赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍マウンテンサイクリング 当日編
宿はスタート位置からすぐだが、7時スタートなので、5時起き。

ありがたいことに、朝食を5時半に出してくれるので、全員朝食を取り、準備を開始。

雨はあがったようだ。しかし空を見ると雲の様子は昨日とあまり変わりがない。

ゴール位置は雲の上。レース開催の最終決定は6時に携帯サイトでということだったが、6時になってもコース確認中。主催者側もかなり迷っているようだ。

そうはいっても準備は進めなければいけないので、スタート地点には続々と選手が集まってくる。

6時をかなり過ぎたあたりで場内放送が流れた。

「レース開催についてお知らせします。ゴール付近は、風速15メートルから20メートル、加えて昨夜からの大雨でこぶし大の石などが路面に流れ出しており、自転車が安全に通行出来る状態ではありません・・・」

・・・・会場に緊張が走った・・・・

「従いまして、ゴール地点を5キロ手前とした短縮レースで開催します。スタートは30分送らせて、最初のスタートを7時30分とします」

微妙な空気が流れた。フルが走れなくて残念なような、それでも全面中止にならなくてほっとしたような。

さて、15キロのレースになった。初めての八ヶ岳と同じ。スプリント風味の運びになるだろう。

短縮で天気も悪いのでかなりの人数のDNSが出たようだが、それでも総勢4000人。ものすごい人数である。

DSC_0064.jpg

特にyutabowのいる男子Eクラスは最も層が厚く、このクラスだけで1200人以上いる。混乱を避けるために時間をずらしてスタートするのだが、最初のチャンピオンクラスがスタートしてから最後のスタートまで40分以上かかる。トップ選手はそれまでにゴールしてしまう。

出発が近づいてきた。

DSC_0073.jpg

この景色にもだいぶ慣れたけれど、やはり心地よい緊張感。心拍が100から110を行ったり来たり。

ついにスタート。乗鞍は数年前からスタートもタグで測定する完全個別測定なので慌てる必要はない。

じっくりとスタートし、序盤の緩斜面は周囲とペースをあわせる。

いつもそうだが、レースではアドレナリンが出るせいか、心拍がスムーズに上がる。

前回の八ヶ岳では前半180まで使った結果最後の5キロで脚が止まってしまった経験から、練習不足も加味して今回は170でいこうと考えていた。しかし今回は15キロの短縮レース。最初から180で飛ばしても良いかもしれない。しかし練習不足からくるスタミナ不足を警戒し、体の調子と相談して175でいくことにした。

割といい感じ。心拍175でケイデンスが70を切らないようにギヤを調整し、大腿筋に疲労がたまらない程度の負荷を意識して腰を中心にペダルをまわす。クラブチーム仲間に教えてもらったスポドリ”VESPA”(700円!)が効いているのか、脚がよく回る。斜度の変化に応じてギヤとケイデンスを調整し、大腿筋に痛みが残らないぎりぎりのトルクをかけ続ける。

レース間際に調達したティアグラ28Tギヤがジャストフィット。斜度8%程度までは25T。それ以上になったら28Tで登る。脚に無理がかからない。やっぱりインナーロー39/25でずっと走るのは無理があったんだ。

おっ、ドリンクサービスだ。 実はあまり喉は乾いていなかったが、レースな雰囲気は楽しまなきゃ損。パシッと受取り、ゴクゴクと飲んで、ちょっと気が引けたがカップをポイッと捨てる。いいねぇ・・・

体が心拍175と深い呼吸に慣れてきたあたりが最高に気持よかった。これが乗鞍か。天気が悪くて山全体は見えないが、それでも八ヶ岳よりスケールが大きくて実に爽快。レースはこうでなくちゃ。

思ったより調子が良いので、ラスト何キロかで負荷を上げることを考えた。どこで上げようか。5キロ、4キロ、ちょっと慎重過ぎたかもしれないが、残り3キロで心拍180まで許容。ペースを上げて一人また一人と抜く・抜く。

つづら折りをダンシングでクリアする。ヘアピンカーブの内周は激坂なのでほとんどの選手が外周をまわる。そんな中、内周をえいやっと登ると、大回りする選手10人程度を一気抜きできる。脚に大きな負担がかかるので一回しかやらなかったがこれはきもちいい。ダンシングをもっと練習して来年は連発できるようにしよう。

ラスト1キロ。もう終わりかという感じ。心拍制限を解除してケイデンスを100まで上げてラストスパート。

ちょっとだけ体力温存し過ぎたかもしれないが、最後まで脚を売り切れさせずにゴール。

短縮とはいえ、走れて本当に良かった。気分爽快。

リザルトは 1時間1分59秒。Eクラス無いでトップから42%程度のポジション。

大したことはないけれど、都民の森TTが1時間15分であったことを思えば上出来。満足しなければいけないだろう。

ゴール地点が本来の場所ではなく狭いので、荷物を受け取って下山が大渋滞。
DSC_0076.jpg

途中で景色が開けたのでパチリ。天気が良ければゴール地点まで全体を見渡しならが走れるらしい。
DSC_0081-PANO.jpg

初めての乗鞍、雨男のyutabowはまたしても雨に祟られてしまったけれど、最大級のサイクリングイベントの楽しさを満喫できた。来年こそ良い天気でフルコースを走りたい。より良い結果を残せるように地道に練習しよう。

と、今日のところは思っている。(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/319-a844baae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。