赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりコンパクトクランクか
今回は、与太話です。だらだらご了承を。

タイトルの想いがしばしば去来する。

我が彗星号Jr.は完成車状態でノーマルクランクがついてきた。GIANTはanchorのようにイージーオーダーが効かないので、購入時は不安ではあったが、何とか乗りこなして今に至っている。

言うまでもなく今の主流はコンパクトクランク。かのランス先生の影響はあったにせよ、ノーマルに戻る気配はなく、一般ライダー向け装備として定着した感がある。新デュラなどで出てきている52/36とかいうのは気になるけれど。

yutabowにとっては、ノーマルクランクは喜びでもあり悩みでもある。選べる状態であったなら、間違ってもノーマルを選択することはなかっただろう。前2枚で峠登れるのかと思ってたくらいだからね。縁あってのノーマルクランク、ショップチームメンバでも私の知る限りノーマルクランクライダーは私以外には2名。いずれもチームきっての剛脚。一人は39のフロントをガンガン踏んで誰よりも速く坂を上り、もう一人は重量級なので坂は苦手だが、圧倒的脚力で平地ではスポークをきしませてぶっちぎる。

で、yutabowはどちらでもないのである。にもかかわらずまがりなりにもノーマルクランクを使っているという事実が、レア物好きなyutabowを喜ばせてくれる。しょぼいプライドを満足させてくれるのだ。

あとノーマルクランクは美しいと思う。アウターギヤの大きさの違いはあまり感じないが、アウターリングのすぐ内側に沿うように円弧を描くインナーギヤが美しい。ロードコンポって雰囲気がある。

コンパクトのインナーは見た目もろに小さい。この景色が、リアがドラムブレーキの自動車にスポークの細いアルミホイールを履かせた時のいささか残念な景色を想起させる。眺める分には間違いなくノーマルである。

走るに関しても、yutabowの場合で5%・・うーん、多少見え張って7%程度までであればノーマルで良い。というかノーマルの方が優れていると感じる。

斜度の変化が大きい上り坂など、フロントを切り替えながら走る場合、52,39の切り替えは違和感がなく快適である。105グレードのコンポでも、パチッ、スチャッとスムーズに決まり、ギヤ落ちなど一度もない。

コンパクトは、ちょっと借りて走る程度しか経験がないが、50,34となると、慣れの問題かもしれないが、走行モードを切り替えたような感覚がありあまり頻繁に切り替える気が起きない。ギヤ落ちも何度か目撃している。デュラエースでさえもだ。

よってyutabowが平地番長、剛脚超特急ライダーであればノーマルにて心安らかなのだが、悪いことにyutabowは山賊。10%クラスの坂になると、前39を踏み切れないのである。

ヒルクライムではケイデンス70がヨシと言われている。実際上り坂での70は結構良く回す感覚になるので、少し割り引いて60を切らないように頑張るべしとしたいのだが、前39後ろ25の構成はコンパクトに換算すると後ろは約22。10%を超えるとケイデンス60維持が苦しくなってくる。この前のぐだぐだ和田峠ではいちばんきついところで40を切ってしまっている。

ハイケイデンス苦手を自認するyutabowだがさすがに40切りは明らかに効率が悪かろう。

これがコンパクトであれば前34.今の39/25から換算するとリアは28強のギアがついている計算。これは楽だ。和田でもがんばれば結構まわせそうである。

勿論リアカセット交換という手もある。実際12-27をお借りしたことがあり確かにインナーローは楽だった。しかし、27の次が24という2丁飛ばしが微妙な感じという一丁前なことを気にしてしまう自分がいる。
コンパクトにすれば、12-25でもかなり楽ができ、強くなったら12-23にしてやれば、平地でも使いやすいクロスレシオが実現する。後ろ23でも今の39/25よりは軽いし、34/23という構成は山の神、森本さんも使っている構成である。

とかくyutabowの場合、登りを考えた場合コンパクトが合理的であることは疑いの余地なく、レースで少しでも順位を上げたければ、潔くコンパクトにすべきだろう。

しかしながら、ここまでだらだらと書いてきたつまらんプライドが合理的判断を阻害している。趣味なのだからそのこだわりにこだわるのも良いのだけれど。やっぱり速く登りたい相矛盾する気持ちが渦巻く。

実際には、シマノさんのクランクセットはコンパクト化にお金がかかるので簡単には踏み切れない。105でも1.5諭吉プラス工賃。まだ使えるクランクセットを捨てるには惜しい投資だ。チェーンリングがちびた時に悩むことになるだろう。

全く別のアプローチもある。見栄を満足させ、お金もかからず、ノーマルのままで登りの速さを実現する実に素晴らしいアプローチ。

減量である。

yutabowは自転車のおかげさまでメタボ領域からは完全に脱却したが、BMIは22の中ごろ。山賊としてはややメタボな身長170センチ、66キロである。

登りに必要なトルクは単純に持ち上げる荷物の重さとギヤ比で決まる。バイクの重さを通常装備品込で9キロとして、コンパクトインナーによるトルク軽減を減量で実現しようとすると。

(66+9)*(34/39)-9= 56.38

むむ9キロ減、さすがにこれは苦しいか。トップレーサーはこのくらいまで絞るかもしれないけれど。

ちょっと条件を緩めて、最近出てきたインナー36で計算してみよう。

(66+9)*(36/39)-9= 60.23

うんうん、もう1パターン。前ノーマルで後ろ27相当ではどうか。

(66+9)*(25/27)-9= 60.44

6キロ減量すれば、コンパクトまではいかないが、最近出てきたインナー36や、カセットを27にしたと同等の効果がある。しかも現状のギヤ比のままなのでその分速くなる。体重60キロはがんばれば射程距離であるような気がする。

山賊にとって本来これが王道であり、お金もかからない点理想的。しかしアスリートマインド0のyutabowにとってこの王道はイバラの道でもある。今日もコンビニでポテチ買って食っちゃったし。

ノーマルクランクを今後も踏み続けることができるのか。タイトルの思いが去来するたびに悩む。まあこれも趣味としてのロードバイクの楽しみでもある。

・・・やっぱりコンパクトかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメント
コンパクトクランク
インナー34にも慣れてきたのですが・・・
今12-27tを使ってますが箱根越えはファイナルローと24tの2枚しか入れることできません。

圧倒的に体重が重いので登り坂はそれなりに登るだけです。
平地は通常アウターx15t~16tぐらいで巡航してます。
自分はまだまだ筋力がたりないのでしょうね。

コンパクトでもリア25tまでだと少々不安ありですww
[2013/06/09 07:29] URL | makoto♪ #- [ 編集 ]

筋力
登りはとにかく重さが効きますからね。機材よりライダーの重さが問題。体重が一割違うとそのまま大きいギアが必要になってしまいますから。
私の場合は筋力より筋持久力が問題でないかと感じています。一瞬のダッシュは結構効くんですが、最大パワーに対して、連続出力できるパワーがあまりにも小さい気がしています。有酸素運動能力ですから、心肺含めた全体的向上が必要なので、一朝一夕にはいかないですよね。
[2013/06/09 19:47] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/300-f7f0466e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。