赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPDデビューラン前編(SPDはどうだった?)
こんにちは yutabowです。

変な空模様です。雲は薄くてところどころ空色が透けて見えます。
普通なら雨が降りそうにない空の明るさですが、風が強く時々ゲリラ豪雨のような雨がふきつけます。

サイクリングは到底無理ということで、今日はおとなしく家事です。

昨日のSPDデビューランですが、SPDの話とサイクリングの話を両方含めるとまとまりがつかなくなりそうなので2部に分けます。今日は前編、「SPDはどうだった?」です。

クロスバイクでSPDを検討する場合、普通に考えて選択肢は以下3点だと思います。

①PD-A600:アルテグレード。微妙ながら最軽量。高級感あふれる仕上げ。
②PD-A530:裏面フラットでフラペとしても使えて便利。少し重い。
③PD-A520:シンプルにしてスタンダードな片面。アルテほどではないが軽量で安い。

通勤用は流星号があります。彗星号で街に出るケースは、シューズにそのまま街を歩けるタイプを選択することで解決し、シンプルで安い③にしました。万一フラペが必要になったらその時は付け替えれば良いとしました。

①も魅力的で、他のパーツに比べれば価格差は少ないのですが、これは選ばなくて良かった。初心者のスキーと同じで、私のSPDはデビューラン終了時点で既に傷だらけ。orz
この手のパーツの高級品は、ある程度慣れてから考えたほうが良さそうです。

SPDはバネ強度を調節できますが、ショップの店主が最初ということでゆるゆるに調整してくれています。クリートの固定精度や強度には関係無いので、当面このままで良いと思ってます。

SPDのクリートは小さく、爪が足裏の目の届かないところにあるので、初めての場合勘をつかむのに少々(結構)てこずります。SPD-SLの方がクリートが大型で爪先がつま先に近いところにあるので狙いをつけやすいように見えます。
右脚は程なく慣れましたが、左足がどうもうまくいきません。ここだと思うところではなかなかはまらず、パチンとはまる位置が気持ち内寄りにある気がして、この違和感が解消されてきたのはライド終盤でした。単なる左右の感覚のばらつきかと思いましたが、もしかしてと思ってペダルの位置を測ってみました。

P4232741.jpg

3枚のチェーンリングがある分右ペダルの方がチューブからの距離が大きくなるはずです。実際に測ってみたところ、見た目よりは左右の差は少なく抑えられているものの、5ミリほど右ペダルが左に比べて遠いことがわかりました。
左右対称に足をのばすと、左ペダルは約5ミリ外側を踏むことになります。それが少し内側を踏まないとキャッチしないという感覚になった原因かもしれません。クリートの調整幅はそれほどありませんので、これは慣れてしまえばいいのかなと思っています。

片面SPDペダルの場合、開放状態では自重で裏返ります。店長によると、つま先でくいっとひっくり返してパチンとはめる動作を一気にしかも足元を見ないでできるようになればOKとのころですが、まだちょっと足元みないと心配です。それでも、激坂スタートでもない限りそれほど不安にかられることはなくなりました。

SPDユーザの通過儀礼のように言われる立ちごけは幸いありませんでしたが、ヒヤっとしたことは何回かありました。やっぱり、ちょっとした注意力が失われる瞬間が危険ですね。

ケース1:ガシガシガシと登って息があがった状態でぴゅーっと下る。下った先に信号があって、きゅっと停止。「ふぅぅぅ・・・・・・・・・・・あっ、やべっ、バチン!」油断しました。
ケース2:幹線道路の路肩で左を外して停止しよとしたところ、超低速のためバランスが右に崩れて右にコケそうに。幸い左にバランスを直す。これは結構危ない。このようなケースは両方外したほうが。
ケース3:歩道を徐行中に急に歩行者が現れて急停止。車体は右に倒れ始めて、うぉっとっとっとバチン!。このケースは完全に対応するのは難しいので、徐行中は予め両方外したほうがいいかも。

いずれにしても、信号の多いところでは面倒ではありますね。

SPDの効果ですが、予想以上のものがありました。フラペでもトルクを与える角度を大きくする努力をしていたので、引き足を使える領域はそれほど多くないと思っていましたが違いました。脚力を回転方向に与えることに集中できる。フラペではペダルから足を外さないために使う力と神経が無視できないレベルであったことに気付かされました。引き足については個人差が大きいそうですが、私の場合こんな力がまだあったのかと自分で驚くほどでした。力いっぱいペダルを引き上げてやると、まるで体がおいていかれるかのようにバイクが前に進みます。上り坂ではまるで誰かが後ろから押してくれているようです。パワー3割増しは大袈裟ではなく、信号ダッシュは5割増しの印象があります。

ただし、パワーが増えれば当然消費エネルギーが増えるわけでして心肺に負担がきます。フラペの時は、心肺が限界になる前に筋肉の痛みで踏めなくなっていましたが、引き足を使うと先に心肺が辛くなります。
真にパワフルなサイクリストになるためにはやっぱり修練が必要ということですね。

私の購入したシューズは、どちらかというとタウンユース寄りで歩きやすく見た目も違和感の少ない革の紐靴です。
強く引き足を使うと足裏が靴底から離れ、靴底がたわむのを感じます。私としてはまあいいかと思いましたが、この点にこだわる向きには、きっちり締め付けやすい3本ベルクロや、靴底をカーボンなどで強化したものが良いのかなと思いました。

初めての尾根幹は予想通り私にとっては結構キツいものでした。その先御陵にいく道中でもちょっとした山越えがあり、さらにランド坂に寄って帰ってきたわけですが、フラペだったら多分御陵は断念、良くても御陵まで行って直帰だったと思います。今回は先のコースをめぐって、川崎から多摩川CRを遡るときにまだ時速30キロ巡航する余力が残っていました。しかも、多分ペダリングが強制的にきれいになっているからだろうと思いますが、いつも100キロ走ると多少はある膝周りの痛みや違和感が全く出ませんでした。また、フラペだと元気のいい体育会系高校生のママチャリに張り合われることがあるんですが、SPDを装備すればもはや別次元の乗り物であることを実感できます。乗用車の安全運転程度の加速についていけるので、混んだ道路でも気が楽になりました。

私なりの結論です。

①スポーツ自転車の本来の能力は、ビンディングペダルをもって発揮される。諸々アクセサリーを買う前にまずこれを導入し使うべし。(どの程度使うか不安な向きはA530で良し)
②安全性に対するリスクは忘れてはならない。今後も充分注意すべし。
③ビンディングペダルでパワーアップは間違いなし。ただし、体力を増してくれるものではないので、初級サイクリスト卒業の為には、坂を恐れず修練すべし。

以上でっす。

サイクルの女神: 「ういっす! SPDレポート読んだわよ」

yutabow: 「うわっ、女神さんもう読んだんすか。早いですねぇ。」

サイクルの女神: 「あたりまえよ。私はこれでも女神よ。それにしても長っ!読み辛っ! んでもってすごいこと書いてあるのかと思えばなーんかあたりまえだし、新鮮味ないわねぇ。あんたは自分で盛り上がってるからいいけど、読む人からみればそれほど興味ないかもよ」

yutabow: ドキッ 「相変わらず口が悪くて鋭いですね。実は書いててそう思いました。これ公開しないほうがいいですかね。」

サイクルの女神: 「口が悪いは余計よ!、まあいいんじゃない。ブログだし。サイクリストの皆さんやさしいから応援してくれる人もいるかもしれないわね。まとにかくこれを最後まで読んでくれた人には感謝することね。」

・・・・・・

というわけで、無駄に長い今日のブログをここまでお読みいただいた各位に感謝致します。

明日は、走行編(尾根幹、御陵ってどうだった)です。



スポンサーサイト

コメント
ステップアウトのタイミング
低速走行を予測できた時点で左足は外すべきだと思います。

停車するぞと決めたらサドルから腰を落とすつもりでいたほうがいいです。
路肩に片足置いての停車パターンはバランス悪いのでやめたほうがいいと思います。

僕は右足は自転車から離れる時と歩行を決断したとき以外は外さないです。

だいぶ慣れましたが まだまだSPDは修練が必要ですねw
[2011/04/23 19:08] URL | makoto♪@rockbomb #- [ 編集 ]

サイクルの女神
ちっとだったけど サイクルの女神 ショートコントは面白いi-179です。

修練・・必要ですよね。 ついつい SPDっちゅー事を忘れてしまいます。
意識を置いて低速の時は早め早めの行動ですね。 バネをゆるめている
せいか、とっさの時でも 脚が出せるんで取りあえずはコケずにすんでいます。
お互い注意しましょう・・・i-229 
[2011/04/25 01:12] URL | パートのおばさん #- [ 編集 ]


makotoさん
コメントありがとうございます。翌日新宿へ出ました。街道走りですのでGoStopの連続で、また少し慣れた気がします。確かに、左足を縁石などにつければいいですが、荘でない場合は、すかさずサドルから降りるが吉ですね。あと、ガードレールや電柱につかまって信号待ちをするローディーさんを見ますが、これは私的には不安定感があり却下です。
TIMEとかSPEEDPLAYとかはまた違うんでしょうね。
[2011/04/25 15:43] URL | yutabow #- [ 編集 ]


パートのおばさんさま
暖かいコメントありがとうございます。
足先の感覚を忘れる瞬間が危険です。下り坂とか、徐行中に脚を止めると忘れがちです。意識して脚を回し続けるといいみたいですね。シングルモードクリートなので適当には外れてくれないので、引き続き注意です。
[2011/04/25 15:47] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/30-dd794114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。