のツィートを見つけてくれたmakoto♪さんにお会いすることになっていたので、急ぎ横浜方面に向かいます。

25号、21号と経由する最短距離と思われるルートですが、車が渋滞状態でちょっと走りづらかったですね。

makoto♪さんから自宅を出たとの連絡がありましたが、makoto♪さんには地元でも私にとって横浜は完全に観光地。
丘の見える公園とか氷川丸とかつい寄り道してしまい、お待たせしてしまいました。makoto♪さんすみませーん。
P1190481.jpg


みなとみらいでmakoto♪さんと少々まったり。その後多摩川の六郷土手まで引いていただきました。

冬は日が短いのがネックです。六郷土手を走り始めたころには日はすっかり傾き・・・。
P1190487.jpg

水道橋のあたりではすっかりナイトライドになってしまいました。

サイクリングロードには街灯が無く真っ暗です、私の小型ライト、一応1W級のLEDとのことですが手元の路面をほんのり照らす程度。あと結構ランナーいますね。反射テープなどをつけていないランナーはホント見えません。向こうはこちらが見えているはずなのでよけてはくれますが結構怖い。

早速強力ライトをポチりました。 後日レポします。

連日言っているような気がしますがやっぱりナマってますね。距離は145キロ程度なのに全身疲労感。

でも、2大観光地のツアーライドは実に達成感ありました。

今度はもっと日の長い季節にもう少しゆったりと行こうかな。



スピードプレイ クリートカバー交換
スピードプレイの実質標準装備品とも言えるクリートカバーですが、相当すり減って、一部に穴があいてきたので・・・

R0011169.jpg

新品交換です。

Keep On Kovers という製品ですが、最近はかなり入手性が良くなり、Amazonでも購入できるようになりましたね。

R0011171.jpg

摩耗だけでなく、かなり変形しています。昨年の5月に購入していますから半年強、距離は多分4000キロに満たないかな。耐久性が良いとはいいがたいですが、利便性には代えがたく・・・、今回2セット購入しました。

R0011170.jpg

うん、見違えました。

気になるクリートの方ですが、見た感じ摩耗や変形は見られず、注油すれば動作はスムーズ。
もうしばらくは使えそうです。


榎本牧場
3連休の中日は江の島まで足をのばそうといきごんだものの・・・

冬の布団の快適さは他に代えがたく・・・

がっつりと寝坊してしまったので、目標を榎本牧場にチェンジ。(ショボ)

秋ヶ瀬橋。ここまで18キロほどなんだけど、頑張っても一時間かかる。信号多いけど。

R0011172.jpg

田んぼ区間。いつもささっと通過していますが、ここの景色はちょっと北海道ぽくって好き。

R0011174.jpg

榎本牧場到着。今日は牛舎の中に牛さんいっぱいいました。当たり前のはずだが、何故か今までは殆ど見た記憶がない。

R0011175.jpg

今日のアイスはプラリネミルク。いつもはダブルなんだけど今日はシングル。

R0011176.jpg
シングルだから量が半分ではないんだよね。(当たり前か)

この日は珍しく南風。したがって帰りが向かい風になりました。

風というのは不思議なもので、木々は殆ど動かず、ススキの穂がそよぐ程度でも結構な抵抗を感じる。感覚的には2~3%の登りが続く感じ。

時速30キロ以上を維持しようと頑張ったら、全身筋肉疲労状態になってしまった。

ナマっとるねぇ。

まあいいでしょ。徐々に体を慣らしていきますか。





銀ブラ
今日は久々に家族で銀ブラ。

いつきても銀座は華やかです。走ってる車も違いますね。最近はベンツを見ることは珍しくなくなりましたが、銀座のベンツはでかい。それにアストンマーチンとかマセラティなどというホンマモンの高級車が走っとります。

まあ、彼らお金持ちが元気でないと銀座のような街も続かないし、ニッポンも元気にならんのです。お互い頑張りましょうといったところでしょうか。

yutabowは銀座の雰囲気は好きですが、入る店といえば ITO-YA とか天賞堂とか、東急ハンズくらいですかね。
あとマニアックなところでは、五十音もついふらっと寄ってしまいます。

ところで銀座に自転車屋はあるんだろうか?

今回の飲食は昭和テイスト。

ランチは定番煉瓦亭。
R0011142.jpg

ここの出す洋食は、見た目は地味なんですが、本当に美味しい。毎度「どうやったらこんな美味しくできるんだ」と感動いたします。
R0011147.jpg
インテリアも時が止まったような昭和テイスト。

お会計に、いまだに機械式のレジスタを使っているんですよ。平成育ちの人は知らないと思いますが、計算するごとにガチャガチャと派手な音がするやつです。何故か集計してから総額を入力してチーンとやってました。計算機能はもう壊れてしまっているのかもしれません。

お茶も昭和テイストで、銀座ウェスト。
R0011165.jpg

ここのシュークリームは私的No.1です。クリームが本当に美味しいんですが、あふれんばかりの量が最近年齢的にちょっと辛くなってきたかも。
R0011151.jpg

店内は狭いし、椅子も小さい。有名ブランドの食器も出てきませんが、銀の食器は完璧に磨きこまれ、仕事はしっかりやっている印象。落ち着きます。

こういうお店は末永く残ってほしい。・・・

などとしみじみ思ってしまうのは、やっぱyutabowも年を取ったということなんでしょうね。

明日は江の島方面に走ろうかと思うのですが、

寒い

明日の朝はさらに寒くなることを考えると・・・DNS

いやいやそうはいかん。頑張ります。と今のところは思っている。








やはり今年は寒いようで
相方が、野菜を買いに行ったのにくそ高くて何も買えなかったとこぼしていました。ニュースによると寒すぎで野菜の生育が大きく遅れているようです。

ここのところ暖冬続きだったので、今年の寒さは平年並みかなと思っていましたが、しっかり寒すぎる冬のようです。

正しいサイクリストは関係なく走り回っておられますが、凡庸なサイクリストのyutabowはこの寒さでは朝多摩湖など行く気になれず、昼多摩湖。それでも寒いです。

しかし冬は写真にはいい季節。いつもの堤防写真も、冠雪の富士山が加わると一味違います。


R0011124 1

青空でないのが少々残念ですが、フィルターをかけるとむしろいい味がでますね。
yutabowは冬の堅く澄んだ空気が好きであります。

R0011126.jpg

堤防下の池は氷が張ったままでした。

R0011132.jpg

薄い氷なので、石を投げると面白い音がします。カモが氷の上を歩いています。彼らは足がかじかんだりはしないんでしょうね。

今週末は三連休。しかしこうも寒いと、輪をかけて寒くなるヒルクライムをする気はなかなか起きません。

久々に川下りか、江の島方面に出てみようかなどと思案中です。
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

yutabowは毎年年末年始は滋賀県の相方の実家で過ごします。

自転車を趣味にしてからは、自転車を車に積んで滋賀県サイクリングを楽しんでおりますが、昨年の走り初め写真はこんな感じ。

P1013556.jpg

いまはもう懐かしい彗星号。この直後の正月明けの連休に現在の彗星号Jr.(TCR SL)と運命的に出会い、yutabowの自転車生活は大きく変わりました。

今年はヒルクライムで走り初めです。

朝日に向かって出発。

P1020358.jpg

今年の正月は寒かった。ガーミンの温度計は4度を指していましたが、天気予報では1度でした。

何の対策もしていないサイクルシューズでは足先の感覚は麻痺し、極普通のグローブでは手がかじかみます。

でも走り出してしまえば、割と平気なものですね。

コースは守山市から信楽方面。

直線的に向かうと間にある金勝山を越えなければならず、このヒルクライムの往路が相当に斜度がキツいということで、地元の方は迂回路を教えてくれたのですが、キツいと言われれば登ってみたくなるのがヒルクライマーの性。いってみました。

こんな坂が2か所あります。

P1020369.jpg

ガーミンの斜度計は16%を指しましたが、実感はもう少しキツい感じでした。

仮にも風張林道を登ったyutabow。脚つきはしませんでしたが、完全に息があがってしまいました。まだまだですねぇ。

遠い記憶がよみがえりました。

小学校低学年だったと思います。父が運転する360cc空冷2気筒2サイクルエンジンのスズキフロンテが急坂を登れず家族全員が降ろされ歩いて登りました。その時のひび割れた穴ボコ舗装が記憶に残っています。多分ここだったんだろうと思います。

峠の直前に公園があります。ここは昭和50年に天皇が植樹を行った記念に作られた公園です。

これがその木。37年経ち、立派に成長しています。

P1030448.jpg

峠を下ったあたりに、新名神が通っています。立派な高架道路ですが、このデザインはいかがなものか。目の前に急に現れるのでギョッとします。なんか最近の宇宙物SFに出てくる敵戦艦みたいだと思いませんか。

P1020361.jpg

初ヒルクライムは1月2日、時間制限があったので峠を往復して帰りました。

3日は近くに在住の高校時代の同期を誘って急坂の無い迂回コースで信楽まで行く予定でしたが、yutabowの方向音痴は今年も快調。ミスコースしまくりで時間がなくなり、信楽まで足を延ばすのは諦め、迂回コースが峠超えコースと合流するところから、峠を逆から登って帰りました。

逆コースは最大斜度11%程度で、坂に慣れたサイクリストならキツ過ぎずユル過ぎず丁度良い感じの坂です。

相方はサイクリストではありませんが、バイクはメルセデスベンツのマウンテン。フロントの3枚ギヤは見た目インナー22の本格MTBサイズなので登れないことはないだろうと判断し、躊躇する相方を少々強引に説得。

膝が笑ってしまったようですが、無事(?)相方も峠を制覇。

これが相方のバイク。メルセデスベンツのフルサスマウンテン。定価は33万もしたものですが、なんと相方はこれを懸賞で当てたとか。

P1030453.jpg

ちょっと乗せてもらいましたが、太いタイヤにフルサスの威力で乗り味はまさにメルセデス、快適そのものでした。パーツはシマノSTX系でシフトは至ってスムーズ。さすがメルセデス。

斜度のキツいダウンヒルを一気に下ると、滋賀県的里山の景色。

P1020372.jpg

最後にこのあたりでは有名な来来亭のラーメン(痛恨の撮影忘れ)を食して実に満足な初ヒルクライムでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。