赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は彩湖で試乗会 ^_^)
今週末は土曜日が仕事。日曜日も午後用事があるということで、午前中だけちょっと走ろうかと。

先週の交換試乗に味をしめたyutabowは、最近新車を購入した友人のことを思い出し連絡したところ、これまた快くOKしてくれたので、2周連続の交換試乗会となりました。

その前に彗星号Jr.で走り始めて10か月。今までステム位置は購入時のままでしたが、今回試しに一センチ下げてみることにしました。

ステム引っこ抜くのは初めて。おーー、確かにカーボンコラムでした。
R0011033.jpg

スペーサーもカーボンです。
R0011034.jpg

ステムの高さは3ミリでも違いがわかると聞いていますが、確かに一センチ下げると姿勢が変わることが感じられます。悪くない感じです。より攻撃的な姿勢になり、回すペダリングに意識を集中しやすくなった気がしました。

今日は荒川沿いの彩湖。それにしても天気が良かった。
R0011043.jpg

気温も走行に最適で、ローディーさん大量にいましたね。

今日の試乗車(?)、フルカーボン。RFX8 UD です。
今年のフルモデルチェンジで名前が変わりましたが、yutabowの次のバイク(いつになることやら)の有力モデルです。おのずと期待が高まります。
R0011052.jpg
RFX8の特別仕様。化粧カーボンが良く見るモザイク状でなく幅広のテープ状です。塗装もマットかと思っていましたがそうではなく、透明度をやや抑えた感じのクリア塗装でした。フレームに引かれた細い赤いラインと、赤いケーブルがあいまって、渋い精悍さを醸し出しています。

パーツグループセットは彗星号Jr.と同じ105ですが、ホイールは最新の9000系デュラC24です。
細かい話ですが、手組用のデュラハブはフリーホイールのノッチ数が32のはずですが、このホイールのDuraハブは16ノッチでした。仕様変更か。それとも手組用と仕様が違うのでしょうか。

オーナーの友人との体格の違いで、サイズが小さくやや窮屈でしたがそれでもRFXの乗り味を楽しむことができました。逆に友人は大きすぎて少々苦労したようです。

確かにしなやかです。路面の細かい凹凸は殆ど伝えてこないし、バンプを超えるときの衝撃も角が丸まった感じ。彗星号Jr.(TCR SL)は踏み込んだ時に、金属のチェーンを引っ張る感触が明確に感じられますが、RFXは素材感をマスクして力のみを伝える感じです。ただ、フレームが柔らかいとか、強く踏むとヨレるとか、力をため込むとかいう印象はありません。ライダーの闘争心を刺激するとんがった特性はないが、扱いやすく地味ながら確実に力を伝えてくれる、いい意味でフレームの存在感が薄くて実に乗りやすい。結果的に一般ライダーにとっては速いフレームなのかもしれないなと思いました。

9000系デュラC24ホイール。カーボンラップがややテカり気味で、見た目だけで言えば7900系の方が好きですが実に良いホイールでした。ハブの滑りが良い。彗星号Jr.のAClass440SLのハブも無負荷での回転は遜色ないのですが、実走してみるとやはりduraハブ、不思議なほど滑らかで軽いです。ローハイトのカーボンラップアルミリムも軽いようで、440SLは発進から時速20キロまでやや重さを感じるのですが、デュラホイールは発進から軽く、そのままするすると加速していきます。彗星号Jr.に9000系デュラC24ホイールを履かせたパターンも試しましたが、なかなか素晴らしかった。堅めのフレームの振動と路面の振動の両方をしなやかで軽いホイールがとりもって滑るように走る感覚。あまりに定番すぎる嫌いはありますが、やはり正解なホイールだなと思いました。

珍しいものを見ました。
R0011049.jpg

彩湖に大量のヨット。でもなんか違和感ありますね。ラジコンのヨットです。何かの大会だったようで、水面にマーカーを浮かべてレースをやっていました。

初めてのフルカーボン体験でしたが、やはりカーボン素材の良さを感じました。またRFX8がアンカーのベストセラーであったことも短い時間でしたが納得できる気がしました。一方でアルミの彗星号Jr.も決して悪くない。個人的思い入れも大いにありますが、帰りの道中、「これはこれでいいよな」と改めて感じながら走っていました。

先週も感じましたが、やっぱロードはロード。特性の違いこそあれそれぞれに楽しいです。(^^)

ただ、今日は帰宅後いつもより強い肩凝りに悩まされました。サイズのあわないフレームでガンガン走ったせいか、それともステムを下げたせいか。

あいや、おそらくここのところの練習不足のせいですね。 反省(>_<)

スポンサーサイト

コメント
またもやスパナ持参ですか?
フルカーボーンは別の乗り物って感じがしませんかね?
ホイールのもつ特性はやはり大きいですよね。
知り合いに最近チタンを買われた人がいるのでこんど乗らせてもらおうかなと思ってます。
幸いにしてペダルが同じなのでチャンスかとww
[2012/11/05 20:47] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]

スパナ常備になりそう^^)
私は機材オンチかもしれません。少なくとも今のところは素材やメーカーによる違いは雑誌やネットから得られる情報から想像したものに比べ遥かに小さいものです。
素材がアルミでもカーボンでも基本は同じと感じました。
ただカーボンは繊維素材ですから、その特性は仕立て次第と思われ、おそらくハイエンドカーボンは、それぞれの目的に特化した特徴ある乗り味を持っているものと思います。
チタンは未知の素材ですね。私の経験してみたいです。あとクロモリも。
[2012/11/05 22:17] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/258-569631b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。