赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育会系固定ローラー導入
最近ローラー門限が守れない日が続いているので、深夜、あるいは早朝でもまわせる静かなローラーが欲しい・・・・という真面目は理由なのか物欲由来の口実か自分でもよくわからないのですが、固定ローラーを導入してしまいました。

固定ローラーといえばカタログの文言が妙に強気なMade in Japanミノウラ、ハイテクで高級感のあるエリート、凝った負荷装置が魅力のサイクルオプス、ファッショブルでなんかヨーロッパのプロチームが回しているイメージのTACXというったところ。

ネットの評判や販売価格など、例によって頭痛がするほど調べ倒し、悩み倒して決めたFAがダークホース。ジャイアントの固定ローラー、サイクロトロンフルードSTでした。

PB110145.jpg

はっきり言って、上記のメジャーメーカーがひしめく中でこれを選ぶ人は少ないでしょう。負荷レベル自動といえば聞こえはいいが、負荷設定機能なしリモコンなしメーターなしスマホアプリでどーのこーのというオサレな機能なし。ないないづくしで42,000円です。実はアルミフレームの上位機種があってそれは5万以上します。これでも廉価版なんです。しかも基本通販禁止アイテムなのでショップでほぼ定価で買わなければなりません。

それでもこれにした理由は、yutabowにとって重要な他にはない特徴があったからです。

それが、この極太ローラー。

PB110150.jpg

70mmあります。これに比肩するものはアメリカの1upUSAという製品が75mmのローラーを持ちますが、これは日本では入手難。これ以外では、これに近い太さの製品はありません。

この太さはyutabowにとっては2つの意味で重要。一つ目は、業界で最も静かな製品が欲しい。3本ローラーの門限を過ぎても使えないと、今回の導入の意味が半分失われてしまいます。太いということはそれだけ回転数が低く静かになる。さらに負荷装置が騒音面で有利なフルード式。各社我こそは最も静粛なりと主張していますが、原理的には極太ローラーとフルード式の組み合わせが最も静かなはず。もう一つは、タイヤへの負担。とにかく買わずに済む物は極力買わずに済ませたいyutabowとしては、ローラー専用タイヤや専用ホイールなど導入したくない。500Wを常用するレーサーの使用に耐える設計のこいつは、太いローラーでタイヤの変形が少ない上に、高熱になる負荷装置の熱がローラーに伝わりにくい構造を持っています。実走かそれ以上にタイヤが減らないというインプレを見て、少々高いがこれしかないと思いました。

あとは、何というかこの製品のオーラというか、質実剛健なミノウラさえも華奢にみえる圧倒的な存在感にヤラレましたね。

実際重いです。13キロ。クロスバイクより重いですから、ショップから車で運んでもらいました。

操作ノブ以外は全て金属。スチールのフレームは頑強そのもので、タワミは皆無。ホワイトの塗装にはわずかにラメが入っていて意外に高級感もあります。ガッチリホールドしてくれます。

PB110151.jpg

それになんといっても、ローラー部の造りがもうなんというか・・・
PB110147.jpg
ここまで頑丈に作らんでもいいと思いますが、金属魂! という感じでシビれます。

ただ、このゴツくて重い負荷ユニット部を収納時に固定する機能が無いので、小さいお子様には注意が必要です。

PB110152.jpg
少しわかりづらいですが、ローラーはこのように内部が大きくくりぬかれ、軸とフィンでつながっています。これによりタイヤとの摩擦熱を効果的に放熱し、またシャフトと通じて伝わる負荷装置の熱が伝わりにくくなっています。ここが中実の細いローラーになっている製品だと熱でタイヤが溶けたりするそうですが、この製品ではそんなことはありません。300W程度で数分まわすと負荷ユニットは火傷しそうなほど熱くなりますが、ローラー部は熱めの風呂のお湯程度。これなら真夏の路面と同等ですからタイヤが損傷することはなさそうです。

ところで、カタログの絵ではここにファンが内蔵されていることになっているんですよね。
img_tech_01.png

こんなところにどうやってファンを仕込んでいるんだろうと興味深々でしたが、どうやらそのようなものはないようです。写真に写っているフィンが反対側まであるだけです。

確かに英文の表現では、「Cooling Fin」とありファンやプロペラという表現はありません。このフィンが回転すれば、空気をかき混ぜる効果は十分にありそうですがちょっとがっかり。カタログの絵はイメージ?ということなんでしょうかね。

期待通り非常に静かです。ローラーと負荷装置そのものはほぼ無音に近く、時折負荷装置から「シュー」という不思議な音(エアコンを切った時にパイプから出るような音」がしますが、音量は3本とは比較になりません。
タイヤとローラーの摩擦音(キューキュー音)とチェーンの音が気になるくらいで、正面で強運転している扇風機の音のほうが気になるくらいです。キューキュー音を減らせないか研究中ですが、騒音は、私の環境(コンクリのマンション)であれば、期待に十分応えてくれるレベルでした。

ただ大型のローラーがまわりますので、わずかながら振動が出ます。床に置いてやると太鼓の効果で盛大に唸るでしょうから振動対策は必要です。写真の通り、私の部屋はカーペット敷きですから振動音は気になりませんが、念のため何か防振材をはさもうと思っています。

500Wを常用するレーサー用と言うだけあって負荷は強力です。負荷のかかりかたが非常に滑らかで回転数にしたがってリニアですから、最初の踏み出しは「あれ?物足りない」と感じますが甘い。時速30キロで340Wを吸収するそうですから、回転数をあげてくとあっという間に息があがります。しかもこれ、私の3本の負荷装置と違って私の出力レベルでは熱ダレをおこしませんので、最後までキツいです。(>_<)

地味で質実剛健な製品ですが、構造といい、性能といい、鍛える道具としての本気を感じさせてくれる製品です。速くなりたいと願う男なら(あいや女でも)、この製品お勧めです。
スポンサーサイト

コメント

ボクはエリートの3本ローラーなんですが
ミノウラに比べると比較的静かです。
でも負荷が足りないので固定にもちょっと興味津々
[2012/11/12 17:53] URL | カレーパンマン #89zBIK8s [ 編集 ]

両方あるといいですよ
筋力鍛えるなら断然固定ローラーですね。 エリートの負荷装置つき3本はあまり強い負荷はかけられないと聞きます。サイクロトロンフルードいきませんか。などと言いながら、iPhoneアプリで疑似ヒルクライムが楽しめるやつもいいなと今更思ったりしています。
[2012/11/12 21:34] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/260-ed777927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。