赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ヒルクライムレース ツール・ド八ヶ岳 レース前編
3月のエンデューロに続き申し込んでしまったyutabow初のヒルクライムレース、

ツール・ド八ヶ岳。

果たして完走できるのか。じたばたしても始まらないと自分に言い聞かせ、とりあえず最低限の準備とライダー軽量化を行なって移動日を迎えた。

移動日は雨。東京エンデューロに続き「またか」という想いがつのる。自走できないので、一泊用荷物とバックパックを背負って傘を差し、バイクは押してショップへ。

前日移動組は6名。ワンボックス2台。一台はメンバのマイカー、もう一台はレンタカー。

P4140026.jpg

無造作に突っ込んであるように見えるが、ちゃんと考えて養生してあります。

前日はずっと雨。

P4140027.jpg

本当は、前日にコースの試走をする予定だった。しかしながらこの天気では試走は無理。せめて前日に手続きだけでも済ませておこうと、コース中間地点の八千穂スキー場へ。

途中でレースのスタート地点を通過。出場数回目というベテランライダーが運転しながらコースを説明してくれる。確かにどんどん登る。ひたすら登る。

「なるほど・・・・これを登るのか・・・」 

複雑な思いを抱いているうちに、スキー場に到着。

季節はずれのスキー場のはずが大雪。思いっきりスキーできそうなんですけど。

P4140029.jpg

スキー場の施設の中で手続き。

P4140030.jpg

スポンサーの製品展示などあってイベントの雰囲気が盛り上がる。試乗車も用意してあったが、この天気ではどうにもならない。残念。

ミヤタのクロモリバイク。ヘッド回りの仕上げが見事。当然とてもお高い。
P4140034.jpg

外気温は0度。とにかく寒いので、見物もそこそこに宿に向かうことにする。

しかしこんな状態でもプロチームのマトリックスパワータグは駐車場でローラー錬。
P4140035.jpg
さすがプロ。気合が違う。しかしこの景色、罰ゲームに見えなくもない。

乗鞍が、有名イベントとしての性格も持つのに対し、八ヶ岳は冬が明けた最初のヒルクライムであることもあり、比較的ストイックなレースであるらしい。

電車移動の一名を加えて宿泊組7名。深酒することもなく翌日に備えて早めに就寝。

P4140036.jpg

おはようございまーす。 現地に6時までには着きたいということで、こんな時間に起床。宿泊は朝食バイキングつきなんだけど・・・もったいない。

外は雨はあがっているものの、濃霧状態。

昨日のスキー場に向かって登っていると突然青空が・・・・

なんと、一面の雲海。うまく写っていないけど絶景。
P4140055.jpg
スタート地点はこの雲の下。

スタート地点へはここからダウンヒルすることになる。

あちこちでローラーでアップする選手たち。我がチームも3台のローラーを持参。

体と緊張する気持ちをほぐすようにローラーを踏む。

P4140052.jpg

この時点でも周辺には雪が残っていた。ゴール地点は大丈夫かと気をもんでいたら、やはり。

昨日の大雪で麦草峠は40センチの積雪。全力で除雪したらしいが、ロードレースを行いその後ダウンヒルするだけの安全性が確保できないということで、コース短縮。全員がハーフコースに。つまり今いるこの位置がゴール地点になった。

悲喜こもごも。ガックリくる人。ショートが得意な選手は喜んでいる。yutabowは? 正直よくわからない。完走できる確率は高まった。しかし名物の麦草峠の雪の壁が見られなくなったのは残念。また、距離が短いということは平均速度が上がるということだから、完走したとしてもレースにならないかもしれない。



まあいい。どうであれ中止にならなくてよかった。今の自分で出来る全力で走るだけ。

7:30になったら、スタート地点に向かうと決めていた。その時間がきて、荷物をまとめてダウンヒル。



普通ダウンヒルというと、峠に登ったあとのご褒美なんだけど、今回は勝負はこれから。まだ路面は濡れているところがあり、大量に撒かれた解氷剤をプチプチと踏みながら下る。怖くてあまりスピードは出せない。「これはまた帰ったらすぐにバイクを風呂に入れんといかんな」などと考えながら、下る・・・下る・・・下る。

長い、結構長い。考えてみれば15キロひたすら下り続けるなんて初めてだ。都民の森は距離は20キロあるが、下りっぱなし状態は最初の数キロしかない。

これを登るのか・・・・という想いがしつこくよぎる。

朝はまだ寒かった。両手の感覚が麻痺しかけたころにスタート地点へ到着

つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/188-0e921a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。