赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が上がったので多摩湖狭山湖
6月16日

ショップの朝練が計画されていたが、しっかり雨で中止。

乗鞍までの目安として毎週末2000m登りを目標としているyutabow。あと75mほど足りないので、雨が上がった夕方に多摩湖狭山湖ポタ。

多摩湖狭山湖

雨上がりの夕方は不思議な雰囲気が出るので好きである。

P6160175w.jpg

ここのところの写真は、最近導入したオリンパスのXZ-10で撮影している。これがなかなかの優れもの。

yutabowはオリンパス派で、フォーサーズ、マイクロフォーサーズときて今回久しぶりのコンデジ。どのくらい久しぶりかというと、高倍率コンデジの走り C-730UZ 以来である。あれも名機だった。ちなみにあの頃のオリンパスコンデジは日本製であった。

上の写真は130mm相当の望遠端で撮っている。F2.7という明るさもありがたいが、一眼並の価格の高級機は別にして、望遠端でここまでかっちり写るコンデジは珍しい。最近明るいレンズを謳うコンデジが増えたが、広角側はいいが望遠側がどーんと暗くなり画像ももやもやという製品が結構多い中、この製品はズーム全域を安心して使える。

夕方の多摩湖は、上流方向に太陽が来る。いい雰囲気が出るが撮影条件としては厳しい。
P6160184w_1.jpg

カメラ内jpgではどうしても失われるダイナミックレンジを少しでも拾いたいので、yutabowはCaptureOneでRAW現像を行っているが、XZ-10はRAW撮影が普通にできる。RAW記録すると特別に待たされるということもない。
上の写真は、普通に撮ると空と湖面の右半分が真っ白に飛んでしまうので、RAW現像時にハイライトを圧縮している。もちろん4/3のようにはいかないけれど、1/2.3インチとは思えないほどシャドウ、ハイライトの情報が残っている。

正面に太陽が来るショット。
P6160190w.jpg

こんな構図はふつうに撮ると自転車や欄干は完全に影絵になってしまうし、RAWで撮ったって補正し切れるものではない。

HDR合成である。

HDR合成は今までもやってきたが、E-P1で構図が変わらないように注意して露出を変えて複数撮影し、合成ソフトを使って合成、構図がずれた分をトリミングして・・・などと大変に手間がかかっていた。
このカメラならHDRモードで一発。勝手に2枚撮りして合成してくれるようだ。万能ではなく、条件によっては不自然になってしまうが、普通まともに映らない明暗差の被写体を強引に撮影してしまう最終手段として心強い。

この性能がサイクルジャージの背中ポケットに無理なく収まるサイズに詰まっているのが素晴らしい。
性能にこだわるならXZ-2だけど、これはちょっと大きいし、価格も高い。

XZ-10はサイズ、性能、価格がベストバランス、いい買い物をしたと感じている。
あとはいつまで持つか。壊れずに働き続けてほしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/308-a7d6bfeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。