赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

makoto♪さんと多摩湖
ロードデビューされたmakoto♪さんが多摩湖に来るということで、会いに行きました。FELTのロードには興味があるので、ペダルを交換して試乗させてほしい。という厚かましいお願いを快く受け入れていただき、ツールボトルに15mmレンチを忍ばせて多摩湖へ。

多摩湖到着後数分でmakoto♪さん到着。

yutabow家からはすぐそこですが、makoto♪さんはここまで50キロ超。おつかれさまです。

ごあいさつもそこそこに、ペダルを交換して、交換試乗会です。

makoto♪さんのニューマシン FELT F85
R0011028.jpg

色遣いは彗星号Jr.に似ていますが、印象はかなり違いますね。マットブラックが渋い。丸っこくで太いダウンチューブと、エアロ形状で扁平なフォークが力強い印象です。ホイールのスポーク数が多く、特にリアの32Hは手組ホイールの景色です。普通骨太なフレームにこの手のデザインはマッチしないのですが、スポークがブラックであるせいか、不思議と違和感なく決まってます。

makoto♪さんは脚が長いと思われ、yutabowの昭和サイズの股下では膝が伸びきってめいっぱいでした。orz..

逆にmakoto♪さんはサドル低すぎて力入れにくかったでしょうね。

早速試乗周回スタート。

yutabowの彗星号Jr.は価格重量比では最強クラスのモデル。フレーム、ホイール共エントリモデルとしては軽量なので、FELT F85とは1キロ強の重量差があります。これは車体を持ち上げた時から感じられ、踏み出しや車体を降った時などやはり若干の重量感が感じられます。

ただ、だから走りが重いのかというとそうでもないのが面白いところで、ちょっと横道を外れたプチ劇坂や緩い登りでアウタートップ登りも試してみましたが、重いから登らないという印象はありませんでした。

メーカー自らピュアレーサーと銘打っている彗星号Jr.と比較しても剛性感や精度感は変わりなく、FELTしっかりしてるなと思いました。

重さが有利に働くこともあるようです。走行安定性が良く、ダンシングがやりやすい。ダンシングに苦手意識を持つyutabowがガンガンダンシングしたくなるのには自分でも驚きました。ジオメトリや剛性バランスの違いもあるのかもしれませんが、荒っぽいダンシングでも車体がふらつかない。帰りに同じことをやろうとしてやはり彗星号Jr.は車体のふらつきを抑えるのに気を遣うことを改めて確認しました。多スポークのせいかホイールがしなやかで、多摩湖周回の荒れた舗装の振動もマイルドです。

彗星号Jr.の乾いた乗り味とかかりの良さは、yutabowにとって同クラスでは他に代えがたい魅力です。
しかし、こと多摩湖周回に限って言えば、どちらで行くかと言われたら、細かい上り下りを繰り返す荒れた路面を安心してガンガン踏めるF85を選ぶかもしれません。自転車って本当に奥が深いというか、面白いですね。

yutabow初体験のコンパクトクランクですが、確かに激坂ではぜひほしいキラーアイテムだと思いました。しかし予想通りギヤ比が離れすぎていて、急激にペダルが軽くなりリアの調整が大きくなる。斜度が変化する状況で切り替えながら走るにあたってはむしろ使いこなしが難しい印象を受けました。yutabowとしてはもう少しノーマルで痩せ我慢しようかな。

おつかれっす。
R0011029.jpg

しばし時間を忘れてmakoto♪さんと歓談。

帰らなければならない時刻をすっかり過ぎてしまい、家族からのお怒り電話で慌てて帰ることとなりました。

いやー自転車って本当に面白いですね。

またよろしくおねがいします。
スポンサーサイト

コメント
今日はありがとうございました!
自分でも他人のバイクに乗るなんて考えてもなかったので今日は貴重な体験ができて良かったです。
僕は逆にTCR SL2が想像以上に重量乗り味共に軽いのには驚きました。

思ったことは僕にはコンパクトクランクのインナーが合わないなと実感。
慣れもあるのかもしれませんがプチ激坂ではノーマルクランクのインナーの方が自然な感じもしました。
本当の激坂はそうも言ってられませんが(^_^;)

近いうちホイールは少し軽量なものに変更しますがそれでどんな走りになるかは今から興味あります。

自転車は奥深くまた面白いものだなと思った一日でした(笑)
[2012/10/27 20:36] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/257-24d0cc0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。