赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンシング考 1/2(長文ご容赦)
yutabowはダンシングが苦手である。

割に合わないのだ。アフターバーナーのようなもので、一瞬のパワーを取り出せる気がするが、エネルギーは3倍消耗する。よって、スタートダッシュでは時々やるが激坂でキツくなってからはその後ますます辛くなるので使えない。

よってyutabowは風張も八ヶ岳も和田も、そして先日足をついてしまった梅の木もシッティングオンリーである。正確に言うと全く使わないわけではないが用途が違う。斜度が緩くなったところで、足を延ばし、体をほぐすためにやる程度である。

今のところyutabowにとって「休むダンシング」は謎の技術なのだ。さらにパワーを出すという意味でも疑問を感じる技術である。

練習で克服すれば良い話であればわざわざ長文注意のブログを起こす必要はない。

実は理系人間のyutabowにとって、ダンシングは理論的裏付けに疑問があり、どうして良いかわからない部分があり、どうにも真剣に取り組む気になれないのだ。

コンタドールでなくてもプロアマ問わず、レーサーでダンシングを全く使わない人は皆無である。従ってこれが有効で必要であることは客観的にみて間違いない。しかしその理論は、雑誌やWebに書いてあるほど単純でないように思える。実はネコが空中でどうやって体をひねるかとか、卵を回すとなぜ立つかというお題並に難しい話ではないかと思えるのだ。

ママチャリにおけるダンシングの意義は比較的簡単である。ママチャリのポジションは走るためではなく楽に座るためのものであり、ペダリング効率とは無縁である。よってママチャリのダンシングはペダリングのための最適位置への腰のポジションチェンジである。

コンダドールの華麗なダンシングを見ていて気付いた。別にコンタドールでなくてもツールドフランス級の選手は大柄な選手が多く脚が実に長い。(yutabow比) ダンシング時には股間がサドルより優に20センチは上がっている。
また通常のペダリングを見てもサドルが高いにもかかわらずペダル下死点での膝にはかなり余裕がある。

つまり、膝裏が痛くならない程度に膝をぎりぎりまで伸ばしてもなお低いサドルに悩むyutabowとはポジションの条件が根本的に異なり、通常のサドル位置は相当にイージーでコンフォートな位置にある。よってダンシングで膝を伸ばすと腰の位置は大きく上に移動し、パワー優先のポジションチェンジを行なっていることになる。ように見えるのである。つまりコンタドールのダンシングはポジションチェンジなのである。

何が言いたいかというと、多くの雑誌やWebの記事で前提のように語られている、「ダンシングは体重を利用して力を出す」という理論は嘘だと思うのである。嘘というと言いすぎかもしれない。ペダルに体重をかけるからその分パワーが出るだろうというような単純な話ではないはずだということだ。

自転車の推進力を生むのは風の影響は排除したとすれば、ライダーの筋力と重力が全てである。
ダンシングが体重を利用してパワーを出すという話は確かに片側のペダルを踏み下ろしている瞬間には成立している。ただし当然ながら体重に仕事をさせるとライダーの重心位置は下がるからその分を持ち上げなければならない。よって次の一踏みの準備のため、本来ペダルに伝えたいパワーがライダーの体を持ち上げるために使われてしまう。実際にはライダーはペダルに体重を乗せると同時に脚を伸ばして踏み込みと体の持ち上げを同時に行なっている。

などと長々書くまでも無く、ペダルを駆動するのもライダー自身を上下させるのも脚の筋力と考えれば座ってようが踊ってようが車輪に伝わるパワーは同じであるのは自明である。

多摩湖でのアウタートップ練で実際に簡単な実験もしてみた。一番負荷のかかる上り坂でシッティングでぐいぐいと登る。私の脚では時速30キロの維持はできず、いささかスピードダウンして登りきる。
次にダンシングで登る。踏み込みの瞬間に感じる足裏の圧力は遥かに高い。強いトルク変動でタイヤがぎゅんぎゅんと路面を蹴る音が聞こえる。躍動的である。すごく力が出ている気がする。

が、坂を越える時のスピードは変わらない。むしろ途中で息があがってしまってスピードが落ちることすらある。
一度ダンシングで一周してみようと思ったが、とてもスタミナが持たず、早々にやめてしまった。

つまり、

 ・コンタドールの真似をしても無駄である。彼らの体格はダンシングを明確なポジションチェンジに利用できるが、通常のサドル位置がいっぱいいっぱいであるyutabowにおいてはポジションチェンジにならない。
 ・体重をめいっぱいペダルにかけるダンシングは少なくとも今のyutabowの技術では実践的にも意味がない。


疲れたので・・・続く






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/207-187f407e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。