赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽い負荷でクルクル論
もはや定説になっている、「軽い負荷でクルクル回す」。

しかしyutabowはハイケイデンスが苦手。もっとも効率が良いと感じるケイデンスは80程度であり、90もまわすと余分に脚を回している感覚になる。

40代後半という年齢を言い訳にしたいところだが、同年代でも巡航ケイデンス100前後で、定常的に110で練習をするというレベルの方は珍しくない。

さらに苦手な上に好きじゃない。先日の多摩湖で前を走るローディー氏は多摩湖の登りでインナーギヤを使いまさにクルクル走っていた。yutabowは多摩湖周回は通常52/16~18、筋トレモードの日はアウタートップ(52/12)で周回する。足裏にペダルからの圧力を感じ、それに負けないトルクをかけられるかがyutabowの快感の基準なのであります。

ハイケイデンス定説を割と明確に否定している記事には以下がある。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=18847

yutabowにとっては都合の良い記事だが、こういうものは例外的で、世間様はまずは90.90回さないやつは素人だという勢いである。

ハイケイデンス定説のルーツはほぼ間違いなく、最近残念なニュースが流れてしまったランス先生。
しかしランス先生に限らず、ロードの世界トップ選手は安静時心拍が30台とかいう改造人間級の循環系を持っているので、心肺に負荷がかかるハイケイデンスへの耐性はけた違いでありそのままマネできないというかマネすべきではないのは明らかである。

エンジン出力はトルク*回転数だから同一トルクであれば出力を上げるためには回転数を上げれば良いことは自明。ただし自転車の場合はエンジンが人間だから機械にはない制約があり、トルクに関しては筋疲労、回転数は心肺負荷が制約になる。よってハイケイデンスの上限を高める、つまり脚を高速で回す技術を身につけ心肺を鍛えることは出力アップの一理であることは否定できない。

「軽い負荷でクルクル」の軽い負荷とはyutabowの場合、筋肉の痛みが不快でないレベルに維持できるかほとんど感じないギヤ位置である。この筋肉が痛くならない上限は、楽なレベルでいくら回し続けても向上するとは思えず、やはりある程度の負荷をかけた練習が必要なはず。圧倒的に筋力の足りない我々へたれレーサーは、筋力と筋疲労への耐性を高めることも大切、むしろそっちが先ではないかという気もする。また極端なハイケイデンスは機構的にも技術的にもパワーロスが大きくなる。

トップ選手を目指す若人は、無暗に踏みまくって未完成な体躯を傷めるリスクを避け、トップをめざすにあたって制約となる上限回転数を上げる技術を先に身に着けるべきというのはおそらく正解。
必要にして十分な筋力を身につけ、かつハイケイデンスに耐える心肺能力を持つライダーが、レースに勝つ方法論として軽めのギヤをくるくる回して筋疲労を抑える。これもおそらく正解。

だけど筋力も心肺能力も足りないyutabowレベルの草レーサー、さらにレース志向ではなく走りを楽しむファンライダー各位までひっくるめてみーんなクルクルというのはなーんか違うのではないかと思うのである。

凡庸な結論だが、クルクル論の本来の趣旨は、重いギヤを踏み抜く練習だけではレースには勝てない。比較的軽い負荷で効率よく高回転でペダルをまわす技術とそれに耐える心肺能力の向上も必須ということ。高回転の最低限の目安として90とか100があるのかなと思う。実際にはさらに人それぞれの体質も加わる。要はバランス。

などと偉そうな結論だが、yutabowはさらにバランス以前に絶対練習量が足りないことは重々承知の助。

・・・・

くっ、読み直すといつもながらひどい文章だ。いつものごとく消したくなったが、もう夜も遅いし(?)おいとこう。おやすみなさい。



スポンサーサイト

コメント
記事を消される前にコメントを(笑)
僕もはいケイデンスは苦手だけど
気がつくと疲れてきたときは軽いギア比でクルクル回してることがあります。
ケイデンス80で踏める最大ギア比を上げていくことが僕は理想ですね。
無理にトルクをかけるのも時にはいいかと思いますが
無駄にクルクルはどうかなと思います。
とりあえず坂は苦手でしかたないww
[2012/10/20 19:48] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]

makoto♪さん
平地のアウタートップは気持ちいいですよね。ゆったりした脚の動きでスピードメーターを見ると38キロとか出ていてムフフと思ったりします。ヒルクライムでも、やっぱりトップクラスの選手は力強いというよりは平地のフォームを崩さずにスムーズに早めのケイデンスを踏んでいますね。ケイデンス80で5%登りを3キロ。70で10%登りを1キロ回し切れるスタミナがほしいです。でもこれは辛い練習するしかないんですよね。辛いのは嫌いです。うーむ。(笑)
[2012/10/22 09:40] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/254-db641fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。