赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾根幹トレーニングライド(前編)
もうとにかく、朝からこれほどハッピーなニュースはありません。

最後のPKの時、私は家族を駅に送るために車を運転していたのですが、思わず車を路肩に止めてしまいましたよ。今回のなでしこジャパンの身体精神両面の強さは際立っていました。yutabowにとっては、同点ゴールを決めた宮間がニコリともせず指を突き上げて走り出したシーンが印象的でした。

「このチームは本気で勝利にフォーカスをあわせている」

と感じました。見ているだけで心臓が痛くなるPK戦でも精神面でアメリカに圧勝。 

強い。

「やればできる」なんて皆簡単にいいますが、その言葉は「何事も容易ではない」という言葉の裏返しです。それをこれ以上ないほど困難な状況下で達成してみせたなでしこジャパン。

アッパレです。

いやー、帰国したら大変でしょうね。うんうん。男子もガンバレ。

今日は、畏れ多くも kanoka師匠 が作られた、尾根幹トレーニングコースに挑戦してみることにしました。ルートマップや、コース説明を見ましたが、

「うーむ、なんか難しそう。」

このようなコースの場合、ナビは役に立ちません。ナビってあくまでも最短コースを案内するものですからね。

まあそれでも地図と軌跡表示は役に立ちそうなのでナビは装備。加えてルートマップをプリントアウトして持ち出しました。

とりあえずここまではさくっと到着。
RIMG0049.jpg
ふむ。いい感じでシュパッと登ってますねえ。(^^)

現状の彗星号のギヤはフロントはデフォ3枚で、リアが11-28です。この場合、フロントをセンター(38)にしてやれば、ロー寄りのギヤについては、ロードのコンパクトのインナー(34)と一般的なリア構成(最大25)と同じようなギヤ比になります。というわけで、フロントセンターにセットしてスタート。

いきなり最初が結構きついです。うむっ、おっと、結構・・・、足・・・ついちゃいかん。ついちゃ。
などといいながら、いきなりローギヤはプライドが許さんので、3速でガンバル。

むいむい・・・むいむい・・・・ ん? もう終わり?

意外に短かったので救われました。これが数キロ続いたら後半はセンターローかもです。

降り方が良く分かりませんでしたがとにかく降りて、しばらくは18号をひた走り。

うーん、スピードがでません。ずーっと微妙な感じの上り坂なんですが、それにしても足がまわらない。寝不足のせいか、それとも一昨日のダメージがまだ残っているのか。22~25キロ程度でむいむいと走行。
RIMG00s50.jpg
ベンツディーラーのある交差点までがんばれば、あとはしばらく下り坂です。

この先トンネルになるところで、左折。
RIMsG0052.jpg
ここまでは順調だったんですが(^^)

R18から北上するポイントで、yutabow方向音痴発動

なんか全然景色が・・・師匠のサイトにはなかったなぁ・・・・
こんな山の中にサッカー場が??? 見に行ってみよう。

おお。きれいなフィールドだ。割と新しそうです。
RIMG0056.jpg
近づいてみると、人工芝のようでした。
おー、やっとるやっとる。ガンバレ。なでしこジャパンに続くんだ

で、やっぱりここじゃないということで引き返しリルートしたつもりが、今度は
RIMG0065.jpg
師匠! こんな激坂ありましたっけ?

しかもすぐ横には怪しいタケヤブ。
RIMG0063.jpg
さらにはこんな看板。
RIMG30064.jpg

マムシに注意なんて、小学生時代以来っすよ。なんか全然違う。根本的に間違ってる。

といわけで、ナビで確認。最初からそうすれば良かった。うん。こっちですね。かなり間違ってますね。
RIMGj0067.jpg

道はわかりましたが、この激坂、折角なんでちょっと登ってみましょうか。
RIMG0062s.jpg

さすがにおわんパカパカ処理された激坂を甘く見ることはできません。ギヤをセンターローにセットして、チャレンジ。

うぉっ、とっとっ・・・ かなりきつい。おもわず最初は蛇行。ダンシングで体重をかけてもやっと前に進む感じ。後輪が空転しないか心配になりました。走り出しは20%近くありそうです。見えてるところで終わりかと思ったら、その先は少し傾斜がゆるむものの結構な距離続いていました。なんとその先には住宅地が。この写真は上から見下ろしていますが、見えなくなっている先がストンと落ちる感じで、先ほどの激坂になっています。
RIMG0069a.jpg

登ってる間も何台か車が降りてきました。この坂を自転車で登る人が珍しいのか、それとも危なっかしくて怖いのか、みな停止して私が通過するのを待ってくれます。

このあたりは、このような坂が至る所にありますね。路面が凍結したり雪が積もったりしたら怖いだろうなぁ。

      続きは明日








スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
トレーニングコース走られたのですねぇ~
無事に病院坂は登れたのでしょうか??
[2011/07/19 16:35] URL | kanoka #45XGuWsk [ 編集 ]


kanoka さま
はい。走らせていただきました。いいコースですね。
病院坂。なかなかきついですね。スピードがどうのというレベルではありませんが、なんとか登り切りました。2周目は逆走したのですが、最初の長い登りが結構楽しかったです。
[2011/07/20 00:05] URL | yutabow #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/74-fa263c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。