赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンシング考 2/2
ダンシングの場合、バランスを取る意味で自然とバイクを左右に振ることになる。

引くにしても押すにしてもバイクを左に振れば右のペダル位置はその分上にあがる。
その時脚がペダルを踏んでいれば、腕の動きが間接的にペダリングに参加していることになる。ただこの動きの寄与は僅かだろうし、正しいダンシングはやたらにバイクを振らないようにとあるが、いささかは効いていることは間違いないと思う。ただダンシングで得られるはずのパワーからすれば本質ではないだろう。

今日もローラーで自分のダンシングの動きを観察してみた。

シッティングに比べると足首と膝を伸ばして少しでも高い位置でペダリングしようとしている。長時間やると膝を痛めるパワー重視ポジションに僅かながら移動しているのは間違いない。シッティングより2~3段重いギヤを踏める。ただケイデンスは落ちるしトルク変動も大きくなるので速いわけではない。同じスピードを出そうとするとシッティングより疲れる。今のところyutabowのローラーにおけるダンシングの効用は○○○の痺れが取れることくらいだ。

ダンシングとシッティングの違いは言うまでも無く腰がフリーになること。支えが一つ減る変わりに動きの自由度が増す。ここにダンシングの本質があるはずだ。

野球のバッティングでは、ノックなどの軽いバッティングは上半身と腕中心にバットを振るが、フルスイングの場合はまず脚の強い踏み込みから入り体軸の回旋が先行し、腕とバットはあとから出てくる。
ノックでいちいち脚をどすんと踏み込む人はいない。不要だし、効率が悪く疲れるからだ。フルスイングを上半身だけでやる人はいない。パワーが足りずヘッドスピードが出ないからだ。

ダンシングにも同じことが言えるのではないか。腰をサドルから外すことにより体幹の動きの制約をなくし、上半身の何らかの先行動作と脚の回転を同期させることによりペダルに伝えるパワーを増大させる、または激坂において上半身に負荷を分散し脚の負荷を軽減させる。これならコンタドールのように脚が長くなくても有効な技術だ。しかし難しい。多分スキーで真に正しいパラレールターンを習得するのと同じくらい難しい。多分yutabowはまだ単にスキーが揃っているだけで、真のダンシング技術が殆どわかっていないのだろう。

正しいダンシングは腰を上下させないと書いてある。前回書いたとおり、体重に仕事をさせたら必ず元の位置に持ち上げなければならず差し引きゼロ。実際にはオーバヘッドがあり損をする。ダンシングは体重に仕事をさせる技術ではないことを暗に示している。

ここに焦点をあてたダンシング技術の教本がないだろうか。まあスキーのパラレルターンも教本は山ほどあるがそれでも習得は難しいので、仮にあってもそう簡単ではないと思うが、スキーやゴルフのように、もっと深堀りすべき技術であるような気がする。

それにしても、コンダドールのダンシングは軽やかだなぁ。

ローラー、昨日16キロ。今日21キロ。

インターバルを取り入れてみた。トレーニング本にあるような時間と回数はとてもじゃないが辛くでてきないが、真似事でもやってみると筋肉に良い刺激になるようだ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/209-096f85ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。