赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い記憶
しばしば発病するロード欲しい病の発作と戦うyutabowですが。

実は昔、ロードを持っていた時期があったんです。しかもクロモリロード。

20年ちょっと前、まだ社会人新米であったころ、神戸への転勤を命じられた私は、
どういうわけか、自転車専門店でクロモリロードを購入したのです。

もう記憶が断片的なんですが、当時は現在のようにロードバイクの完成車は殆ど
売っていなかったように思います。スポーツ自転車専門店といえば、天井にフレーム
とホィールがぎっしりとぶらさがっていて、そこからあれこれ選んで組み立てる。
今の感覚では贅沢なフレーム買いがディフォルトの時代でした。

今みたいにフレームだパーツだという情報もずっと少ないですから、お店行って店主
に価格を伝えてあとは任せる・・という大らかな感じでしたね。

で、当時はクロモリフレームが主流で、アルミフレームは高級品だったんですよ。
素材の序列はクロモリ>>アルミ>>>>チタンで、カーボンフレームはまだ無かった
ように思います。

「アルミぃ?、確かに軽くて速いけど弱いよ。ボルト締めるにも気を遣うし、
 コケたりしたら曲がるし、金属疲労も早いからお勧めできんね」という時代。

パーツはいっちょまえに105でした。ディレイラー、前後ハブに105の刻印があったの
を覚えています。これも別に105を指定したわけではなく、店主に任せたらたまたま105
でした。当時の105のリアは7速で、デュアルコントロールレバーなんて無かった
時代ですから、ダウンチューブ取り付けのダブルレバーでした。

ブレーキは黙って右リアにされました。「この手の自転車は右がリアなんですよ」という時代。
違和感があって困ったのを覚えています。
ホィールは良く覚えていませんが、当時ですから完組みなどなく、36Hの手組みだったんでしょう。

ペダルはSPDなどまだ無かったので、クリップがつけられる、片面フラットペダルでした。
こいつが、脚を離すたびに下を向いてしまうので難儀したのを覚えています。

フレーム形状は完全なホリゾンタル。ステムもアヘッドなんて無かったはずなのでノーマル
だったでしょう。今見ると実にオシャレなランドナーに見えたかも。

値段は今のクロモリロードを思えばかなり安く、89800円でした。(妙にはっきり覚えている)
完成車ではなくフレーム買いでこの価格ですから、105パーツも昔は安かったんでしょうか。

勢い込んで買ったものの、ご存知の通り神戸は坂の町。坂が多いというよりは、平地がありません。
しかも住んでいたのが、山側の西区でしたから、いわゆる激坂だらけでして、試走時点で
バテてしまいまして、下り坂の先に交差点というところで、雨が降っていてリムブレーキ
が一時的に殆ど効かなくなり、交差点に突っ込みそうになって死ぬ思いをしてから、殆ど
乗らなくなり、先輩に3万程度で売ってしまいました。



こんなスポーツバイクブームが来るとは予想していませんでしたから、今思うとたった3万で
売却なんてもったいないことをしたものです。

あれから20年、あのバイクが今も走っている確率は低いですが、もし走っているなら、
是非見に行きたいですね。

今日の走行
3本ローラー:22.2km
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yutaka9700.blog39.fc2.com/tb.php/94-8ce31e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。