赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田峠
日曜日は午後雨が降るので、午前中和田峠にいきましょう。

という、山好きのクラブチームメンバK氏からなかなかヘビーなお誘いがあり、行ってきました。

いわずと知れた東京近辺で最強クラスの激坂。以前のyutabowなら Out of 論外

ビビりまくって絶対行かなかったでしょう。でも八ヶ岳での800メートル一気登りは、yutabowに多少の自信を与えてくれていました。これも機会と挑戦することに。

八王子から和田峠、相模湖、大垂水峠とまわって昼までに帰ってくるという強行軍。

集合はショップ前6時。睡眠4時間のyutabowは布団の中でしばし格闘の上なんとかショップへ。

今回は3名。またしてもすばらしいマシンとお出会い。

P4210067.jpg

超カッコイイです。猛烈に目立ちます。赤いスポークのFFホイールは特別仕様らしいです。

今日もクリンチャータイヤはyutabowのみ。クラブチームはチューブラー率が高いです。

というわけで、いつものようにGo。いつものように、写真撮る余裕ありません。

P4210068.jpg

ので、過程はずばっと飛ばして、峠入り口です。

P4210072.jpg

実にいい感じの雑貨屋さん。跡かな。 のどかな里山の風景ですが、ここが地獄の入り口。

P4210071.jpg

休憩もそこそこに、出発です。



最初はそこそこです。里山の風景を楽しみながら登ります。

少しいったところで、K氏から、「さあここから休めないんですヨ」という言葉が。

すると景色が一変。一気に駆け上がるつづら折。ペダルがどしっと重くなる。

躊躇もプライドもなく、ギヤをインナーローに落とす。それでも重い。

確かに踊り場というか、傾斜の緩むところがない。ペダルの重さは八ヶ岳とは比較にならない。

あっという間に息があがる。心拍センサはもってこなかったが、間違いなく180は越えてる。

時速は10キロも出ない。

少しでも休もうとケイデンスを落とすと歩くような速度になりバランスを崩す。

脚を休ませるダンシングをしようにも、ノーマルクランクは体重かけてもペダルが思うように落ちずこれまたバランスを崩す。

「休みたいだとくぉら、ここをどこだと思ってる 踏め踏め! ひたすら踏むんじゃぁ」

と和田の神(?)に言われているような気がした。

なるほど厳しい。評判通りの強烈さだ。上等だ。絶対に登り切ってやる。

キツい分、あっという間に標高が上がる。「おお、もうこんなに登ったか」

峠が近づくと少し傾斜が緩くなる。緩いといっても10%はある。超激坂が激坂になっただけだが、相対的に楽になったように感じる。

GarminEdgeの時計が約20分経ったことを示している。

「そろそろかなり来たはずだ」 と思い始めたら正面に赤い小屋の屋根が見えた。

「やった、峠だ。ゴールだ!」

ゴール!!

P4210073.jpg

ふぅぅ・・キツかった。距離が短い(3.5キロ)からいいものの、これが7キロとかだったら泣いちゃいますね。

お決まりの記念写真。

P4210076.jpg

いやーー、ロードデビュー3ヶ月半であの和田峠に登るとは。yutabow感激です。我が相棒TCR SLはまた一つ素晴らしい走りの記憶を刻んでくれました。


さてここからは反対側を下り、相模湖へ出ます。

んですが、登りが強烈なら当然下りも強烈なわけでして、ダウンヒルには多少慣れてきているyutabowにとっても猛烈な下り。

yutabowのマシンは、八ヶ岳の決戦タイヤ ExtenzaRR1X は早々に外して、完成車タイヤの MicherinDynamicSportsに戻していました。

このタイヤ、平地や多少の上り下りでは問題なく、むしろ2漱石もしないタイヤにしては使える方だと思うのですが、和田の下りでは完全に能力不足。

絶対的グリップの不足、時速50キロを超えると細かくハネて落ち着かず、路面状態を伝えてこない。

下りコーナー入り口でガーーーッとブレーキをかけるとそれだけでいっぱいいっぱいという感じで車体を倒す気がしない。そうも言っていられないのでコーナリングするのですが、相当速度を殺さないとアンダーステアが出る。

不快を通り越して危険すら感じました。

「いやー、このタイヤ怖いっす」 とこぼすと、K氏が 「ホイール替えてみますか」と言ってくれた。

P4210078.jpg

手組みホイールです。デュラハブにアンブロシオのチューブラーリム、見た目がクラシックでTCRにはちょっと合いませんが、走りは素晴らしかった。

滑らかです。ぐっと踏み込んだ初期加速の滑るような滑らかさ、路面の細かい凹凸を吸収する柔軟さ。それでいて横方向のブレは微塵も感じられず、路面を切るようなシャープさを兼ね備えています。K氏によるとタイヤの違いだとのことですが、これがチューブラーの味というものでしょうか。大垂水峠でも明らかに登りが軽く、この差は確実にタイムに影響するレベルだと感じました。

当面はホイールなど買えないのでyutabowはクリンチャーで頑張りますが、タイヤには投資すべきだなと痛感しましたね。

八王子のあたりで雨が降り出した。「うひゃあ、予報より速い。ズブ濡れ覚悟か」と思いましたが、立川をすぎたあたりで雨は上がりました。

最後の休憩。多摩川瀬戸橋近くのセブンイレブン。

P4210079.jpg

少し休憩を多めにとったので、昼過ぎにショップに到着。距離は約100キロ。獲得標高1000m強。
午前だけでこれだけ走ってこれることに驚きです。

いつもyutabowに驚きの世界を見せてくれるクラブメンバ各位、そして愛車TCR SLに感謝です。



スポンサーサイト

コメント
和田峠
行っ事ないですが陣馬亭の写真はみなさんのブログで拝見してます。

ホイールとタイヤは一番効果を実感できるところかもしれませんね。
いいホイールはかなり登りには力を発揮できるようです。

もう少しお待ち下さい^^
僕もロードデビューしますのでそれまでは今の鉄下駄マシンで山岳を攻めますww

いろいろ欲しい自転車はあるのですが予算的に懐的に考えて
FELT F5 LTDが上がってます。
しかし予算がまだまだ貯まりませんがwww
[2012/04/25 20:51] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]

FELT
アラ2の予算でカーボンとなるとFELTは圧倒的なコスパですね。ただR500を超えるといわれる重いホイールがネックです。またFELTの場合、ハンドルが幅、リーチ共に大き目なのでチェックしてください。これらを買い替えたりするとお買い得でなくなってしまいます。makotoさんはパワー系だと思いますから、どうしてもカーボンというこだわりがなければF55やKOGAキメラAL、CAAD10などの高性能アルミもお勧めしたいです。実際私はTCR SLの走りが気に入ってまして、中途半端なカーボンには興味がなくなりました。カーボンでお勧めするとしたらインターマックスのマスターXライトですね。エントリーながらヤワくないカーボンフレーム、チェーンホイールまでフル105.軽いとはいえないがフルクラムホイール。これならしばらくの間完成車状態で楽しめると思います。楽しく悩んで、早くロードの世界にいらしてください。お待ちしていますよ。
[2012/04/26 19:25] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/191-36c637cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。