赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々多摩湖で空気圧実験
走らない病からどうやら回復したyutabow, 久々に多摩湖に出かけました。

走らないといろいろ余計なことをかんがえてしまうものですが、ここしばらくタイヤの空気圧を研究しておりました。

周りにのサイクリスト各位を見ていると、Pro4やExtenzaであれば後ろ8、前7.6という感じの方が多いようです。高いほど良く転がるはずだから、不快にならない程度になるべく高くという感じでしょうか。

ちなみにyutabowはPSIちゅうやつがどうしても頭の中になじまなくて、115とか170とか言われてもどうにもピンとこないので毎度気圧になおしてます。

だいいちPSIっていまどきポンドパースクエアインチですよ旦那。国際標準のkpaならまだしも、いまどきポンドだインチだとおのれ欧米と思う私は多分少数派でしょうね。

で、空気圧ですが、海外に情報を求めると、意外なほど低い値を推奨するところが多いことに気づきます。

有名なミシュランのグラフでは、yutabowの体重だと7気圧程度。しかもこれを前後に配分しますから、7.2/6.8なんてことになります。

海外のサイクル掲示板をのぞいてみても、

「ヘイジョージ、圧上げれば速いなんて古いぜ!、俺は体重67キロだけど、前は100PSI(7bar)より高くすることはないぜ!」

てな感じで、意外に低い値で乗っている人が多い印象を持ちます。

確かに空気圧と転がり抵抗の関係は、高いほどタイヤの変形が少ないため良く転がるというのは理想的な路面での話であり、現実の凹凸のある路面においては、圧を高くしすぎるとタイヤの振動吸収性が低下し、ハブに振動が伝わり回転性能を落とし、かえって転がりが悪くなる。その上ライダーの負荷も高くなるので結果的に遅くなる。というのがイマドキの定説のようです。

この点、振動吸収構造を持つ超絶ハブ「ゴキソハブ」なら影響を受けないんでしょうか。

低めの圧で充分転がるなら、グリップも安心、ライダーも楽で良いのですが本当かいということで、一つ実験してみることにしました。

コンチネンタルのスプリンター。普段は7.6/8.0という感じですが、ちょっと大胆に低めに。7.0/7.5に調整して、多摩湖に向かいました。

多摩湖自転車道は舗装が荒れていてちょっと不快だったのですが、きれいになっていました。これはいい。
P5260024s.jpg

測定方法は、周回道路の程よい緩斜面の壁につかまって、漕がずにスタートし、最高速度を測定。そして下ってかなりスピードが落ちる決まった場所での速度を測定するというもの。

まあお遊びなので、厳密さはご勘弁。

低圧スタート。念のために圧チェック。このためにメーター買っちゃいました。家にこもってるとろくなことありません。
P5260026s.jpg

2回測定 最高速度24km、定点速度11.5km
     最高速度23km、定点速度11.8km

ふむ、では高圧充填。7.0/7.5から8.5/9.0まで上げます。

携帯ポンプで9.0まで突っ込むのは結構骨折れますね。
P5260025s.jpg

では測定 最高速度31km、定点速度14.0km
ありゃ、全然ちがうじゃん。やっぱり高圧がいいのか。

2回目 最高速度27km、定点速度・・・・あれスピード上がらない 9.0km ??????

そういえば向かい風。そよ風程度だけど。でもそれ以外には考えられない。

高圧設定で多摩湖一周。明らかに転がりいいです。しかもチューブラーのせいか、後ろ9突っ込んでもガチガチした感じや、グリップが低下する印象はありません。あくまでも多摩湖周回で走る程度での話ですけど。

P5260028a.jpg

今日のちょっとした実験では、今回の条件では明らかに高圧の方が転がりは良い。しかしその差はそよ風が吹けば打ち消される程度のもの。転がり感の感覚は結構微妙なんだなと。



Continental Sprinter というタイヤは、タイヤサイドには最大空気圧しか書いていません。これが12気圧というとんでもない値なのでまあこれは構造上の限界を書いてあるだけだろうと思って無視して7とか8で走っていたのですが、本国のサイトにちゃんと情報がありました。

115-170PSI。気圧に直すと7.93-11.72。だいたい8-12.

クリンチャーとはちょっと感覚の違う、かなりの高圧タイヤでした。

この仕様だと、私が実験した 7.0/7.5は完全に推奨範囲を外れています。

yutabowの体重が65キロ程度ですから、グローバルなライダーの体重分布を考えると、今回高めで設定したつもりの8.5/9.0は適正かややまだ低めで、単にこの気圧で本来の転がり性能を発揮しただけということだったようです。

というわけで、あまり参考にならないダメ実験でしたが、7.0/7.5における楽ちん度はそれはそれでいいものでした。

彗星号Jr.は、GIANTが「アルミの剛性感を好むストイックな競技者に」と称していた硬派なバイクですから、ロングライドでミドルカーボンフレームのように楽したいと思ったら使えるセッティングだなと思いました。チューブラーですから、リム打ちの心配も少ないですしね。

今度機会があったら、クリンチャーのExtenzaRR1Xでも同じ実験をしてみようと思います。

今度は、推奨空気圧の範囲内で。
スポンサーサイト

コメント
最大空気圧
かなり以前に調べただけなので、微妙に忘れている部分もあるのですが
最低~最大空気圧が表示してあれば、もちろんその範囲内で。
最大しか表示していない時は標準的な体重なら80%前後で。

というように記憶しています。

もちろん体重に合わせて増減するのは言うまでもありませんが、
仮にとっても軽い人の場合でも、最低を下回るのはダメとも覚えています。

チューブラーでリム打ちパンクの心配がなくとも、空気圧不足は偏摩耗の原因になったり
パンクのリスクが高まってしまうので、やはりある程度は入れないとダメみたいです。

最低が8で最大が12という事は、8÷12×100=66.66%なんですね。
中間(標準体重想定)だと10÷12×100=83.33%
やはり80%前後の指定値になっているんですね♪
[2013/05/29 07:56] URL | スターチャンネル #- [ 編集 ]

空気圧
僕はメーカー推奨の空気圧を上限にして
そこから低くすることはありますね。
やはり圧が高いと路面によっては車体が跳ねますからね
グリップ感も重視したいものです。

そいえば
パリ・ルーベの頃かな別府史之さんが僕がパリ・ルーベ走るとしたら空気圧は5気圧にするってネット上で語っていた事が印象的です。
う~んどれが正しくてどれが間違えなのかはわかりませんね(^_^;)

いろんなリスクを踏まえた上で一番その時にあったセッティングでいいのじゃないかなと思います。
乗り心地も大事ですからね^^
[2013/05/29 23:06] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
最大の8割なら12*0.8=9.6 ですね。
私の体重はグローバル基準ではやや軽いと思いますので、やはりリア9と言う加減でしょうか。
パリルーベは地獄のパヴェがありますからね。6気圧が標準で、中には28タイヤを使う選手もいるそうですね。シクロクロスでは、ドロドロやカサカサの路面で少しでもグリップを出すために2気圧とかいうフニャフニャ状態で走る人もいるそうです。その場合クリンチャーではタイヤが外れるので必ずチューブラーで、普通の接着では危ないのでセメントガチガチに塗るそうです。それにしても、レースタイヤの管理は面倒ですよね。一ケ月持つチューブを誰か発明してほしいものです。
[2013/05/31 14:20] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/298-fc26f7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。