赤いRXでどこ走ろう♪
赤いEscapeRX3で始めたサイクリング。2012年1月にロードデビュー(TCR SL2)しました。
プロフィール

yutabow

Author:yutabow
40代半ばにしてサイクリングを始めました。愛車は通勤用にブリジストンサブナードスポーツ(流星号)週末ファンライド用に GIANT TCR SL2(2011)です。初代はEscapeRX3でしたが、2012年1月にロードデビューしました。下手の横好きならぬ貧脚の坂好き。毎週山をへこへこ登ってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングシューズ購入
自転車という乗り物は割と偏った筋肉を使うと思われます。

腰をサドルで支えるので、下半身は体重を支えたりバランスを取ったりする必要がありませんし、上半身も下半身の動きに対しカウンター的動きをする必要がない。

そういうこともあって、自転車はコンマ数馬力の出力で時速30キロ以上を出せる高効率な乗り物なわけですが、体力作りを目的とする場合、自転車ばかり乗っているとバランスが悪くなる可能性があります。

実際プロのロードレーサーには、自転車に乗れば超人的なパワーとスタミナを発揮するのに歩くのはからっきし苦手という方もいると聞きます。

最近yutabowは、街歩きに弱くなったと感じていました。新宿など人の多い街に家族と行くと非常に疲労を感じ、ひどい時は気分が悪くなって一人で休むこともあったり。

仮にもサイクリストとして、一般のメタボなおっさんに比べれば体力には自負がありますから、これはきっと普段山ばかり走っているから、人に酔っているんだと思ってきました。

しかし、少し前の香港出張で意外な経験をしたんですね。

2泊3日の出張。当然自転車など持っていけません。ホテルから歩いていける距離にスターアベニューという、高層ビル群が美しい香港島を眺めながら走れる美しい遊歩道があります。

欧米人を中心に、たくさんのランナーがいたので、普段あまりランには興味がなかったyutabowもちょっと走ってみることに。3~4キロくらいかな。ちょっとペース早め、多分心拍は160~170感覚で走りました。大汗かいてスッキリまでは良かったのですが、次の日が大変。下半身全体の猛烈な筋肉痛。自転車なら200キロ走ったってこんなにはならんだろうと思うくらい、歩くのも辛いほどのダメージがありました。

仕事の出張でランニングシューズもなく、膝への衝撃を抑えるため体に力がはいっていたのもありますが、自転車では限られた筋肉しか使っておらず、走る筋肉はむしろ退化している可能性を感じました。

特にyutabowは通勤もほぼ100%自転車ですから、ランはおろか、歩く距離さえ僅かなものです。

街に出かけて人に酔っていたのではなく、単に数時間にわたり歩き続けることに脚が耐えられなくなっているだけではないかと思い始めました。

yutabowが自転車に乗る目的の一つは体力的に不安のない自分になりたいというものです。自転車専用ボディではなく、主に自転車によって鍛えられたボディが欲しいわけです。よってどんなに自転車で速くても、歩いて疲れるではダメなのです。

というわけで、たまたま相方もジョギングを始めたいということで、久々に新宿に出かけてランニングシューズを購入。

FB_IMG_13791705827610241 (1)

元々体育会系ではないyutabowなので、このようなちゃんとした陸上系スポーツシューズを買うのは大人になってから初めてかもしれない。ものすごく軽くて快適ですね。シューズの進化を感じました。

加えて、初めて自分の足を精密に測定してもらいました。なんか3次元スキャナみたいな機械でウィーンと。

右足が左足より5ミリも小さいと初めて知りました。まただん広と思っていた足幅は右が3E,左が2E。

甲の高さは意外に平均よりちょっと下でした。

ランニングシューズは、アッパーはほとんど布一枚の薄さなので多少のサイズ差は気になりませんが、革靴など堅い靴はどうにも合うものが無いと感じてきた理由の一つにこの左右のサイズ差もあったようです。

さて、yutabowのトレーニングにラン追加。とりあえず道具は買いましたが・・・ちゃんと走るかな。:-p

ガラスの表面を踏むような感触(GOKISOホイール)
乗鞍の練習走で、GOKISOホイールを履く幸運に恵まれた。

初めて触ったGOKISOハブ。確かに滑らか。今までいくつかハブに触ってきたが、リアハブで軸を回してみて全くゴロゴロ感を感じないのは初めて。もっともDuraハブは触ったことないけれど。

展示してあるホイールは確かにいつまでも回ってる。

試乗車が用意されていたが、ホイールだけ替えてみたかった。申し出てみたら快諾。ささっと交換してくれた。

だけど・・・これカーボンリム。ブレーキダメじゃんと思って聞いてみたら、

「ああ、効き味がちょっと変わりますけど心配ありません。ガンガンかけてください」とのこと。

本当? まあ大丈夫というから行ってみよう。

練習用に走れる約2キロの登り。GOKISOホイールで走ってみた。

ホイールの重さは確かに軽くない。Zippホイールを持った時の紙で出来ているような感覚はGOKISOホイールにはなかった。

走ってみると、んんんん? 違うか。確かに違う気がする。

軽い・・という感触はない。実際5cmのディープということもあり、yutabowのノバテックLASSERより重い。

横剛性がものすごく高そう。ノバテックLASSERは柔らかめの感触のホイールで全体がわずかにしなって優しい乗り味を出している気がするが、これは横方向に一切撓まない。上り坂なのでわずかに体を左右にゆすってペダルをまわすので、トルクを伝える方向がペダルの接線方向からずれやすくなるのだけど、左右方向のずれ、縦方向のズレに対して、硬い壁に面するような剛性感があり、かつその表面がガラスのように滑らかであらゆる方向の力を前に進む力に変換する感覚。

この前へ前へという感覚が気持よくてつい踏んでしまう。2キロの登りは間違いなく速かった。ただこのペースが20キロ持つかどうかはわからない。

さて下り。

92ノッチというフリーハブの音を聞いてみたかったが、フリーハブは非常に静か。ハーフウェットの路面の走行音にかき消されてほとんど聞こえなかった。

下りの転がりは・・・これは間違いなくいいです。ディープリムも効いていると思うけれど、前をいく人がどんどん近づいてくる。ただカーボンリムとアルミ用シューの相性がやっぱり悪くて、ブレーキングでド派手に鳴くので怖くて早め早めのブレーキングになってしまったけど、攻めれば相当スピードが出そう。

硬くて滑らか。ガラスの表面を踏むような独特の感覚。

欲しくなった。絶対買えないけれど。

価格を聞くと30万。極めて高価だが、ハブだけで22万という価格を考えると、カーボンディープホイールセットとしてはむしろ安価。リムは多分中国製でスポークも割と普通のものを使ってある印象だった。

山の神森本さんが使っているけれど、yutabowの知る限り、海外の選手がこれを自腹でレースに使ったとかいう話は聞かないので、既存のハイエンドホイールを置き換えるものではないのだろう。

問題は価格帯からすれば(超)重量級とも言える重さ。その代わり回転軸としての性能は図抜けている。
ただ、700mmのホイールの中心軸の摺動抵抗がどこまで走りに関係するか。

素人感覚ではあるけれど、GOKISOの優れた点は、宙に浮かせたホイールがいつまでも回り続けるということではなく、負荷をかけて走行した時に様々な方向からかかる力のベクトルを回転方向にロスなく変換する能力。振動などの影響を受けにくい剛性と振動吸収性能のバランスにあるようが気がした。

キワものかな・・・という勘ぐりもあったが、実際乗ってみてこういう性能の出し方もあるのかと自分なりに感じられたのはいい経験だった。


シーラントの威力
オリンピック決定おめでとうございます。

正直なところ、yutabowは東京でのオリンピックには消極的でした。チケット確保は至難だろうし、期間中はなにかと不便な思いをしそうだし、前回の親分がどうも・・・。いやあの方はそれまでの知事に比べればいろいろいいこともしたと思いますけどね。ちょっと行き過ぎた感が。

しかし、2回めのチャレンジ。親分も変わり、一回目の失敗を受けて真摯さが見えるようになりました。相手を研究し、今までにないスタッフとアプローチで頑張る姿を見てちょっと感覚が変わりました。私の見方を変えてくれた関係者の努力に敬意を表し、オリンピックそのものというより彼らの目標達成を願い、応援していました。だから、決まった瞬間は手を上げてバンザイというよりはホッと力が抜けて、「良かった。努力が報われたね」という感じでした。

先は長いですね。7年ありますから。良いほうか悪いほうか、日本は今とは違っているでしょう。問題は多いけれど、今の日本にオリンピックという刺激的な目標が出来たことは良いことではないかと思います。

話変わって、このタイヤ
1276782_514467475301112_2133208294_o.jpg
どうやらパンクしていたようです。

ようです。という言い方になってしまうのは、yutabowが全く気づいていないからです。

乗鞍のレースが終わり、クラブチームでCP1まで下山して休憩中に言われました。

「yutabowさんパンクしてましたよね。ペース落ちたのそのせいですか?」

えっ、パンク?? 知らない知らない。 途中で一度ペースを落としたのはちょっときつい坂で長くダンシングしすぎて心拍が180を超えてしまったため、少しセーブしたためでした。

yutabowのチューブラータイヤにはシーラントが入っています。私のすぐ後ろを走っていた仲間によると、穴が開いたタイヤからシーラントが噴水のように吹き出し、周囲の選手が驚いて離れたそうです。噴水は5~6回転で治まったそうです。

yutabow全く気づいていませんでした。走行感に違和感はなかったし、下山前にバイクをチェックしましたが、タイヤの圧は触ってわかるほど下がっていませんでしたし、パンクしていたら、吹き出したシーラントがフレームに付着していたはずです。しかしよく考えて見れば濡れた路面を走ったので水性のシーラントはおそらく洗い流されてしまったのだと思います。

まさに縁の下の力持ち。シーラントはしっかりとyutabowをリタイヤの危機から救ってくれていました。

こういう経験をすると、シーラント無しのチューブラーで走るのが不安になりますね。

よく調べると、このような穴が3箇所もあいています。全てが貫通しているとは限りませんが、シーラントが密かに仕事をしていたのかもしれません。おかげ様でチューブラータイヤ交換の練習が全くできません。^^)

チューブラーの乗り味が好きなので、今後も路上走行はチューブラーでいこうと思っています。シーラントを入れると走りが重くなるという方もおられますが、yutabowはそんな繊細な感性は持ち合わせていませんので、これからも欠かせないアイテムになりそうです。

3本ローラー、ベアリング交換
このブログのタイトルである「赤いRX」を画像検索すると、マツダのロータリー車とガンダムに混じって本ブログの写真がちらほら出てくるのに検索エンジンの威力を感じる管理人yutabowです。

2年近く使ってきたミノウラの3本ローラですが、最近手で回すとゴロゴロと音がするようになりました。
DSC_0021.jpg

回りは特に悪いと感じませんが、騒音が増えているのかもしれないと思い、交換してみることにしました。

軸にはまっているベアリング。どうやって外そうと思いながら軽く叩くと簡単に外れました。圧入というレベルではないですね。軽くはめてあるだけです。
DSC_0024.jpg

ベアリングは一般的なシールドベアリング、6200Zというタイプらしいです。両シールドなので正確には6200ZZだと思いますが、細かいことはいいです。
DSC_0025.jpg
メーカ名らしいものが刻印されていますが、どうやら中国製のベアリングのようです。回してみると、回りは悪くありませんが、内軸にガタがあり、指にボールが遊んでいる感触を感じます。

近所の日曜大工センターに行ってみましたが、今どきの日曜大工センターにはこのような滅多に売れないようなものは置いていないようですね。ネット発注することにしました。

思ったよりは安いですね。ちょっと拘って日本製(NSKかNTN)にしてみましたが、それでも一個あたり150円程度。中国製でよければ100円切ります。この手の非日常的アイテムはアマゾンだと割高なため、専門サイトで送料を支払うことになりますが、それでも充分に安いです。

届きました。
DSC_0030.jpg
負荷装置にも2個入っているので、合計で8個あります。

DSC_0032.jpg

左が今回購入したNTN製のベアリング。JAPANの刻印が。までも、日本製だからといって見た目仕上げが綺麗かというとそれほど印象は変わりませんね。手で回して見ると、軸の遊びは非常に少なく、回した時のゴロつきは皆無です。ただ新品でグリスが効いているので勢い良くはまわりません。

あとで試してみたのですが、摩耗している中国製のベアリングも、メンテルーブなどの堅めのオイルを吹いてやるとかなり滑らかさが戻ります。摩耗に加えて油切れを起こしていたようです。ローラーのベアリングも一年使ったら注油してやると良いと思います。

8個のベアリングをはめて試運転。

効果絶大です。ゴロゴロガーガーいう音がほぼなくなりました。負荷装置がうなるので相変わらず静かではありませんが、騒音レベルは2/3程度にはなったか。3本の中では静かと言われるアリオンに近づいたんじゃないかなと思いました。

実際のところ、このローラーの最初の頃の騒音を記憶しているわけではないので、中国製のベアリングとNTN製のベアリングの差がどうかということはわかりませんが、気のせいレベルで言えば、新品の時よりも静かになったような気がします。

いずれにしても、2年以上愛用した3本をお持ちの方には、このベアリング交換はお勧めできると思います。






乗鞍マウンテンサイクリング 当日編
宿はスタート位置からすぐだが、7時スタートなので、5時起き。

ありがたいことに、朝食を5時半に出してくれるので、全員朝食を取り、準備を開始。

雨はあがったようだ。しかし空を見ると雲の様子は昨日とあまり変わりがない。

ゴール位置は雲の上。レース開催の最終決定は6時に携帯サイトでということだったが、6時になってもコース確認中。主催者側もかなり迷っているようだ。

そうはいっても準備は進めなければいけないので、スタート地点には続々と選手が集まってくる。

6時をかなり過ぎたあたりで場内放送が流れた。

「レース開催についてお知らせします。ゴール付近は、風速15メートルから20メートル、加えて昨夜からの大雨でこぶし大の石などが路面に流れ出しており、自転車が安全に通行出来る状態ではありません・・・」

・・・・会場に緊張が走った・・・・

「従いまして、ゴール地点を5キロ手前とした短縮レースで開催します。スタートは30分送らせて、最初のスタートを7時30分とします」

微妙な空気が流れた。フルが走れなくて残念なような、それでも全面中止にならなくてほっとしたような。

さて、15キロのレースになった。初めての八ヶ岳と同じ。スプリント風味の運びになるだろう。

短縮で天気も悪いのでかなりの人数のDNSが出たようだが、それでも総勢4000人。ものすごい人数である。

DSC_0064.jpg

特にyutabowのいる男子Eクラスは最も層が厚く、このクラスだけで1200人以上いる。混乱を避けるために時間をずらしてスタートするのだが、最初のチャンピオンクラスがスタートしてから最後のスタートまで40分以上かかる。トップ選手はそれまでにゴールしてしまう。

出発が近づいてきた。

DSC_0073.jpg

この景色にもだいぶ慣れたけれど、やはり心地よい緊張感。心拍が100から110を行ったり来たり。

ついにスタート。乗鞍は数年前からスタートもタグで測定する完全個別測定なので慌てる必要はない。

じっくりとスタートし、序盤の緩斜面は周囲とペースをあわせる。

いつもそうだが、レースではアドレナリンが出るせいか、心拍がスムーズに上がる。

前回の八ヶ岳では前半180まで使った結果最後の5キロで脚が止まってしまった経験から、練習不足も加味して今回は170でいこうと考えていた。しかし今回は15キロの短縮レース。最初から180で飛ばしても良いかもしれない。しかし練習不足からくるスタミナ不足を警戒し、体の調子と相談して175でいくことにした。

割といい感じ。心拍175でケイデンスが70を切らないようにギヤを調整し、大腿筋に疲労がたまらない程度の負荷を意識して腰を中心にペダルをまわす。クラブチーム仲間に教えてもらったスポドリ”VESPA”(700円!)が効いているのか、脚がよく回る。斜度の変化に応じてギヤとケイデンスを調整し、大腿筋に痛みが残らないぎりぎりのトルクをかけ続ける。

レース間際に調達したティアグラ28Tギヤがジャストフィット。斜度8%程度までは25T。それ以上になったら28Tで登る。脚に無理がかからない。やっぱりインナーロー39/25でずっと走るのは無理があったんだ。

おっ、ドリンクサービスだ。 実はあまり喉は乾いていなかったが、レースな雰囲気は楽しまなきゃ損。パシッと受取り、ゴクゴクと飲んで、ちょっと気が引けたがカップをポイッと捨てる。いいねぇ・・・

体が心拍175と深い呼吸に慣れてきたあたりが最高に気持よかった。これが乗鞍か。天気が悪くて山全体は見えないが、それでも八ヶ岳よりスケールが大きくて実に爽快。レースはこうでなくちゃ。

思ったより調子が良いので、ラスト何キロかで負荷を上げることを考えた。どこで上げようか。5キロ、4キロ、ちょっと慎重過ぎたかもしれないが、残り3キロで心拍180まで許容。ペースを上げて一人また一人と抜く・抜く。

つづら折りをダンシングでクリアする。ヘアピンカーブの内周は激坂なのでほとんどの選手が外周をまわる。そんな中、内周をえいやっと登ると、大回りする選手10人程度を一気抜きできる。脚に大きな負担がかかるので一回しかやらなかったがこれはきもちいい。ダンシングをもっと練習して来年は連発できるようにしよう。

ラスト1キロ。もう終わりかという感じ。心拍制限を解除してケイデンスを100まで上げてラストスパート。

ちょっとだけ体力温存し過ぎたかもしれないが、最後まで脚を売り切れさせずにゴール。

短縮とはいえ、走れて本当に良かった。気分爽快。

リザルトは 1時間1分59秒。Eクラス無いでトップから42%程度のポジション。

大したことはないけれど、都民の森TTが1時間15分であったことを思えば上出来。満足しなければいけないだろう。

ゴール地点が本来の場所ではなく狭いので、荷物を受け取って下山が大渋滞。
DSC_0076.jpg

途中で景色が開けたのでパチリ。天気が良ければゴール地点まで全体を見渡しならが走れるらしい。
DSC_0081-PANO.jpg

初めての乗鞍、雨男のyutabowはまたしても雨に祟られてしまったけれど、最大級のサイクリングイベントの楽しさを満喫できた。来年こそ良い天気でフルコースを走りたい。より良い結果を残せるように地道に練習しよう。

と、今日のところは思っている。(^_^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。