赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々多摩湖で空気圧実験
走らない病からどうやら回復したyutabow, 久々に多摩湖に出かけました。

走らないといろいろ余計なことをかんがえてしまうものですが、ここしばらくタイヤの空気圧を研究しておりました。

周りにのサイクリスト各位を見ていると、Pro4やExtenzaであれば後ろ8、前7.6という感じの方が多いようです。高いほど良く転がるはずだから、不快にならない程度になるべく高くという感じでしょうか。

ちなみにyutabowはPSIちゅうやつがどうしても頭の中になじまなくて、115とか170とか言われてもどうにもピンとこないので毎度気圧になおしてます。

だいいちPSIっていまどきポンドパースクエアインチですよ旦那。国際標準のkpaならまだしも、いまどきポンドだインチだとおのれ欧米と思う私は多分少数派でしょうね。

で、空気圧ですが、海外に情報を求めると、意外なほど低い値を推奨するところが多いことに気づきます。

有名なミシュランのグラフでは、yutabowの体重だと7気圧程度。しかもこれを前後に配分しますから、7.2/6.8なんてことになります。

海外のサイクル掲示板をのぞいてみても、

「ヘイジョージ、圧上げれば速いなんて古いぜ!、俺は体重67キロだけど、前は100PSI(7bar)より高くすることはないぜ!」

てな感じで、意外に低い値で乗っている人が多い印象を持ちます。

確かに空気圧と転がり抵抗の関係は、高いほどタイヤの変形が少ないため良く転がるというのは理想的な路面での話であり、現実の凹凸のある路面においては、圧を高くしすぎるとタイヤの振動吸収性が低下し、ハブに振動が伝わり回転性能を落とし、かえって転がりが悪くなる。その上ライダーの負荷も高くなるので結果的に遅くなる。というのがイマドキの定説のようです。

この点、振動吸収構造を持つ超絶ハブ「ゴキソハブ」なら影響を受けないんでしょうか。

低めの圧で充分転がるなら、グリップも安心、ライダーも楽で良いのですが本当かいということで、一つ実験してみることにしました。

コンチネンタルのスプリンター。普段は7.6/8.0という感じですが、ちょっと大胆に低めに。7.0/7.5に調整して、多摩湖に向かいました。

多摩湖自転車道は舗装が荒れていてちょっと不快だったのですが、きれいになっていました。これはいい。
P5260024s.jpg

測定方法は、周回道路の程よい緩斜面の壁につかまって、漕がずにスタートし、最高速度を測定。そして下ってかなりスピードが落ちる決まった場所での速度を測定するというもの。

まあお遊びなので、厳密さはご勘弁。

低圧スタート。念のために圧チェック。このためにメーター買っちゃいました。家にこもってるとろくなことありません。
P5260026s.jpg

2回測定 最高速度24km、定点速度11.5km
     最高速度23km、定点速度11.8km

ふむ、では高圧充填。7.0/7.5から8.5/9.0まで上げます。

携帯ポンプで9.0まで突っ込むのは結構骨折れますね。
P5260025s.jpg

では測定 最高速度31km、定点速度14.0km
ありゃ、全然ちがうじゃん。やっぱり高圧がいいのか。

2回目 最高速度27km、定点速度・・・・あれスピード上がらない 9.0km ??????

そういえば向かい風。そよ風程度だけど。でもそれ以外には考えられない。

高圧設定で多摩湖一周。明らかに転がりいいです。しかもチューブラーのせいか、後ろ9突っ込んでもガチガチした感じや、グリップが低下する印象はありません。あくまでも多摩湖周回で走る程度での話ですけど。

P5260028a.jpg

今日のちょっとした実験では、今回の条件では明らかに高圧の方が転がりは良い。しかしその差はそよ風が吹けば打ち消される程度のもの。転がり感の感覚は結構微妙なんだなと。



Continental Sprinter というタイヤは、タイヤサイドには最大空気圧しか書いていません。これが12気圧というとんでもない値なのでまあこれは構造上の限界を書いてあるだけだろうと思って無視して7とか8で走っていたのですが、本国のサイトにちゃんと情報がありました。

115-170PSI。気圧に直すと7.93-11.72。だいたい8-12.

クリンチャーとはちょっと感覚の違う、かなりの高圧タイヤでした。

この仕様だと、私が実験した 7.0/7.5は完全に推奨範囲を外れています。

yutabowの体重が65キロ程度ですから、グローバルなライダーの体重分布を考えると、今回高めで設定したつもりの8.5/9.0は適正かややまだ低めで、単にこの気圧で本来の転がり性能を発揮しただけということだったようです。

というわけで、あまり参考にならないダメ実験でしたが、7.0/7.5における楽ちん度はそれはそれでいいものでした。

彗星号Jr.は、GIANTが「アルミの剛性感を好むストイックな競技者に」と称していた硬派なバイクですから、ロングライドでミドルカーボンフレームのように楽したいと思ったら使えるセッティングだなと思いました。チューブラーですから、リム打ちの心配も少ないですしね。

今度機会があったら、クリンチャーのExtenzaRR1Xでも同じ実験をしてみようと思います。

今度は、推奨空気圧の範囲内で。
スポンサーサイト
記録:自転車で茅野の実家へ帰省
学生時代一度も体育会系の部活に所属したことがなく、アスリート根性のないyutabow、時々ふと何かが切れたように走らなくなることがあります。

今年は最もサイクリングに適したこの5月に「はしらない病」が発病。

そろそろ復帰しないとヤバいので、今日久々に多摩湖へ行ってきました。思ったよりなまってなかったかな。意外に走れました。

再び走り始めたので、GWの自転車の帰省を記録しておこう。

スポーツ自転車を初めて、100キロという距離に違和感を感じなくなった頃、まだ初代彗星号に乗っていたころから、チャンスがあったら自転車で茅野市、中央高速南諏訪インター近くの実家に帰ってみたいと思っていました。

通常は自動車で帰省します。距離は160~170キロ。

勤勉なサイクリスト各位にしてみればそんなもんかという距離ですが、途中に千メートル級の笹子峠があり、甲府市を抜けたあたりからじわじわと900メートルまで登り、累積標高が2キロを超える行程は yutabow にとっては決して楽ではありません。

実家に帰省ライド

さすがに往復はイヤなので、帰りは車に積んで帰る必要があり、相方が運転する車との都合がなかなかつかず、今回やっと実現となりました。

車で高速をぶっとばして2時間、下道を通ると早くて4時間、渋滞すると6時間かかる行程です。昼食時間混みで10時間かかると見込んで出発。本当は6時ごろには発ちたかったが、例によってうだうだしていて7時前に出発。

立川のジャイアントストア。ふむ、こんな店なんだ。
WS000001.jpg

高尾駅。ハイカーが多いですね。
WS000002.jpg

相模湖。ここまでは勝手知ったるいつもの行程。まだまだ序盤の雰囲気。
WS000003.jpg

相模湖を後にして、ここからが未踏の領域。はやる気持ちを抑えて坦々と走ります。
WS000005.jpg

猿橋到着。何度か車で通過したことがあり、このあたりまで来ると遠くへ来た感があります。
WS000013.jpg

このあたりで上りが始まり、最初の天王山である笹子峠を迎えます。

国道20号には、笹子トンネル(事故で有名になった高速の笹子トンネルではなく、20号の笹子トンネル)がありますが、このトンネルは路肩が非常に狭くて自転車では危険があぶないので、旧道を上り、旧笹子隧道を通る予定でした。このルートは冬季は閉鎖れていますがGW期間は通行可能なはず。念のため前日に山梨県のホームページで、閉鎖道路リストに載っていないことを確認したのですが・・・・

通行止めでした。

・・・・

工事中のためと書いてある。

・・・・

えーと、・・・・

「笹子トンネルですかぁ」

想定外の事態に動揺しながらも20号を進み、笹子トンネル前へ。

路側帯からトンネル壁面の幅はハンドルの幅程度しかない。

それでも一応通って良いことになっているらしく、「歩行者・自転車に注意」

と書いてある。こんなとこ歩く人いるんだろうか。

幸い交通量は少ない。

こういう事態に備えて最近導入した強力リアフラッシュを点灯、フロントライトも点灯。

覚悟を決めて約3キロのスプリントです、車が切れたタイミングを狙ってケイデンスを一気に100まで上げてスタートダッシュ。

しかし、一台来た。しかもでかい。ダンプカーだ。すごい音で迫ってくる。

対向車線に車がいなかったので大きくはみ出して抜いていった。

幸い抜かれた車はこのダンプカー一台のみ。3キロのスプリント終了。ものすごく体力消耗した。
勘弁してよ山梨県さん。

WS000016.jpg

トンネルの中にも「歩行者・自転車に注意」という電光掲示板があるので、一応ここを通れということになっているのでしょうが、かなり怖いです。車の量が多かったら、今回みたいに無理に走り抜けようとはせず、抜かれるたびに停車して壁に張り付いたほうがいいでしょうね。これもまた怖いけど。

トンネルを抜けるとそこは甲斐大和の道の駅です。時間的にもちょうどいいので、ランチタイム。

WS000017.jpg

ここから先は甲府盆地。20号バイパスを疾走。勝沼、甲府昭和と抜けて韮崎へ。

このあたりが一番楽しかったかな。心拍が160を超えていたが、調子よかったのでペース落とさなかった。これが後になって響いたかもしれない。

韮崎のあたりあら、釜無川沿いをずっと走る形。標高が少しづつ上がり始めます。

WS000018.jpg

見た目まっすぐで平坦な道が実はずっと1~3%上っている。加えて微妙な向かい風が加わって120キロを超えて体力が低下し始めた体にボディーブローのように効いてきます。

加えてお尻が痛い。普段サドルのことなど殆ど気にしないyutabowですが、これほどお尻が痛いのは初めて。2割程度の時間を苦手なダンシングをしないと痛くてたまらない。

北杜市に入ってから急激にコンディションが悪化しました。うーん、甲府市内でちょっと調子に乗りすぎてオーバーペースだったか。

大幅にペースを落としながらも、道の駅白州に到着。
WS000020.jpg

おいしい水を飲んで小休憩。

サントリー白州蒸留所。
WS000021.jpg

このあたりから、ゴールの諏訪南の標高900mまでコンスタントな上りです。

激坂はなく、普段の yutabow なら一番楽しめる斜度なんですがこの時はもう結構です状態。

脚は疲労がたまっているとはいえムチが入らない感じではない。しかし、お尻が痛いを筆頭に全身に広がる疲労感、不快感があって追い込む気になれない。

それでも、なんとか所要時間9時間半ほどで到着しました。

距離166キロ、登り2,161メートルちょっと、カロリー3600キロ。

バイクが完全なスプリント向きの超軽量アルミ、甲府市内でのオーバーペースなど色々言い訳は思いつくけど、もう少し楽にいけると思っていた。

ちょっと自信なくしたけど、積年の目標を達成したので、まあいいかです。

帰りは予定通り車に積んで帰ったのだけど、車で走ると改めてよくこんな距離を自走したなと感じますね。スポーツバイクってすごいなと思います。

 

何かが
GWに諏訪南の実家に帰るという兼ねてからの目標を実現した時点で何かが切れた。

それ以来全く走っていない。

自転車に興味がなくなったわけではないが、何故か走り出す気がしない。

体もいい感じになまってきたので・・・

そろそろまた少しづつ走り出しますか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。